***古典シリーズ*** 今は昔。<新釈・竹取物語>5

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』






注)原作の設定を大きく逸脱した部分を含むお話です。閲覧は自己責任でお願いいたします。
               
        






***古典シリーズ*** 今は昔。<新釈・竹取物語>5 ***






「瑠璃さんが吉野に行っている?いつから?」

「うーん、確か発ったのは一週間くらい前だったと思うけど」

「何でまた吉野なんかに・・」

「桜を見に行くとか言ってたよ。ここらの桜は散っちゃったけど、吉野はこれからだからね」

「そうか・・、桜を見に・・」

呟いた途端、はっとした。

数日前から秋篠中将が休暇を取っていて、確か「山桜を見に行く」とかそんなことを言っていたのを思い出したのだ。

「・・・」

まさかと思うけど、瑠璃さんと秋篠中将が吉野で逢引してる・・・?

「あ、高彬!どこ行くの!」

融の声を背中に聞き流し、ぼくは右近衛府の部屋を飛び出した。



******



「え?今から、吉野に行かれるのですか?」

突然の帰宅に驚く大江に、吉野に行くことを告げると、更に驚いた顔になった。

「うん。明日、明後日はどっちみち公休だし、今日の分の仕事の算段も付けてきたから」

「・・何かございましたの?」

「いや、分からないんだ、何も。ただ、妙な胸騒ぎがしてさ」

「胸騒ぎ?」

「とにかく行ってくる。そう言えば・・・守弥がいないな」

「兄なら家司部屋で帳簿を付けていると思いますわ。呼んできますか?」

「いや、それなら好都合だ。このまま出るから守弥には適当に言っておいてくれ」

「適当ってそんな・・!高彬さまぁ・・」

情けなさそうな声を出す大江に手を上げると、そのまま厩舎に向かう。

今から出て走り通せば、夜には吉野に着くはずだ。

見慣れた京の風景が鄙びたものになり、一番星が出る頃、ようやく吉野に入った。

三条邸所有の吉野山荘には、童の頃に2度ほど来たことがある。

山荘には瑠璃さんが先に滞在していて、ぼくは融に誘われる形で遊びにきたのだ。

日がな一日3人で遊んだのは今でも忘れられない楽しい思い出で、思えば、ぼくはその頃から瑠璃さんのことが好きだったんだと思う。

ズケズケと思ったことを言い、お転婆で気が強く、だけど、ここぞと言うところで瑠璃さんはいつも優しく、ぼくは瑠璃さんとはいつでもこうして会いたい時には会えると信じて疑わなかった。

それが、ある日を境にふいに会えなくなってしまうなんて・・・

山荘は吉野でも奥まったところにあったはずで、記憶を頼りに行きつ戻りつしながら進んで行く。

とっぷりと陽も暮れ、ぼくは馬を降りると手綱を引いて歩き始めた。

月もない暗闇では馬が足を取られてしまうかも知れず、起伏の激しいこの山道をこのまま馬で行くのは危険だ。

歩いても歩いてもなかなか山荘は見つからず、やはり記憶だけで辿り着くのは無理だったかも知れないと、不安が胸を掠め始めた頃、遠くにボゥとそこだけ明るく見えるものがあった。

時折り吹く風に煽られるように、大きくなったり小さくなったりしている。

篝火だろうか?

だとしたら山荘である可能性は高く、自然と足が速くなる。

どれくらい歩いたのか、ふいに道が開けたと思ったら、広い野原に出た。

篝火はこの野原の先にあるようで、突っ切ろうと一歩を踏み出したぼくは、ギョッとしてそのまま固まってしまった。

野原に───

人らしいシルエットがあったのだ。

息を殺してじっと見ていると、段々と目が慣れてきて、それと同時にシルエットの全容が見えてきた。

野原の少し端寄りに立ち、何かを見上げているように顔を上げて・・・

桜、だろうか?

桜を見上げているようにも見え、まさか、と言う思いで一歩踏み出すと、一陣の風が吹き、辺りが急に明るくなった。

月明りだった。

月のない夜と思っていたのは勘違いで、どうやら雲が月を隠していただけらしい。

月の明りに照らされ、浮かび上がったのは

「瑠璃さん・・」

やはり、瑠璃さん、その人だった。






<続>


果たして高彬の恋心は、瑠璃かぐや姫に届くのでしょうか?
楽しんでいただけましたらクリックで高彬に応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

非公開さま(Mさま)

Mさん、こんばんは。

夜桜、ロマンチィックですよねぇ!
守弥だったのはほんとに残念でしたよ、私も。

>ナニかが起こりそうな予感というか、期待というか……。

もうもう全力でナニかを起こしてしまいましょうよ、私たちの力で(笑)
ふふふ、公休ですよ、公休。お・や・す・み。
しかも、明日、明後日と!有休使えば更に倍!
夜に吉野に着いてトンボ帰りはしないでしょうしねぇ・・。
高彬の袖の中に「お泊りセット」があったりして?!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ベリーさま

ベリーさん、こんにちは。

> 一途な想いが届きますように!応援してるよ、高彬〜。こんなに必死に熱く思われて瑠璃かぐや姫は幸せ者だあ!

応援ありがとうございます~。
瑠璃は幸せですよね!羨ましい~。

一途な想いが届きますように!応援してるよ、高彬〜。こんなに必死に熱く思われて瑠璃かぐや姫は幸せ者だあ!
桜の下での再会、運命を感じますよー
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ