***古典シリーズ*** 今は昔。<新釈・竹取物語>19

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』






注)原作の設定を大きく逸脱した部分を含むお話です。閲覧は自己責任でお願いいたします。
               
        






***古典シリーズ*** 今は昔。<新釈・竹取物語>19 ***






「あ・・・」

瑠璃さんの口から思わずのように漏れた言葉が思いの他に甘やかに聞こえ、口を開きかけたぼくは、ふと考えて言葉を飲み込んだ。

何も聞かない方がいい気がしたからだ。

瑠璃さんの反応を見ながら指を動かしていくと、どんどん潤いが増していくのがわかる。

瑠璃さんを気持ち良くさせている───

堪らない気持ちになり、指はそのままに接吻をすると、瑠璃さんはぼくの首に腕を回してきた。

夢中で唇を吸い合い、裸の胸を合わせるうち、どうしようもないほどの情欲がやってきた。

瑠璃さんと褥に入ってから、初めてやってきた直接的で生々しい情欲だった。

体勢を変え、瑠璃さんの脚を開き身体を割り込ませる。

「・・いい?」

瑠璃さんが小さく頷くのが見え、あてがって身体を進めていくと

「あっ・・」

短く瑠璃さんが声をあげ、逃げるように身体をずり上げてしまった。

「ま、待って。高彬・・・。何だか、痛そうな予感がするの・・」

「う、うん・・」

多分、それは予感じゃないよ、と思ったけど、それは言わないでおく。

瑠璃さんはひとつ大きく息を吸うと

「大丈夫」

まるで自分の言い聞かせるように言い、そうして目を瞑った。

「いい?挿れるよ」

「・・うん」

身体を進めると、またしても瑠璃さんは

「待って」

とずり上がり

「待って」

「うん」

「待って」

「うん」

を繰り返し、とうとう

「待って」

「待たない」

ぼくは瑠璃さんを抑え込んだ。

このまま待ってたら、一生、待たされるような気がする。

「え、あ・・、え・・」

当然、待ってくれるものだろうと思っていた瑠璃さんは狼狽えたような声を上げ、必死に身体を動かそうとしたけど、ぼくは肩を抱いてそれを阻止した。

「待って。痛いかも知れないの」

「待ってたって、痛みは減らないよ」

「やっぱり痛いのね!」

瑠璃さんは悲鳴のような声を上げ(しまった)と思ったけど

「ごめん。少し我慢して」

ぼくは機嫌を取るように瑠璃さんの髪を撫ぜた。

身体を進めて行くと、押し開いていくような感覚がある。

「やっぱり痛い・・!待って、待って」

瑠璃さんはイヤイヤと頭を横に振り、逃げようと必死に腰を動かした。

「ごめん、もう少しだから」

痛がる瑠璃さんには悪いけど、逃げようと瑠璃さんが腰を動かすたびに中が締め付けられ、信じられないほどの快感がやってくる。

「痛い・・」

「ごめん」

「許さない・・」

「え」

瑠璃さんが真っ赤な顔の脹れっ面で言い、お互い必死な時なのに、目が合った途端、2人して何だか笑ってしまった。

瑠璃さんが笑うと、また中が締め付けられ

「ちょ、ちょっと待って、瑠璃さん。動かれると、イロイロ、マズい・・」

焦って言うと、瑠璃さんはクスクスと笑い

「待たないわ」

「頼む、待ってくれ。動かないで。笑わないで」

「いやぁよ」

イジワルそうに、楽しそうに言う。

「あたしたちって・・、何だかロマンティックになり切れないのねぇ」

瑠璃さんがしみじみと言い

「うん」

それにはぼくも全くもって同感だった。

だけど幸せで、ぼくは繋がったまま、瑠璃さんをぎゅっと抱きしめたのだった。





<続>


次回、最終話です。楽しんでいただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ベリーさま

ベリーさん、こんばんは。

> いやいや瑠璃さん 十分にロマンチックですよ!高彬の真相を知らず、どこかウブなのは瑠璃の方ですよ!

うんうん、そうですよねぇ。
今ひとつ自分をわかってない瑠璃・・。

> まあ、そのうち高彬の本気を出してもらって、めくりめくってロマンチックが止まらないな夜を過ごしていただければ!

きゃー、まさしくCCBですね!

> あ、他の4人って誰だっけ?って一瞬思いましたが、ああああー、いましたね、そういえば!苦笑

ちょ、ちょっと!ベリーさん!(笑)
もしや、吉野に来る前の辺りの話は、すっぱりきっぱりとお忘れなのでは??(笑)(実は私も忘れがちでしたけど!)

> この古典シリーズ、瑞月さんの数ある好きなお話の中で、かなりの上位に入っちゃいました!甲乙つけるのなんてほんとうにイヤなんですけど、どのお話も面白くて!

ありがとうございます!

> いつもながら妄想パワーが素晴らしく、一読者として、楽しませていただいてありがとうございます😊

そう言えばですね、ベリーさん。
ドラちゃんの絵なのですが、せっかくだから「見本」なしで、自分の頭の中だけ(つまり妄想)で書いてみたんですよ!
ほら、私って妄想族じゃないですか。
自分の妄想力を信じてみよう、なんて思ってね!
そうしましたら、ものすごい傑作が書き上がったんですよ!
もう、惜しげもなく公開しちゃいますからね!後で掲示板に来てくださいね!絶対ですよ!!

いやいや瑠璃さん 十分にロマンチックですよ!高彬の真相を知らず、どこかウブなのは瑠璃の方ですよ!
現実問題、宮廷社会ではありとあらゆる複雑なことが起こりえますからねえ。
まあ、そのうち高彬の本気を出してもらって、めくりめくってロマンチックが止まらないな夜を過ごしていただければ!
あ、他の4人って誰だっけ?って一瞬思いましたが、ああああー、いましたね、そういえば!苦笑

え、何々、続編あるやも知れずですか?笑
この古典シリーズ、瑞月さんの数ある好きなお話の中で、かなりの上位に入っちゃいました!甲乙つけるのなんてほんとうにイヤなんですけど、どのお話も面白くて!
いつもながら妄想パワーが素晴らしく、一読者として、楽しませていただいてありがとうございます😊

ベリーさま

ベリーさん、こんにちは。

> 甘くて初々しい二人ですね
> 大事にして、大事にされて、お互いいい人に出会ったなって思います
> やっぱり大好きな二人です!

うんうん、本当にそうですよね~。お似合いの2人です!

非公開さま(Mさま)

Mさん、こんにちは~。

2人の「初めて」は何度書いても、幸せな気持ちになります。
特に恋愛に堅気な2人の「初めて」は可愛いですよね。
本人たちはロマンチックになり切れないと思っているようですが、ほんと、十分、ロマンチックですよね~。

>公休と有給(?)を使って三日夜の餅までいっちゃて欲しいものです。

いいですね~。
ついでにハッピーマンデーも付けて!

甘くて初々しい二人ですね
大事にして、大事にされて、お互いいい人に出会ったなって思います
やっぱり大好きな二人です!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ