社会人・恋人編<67>

「高彬さまの学生時代・・・」

大江は視線を上に向け、少し考える素振りを見せると

「そりゃあ、おモテになりましたわよ」

にっこりと笑って言い───






─Up to you !Ⅱ─side R <第67話>






「やっぱり!」

思わず大声が出てしまい、慌てて口を塞ぐ。

「高彬さまご本人に、そのご自覚はなかったみたいですけどねぇ。ほら、高彬さまってそう言うことに少し鈍くていらっしゃるから」

大江はうふふ、と笑い

「学生時代と言っても私が知ってるのは高校までですけどね、バレンタインの日なんか、それこそ段ボールに入り切れないほどのチョコが届いてましたし」

「・・・段ボール・・・」

「でも高彬さまはそれほど甘党じゃありませんでしょ?だからそのチョコはずっと家に置きっぱなしになってしまって、結局、大の甘い物好きの春日さまが・・・」

「春日さま?」

「あ、高彬さまのお兄さまですわ。ご長男です」

「あぁ・・」

そういや、高彬、お兄さんが何人かいるって言ってたっけ。

「で、その春日さまが全部、お食べになってしまって、それで・・」

くくく、と大江は笑うと

「こーんなに太ってしまわれたんですわ」

「へぇ・・」

高彬は全然太ってないのに、お兄さんがすごく太ってるだなんて、何か意外な気がするわ。

体質が違うのかしら?

「顔って似てるの?」

「春日さまと高彬さまですか?」

「うん、そう」

「それが、ぜーんぜん。天と地ほども違います。あ、もちろん高彬さまが天ですわよ」

「ふぅん、じゃあ、兄弟で全然似てないのね」

「はい。私たち使用人の間では、父親が違うんじゃないかって話してるんです」

何とも過激なことを大江はニコニコと言い、そうして、ふと、何の話をしていたのか思い出したのか

「その高彬さまですけどね、文化祭や体育祭の時は、他校から女の子が詰めかけて、高彬さまのクラスの模擬店だけは大盛況だったそうですわよ。『一緒に写真撮って下さ~い』とか『サインして下さ~い』とか『握手して下さ~い』とか、捌くのに大変だったって言ってました」

「言ってた?高彬が?」

「いいえ、兄ですわ」

「・・兄?守弥ってこと?どうして守弥が学校に・・・」

「兄は『若君に何かあったら』と言う事で、学校にもほぼ同行していたのですわ」

「・・・」

「だから文化祭の時には、兄が整理券を配ったとか、配らなかったとか」

「よく学校側が守弥の同行を許可したわねぇ・・」

守弥の過保護っぷりにさすがに呆れて言うと

「もし兄を出入り禁止にでもして、それで高彬さまに何かあった時、兄が黙ってると思います?」

「・・・」

到底、思えないわね。

黙って頭を横に振ると、大江は大きく頷き返し

「学校側も兄みたいなのを敵に回すより、いっそ取り込んだ方がいいと思ったんだと思います。まぁ、それくらい高彬さまの人気はすごかったってことですわ」

「・・・」

そっかー、モテたんじゃないかとは思ってたけど、高彬、そんなにモテてたんだ・・・

うーん、想像してた以上のモテっぷりだわ。

となると、これは・・・

「でね、大江・・」

あたしはコホン、と咳払いをひとつすると

「えーとね、まぁ、高彬がモテてたのはわかったわ。それで、あのぅ、彼女と言うか、付き合ってた人っていたの?」

つまり、問題はそこなのよ。

モテていようがいまいが、あたしが一番、気になるのは高彬に彼女がいたかってことで・・・

「うーん」

大江は腕を組んで考えると

「いたかどうかはわかりません。高彬さまってそういう事、ペラペラ話す人じゃないですし」

「うん、そうよね・・」

「ただ・・」

「ただ?」

「外泊することはちょくちょくありました」

「え?!」

外泊?

「それで翌朝、帰って来た時は、それはもう寝不足そうな疲れた顔をなさっていて・・」

えーーーーー?!

寝不足で疲れてたって・・・・

そ、それって、まさか・・・。





…To be continued…


整理券もらって高彬と握手して見たかった、と思っていただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

非公開さま(Sさま)

Sさん、こんばんは。

別館、お読みいただいたんですね、ありがとうございます。
幸せな気持ちのなっていただけたのことで嬉しいです!

はい、おそらくSさんと私は同年代だと思います。
そうですか、Sさんの回りは鷹男派が多かったのですね。
私の回りは、高彬、鷹男、吉野君派、と案外ばらけていました。
でも、確かにライバルは少ない方が独り占めできる気はしますよね~。
私も最初っから高彬一筋でした。
多分、女の扱いに慣れてる感じの人はイヤだったんだと思います。

また良かったらお付き合いくださいませ。

非公開さま(Mさま)

Mさん、こんばんは。

高彬の外泊に真相、ゆくゆく分かって行きますので・・
一体、何なんでしょうねぇ。
私も高彬の学校に同行したいですよ~!守弥、ずるいですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ