<原作オマージュ>17~原作一巻より 

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』




注)このお話は原作のあるシーンを高彬目線で書いていますのでネタバレとなっています。
原作未読の方はご注意ください。
今までのお話は<オマージュリスト>からどうぞ。
          
          





***<原作オマージュ>17~原作一巻より***








~心ざしあらば見ゆらむ わが宿の 花の盛りの春の宵夢~


「色っぽいなぁ」

ふいに後ろから声が聞こえ、ぼくは慌てて、手にしていた文を畳んだ。

「隠すな、隠すな」

「幸せは皆で分かち合おう」

同僚に口々に言われ、気が付いたら文を取りあげられていて、皆が覗き込んでいる。

「噂では、瑠璃姫は変人と聞いてるけど、こんな歌を詠みかけて誘うなんてなかなかのセンスだよな」

「まったくだ。年上の女性って言うのもいいもんだな」

ぼく宛てに届いた文を前に、皆、言いたい放題である。

「返してくれよ」

と言いつつも、一方では頬が緩んでくるのを抑えられない。

何あろう、この歌はぼくが瑠璃さんに送った歌───


~春立つと風に聞けども 花の香を 聞かぬ限りは あらじとぞ思ふ~


この歌への、返歌なのである。

お祖母さまが亡くなったのが五月。

五か月間の服喪も10月で開け、ぼくはその頃からせっせと瑠璃さんに求婚歌を送るようになっていた。

五か月間の猛勉強の成果なのか、自分で言うのも何だけど、それなりに見栄えのする歌を作れるようになった気でいたのだけど、なかなか瑠璃さんから色よい返事がもらえない。

それでも、過去の「今夜、これからいきなり初夜」の経緯や、それを発端とした瑠璃姫宮家襲来騒動を思えば、瑠璃さんからそう簡単に合格点をもらえるとは思えないので、これもオトコの定めと、ぼくはひたすら歌を送り続けてきた。

その甲斐あっての、今回、初めてもらった瑠璃さんからの返歌である。

これを機に、更なる求婚歌を送りつづければ、瑠璃さんから念願のOKを貰えるかも知れない───

歌を詠むと言うのはクセの問題なのか、習慣にしてみるとそれなりに面白いもので、案外、幼少の頃からずっと歌に馴染んでたら、ぼくだってそこそこの歌を詠めていたような気がしてくる。

もうちょっと歌が身近にあるような環境で育っていたら・・・

密かに我と我が身を振り返っていると

「良かったな、高彬。ようやく結婚の承諾が貰えて」

「え」

「こう言うのは畳みかけるのが大事だぞ。時間を開けると、気が変わってしまうのが女人の常。鉄は熱いうちに打て、だ」

結婚の承諾・・・

え、この歌ってそう言う意味なのか?

同僚の手からひったくるようにして文を取り戻し、もう一度、文字を目で追う。

心ざしあらば見ゆらむわが宿の・・・・

花の盛りの春の宵夢・・・

宵夢───

「宵夢?!」

宵夢ってことは、夜に花の香を感じながら、共寝の夢を見ましょうと言う事で・・・

返歌をもらえたことだけで舞い上がっていたけれど、そうか、これは合格点も合格点、結婚を承諾されたと言う歌だったんだ!

「宿直は俺たちに任せろ」

「え」

「早く行って来い」

「いや、でも・・」

「大丈夫、こう言うのはお互い様だ。何かの時は宿直を代わってもらうからな」

「・・・」

「早く行けって」

「わかった。そうさせてもらうよ」

同僚らのからかいの言葉や、拍手喝采やらを背中に聞きながら、ぼくは宿直部屋を飛び出した。






<続>


久しぶりのオマージュ編です。
以前、「三度目の初夜が鷹男からの文のせいで流れたシーン」「青蓮花寺でのキスシーン」を高彬目線で読みたいリクエストいただいていたので、その辺りを書いて行きたいと思っています。

オマージュ編、楽しんでいただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ