社会人・恋人編<87>

※多少、セクシャルな描写があります、苦手な方は閲覧ご注意ください。



耳朶の外側を舌でなぞり、甘く噛むようなキスを繰り返すうち、瑠璃さんの項がほんのりと赤くなってきた。

顎に手を掛け、顔をこちらに向かせ唇にキスをする。

今度は舌を入れ、口内を掻き回しながら乳房を揉むと───





─Up to you !Ⅱ─<第87話>






「・・んん・・」

瑠璃さんは吐息交じりの声を上げた。

どこまで、この明るいリビングで瑠璃さんがさせてくれるか試してみたい気持ちになり、ホックを外して露わになった乳房を両手で覆う。

細い肩が少し動いたけど、特に瑠璃さんは何も言ってこず、ぼくはそのままゆっくりと手を動かし始めた。

瑠璃さんの横顔をそっと見ると、さっきと同じように目を瞑り、ほんの少しだけど眉根を寄せているようにも見える。

先端を手の平で転がし、指先で摘むと、瑠璃さんの身体が少し固くなった。

耳にキスをしながら、その動作を繰り返すうち、だんだんと瑠璃さんがぼくに身体を預けてきて、しまいには力が抜けたように完全に寄りかかってくる。

手を下に這わせて行き、腰を辿り、そのまま下着に指を掛けて中に入れて行くと、パっと瑠璃さんに手を押さえられてしまった。

ぼくの手の甲の上に自分の手を置き、行く手を阻もうとするかのように力を入れている。

横から顔を覗き込むと

「・・ここじゃ、イヤ」

火照った顔で瑠璃さんが言い

「・・・」

いや、そんな顔で、そんなこと言われると、却ってここでしたくなるんだけど・・・

煽ってる気はないんだろうけど、瑠璃さんは男心をまったく分かっていない。

ぼくの沈黙を何と思ったのか

「ベッド、行きたい」

重ねて言ってくる。

いや、何を言いたいかは充分、分かってるんだけど。

「もうちょっとだけ、ここで。・・・ね」

頬にキスをして機嫌を取るように言うと、取りあえず瑠璃さんは口をつぐんだ。

どうせなら───

なんて言ったら瑠璃さんは怒るだろうから言わないけど、どうせなら、このままここでしたい。

感じてる瑠璃さんの顔も良く見えるし、たまには違う場所でと言うのも興をそそられる。

片手で瑠璃さんの手を外し、指先を進めていくと、瑠璃さんの脚に力が入り閉じられた───ような気がする。

「・・・」

だから、どうしてそう言う無駄な抵抗をするのかな、瑠璃さんは。

力でぼくに敵うわけないし、何よりも、そう言う仕草が男心に火を付けるのだと言う事を、本当にわかっていない。

どれくらい瑠璃さんが脚に力を入れていたかは知らないけど、ぼくはなんなく脚を開かせると、遠慮なく指を進めて行った。

しっかりと濡れたそこに、するりとぼくの指は滑り、今度こそ、瑠璃さんは

「あっ」

と小さく声を上げた。

思わず顔を見ると、瑠璃さんは首を横に振った。

濡れているのが自分で判っていたからこそ、ぼくが触るのを瑠璃さんは拒んだのかも知れない、と思うと、堪らない気持ちになる。

エロさと愛しさは両立するものなんだと言うことを、しみじみと実感する瞬間だ。

指を意識的に感じやすい所に当てがって動かすと、瑠璃さんは息を飲むように、無意識に腰を引いた。

引いたところでぼくの膝に座っているのだから、逃げ場なんかあるわけもなく、むしろ、もっとぼくに身体を密着させただけである。

後ろから抱きすくめ、動けないようにして愛撫を続けて行く。






…To be continued…


お休み前の更新は明日までです。
明日一回の更新で、らぶポカシーンが終わるのか心配になってきました。
私も高彬も、すっきりさっぱりした気分でお盆休みに入りたいものです。
らぶポカ、楽しんでいただけましたら、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ