社会人・恋人編<75>

「な、何だよ、聞きたいことって」

権野は落ち着かない素振りで二度三度瞬きをすると、紙コップのものを飲もうとし、中が空だったことに気が付くと

「ちょ、ちょっと飲み物、買って・・」

「まぁ、いいから座れよ」

立ち上がろうとしたところを、イスに引き戻した。

権野の目がせわしなく泳ぎ───






─Up to you !Ⅱ─<第75話>






「権野。あんまり言いたくはないけどさ、あの時のこと、忘れたりしてないよな?」

権野の真正面にイスを引き、腕を組む。

「あの時のこと・・・」

「新人研修の日のことだよ」

権野の顔色が変わり、何度も唾を飲み込んでいる。

「まぁ、特に誰にも言うつもりはないけどな」

「・・・頼む、そうしてもらえると・・」

「ただし、ぼくの気持ちひとつだ」

「えっ・・」

「おまえ、昨日、ぼくの部の藤原さんの個人情報を見てただろ」

「・・・」

「いくら総務部だって誰でもパスワードを知らされてるわけじゃないはずだ」

「・・・」

「どうやってパスワードを入手したんだ?」

「・・・」

権野は押し黙ったまま瞬きを繰り返している。

「言いたくないんなら仕方ないな。あの事を・・・」

立ち上がりかけると

「ま、待ってくれ」

権野は慌てたようにぼくの腕を掴んだ。

「話す。話すから、あの事だけは・・・、頼む」

「・・・」

イスに座り直し、もったい付けて頷く。

「あれは・・・頼まれてしたことなんだ。パスワードと名前を書いた紙を渡されて、それで個人情報のページをコピーしろって」

「誰に」

「・・・」

「言えよ。誰にだよ」

「そ、それは・・・」

「なら、あの話を上に上げるまでだな」

今度こそ立ち上がり歩き出すと

「わ、分かった、言う。言うから待ってくれ!」

後ろから悲痛とも言える声が聞こえてきて、ぼくはゆっくりと振り向くと、権野の目を正面から見据えた。

「・・・曽茅野さんからなんだ」

「・・・・」

やっぱり・・・。

思ってた通りの言葉に心の中で頷く。

「どうして曽茅野氏に頼まれたからってそんなことを引き受けたんだ。個人情報見たなんてバレたら、それこそクビだぞ」

「・・・あの人に弱み握られてて・・」

「はぁ?おまえ、あっちでもこっちでも弱み握られてるんだな。一体、曽茅野氏にはどんな弱み、握られてるんだよ」

思わず好奇心で聞いてみると

「人妻に手を出してる現場を押さえられちゃて・・・」

「・・・」

「ダンナにばらすぞって脅されて」

「・・・・」

全く、本当に浅はかな奴だよ。

泊まりでの新人研修の日、権野は下手したら懲戒免職、いや、犯罪者になるほどのとんでもないことをやらかし、それをぼくがどうにか阻止したことがあった。

とんでもないことと言うのは、その研修に外部からの講師として来ていた女性の部屋に、夜、忍びこんでいったのだ。

たまたま通りかかったぼくが、物音と言い争う声に気が付いて駆け付けると、権野は禁止されていると言うのに酒を飲んでいたらしく、赤ら顔で嫌がる女性に抱き付こうとしていた。

結局、未遂だったこともあり、その女性講師も「酔っていたし何もなかったから」と言う事でその場は丸く収まったのだけど、その話には後日談がある。

その講師は、実はうちの会社の大得意先の親戚の娘だと言うことは判明したのだ。

そして、どういうわけだか、その講師の女性がぼくを気に入ってくれて、いわば、ぼくの顔を立てる形で黙秘を続けてくれているらしい。

ぼくとしては、権野をクビにしたいわけでもなかったから、今までそれには触れてこなかったけど、瑠璃さんの個人情報を盗んでいたとなれば話は別である。

総務部を後にし秘書課に向かう。

ぼくはある確信をしていた。

権野には昼に行くと予め伝えておいたけど、今度はそんなことはしない。

奇襲攻撃を掛けてやる。

狙うは───

鷹男チーフ。





…To be continued…


平成の世に身分の差などありません。差があるとしたら、それは本人の魅力のみ。
負けるはずがない高彬に、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ベリーさま

ベリーさん、こんにちは。

> 高彬、鷹男チーフをロックオンですね。

別の意味で高彬にロックオンされてみたいもんですよね!私たち。

> 負けるはずがありませんね。こちらでの高彬vs鷹男、そしてVSソチノミヤも楽しみにしております!

ばったばったとなぎ倒して行ってもらいましょう~。
間違って守弥もなぎ倒さないようにしないと。

非公開さま(Mさま)

Mさん、こんにちは。


はい。平安の常識が、現代の犯罪ですよね~。
高彬がGごときに負けるはずがありません!もちろんTにも!

高彬はムダに魅力を振りまきつつ(笑)社会人編は進行していきます。
抑えても抑えても、溢れてしまう高彬の魅力。

> よくよく考えたら、「G」って

よくよく考えなくても、私は初見で思いましたよ!

高彬、鷹男チーフをロックオンですね。
ギャフンギャフン言わせましょうか!
負けるはずがありませんね。こちらでの高彬vs鷹男、そしてVSソチノミヤも楽しみにしております!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ