乳姉妹ブログ「続・後宮物語<2>」更新しました!

瑞月です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

乳姉妹ブログ「あれこれプラス」に「続・後宮物語<2>」をアップしました。


ランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

<原作オマージュ>18~原作一巻より 

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』




注)このお話は原作のあるシーンを高彬目線で書いていますのでネタバレとなっています。
原作未読の方はご注意ください。
今までのお話は<オマージュリスト>からどうぞ。
          
          





***<原作オマージュ>18~原作一巻より***








三条邸に向かう車の中で、逸る気持ちを抑えるように、ぼくはぐっと拳を作っていた。

やっと瑠璃さんから結婚の許しがもらえたんだ・・・

「高彬、急にどうしたの?ぼくに用って何?」

車寄せに付くと、融が不思議そうな顔で立っており、ぼくは車から下りると融に近づいて行った。

実は宮中を出る時、従者らには

「融の用があるから」

と言い、三条邸に向かわせたのである。

どうにも、まだ右大臣家の中には、結婚相手に兵部卿宮の二の姫を推す声が多く、あまりあからさまに瑠璃さんのところに行くと公言するのは、得策ではないように思ったからだ。

「まぁ、話は部屋に行ってからするよ」

融の肩を抱くようにして、西の対の屋の融の部屋に向かい歩き出し、従者の目の届かない場所に来たところで

「ごめん、融」

踵を返し、東の対の屋に方向転換をする。

「高彬、なんだよー。待ってよー」

後ろから融も付いてくる気配があり、角を曲がったところで、今度はばったりと大納言さまが現れた。

「おぉ、これは!高彬どの」

「大納言さま!」

「どうされたのじゃ、そんな赤い顔をして急がれて。もしや・・・、また瑠璃が何か突飛なことでもやらかして・・」

眉根がぐっと寄ったかと思うと

「高彬どの、許されてくだされ。どうにも我儘な姫じゃが、あぁ見えて実は・・」

「大納言さま。実はこれ」

大きな勘違いをされている大納言さまに、懐から出した文を差し出すと

「はて、これは・・」

怪訝な顔で読み始め、その顔に見る見る喜色が広がっていった。

「高彬どの、これは・・!」

「はい、今日、宮中にこれが届きまして、こうして駆け付けてきました」

大納言さまはせわしなく何度も文を読むと、文を持ったまま走り出してしまった。

そうして

「高彬どのは瑠璃の部屋に行ってくだされ!わしもすぐに行く!」

何度も振り返りながら言い、持っていかれた文が気にならないではなかったけど、とりあえずは瑠璃さんの部屋だと思い、ぼくも足早に部屋に向かう。

最後はほぼ小走りのようになりながら瑠璃さんの部屋に付くと、先触れを出してなかったから当然なんだけど、孫廂にも廂にも女房らの姿はなく、ぼくはそのまま部屋に走り込んだ。

ぼくに続き、融も走り込む。

女房相手に碁を打っていた瑠璃さんが振り返り

「どしたの、高彬・・・」

ポカンと言った。





<続>



オマージュ編です。
初々しい高彬と瑠璃、楽しんでいただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓



(←お礼画像&SS付きです)

乳姉妹ブログ「続・後宮物語<1>」更新しました!

瑞月です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

乳姉妹ブログ「あれこれプラス」に「続・後宮物語<1>」をアップしました。


ランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

謎・・・5<絢姫の懐妊>

瑞月です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

先日、読者の方から

「原作を読む限り、絢姫が妊娠した際、父親が帥の宮だとすぐ分かったような印象を受けていますが、逆に、鷹男は「自分が父親ではない」と思わなかったのでしょうか・・・。」

と言うメールを頂きました。

これについて、もうずっと前になるのですが私も全く同じ疑問を書いたことがあり(「謎・・・2」)、今回は久しぶりの考察記事として、この辺りのことを考えて行こうと思います。


(扱ってるテーマが「懐妊」ですので、ある程度、直接的な表現が出てきますのでご了承下さい)


女性側がお腹の子が誰の子であるかを特定するには、有体に言うと「月のもの」があったかどうか、しかないと思います。

現代であれば、女性側で妊娠をコントロールする手立てもありますが(女性側が避妊をする等)、平安時代にそれが出来たとは思えません。

ですので、時系列で考えると

鷹男と関係を持つ

直後に「月のもの」

その後、帥の宮と関係を持つ

だと思います。

絢姫の「月のもの」サイクルが順調だったとすると、鷹男と関係を持ってから、およそ2週間後の数日間が妊娠可能日であったはずで、それくらいなら鷹男も怪しまず、かつ、絢姫自身は「絶対に帥の宮の子」と確信出来ると思います。

時系列的にはこんな感じかな、と思うのですが、でも今回、改めて考えて見て思ったことがあるのですが

>鷹男は「自分が父親ではない」と思わなかったのでしょうか。

これに関しては、関係を持った詳細な時期がどうのと言う以前に、鷹男が疑念を抱かなかったのは、鷹男の絢姫に関する「無関心」に依るところが大きかったのではないか、と言う事です。

鷹男に取って、絢姫はたくさんいる夜のお相手の中の一人。

数か月前に絢姫と関係を持ったかどうかなんて、覚えてないような気がします。

恐らくは、鷹男は絢姫の懐妊を知った時、手放しで信じたのでしょう。

手放しで「喜んだ」のではなく、「信じた」。

まさか密通してるなんて、疑いも(思いも)しなかったはずです。

これも愛ゆえに「疑わなかった」のではなく、無関心だから「思いもしなかった」。

絢姫は、鷹男に対し、心の底から「申し訳ないことをした」と思い、罪の重さに恐れおののいています。

鷹男が「疑いもせず手放しで信じた」から、罪の意識は余計に強まった気がします。

だけど、その(更に絢姫を罪の意識に追い込んだ)鷹男の「疑いもせずに手放しで信じた」行為は、無関心から来ていたのだとすると、絢姫が気の毒に思えて仕方ありません。

言われるがままに後宮に入り、大勢いる鷹男の相手の一人となり、鷹男は自分に関心が薄く・・・

でも、鷹男だって言われるがままに絢姫を後宮に迎い入れたわけですし、人には色んな相性があることを思えば、必ずしもその姫を好きになれるわけではないでしょうし、鷹男一人が悪いと責めることも出来ません。

まだ鷹男だって、若くて全ての女性に目配りなんか出来なかったでしょうし。
(若さゆえ、なのか、それとも鷹男の人としての器の問題なのかは、これまた興味深いテーマですが、とりあえず、ここでは「若さゆえ」と仮定しておくことにします)

帥の宮は瑠璃のお腹を(流産を狙って)グーで殴ったこと、大弐が亡くなったこと。

人妻編はやりきれない展開もたくさんありますが、絢姫たちが今後は3人で暮らしていくであろうことを示唆する終わり方は、人妻編最大の希望のような気がします。

絢姫ファミリーの幸せ、公子姫の懐妊による鷹男の救い、高彬と瑠璃のこれから永遠に続くであろう夫婦の絆。

苦味や悔恨を含みつつも、それでも未来は明るい、と思わせるストーリー展開、これこそがジャパネスクの持つ魅力であり、氷室先生の描きたかった世界観なのかな、と思います。



絢姫ファミリーの幸せに、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

乳姉妹ブログ「後宮物語<最終話>」更新しました!

瑞月です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

乳姉妹ブログ「あれこれプラス」に「後宮物語<最終話>」をアップしました。


ランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

乳姉妹ブログ「後宮物語<22>」更新しました!

瑞月です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

乳姉妹ブログ「あれこれプラス」に「後宮物語<22>」をアップしました。


ランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

乳姉妹ブログ「後宮物語<21>」更新しました!

瑞月です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

乳姉妹ブログ「あれこれプラス」に「後宮物語<21>」をアップしました。


ランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<91>

阿矢さんとは話したことはないけれど、社内でも何だか目に付く人だった。

ものすごく人目を惹くとかそう言うわけじゃないんだけど、でも<儚げな美>とでも言うような感じを持っている人で、それがあたしには全くないものだから、女のあたしから見ても、守ってあげたいと言うか、そんな風に思わせる何かがある人で───






─Up to you !Ⅱ─side R <第91話>






どこか具合でも悪いのかしら?

そう思いつつ、だからと言ってズケズケと声を掛けに行くような間柄じゃないし、回れ右をしかけた次の瞬間、阿矢さんの身体がふわりと傾いだのが視界の隅に入った。

見間違いかと思い、慌てて視線を戻してみると・・・

間違いなく、阿矢さんが床に手を付きしゃがみ込んでいる。

回りの人は突然のことに、声を掛けてもいいものか分からないみたいに遠巻きに見てるだけで───

気が付いたらあたしは駆け出していた。

正面入り口の自動ドアを潜り抜け、阿矢さんの横に座ると

「阿矢さん、どうしました?大丈夫ですか?」

背中に手を当てながら声を掛ける。

「あ・・・」

ゆっくりとした仕草であたしを見上げ、その顔は真っ青だった。

「あたし、藤原です。同じ会社の第一マーケティング部の・・」

「あぁ、藤原・・、確か・・・瑠璃さん・・?」

「そうです。藤原瑠璃です。立てますか?良かったら、あたしに掴まって下さい」

「・・・すみません・・」

阿矢さんと隅の長椅子に座る。

近くにあった自販機で水を買い

「あの、良かったら、これ」

差し出すと、少し迷う風に黙っていた阿矢さんは

「すみません、いただきます」

小さな声でお礼を言うと、ペットボトルを受け取った。

白い指は弱々しくて、500の水が重そうに見えるほどで

「あの・・、大丈夫、ですか?」

あたしは重ねて聞いてしまった。

一口、口を湿らす程度に水を含んだ阿矢さんは

「ありがとうございます。藤原さんも、診察に・・・?」

「あ、いえ。あたしは付き添いなんです。今、見送ったので、これから会社に行こうかと・・」

「まぁ、そうでしたの。だったらもう大丈夫ですので、向かって下さい」

そう言ってくれるんだけど、笑顔も弱々しくて、うーん、何だか、このまま一人には出来ない感じ・・・

「でも・・。何かあたしで出来ることがあったら・・」

そう言うと阿矢さんは

「じゃあ・・」

手に持っていた診察カードを差し出してきた。

「すみませんが、このカードで受付を済ませてきてもらっても良いですか?そうすれば、後は座って待ってるだけなので」

数台の受付用の機械の前には長蛇の列が出来ている。

「わかりました、ここで休んでて下さいね」

立ち上がると一番、短そうな列の最後尾に並び、その間に高彬に「少し遅れます」のメールを打つ。

やがて、あたしの順番が来て、カードを読み込ませると、印刷された用紙が出てきた。

見る気はなかったんだけど、思いがけずに大きくて太い文字で、受付番号と診察する科が書いてあって───

『産婦人科』

あたしは慌てて目を逸らした。






…To be continued…


※「阿野」を「阿矢」に改名しました。自分で当て字を考えたのに、書きながらどうしても「阿野」が「あや」に読めず。以降、「阿矢さん」で行きますので、よろしくお願いします。

クライマックスに近づきつつある「社会人・恋人編」、楽しんでいただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

乳姉妹ブログ「後宮物語<20>」更新しました!

瑞月です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

乳姉妹ブログ「あれこれプラス」に「後宮物語<20>」をアップしました。


ランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

乳姉妹ブログ「後宮物語<19>」更新しました!

瑞月です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

乳姉妹ブログ「あれこれプラス」に「後宮物語<19>」をアップしました。


ランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
↓↓



(←お礼画像&SS付きです)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ