***古典シリーズ*** 今は昔。<新釈・竹取物語>1

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』






注)原作の設定を大きく逸脱した部分を含むお話です。閲覧は自己責任でお願いいたします。
               
        






***古典シリーズ*** 今は昔。<新釈・竹取物語>1 ***







「高彬!」

公務を終え、右近衛府を出たところで遠くから名前を呼ばれた。

頭の上で手を振りながら駆け寄ってくるのは親友の融で、ぼくの前にやってくると膝に手を置いて息を整えると

「今、帰り?」

そのままの姿勢でぼくを見上げるように聞いてきた。

大きく傾いた西日に目を細めている。

「うん」

「だったら一緒に帰ろうよ。久しぶりに高彬とゆっくり話したいし」

「そうだな」

2人で連れ立って牛車に乗り込み、物見窓を開けると、草木の匂いを孕んだ春の空気が流れ込んできた。

この時間の大路はまだ活気に溢れていて、牛飼童の声や物売りの声が飛び交っている。

「融、せっかくだからうちに寄って行くか?」

「え、いいの?」

「うん。その方がゆっくり出来るし」

突然、客人を連れて帰宅したことに驚く女房たちを尻目に、融と2人、部屋に入って行くと守弥が控えていた。

「お帰りなさいませ、若君」

「うむ」

「これはこれは、大夫の君」

守弥は融に向かい慇懃無礼に言い、わざとらしく頭を下げて見せた。

守弥を下がらせ

「相変わらず感じ悪いだろ。悪かったな」

腰を下ろしながら言うと、融は肩をすくめてみせた。

「ううん。もう慣れっこだよ」

女房の持ってきた白湯をゴクリと飲み干すと

「高彬はさ、まだ結婚しないの?」

いきなり聞いてきた。

「まだって・・。融、おまえだってまだ結婚してないじゃないか」

「そうだけどさ。でも、ぼく、今日、右大臣さまに言われちゃったんだよ」

「父上に?何て」

「うん。『高彬は持ってきた縁談を片っ端から断るのじゃ。どうしたもんかのぅ』って」

融は身振りまで父上の真似をして言い

「やっぱり、あれ?姉さんのこと?」

ぼくの顔を覗き込んできた。

「・・・う、うん・・」

曖昧に頷くと

「あのさぁ、前にも言ったと思うけど、皆、姉さんのことを美化し過ぎなんだよ。確かにうちは家柄はいいし、その総領姫がいつまでも婿を取らないってことで注目を集めるんだと思うけどさ」

「・・・」

「それを『あまりの美しさに内大臣さまが婿を取るのを嫌がってる』とか『その美しさは、かぐや姫もかくやあらん』とか言っちゃってさぁ。そんなこと全然ないんだよ。高彬だって姉さんの顔くらい覚えてるだろ?」

「うん、それはまぁ」

「確かに姉さんは家の者に『かぐや姫』とかあだ名で呼ばれてたことはあったけど、それは何もかぐや姫みたいに綺麗ってわけじゃなくて、竹を割ったような性格だからってことだよ」

「う、うん」

「その姉さんを、錚々たるメンバーが取り合ってるんだもん。誤解って怖いよなぁ」

融は心底不思議そうに首を捻り、ぼくは黙って白湯を飲み干した。

そう。

ぼくが持ち込まれた縁談を断る理由は瑠璃姫にあった。

瑠璃姫とは、京でも屈指の名門、内大臣家の総領姫で、京に住まう男なら知らぬものはいないと言う音に聞こえた伝説の姫なのである。

あまたの求婚に見向きもせず、今は内大臣家所有の九条別邸でひっそりと暮らしていると言う。

今、瑠璃姫に名乗りを上げているのは5人、今上帝、秋篠中将、帥の宮、権少将、そしてこのぼく、右近少将────。

果たして瑠璃姫の心を射止めるのは誰なのか。

恋のレースの火蓋が切られた───。






<続>


瑞月です。

いつもご訪問ありがとうございます。

妄想が制御不能のため、いきなりの平安編・古典シリーズのスタートです。

社会人編も並行して連載していきますので、よろしかったらお付き合いのほどお願いいたします。

学校も新年度が始まり、双子も中学2年生になりました。

昨日、保護者会があったのですが、学年委員を引き受けてきました。

来年の3年生でやると、卒業アルバムの製作や謝恩会などの企画をやることになるそうで、今年やっておけば、来年は「くじ」から免除されると言う事で、だったら今年のうちにやってしまおうと思い、手を挙げました。

(どうも私は当たって欲しくない「くじ」で当てられる傾向があるのです。くじ運がいいんだか悪いんだか)

学年委員がどんなことをやるのかまだよくわかっていないのですが、今までよりも更新の頻度が落ちるかも知れません。

(今までが早過ぎただけですが!読むのも大変だったと思います)

26日に学年委員の中の「委員長」を決める集まりがあり、委員長になってしまうと、かなり大変みたいです。

今日から身を清め、神社詣でをし、くじに当たらないように精進しようと思っています。


ランキングに参加しています。
くじ運のない(ある?)わたくし瑞月めに、くじに当たらないようにクリックで応援をなにとぞお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ベリーさま

ベリーさん、こんばんは。

> 穴埋めゴンちゃんって訳ですね。

一瞬、「穴掘りゴンちゃん」に見えてしまい、私の頭には可愛いアライグマが浮かびましたよ!
ラスカル~!

> 考えると融くんも何気にキーパーソンですから同じ星のもとにいるような気がします!

確かにそうですよね!

> でも愛嬌や性格、家柄に恵まれてますね〜

融は愛くるしいですけど、ゴンちゃんは暑苦しいってイメージですもんね!

穴埋めゴンちゃんって訳ですね。
考えると融くんも何気にキーパーソンですから同じ星のもとにいるような気がします!
でも愛嬌や性格、家柄に恵まれてますね〜
楽しませて頂きます!

非公開さま(Mさま)

Mさん、おはようございます。

Mさんは子供会の副会長さんですか。
お勤めご苦労サマです…m(__)m
ほんと、何だか気分は下降しますよねぇ(笑)やってみれば楽しいこともあるってわかってるんですけど・・
私は(学年委員に高彬がいたら)とか言うかなり無茶な妄想を脳内で繰り広げながら、気持ちを盛り上げてやっていこうと思っています。(ヤケクソとも言う)

G少将の「ザコ感」やはり感じられましたか?
だって人数合わせですもん(笑)
・・いやいや、分かりませんよ。
案外、G少将が思いがけない粘りを見せるかもしれませんしね。
軽いタッチの話ですので、気軽に、時にはGを鼻でせせら笑いながらお読みいただければと思います。
またお付き合いのほどよろしくお願いいたしますm(__)m

ベリーさま

ベリーさん、おはようございます。

> おお!この5人のメンバーは凄いですね!

オマケみたいな人もいますけどね!誰とは言いませんが・・。イニシャルGです!

> 先が楽しみです(^。^) さあ竹を割ったような瑠璃姫に、どう翻弄されて行くのでしょう?!

ありがとうございます。
とは言え、誰が勝つかは決まり切ってますし、さらりとした話になると思いますので、サラサラ~っとお茶漬けを流し込む噛んでお読みいただけたらと思います。

> 双子ちゃんなんですね!大変だあ!新学期はバタバタしますよね。

新年度に提出しなきゃいけない、あの書類の数々!
どうにかならないもんなのでしょうかねぇ。毎年、同じことを書かされて~。

> 委員も、色々、気を使ったり、あれこれあったりと伺います うちはまだまだ子供が小学生低学年なので新米でございまーす。

委員やPTA役員になると、やっぱりその分、負担は増えますよね。
もちろん悪いことばかりじゃありませんけど。
ベリーさんのところは小学生の低学年さんなのですね~。
6年間って長いようであっと言う間でしたよ。気が付いたら卒業してたと言う感じでした!(笑)

非公開さま(Sさま)

Sさん、はじめまして。
ご訪問いただきありがとうございます。
私のブログとの出会いを「神仏の思し召しとしか思えません❗ 」と思っていただけるなんてこんなに嬉しい言葉はありません。

全ての記事を1週間でお読みいただいたのこと!
何と言いますか・・・、本当にお疲れさまでしたm(__)m
そしてありがとうございます。

Sさんが書店で見られた本は「月の輝く夜に」と「ざ・ちぇんじ!」、あとは未収録作品を2編収録したコバルト文庫ですね!
まだ書店に並んでいましたか。それは嬉しいです。
私も数年前、たまたま「なんて素敵にジャパネスク」と検索してみたら、「らぶらぶ万歳サークル」が出てきて、そこで二次小説なるものの存在を知りました。
氷室先生は亡くなっているし、もう新しいお話は読めないと思っていた時だったので、こういう楽しみ方があるんだ!と嬉しかったのを覚えています。(その後、自分でも書くに至ったのです)

別館のパスワードに申請もありがとうございます。
後ほど改めてメールでご連絡させていただきますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おお!この5人のメンバーは凄いですね!
先が楽しみです(^。^) さあ竹を割ったような瑠璃姫に、どう翻弄されて行くのでしょう?!

双子ちゃんなんですね!大変だあ!新学期はバタバタしますよね。
委員も、色々、気を使ったり、あれこれあったりと伺います うちはまだまだ子供が小学生低学年なので新米でございまーす。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
なんて素敵にサイト様 (ジャパネスク)
なんて素敵にサイト様(他ジャンル)
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ