スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<95>

「だとしたら、それが何だと言うのですか」

「・・・」

悪びれもしない曽茅野氏の言葉にぼくは黙り込み、改めて曽茅野氏を見てしまい───






─Up to you !Ⅱ─<第95話>






「いかにも、私は君に恨みを抱いている。動画のアップも写真の盗撮も、そして渋谷での出来事も全て私の仕組んだことです。もちろん、人に依頼をしてやったことですがね」

「・・・・」

「どうしますか?私を警察に突き出しますか?もっとも、仮に君が被害届けを出し、よしんばそれが受理されたとして、一体どれほどの刑罰に当たるのかは定かではありませんし、私もそれなりに知恵を絞ってすり抜けるつもりではおりますが」

「別に・・・」

淀みなく出てくる曽茅野氏の言葉に若干押され気味ながらも、ぼくは言葉を発した。

「今すぐ警察に突き出すつもりなどはありません。ただ、渋谷での出来事は一歩間違えれば大変なことになっていたわけですから、簡単に許すわけには行きません。事と次第によっては告訴も辞しません」

「・・・」

「あんなこと、あってはいけないことです。瑠璃さんの身にも、もちろん他の女性の身にも」

「なるほど、ね。藤原くんも、そう言う一般常識は持ち合わせているわけですね」

「・・・・」

含みのある言い方に引っ掛かりを感じる。

「もちろん持っています。だけど、今、ここに駆け付けたのは、告訴うんぬんの話をするためではありません。どうして、あなたがそこまでぼくに恨みを抱いているのか、それを知りたいのです」

「・・・」

「あなたがぼくに恨みを抱いていることは判っても、その理由が判らない。それが正直なところです。だけど、このままにしておくわけには行かない。だから、誤解があるならそれを解きたいし、もしぼくに非があるのでしたら、謝罪したいと思っています」

曽茅野氏は黙ったままぼくを見ている。

冷ややかな目のようにも見えるし、ぼくの真意を計っているようにも見える。

ややしばらくの沈黙のあと、曽茅野氏はわざとらしいほど大きなため息を付いた。

「もしも君が本心でそう言っているのだとしたら、私は虚無感に襲われますよ」

「虚無感?」

「えぇ」

虚無感に襲われるほどのこと・・・

一体、何だと言うのだろう。

「君は大馬鹿者か、大嘘付きか、どちらかのようだ」

「・・・」

どちらに転んでも喜ばしからぬことで、さすがに言葉につまっていると

「どちらかしか選べないとしたら、大馬鹿者でしょうね」

後ろから声が聞こえ、驚いて振り向くと───

瑠璃さんと、水無瀬が立っていた。






…To be continued…


ラストまでもう少し。よろしくお願いします。
頑張りますのでクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。