社会人・恋人編<68>

「瑠璃さん!」

新幹線から降り立った高彬は、すぐにあたしを見つけてニコニコと笑いながら近づいてきた。

「はい、これ。由良からのお土産」

紙袋を手渡され

「ありがと」

受け取りながら高彬を見ると───







─Up to you !Ⅱ─side R <第68話>






「瑠璃さんが迎えに来てくれるなんて嬉しいな」

「・・・」

嬉しさを隠そうともしない高彬の口調に、あたしは心の中では(うーむ)と唸ってしまった。

こんな風に手放しで喜ばれちゃうと、何だか言い出しづらいわねぇ・・

何を隠そうあたしが迎えに来た目的は───

ズバリ、学生時代の外泊の理由を聞くためなのよ。

だって気になるじゃない。

<外泊>に<寝不足>に、極めつけは<疲れた顔>よ!

モテモテだったって言うし、これはもう考えられることと言ったらひとつしかないじゃない!

どうやって聞きだそうかしら。

いきなり「あんた、高校時代の外泊って何よ。何してたのよ」なんて聞くのも唐突過ぎるしねぇ・・

なんて思っていたら

「それにしても驚いたよ。大江と小萩が知り合いだったなんて。しかも昨日、瑠璃さんとこに泊まらせてもらったんだって?」

タイミング良く、高彬の方から大江の話を持ち出してくれた。

高彬にはメールで大江のことを伝えてあったのだ。

「そうなの。びっくりよねぇ」

「大江は少し前の新幹線で京都に帰ったんだろ?」

「うん」

そう。

結局、昨日、小萩を待ちがてら渋谷をブラブラし、そうしてその後、ホテルに泊まるからと遠慮する大江を半ば強引にあたしのマンションに泊まらせた。

もちろんマンションでは、小萩の初デートの話で盛り上がってしまったわけなんだけど。

小萩も満更でもなさそうだったけど、かと言って次に会う約束をしたとかそういうわけでもなさそうで、まぁ、政文の片思いの行方は、今の段階では「杳として知れず」って感じかしらね。

「どうする?これから。まだ早いからどこか行ってもいいし、ぼくのマンションに来てもらってもいいし」

チラリと意味ありげに横目で見られ、またしても(うーむ)と唸ってしまった。

どうしよう。

聞きだすなら2人きりの方がいいかしら。

でもマンション行ったら、何かうやむやなうちに高彬のペースになりそうな気もするしなぁ。

迷っていると

「そう言えば、少しばかり捜査に進展があったんだよ」

高彬が思ってもみないことを言いだした。

「え」

と言いつつ、実はあたしも高彬に報告しなきゃいけないことがあるのよねぇ。

怒るの分かってるから出来れば言いたくないんだけど、でも、話さないわけにはいかないし。

「実は・・・あたしもあるのよ」

歯切れ悪く言うと

「よし、じゃあ『捜査本部』に決まりだ。行こう、瑠璃さん」

高彬はホームを歩き出した。



*****



「えーとね、高彬。捜査会議を開く前にひとつふたつ聞きたいことがあるんだけど・・」

リビングのテーブルで向かい合い、高彬がいれてくれたカフェオレを一口飲んだところで切り出す。

「うん、何だい」

コーヒーを口に運びながら機嫌よく高彬は言い

「あのね」

「うん」

「高彬って、高校生の時、外泊ってしてた?」

「はぁ?外泊?高校の時?」

「うん」

「なんだよ、急に」

高彬は訝しそうな目付きであたしを見てきた。

「いえね、えーと、あたし、実は昨日、わけあって渋谷に行ったのよ。そしたら、これがまぁ、色んな若者がいてさ。それが驚いたことに、何だかみんな大人びて見えるのよ。それで、この子たちって外泊とかしてるのかなぁ、なんて思っちゃってさ、ははは。で、ふと、思ったのよ、高彬も高校の頃は外泊とかしてたのかなぁ、なんて」

しどろもどろに、それでも何とか聞きたいことを織り交ぜて言うと、しばらくじっとあたしを見ていた高彬は

「瑠璃さん・・」

何だか感極まったような声で呟いて、薄っすらと頬を染めた。

「・・・」

高彬ったら、何、頬を染めているのかしら・・

不思議に思っていると

「それってもしかしたら、自分の子どもはどんな風に育てたいかってこと?」

「え」

「そんな風に聞いてくるってことはさ、瑠璃さん、もしかしたら・・・」

「・・・」

「いつかので、・・・その・・・、出来た、とか?」

「ち、ち、違うわよ!って言うか、まだ分からないわよ!」

何をどう勘違いしたら、今の質問でそっちの方に頭が行くのよ!

「もうっ。そ、そんなんじゃないわよ。高彬が高校の時、ちょくちょく外泊してたって大江から聞いたのよ!こうなったらはっきり聞かせてもらうけど、外泊してどこ行ってたの?何してたのよ」

身を乗り出して詰め寄ると

「・・・」

高彬は黙り込んだ。





…To be continued…


高彬の外泊の真相は?!楽しんでいただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<67>

「高彬さまの学生時代・・・」

大江は視線を上に向け、少し考える素振りを見せると

「そりゃあ、おモテになりましたわよ」

にっこりと笑って言い───






─Up to you !Ⅱ─side R <第67話>






「やっぱり!」

思わず大声が出てしまい、慌てて口を塞ぐ。

「高彬さまご本人に、そのご自覚はなかったみたいですけどねぇ。ほら、高彬さまってそう言うことに少し鈍くていらっしゃるから」

大江はうふふ、と笑い

「学生時代と言っても私が知ってるのは高校までですけどね、バレンタインの日なんか、それこそ段ボールに入り切れないほどのチョコが届いてましたし」

「・・・段ボール・・・」

「でも高彬さまはそれほど甘党じゃありませんでしょ?だからそのチョコはずっと家に置きっぱなしになってしまって、結局、大の甘い物好きの春日さまが・・・」

「春日さま?」

「あ、高彬さまのお兄さまですわ。ご長男です」

「あぁ・・」

そういや、高彬、お兄さんが何人かいるって言ってたっけ。

「で、その春日さまが全部、お食べになってしまって、それで・・」

くくく、と大江は笑うと

「こーんなに太ってしまわれたんですわ」

「へぇ・・」

高彬は全然太ってないのに、お兄さんがすごく太ってるだなんて、何か意外な気がするわ。

体質が違うのかしら?

「顔って似てるの?」

「春日さまと高彬さまですか?」

「うん、そう」

「それが、ぜーんぜん。天と地ほども違います。あ、もちろん高彬さまが天ですわよ」

「ふぅん、じゃあ、兄弟で全然似てないのね」

「はい。私たち使用人の間では、父親が違うんじゃないかって話してるんです」

何とも過激なことを大江はニコニコと言い、そうして、ふと、何の話をしていたのか思い出したのか

「その高彬さまですけどね、文化祭や体育祭の時は、他校から女の子が詰めかけて、高彬さまのクラスの模擬店だけは大盛況だったそうですわよ。『一緒に写真撮って下さ~い』とか『サインして下さ~い』とか『握手して下さ~い』とか、捌くのに大変だったって言ってました」

「言ってた?高彬が?」

「いいえ、兄ですわ」

「・・兄?守弥ってこと?どうして守弥が学校に・・・」

「兄は『若君に何かあったら』と言う事で、学校にもほぼ同行していたのですわ」

「・・・」

「だから文化祭の時には、兄が整理券を配ったとか、配らなかったとか」

「よく学校側が守弥の同行を許可したわねぇ・・」

守弥の過保護っぷりにさすがに呆れて言うと

「もし兄を出入り禁止にでもして、それで高彬さまに何かあった時、兄が黙ってると思います?」

「・・・」

到底、思えないわね。

黙って頭を横に振ると、大江は大きく頷き返し

「学校側も兄みたいなのを敵に回すより、いっそ取り込んだ方がいいと思ったんだと思います。まぁ、それくらい高彬さまの人気はすごかったってことですわ」

「・・・」

そっかー、モテたんじゃないかとは思ってたけど、高彬、そんなにモテてたんだ・・・

うーん、想像してた以上のモテっぷりだわ。

となると、これは・・・

「でね、大江・・」

あたしはコホン、と咳払いをひとつすると

「えーとね、まぁ、高彬がモテてたのはわかったわ。それで、あのぅ、彼女と言うか、付き合ってた人っていたの?」

つまり、問題はそこなのよ。

モテていようがいまいが、あたしが一番、気になるのは高彬に彼女がいたかってことで・・・

「うーん」

大江は腕を組んで考えると

「いたかどうかはわかりません。高彬さまってそういう事、ペラペラ話す人じゃないですし」

「うん、そうよね・・」

「ただ・・」

「ただ?」

「外泊することはちょくちょくありました」

「え?!」

外泊?

「それで翌朝、帰って来た時は、それはもう寝不足そうな疲れた顔をなさっていて・・」

えーーーーー?!

寝不足で疲れてたって・・・・

そ、それって、まさか・・・。





…To be continued…


整理券もらって高彬と握手して見たかった、と思っていただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<66>

「あぁーー、こ、こ、こ、小萩さん!」

あたしの後ろにいる小萩に気が付くと、政文は叫び声のような声を上げた。

声は見事なまでに裏返っている。

真っ赤な顔で立ち尽くす政文に向かい

「え?え?・・政文さん?何?知り合い?え?えー?!」

今度は大江が叫び声を上げた。

「お、大江ちゃん?!」

それぞれが、それぞれに理解不能と言った感じでお互いを指さし合って目を見開き───






─Up to you !Ⅱ─side R <第66話>






「まぁまぁ。2人とも落ち着いて」

びっくりマークが飛び交う2人の間にあたしは割って入って行った。

ここで政文と会うなんて、まぁ、あたしもそれなりにびっくりしてはいたけどね。

「昨日の合コンにね、高彬がこちらの政文さんを・・・」

「あ、ぼくのことは<政文>でいいです」

「そう?じゃあ、・・政文をね、呼んでいたのよ。で、昨夜はこっちに泊まって少し東京観光でもしてこれから京都に帰る・・・ってことよね?」

最後の部分は政文に向かい言うと、政文は大きく頷いた。

「へぇ~、そっか・・。だから政文さん、休みもらってたんだ・・。それに何だか最近、ウキウキしてるなって思ってたら、合コンの予定があったんだ・・。へぇ・・・」

大江は納得したように呟き

「でね、小萩も合コンに出てたわけ。そこで、政文が小萩に・・」

チラッと政文に視線を送ると

「一目惚れしたってわけなんスよ」

言葉の後を引き取り、ヘヘ、なんて大江に向かい頭を掻いてみせた。

大江は「ひゃー」だか「ひぇー」だかの声を上げたかと思うと

「やだー、小萩さんたらー。どうしてそういう事言ってくれないんですかーー。ずるーい。小萩さんにだけ春が来てるー」

異様に興奮し、小萩の肩をバンバン叩きはじめ、小萩はと言うと困ったように顔を赤らめ立っている。

言わないも何も、多分、小萩は忘れてたんだと思うけど・・

政文の顔も覚えてなかったくらいなんだし。

だけど、それを言ったら政文に失礼だと思ったのかどうかは分からないけど、小萩は大江に向かい曖昧に笑ってみせた。

「こ、こ、小萩さん!」

「は、はい」

政文に突然に名前を呼ばれた小萩は、ポシェットの紐をギュッと掴んで返事をし

「あ、あの、良かったらこれからお茶でもしませんか」

キャーと仰け反る大江の袖を引くと、あたしは後ろに下がらせた。

邪魔しちゃだめ!

果たして小萩は

「お、お茶・・ですか。え、えーと、私、今、喉乾いてなくて・・」

なんて言うので、後ろで聞いてたあたしは盛大にずっこけてしまった。

んもー、小萩ったら!

「お茶しませんか」って言うのは、「少しお話しませんか」ってことで、何も本当にお茶をがぶがぶ飲むってことじゃないのに!

この子も大概、天然だわよ。

「あ・・・」

政文の顔に見る見る失望の色が浮かび、あたしは小萩の背中を押して、ぐぐいと前に押しだした。

「行ってらっしゃいよ、小萩」

「え、瑠璃さま・・」

「政文、2時間よ、2時間だけ小萩を貸してあげる。しっかり自分を売り込むのよ」

「は、はい!」

「小萩、政文はね、高彬んちの使用人なのよ。大江と同業よ。身元はしっかりしてるからそこは安心して」

「・・・」

不安そうな小萩の手を引き

「お茶くらいしないことには何も始まらないわよ。あたしも近くで時間潰して待っててあげるから」

耳元で囁くと小萩は小さく頷き、政文と人混みの中を歩き出した。

「さて、と」

人の恋路に興味はないのか、煌はとっくにいなくなっている。

「大江、ショッピングでもしない?」

若干の下心もあって、大江を誘うと

「わぁ、いいんですか?」

大江は顔を輝かせた。

連れ立って歩きながら

「ねぇ、大江。ちょっと聞きたいことがあるんだけど・・」

「何ですの?瑠璃さま」

「あのぅ・・、高彬ってさ」

「はい」

「学生の頃、どんな感じだった?」

「どんな感じ、と言いますと・・」

「うーん、だから、モテてたかってことなんだけど・・・」

「あぁ、そういうことですか」

うふふ、と大江は目を細めた。








…To be continued…


瑠璃ならずとも学生時代の高彬の様子を知りたいと思っていただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<65>

「で、どうでしたの?瑠璃さま。さっきのことは、今の方の仕業でしたの?」

カフェからほど近いレストランのテーブルで、あたしたちは頭を寄せ合っていた。

いくら個室風に仕切られているとは言え、大声で話すのは憚れる話題で、知らずにひそひそ声になる。

皆の視線があたしに集まり、あたしは口を開くと───






─Up to you !Ⅱ─side R <第65話>






「結論から言うと、うまくかわされてしまったわ。悔しいけど証拠がないのよ」

「そうですか・・」

「でも、どうして合コンで会っただけの人が、そんなことをしてくるんでしょう。さっぱり意味が分かりませんわ」

小萩の言葉に、あたしは曖昧に頷いた。

考えてみたら小萩たちはあの動画のことを知らないのよ。

煌は高彬に伝えた張本人だからもちろん知ってるだろうけど、でも、その後のこと───高彬の郵便受けに写真が投函されてたり、鷹男と曽茅野氏が意味ありげな会話をしてたってことが知らないだろうし。

ふーむ、とあたしは腕を組んだ。

どうしよう、話した方がいいのかしら。

小萩以外はまだ知り合って日も浅い人たちだし・・・

少し迷ったけど、要点だけは話すことにした。

大江だって、半分はもう当事者と言えるわけだし、それに興味津々で身を乗り出している3人に適当な誤魔化しが聞くとも思えなかった。

動画のこととそれを投稿したのはどうやら会社の人間であること、高彬のマンションに投函された手紙と写真のことを話すと、しばらく沈黙が流れ、最初に口を開いたのは煌だった。

「動画だけでも謎ですのに、写真の投函となると、更に穏やかじゃありませんわね」

「うん、そうなのよ」

大江と小萩はしきりに目配せし合っていて、やがて大江は小さく咳払いをすると

「あのぅ、瑠璃さま。基本的な質問になってしまうのですが・・」

「なぁに」

「今のお話から推測するに、瑠璃さまと高彬さまは恋人同士と言うことですの?」

「・・・」

うぅ、面と向かって聞かれると照れるなぁ・・

だけど、違うとも言えないし

「うん・・、実はそうなのよ」

コクリと頷き

「あのぅ、一応、黙っておいてもらえる?何だか高彬んちって複雑みたいだし」

大江の顔を覗き込むと

「わかっておりますわ」

大江は笑顔で頷くと、続けて

「ふと思ったんですけど、兄が何か役に立つかも知れませんわ」

「守弥が?」

「はい。兄って性格が悪いから友だちがいないんです。だから昔っから部屋に籠ってパソコンに向かい合ってるから、やたらとパソコンには詳しいんです。兄に言えば、その投稿者のこととか、今の男がどのサイトにアクセスしたかとか分かるかも知れません」

あたしは首を振った。

「それがね、会社の人間が動画を投稿したってことを突き止めたのは、もうすでに守弥なのよ。しかもあいつ、いえ、守弥はあたしがあの動画を投稿したんじゃないかって疑っているのよ」

そう言うと大江はぷんぷんと怒りだし、そんな大江を見ながら、でも確かに最初に動画を見つけたのは守弥だし、もしそんなにパソコンに詳しいのなら、今回にことも何か調べられるかも知れないな、なんて思っていた。

「どうします?これから」

大江に言われ

「取りあえず、今、ここで出来ることはないから解散しましょ」

煌はこのまま帰ると言い、大江と小萩は渋谷の街を観光すると言う。

食事を終え、店を出て地上に降り、また人混みの中に入って行くと誰かと肩がぶつかった。

「あ、すみません」

お互いに謝り合い、顔を見たあたしは

「あ!」

思わず大声を上げてしまった。

大きなカバンを手に持ち、立っていたのは───

小萩に一目惚れした、政文と言う男だったのだ。





…To be continued…


政文の恋心の行方は?春が来てほしい小萩にクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<64>

「今のハプニングは、あなたの差し金でしょう?曽茅野美弥さん」

ズバリ言うと

「おやおや」

あたしの言葉に曽茅野氏は、さも心外だと言わんばかりに眉を上げてみせ───






─Up to you !Ⅱ─side R <第64話>






「一体、何をおっしゃっているのですか、あなたは。そのハプニングとやらも知らないのに、それが私の差し金とは聞き捨てならないですね」

口の端に薄ら笑いを浮かべて言う曽茅野氏に、コーヒーをかけてやりたくなったけど思い留まった。

コーヒーがもったいないわよ。

普段はカフェラテ派のあたしだけど、今日ばかりはブレンドコーヒーにしていた。

曽茅野氏の前で唇に泡とか付けたくないし、それにカフェラテはのんびりと幸せ気分で飲むものよ。

戦闘態勢の時は、断然、ブラックでしょう───

なんてことを思いながら、一口、コーヒーを啜る。

苦い・・・

高彬、よくいつもこんな苦いもの、飲んでるわね・・・

「あなたを・・・、曽茅野さんを待ってる時、男性に声を掛けられたのよ」

コーヒーをテーブルに置き、切り出す。

「ほぉ。さすがお美しい方は違いますね」

「冴えない中年男だったわよ。それで、強引にホテルに連れ込まれそうになったわ」

「おやおや。随分とせっかちな方ですね。せめて、お茶なり食事なり・・・」

「デートクラブからの斡旋だと言っていたわ。時間も服装も、全部、あたしに当てはまっていたのよ」

「・・・・」

「曽茅野さん、あなたが仕組んだことでしょう?違う?」

はったと目を見据えてやると、曽茅野氏はあたしの視線をしっかりと受け止めてから、一度ゆっくりと瞬きをすると

「違いますよ」

穏やかとも取れる表情で言ったかと思うと

「第一、証拠でもあるのですか」

表情も声も一変させ、冷ややかに言ってきた。

「証拠・・・」

「そうです、証拠です。その男性は、お相手の女性に本当にそう言われて来たのかもしれませんよ。ハチ公前でブルーの服を着て待っている、とね」

「・・・」

「現に回りをご覧なさい。あなたに良く似た風貌の女性はたくさんいますよ」

言われて回りを見渡してみれば、店内はもちろんのこと、駅構内を行き交う人の中には、特徴だけを挙げたら、あたしに当てはまる人はたくさんいることが見て取れた。

確かに、お金欲しさに本当に自分でデートクラブに申し込んだって人がいるのかも知れない。

それが直前になってやっぱり嫌になって行かなかったとか・・・

ううん、大切なのはそこじゃないわ。

要は、例え本当は曽茅野氏の仕組んだことだったとしても、言い逃れはいくらでも出来るってことなのだった。

あの中年男がいて、どのサイトから申し込んだとか、そこまで判ればまた違ったのかも知れないけど・・・

でも、今の状況で、曽茅野氏が絡んでいると言う決定的な証拠をあげることは出来ないんだわ。

「・・・・」

あたしは唇を噛んだ。

「と言うわけで、妙な言いがかりは止めていただきたいものですね。場合によっては名誉棄損で訴えますよ」

「・・・・」

「さて、どうしますか?これから、どこか食事にでも行きますか?この辺りなら、500円以内で食べられる店がいくらでもあります。ご馳走しますよ」

おまえに奢るならその程度の店で十分だ───

まるでそうとでも言いたげな面白がるような口調で言われ、あたしは一度ゆっくりと瞬きをしてから、ぐっとお腹に力を入れると穏やかに微笑んだ。

あたしはねぇ、そんなあからさまな挑発に乗ったりはしないの。

乗りはしないけど、───切り返すってわけよ。

「せっかくのお誘いだけど遠慮しておくわ。あたし、食事は好きな人と楽しくいただきたいのよ。例えそれが500円だろうと5万円だろうとね」

ふんっ、あたしを誰だと思ってるのさ。

ナメるんじゃないわよ。

「そうですか。では、名残惜しいですが、これで・・・」

曽茅野氏はそう言うと席を立ち、店を出て行った。

「瑠璃!」

「瑠璃さま!」

完全に曽茅野氏の姿がみえなくなったタイミングで、3人が駆け寄ってきた。






…To be continued…


「♪マジでブチ切れる5秒前♪(By広末○子)」状態の瑠璃に、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
なんて素敵にサイト様 (ジャパネスク)
なんて素敵にサイト様(他ジャンル)
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ