***古典シリーズ*** 今は昔。<新釈・竹取物語>6

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』






注)原作の設定を大きく逸脱した部分を含むお話です。閲覧は自己責任でお願いいたします。
               
        






***古典シリーズ*** 今は昔。<新釈・竹取物語>6 ***






桜を見上げる横顔は、まごうことなく瑠璃さんだった。

いつからそうしているのか、瑠璃さんは回りの景色に溶け込んでいて、良く目を凝らすとどうやら微笑みを湛えているようにも見える。

(瑠璃さん・・・)

一歩を踏み出すと小枝を踏んでしまったようで、足元で枝の折れる乾いた音がした。

その音で瑠璃さんが振り返り───

そこに人が立っていたことに驚いたのか、全身で息を飲む気配があり、目が合った途端、見る見る瑠璃さんの目が見開かれていった。

「高彬・・」

声は聞こえなかったけど、間違いなく瑠璃さんの口元がそう動き、そのまま微動だにしないでいる。

ぼくも魅入られたように動けなくなり、しばらくは2人、そのまま見つめ合っていた。

瑠璃さんと会えなくなって3年、いや、もう4年・・・

4年振りに見る瑠璃さんは───

とても綺麗だった。

御簾越しに聞く声は変わらなかったし、ズケズケものを言うのも以前のままだったから、ぼくの中で瑠璃さんの印象は裳着を迎えた辺りで止まっていたのだ。

それが───

こんな大人びて綺麗になっていたなんて・・・

時の流れと言うのは、こんなにも人を変えるものなのだろうか。

瑠璃さんだけがそうなのか、それとも女の人なら皆そうなのか・・・

柔らかさを残した中にも、あの頃よりすっきりとした頬、薄く紅を引いた唇は艶々と煌めき、長くしなやかな髪は肩や背中に波打つように流れている。

風が吹き、瑠璃さんの回りを桜の花びらが舞い、ふと我に返った。

何か言わなくては・・・

「・・・久し振りだね、瑠璃さん・・・」

そう言いながら、一歩二歩と近づいて行くと、ふいに瑠璃さんがはじかれたように身を翻した。

そのまま背中を向け立ち去りそうになるところを

「行かないで」

腕を掴み

「行かないで、瑠璃さん」

背中に声を掛ける。

瑠璃さんが首を捻り、掴んでいるぼくの手に目を落とした。

「・・痛いわ、高彬」

「ご、ごめん」

慌てて力を弛め、でも、離したら瑠璃さんが逃げて行ってしまいそうで、手を離すことは怖くて出来なかった。

「・・・話したいことがあるんだ。聞いてもらうだけで・・・いいから」

瑠璃さんの目が少しの間、彷徨い、ややあって横顔がコクンと小さく頷いた。






<続>


C-C-Bな2人(注1)にクリックで応援をお願いいたします。
↓↓


(注1)C-C-Bな2人→ロマンチィックが止まらない2人


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ベリーさま

ベリーさん、こんにちは。

> だれか、ロマンチック とめて、ロマンチック♬ ですね (知ってますよー )

うーむ、ベリーさん、私と同年代と言う事を図らずもバラしてしまいましたね(笑)
じゃあ「たのきんトリオ」も「聖子ちゃんカット」も「なめネコ」もご存知ですよね?ね?

> ひっさびさにググって歌詞を見ました

あら~。すみません、無駄なことに時間を使わせてしまったようで・・・(笑)

> 一般の姫だったら、そうか、二人はしばらくお互いのことをじっくり見てないんだーって改めて思い、さて、瑠璃は王子のように現れた高彬に複雑な態度ですね。どうなっちゃうの?!

そうそう、そうなんですよ。
頻繁に会ってた2人(瑠璃)がおかしくて本来だったら謎のベールに包まれてる存在のはずなんです。
瑠璃が露出し過ぎなんです(笑)

果たして2人のC.C.Bはどこまで続くのか!
高彬の吉野マジックは出るのか?!

ギンギラギンにさり気なく、話しを進めて行きますのでお付き合いくださいませ~。
以上、マッチでした!

非公開さま(Mさま)

Mさん、こんにちは。

ふっふっふ。
そりゃあ、これくらいは強引に出ますよ。
衛門佐じゃなく右近少将設定ですもん。
「右近少将」と言うだけで、ちょっと大人な雰囲気が出ません?
衛門佐→少年、右近少将→青年。と言う感じで。

> おやおや、これは「キス」があるんでしょうか?(笑)

あらあら。Mさんは「キス」だけでご満足なんでしょうか?(笑)

だれか、ロマンチック とめて、ロマンチック♬ ですね (知ってますよー )
いやでも二人のロマンチックは止まってほしくない〜っ
ひっさびさにググって歌詞を見ました
切ないじゃないですかー!

この桜の木の下のパーフェクトなシチュが素敵すぎます。ぱああああっと絵が浮かんで、二人が月の満ち引きに合わせて引き合っているようです。運命の巡り合わせですね!
一般の姫だったら、そうか、二人はしばらくお互いのことをじっくり見てないんだーって改めて思い、さて、瑠璃は王子のように現れた高彬に複雑な態度ですね。どうなっちゃうの?!
高彬の吉野マジック?見せてくださいませー!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ