社会人・恋人編<88>

※多少、セクシャルな描写があります、苦手な方は閲覧ご注意ください。



瑠璃さんの吐息が熱くなり、唇がしどけなく開いてくる。

感じているのは明らかで、それでも、どこか瑠璃さんの表情には困惑の色も浮かんでおり───





─Up to you !Ⅱ─<第88話>






やはり瑠璃さんは、こう言う行為を恥ずかしいものと捉えている節がある。

感じたり、乱れたり、達したりするのを、きっと無意識にセーブしてるんだろうと思う。

そんなことする必要ないのに。

それをからかったり笑ったり、もちろん誰かに話すとか、そんなことは絶対にしないんだから。

ぼくを信じて、もっと自分を解放すればいいのに、と思う。

ぼくの愛撫で瑠璃さんが感じてると言う事が、どれだけぼくを幸せな気持ちにしているか、瑠璃さんは知らないんだ。

「瑠璃さん・・」

指先での愛撫を続けながら、耳朶を甘く噛むと、瑠璃さんの腰が震え、指先にも微妙な変化が伝わってくる。

「高彬、お願い・・。ベッドに・・・」

途切れ途切れに言い

「うん」

肯定の返事をしながらも、正反対に指を中に入れると

「あぁ・・っ」

瑠璃さんは、大きく頭を横に振った。

中は充分過ぎる程、潤っていて───

いや、そんな表現じゃ足りないくらい、びしょ濡れだった。

「・・・」

身体はこんなに素直に反応してるのに。

指で内側をこすり回し、一番、敏感な部分で指を止めて強めに刺激を加えると

「いやっ・・」

瑠璃さんは小さく叫び、制止するかのように、ぼくの腕を掴んできた。

だけど、非力な瑠璃さんにぼくの手の動きを止められるはずもなく、実際、瑠璃さんの小さい手ではぼくの腕を半分も掴めていない。

構わず指で愛撫を続けると

「高彬、だめ・・、お願い・・・」

熱い息の中、切羽詰まった声で瑠璃さんは言い

「瑠璃さん、いきそう?」

返事はなく、イヤイヤと言うように頭だけを横に振っている。

恐らく、うん、と言うのも恥ずかしいに違いない。

「いきそうなの?」

尚更、言わせたくなる。

指での愛撫を続けながら、耳元で何度も聞くと、とうとう最後に瑠璃さんは、コクリ、と頷いた。

「だから、寝室に·・・・。暗いとこに・・」

「瑠璃さんの、いく顔、見せて」

「・・・」

「明るいとこで見たい」

「・・・意地悪」

「意地悪なんかじゃなくてさ」

どの表情の瑠璃さんも好きで可愛いけど、いく時の顔を見られるのは、恋人であるぼくの特権じゃないか。

いつもは仄暗い寝室なんだから、たまには明るいところでじっくりと見たい。

「・・・」

瑠璃さんからそれ以上の反論はなく、ぼくの気持ちを解ってくれたのか、それとも瑠璃さんも限界が来ていて、そんなことに構っていられなくなったのか、それは定かじゃないかったけど、構わず下着を脱がせ、脚から外した。

顔が良く見えるように身体ごとこちらに向かせ座らせる。

瑠璃さんは戸惑う気配を見せたけど、背中を抱きながら指での愛撫を再開すると、すぐに喘ぎ声を上げ始めた。

ぼくに膝の上に跨って感じている瑠璃さんの姿は、ひどく猥褻で、この上なく綺麗だった。

目の前にある、しどけなく開かれた唇にキスをする。

指への締め付けがきつくなってきて、瑠璃さんの限界が近いことが分かる。

「あぁっ、たか、あきら・・・」

瑠璃さんが両手でぼくの腕を掴んできた。

Yシャツにぎゅっと皺が寄る。

「瑠璃さん、いく時、言って」

「・・あ、・・・いやぁ・・・」

ぼくの声なんか聞こえないのか、瑠璃さんは頭を振り、苦しそうにも見える表情を浮かべている。





…To be continued…


すみません、やっぱり終わりませんでした。
夕方から出てしまうのでタイムオーバーです。
お盆中、もし更新出来たら更新します!
らぶポカ、楽しんでいただけましたら、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ