教師編<遠足編-4->

拍手SSとして書いていた「教師編」の続編です。




「瑠璃×高彬<教師編>**遠足編-4-** 」




来た道を戻り鎌倉駅に着くと、駅舎の屋根に取り付けられた時計の針は2時10分を差していた。

「大人の足でゆっくり歩いて2時10分、と・・。これは、あと15分くらいは余裕を見た方がいいかも知れないわね」

「そうだね。自由時間は1時15分までにしよう」

「でも、それだと子どもたちが可哀想じゃない?」

「いや、早めに出た方がいい。この後、ソフトクリームを食べるんだし、そこでの時間を短縮させるくらいなら、子どもたちだってゆっくり食べた方がいいさ」

「そっか・・、わかったわ。じゃあ、向こうを1時15分に出発にして・・」

栞に書き込むと

「じゃあ、次はソフトクリームね」

瑠璃さんは嬉しそうに言った。

店の前に行くと、バニラとチョコミックスの2つを迷わず注文するので

「両方、食べるの?」

びっくりして聞くと

「だって視察だもの。両方食べて見ないと」

澄まして言う。

ぼくはバニラだけを注文しまとめて払うと、瑠璃さんが財布を出そうとするので

「当日、全員分をまとめて払うのはぼくの役目だからね。シュミレーションってことで。お昼も作ってもらったし」

そう言うと、少し考えてからコクンと頷いた。

「ありがとう。いただきます」

両手にソフトクリームを持ちながら深々と頭を下げるので、本人は真面目なんだろうけど、ふざけているように見えて笑ってしまう。

両手に花ならぬ、両手にソフトクリームで、それを一心腐乱に食べている瑠璃さんが可笑しくてクスクス笑って見ていると

「早く食べないと溶けて大変なことになるわよ」

ピシャリと言い、どうやら瑠璃さんにとって、ソフトクリームが溶け出すというのは大事件らしかった。

「わかった」

ぼくも溶けださないうちに急いで食べ、最後のコーンを齧っていると、その様子を見ていた瑠璃さんが

「藤原先生って、ソフトクリームの素人ね」

ふふん、と鼻を鳴らした。

「は?」

素人?

ソフトクリームに素人とか玄人とか、あるのか?

「アイスの分量をちゃんと計算しながら食べてないでしょ」

「え?」

「ほら、見て」

差しだされたコーンには最後までアイスが入っていて

「アイスを舐めつつ、必要な分はコーンに押し込めるのよ」

「・・・」

「そうすると最後までアイスの味を楽しめるの。これが正しいソフトクリームの食べ方よ。当日、子どもたちに教えてあげるつもり」

「そ、そうか」

どこまでも真面目に瑠璃さんが言うので、その妙な説得力に思わず頷いてしまった。

本当に瑠璃さんは面白いと言うか、こう言うのを天然と言うのか判らないけれど、でも、ぼくの好みのタイプであることに間違いないのだ。

タイプと言うか、ど真ん中だ。

瑠璃さんを恋人に出来たら最高だろうな。

可愛いし、楽しいし、それに・・・。

ぼくは気付かれないように、そっと瑠璃さんの全身を盗み見た。

服の上からでも分かる、バランスの取れた体型。

体育の時間にチラリと見えるスラリとした脚や、細い腰。

柔らかそうな肌に、栗色の髪。

もう何もかもが、ぼくの好みなのだ。

恋人になって、全部、ぼくの自由に出来たら───

「さ、行きましょうか」

ソフトクリームを食べ終えた瑠璃さんは、パンパンと両手を払うと、時間を確認してまた栞に書き込んだ。

「このまま駅に戻って、電車に乗って、学校に着いたら解散・・・」

瑠璃さんはブツブツと呟き、駅に着くまでの移動時間を気にしながら歩き、鎌倉駅に着く。

切符を買おうとする瑠璃さんに声を掛ける。

「瑠璃先生、本当にこのまま帰るの?」

「え」

「ここで5時まで時間を潰さない?後、2時間だし」

「でも・・・」

「日本の鉄道は世界で一番、正確だよ」

「・・・」

「東京でもいいけど、何となく鎌倉の方が後々、思い出になるかも知れないし」

「な、何のよ!何の思い出よ!」

「色々」

「・・・」

瑠璃さんの顔が、ほんのりと赤くなる。

券売機の前で立ち尽くし、迷っているのは明らかだった。

きっと、<我々、教職員>としての矜持とやらが決断を鈍らせているのだろう。

そんな真面目な瑠璃さんもいいけれど、でも、ふと、からかいたくなってくる。

「瑠璃先生ってさ」

「何よ」

「恋愛の素人だろ」

「なっ・・・」

更に顔が赤くなる。

「ソフトクリームの玄人はだしの食べ方教えてもらったお礼に、これあげるよ。手を出して」

ポケットに手を突っ込み、握り拳を差しだすと、瑠璃さんは素直に開いた手を出してきた。

すばやくその手を握ると

「行こう。今日は2人して2時間早退だ」

鎌倉の街を、瑠璃さんの手を引いて歩き出す。





~fin~


明日も教師編です。「社会人編」と「古典シリーズ」、お待ちいただいてる方がいましたらすみません。
まずは教師編の高彬にそれなりにいい思いをさせてから、順次、更新をして行きます。
藤原先生と瑠璃先生。楽しんでいただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ベリーさま

ベリーさん、こんばんは。

> それなりに?!いやいや二人に深く深く仲良しになってもらいましょうよお〜!

深く深く?!
そ、そ、それは、どの辺りのことなんでしょうか?
心が深い所で結ばれるのか、それとも、えーと、えーと・・・

「レアポケモン」ならぬ「レア高彬」(笑)
高彬、ゲットだぜ!

> 僕の自由なようにですって!?聞き逃せないセリフですよ!ドキドキッ

そうそう、自由にしちゃうんですよ。自由に。瑠璃をね。きゃー。

> 高彬の一言一言がかっこいい!

ベリーさんの一言一言がおもしろい!(笑)

非公開さま(Pさま)

Pさん、こんばんは。

あの中華屋さんは中華街ではないです。
昔、プリンスがあった辺りです。

あと、もしかしたらPさんのご実家と私の実家は、案外、近いかも知れませんね~。お話を聞いた感じですと。
何となくあの辺りかな?と。
うちは鎌倉よりも元町とかが近いです。

鎌倉のデート、まさしくその場所が出てきますよ!その駅!そこそこ!
鎌倉は気軽にも行けるし、奥深い楽しみもあるし、いいところですよね。
そう言えば、日記ブログでまだ途中までなんですが、義姉夫婦が遊びに来た時に一緒に鎌倉に行った時の旅行記みたいなのがあるので良かったら見てみてくださいね。その駅も行ってます。
カテゴリの一番下の「思い出」ってやつです。今、4個、記事をアップしてます。(まだ未完です)

珊瑚さま

珊瑚さん、こんばんは。

> それにしても高彬、シュミレーションしまくりですね~

ほぼ、付き合えると確信しているんでしょうかね~。落とす自信があるってことなんでしょうか?

> 瑠璃の、恋愛素人はよくわかるとして、高彬がもしかしてもしかして恋愛玄人…ってことなんでしょうか?
> ほんとにもう、いつの間にそんなに経験値があがっちゃったの? 

うーん、どうなんでしょうね、藤原先生の経験値は?!どうしましょう??

> 瑠璃にはやきもちは焼かないので、どーぞ遠慮なくグイグイいっちゃってくださいね~!

グイグイ行く高彬もたまにはいいですよね~。
瑠璃先生を落としてもらいたいものです!

ありちゃんさま

ありちゃんさん、こんばんは。

> 恋人になったら、藤原先生、もとい、高彬が一口だけ舐めて、残りは全部あげちゃうのかな?と思ったりして…
> (買うのは二人で二つ)

あ、いいですね!間接キッスってやつですね~。
あら、生クリームに続いて、新たなネタが(笑)

> ちゃんと寝てます?(笑)

寝てますよ~。
今朝も明け方に、高彬にお布団掛けてもらいました。(←犯罪級の妄想)

> 読む方は嬉しいですが、無理はなさらぬようお願いします。(^^)/

ありがとうございます(*^^)v

それなりに?!いやいや二人に深く深く仲良しになってもらいましょうよお〜!
僕の自由なようにですって!?聞き逃せないセリフですよ!ドキドキッ
2時間早く切り上げた高彬、待てなかったんだー!!こーんなレア高彬(笑)、なかなかないですよー!!グイグイ手を繋いでもらってせっかくの鎌倉を楽しんでもらいましょうよ!!
高彬の一言一言がかっこいい!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

恋愛の玄人?

瑞月様 こんにちは~ 今日もきゅんきゅんなお話をありがとうございます!

それにしても高彬、シュミレーションしまくりですね~
瑠璃の、恋愛素人はよくわかるとして、高彬がもしかしてもしかして恋愛玄人…ってことなんでしょうか?
ほんとにもう、いつの間にそんなに経験値があがっちゃったの? 
瑠璃にはやきもちは焼かないので、どーぞ遠慮なくグイグイいっちゃってくださいね~!

二つも…

瑞月さん こんにちは。

てっきり一つは藤原先生の分で、少し舐めさせてもらうのかと思ったら…
恋人前だから、それはないのかな?(笑)
恋人になったら、藤原先生、もとい、高彬が一口だけ舐めて、残りは全部あげちゃうのかな?と思ったりして…
(買うのは二人で二つ)

瑞月さん ホントに引き出し多いですよね〜。
ちゃんと寝てます?(笑)
読む方は嬉しいですが、無理はなさらぬようお願いします。(^^)/
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ