社会人・恋人編<62>

「こらー!そこの人ー!止まりなさいー!」

まずは声で威嚇とばかりに大声で言ったものの、2人には聞こえていないのか、振り返りもしなかった。

全力で走っているつもりなのに、思うように距離が縮まって行かず

(あぁ!やっぱり高彬を見習って、毎日、ジョギングでもしておけば良かった!)

ほんと、後悔先に立たず、だわ。

「大江ーーー!」

喉も裂けよと叫んだ。





─Up to you !Ⅱ─side R <第62話>





あたしの渾身の大声は大江にも聞こえたみたいで、遠目にもこっちを見たのが見て取れ

「瑠璃さまーー」

と叫び返してきた。

あたしの応援が来たことで力が湧いたのか、相手の男にも果敢に抵抗しているように見える。

息も上がってるしヘトヘトだったけど、最後の一頑張りとばかりにあたしはダッシュした。

ヒールのある靴が邪魔だったから、靴も脱いでしまう。

裸足で渋谷の街を走るってすごいシチュエーションだけど、この際、そんなこと言ってられなかった。

何が起きてるのかさっぱり分からなかったけど、こういう時は頭より身体が動くものなのよ。

「大江!」

ようやく大江に追い付き、大きく息を付いて男を睨み付けてやる。

「ちょっと!何してるのよ!」

「な、何って・・・」

男は初めて見る顔で、50代くらいに見える冴えない中年男だった。

突然のあたしの登場に面食らったような顔をしている。

「その手を離しなさいよ!」

大江の腕を掴んでいる手を離させると、大江を背中に隠した。

「イヤがってる女性に何なの?場合によってはこのまま警察を呼ぶわよ」

「い、い、いや、それだけは・・。わ、わ、わたしはちゃんと代金を払ってあるし・・・」

「はぁ?!代金?何よ、それ」

「い、いや、だからネットで見つけた『デートクラブ』に前金として三万円を振り込んであるし・・」

「・・デートクラブ?!」

デートクラブって言ったら、あれじゃない。

お金を払って女の子とデートするやつで、でも、中にはそれが食事やお茶にとどまらずに、行くところまで行ってしまうとか言う・・・

現に今、気が付いたけど、ここっていわゆるラブホテル街じゃないの。

あたしはいつも、高彬のマンションに行っちゃうから、こういうとこ入ったことないけど・・、ふぅん、そっか、こんなところにあるんだ・・・

いやいや、今はそんなこと考えてる場合じゃないわ。

あたしは中年男を睨み付けた。

「デートクラブってどういうこと?この子はそんなところに登録なんかしてないわよ」

「時間と場所を指定されたんだ。着てる服の特徴も教えてもらってたし。行ってみたら、その通りの子が人待ち顔で立ってるし、てっきり合意の上かと・・・」

「私、イヤだって言いました!」

大江が背中から顔を出して言い

「そ、それも、プレイかと思ったんだ」

「プレイ?」

「今回の申し込みのオプションに『嫌がる女性に無理やり!<美女と蛮獣>コース』と言うのがあったから、それにチェックをしておいたんだ。だから、てっきりこの子が嫌がっているのも、もう演技のうちかと・・・」

「はぁ?!ばっかじゃないの!」

何が<美女と蛮獣>よ!

カッとなって、もう少しで持ってる靴を投げつけそうになったけど、だけど、こんな男にあたしの靴が触れるのも汚らわしいと思って留まった。

「あなたのしたことは犯罪よ。警察に通報されたくなかったらさっさとどっか行きなさいよ!」

吐き捨てるように言ってやると、男はノロノロと歩き始め、だけど思い出したように振り返り

「さ、三万円は・・」

口ごもりながらも言い、その浅ましさに舌打ちが出る。

「これを持ってさっさと行きなさいよ!早く」

財布から三万円を抜き取り投げつけてやると、男は屈んでしっかりお札を拾うとスタコラと去って行った。

「瑠璃さまぁぁ」

男の姿が見えなくなると大江はへたり込み、顔を覆って泣きだしてしまった。

「大江。もう大丈夫よ」

しゃがんで大江の背を撫ぜてやりながら、あたしは怒りに震えていた。

───曽茅野美弥め!ふざけたことをしてくれるじゃないの!どういうつもり?!

携帯の着信履歴から曽茅野氏の番号を引っ張りだすと、発信ボタンを押す。






…To be continued…


瑠璃の怒りスイッチがオンに!
高彬に単独行動を止められていたことをすっかり忘れてそうな瑠璃に、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓


(すみませんが今日はプラスの更新はお休みします)


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ありちゃんさま

ありちゃんさん、こんばんは。

> あな恐ろし!とんでもない犯罪ですよ!未遂で終わって良かった。

ほんとですよね!未遂だとは言え、瑠璃が黙っているわけがありません。

> 息を飲んで見守る所存です。

ありがとうございます。またお付き合いくださいませ。

何てこと!

瑞月さん おはようございます。

瑠璃の怒りが手に取るように分かります。o(`ω´ )o
あな恐ろし!とんでもない犯罪ですよ!未遂で終わって良かった。

瑠璃はどんな反撃に出るんでしょうね。最終的に高彬のカックイイ姿が観れるのは当然として…
まだ2転3転ありそうですね。
息を飲んで見守る所存です。
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
なんて素敵にサイト様 (ジャパネスク)
なんて素敵にサイト様(他ジャンル)
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ