社会人・恋人編<60>

「早く行きましょうよ、瑠璃さま」

すでに玄関で靴を履き、準備万端の小萩と大江に急かされ大急ぎで身支度を整える。

考えて見たら昨夜の合コンから同じ服なのよ。

ま、まぁ、一度、全部、脱いだけどさ・・

「瑠璃さま~。まだですの~」

「今、行くわ!」

目に付いた服に急いで着替え、玄関に向かった。






─Up to you !Ⅱ─side R <第60話>





「あら、瑠璃さま。私と双子コーデみたいですわね」

「え」

大江に言われて気が付いた。

考えなくて済むからと適当に選んだサックスブルーを基調としたプリント柄のセットアップ、大江が着てるものと確かに良く似ている。

「あ、ごめん。着替えてくる?」

気を悪くしたかと思い言ってみると

「とんでもございませんわ。双子コーデ、やってみたかったんです。うふふ」

駅までの道を4人でぶらぶらと歩く。

「そう言えば、どうしてさっきイケメンなんて言ったの?どんな人か知らないのに」

「合コンの翌日に、あんな風に強引に会おうと言ってくるのはイケメンに決まってます。って言うかイケメンじゃなかったら許されません」

とのことで、まぁ、確かに曽茅野氏はイケメンと言えばイケメンと言えるから、その辺は大江の期待を裏切らないかも知れなかった。

曽茅野氏に4人で行くと言ってないけど、向こうだって裏ワザみたいなやり方であたしの番号を知ったんだし、まぁ、いいわよね。

それに『あなたの面影ばかりがチラつくのです』なーんて言ってたけど、そんなの嘘っぱちに違いないんだから。

昨日はそんな感じ、これっぽっちも感じなかったもの。

あたしだって女の端くれ、自分に興味を持ったかどうかくらい分かるわよ・・・

「・・でも、不思議ですわねぇ」

電車の中でそれまで黙っていた煌が口を開き

「何が?」

「別にね、瑠璃に曽茅野氏からの誘いがあったことにケチを付けるつもりはありませんけど、昨日の二次会では曽茅野氏、他の方に気のある素振りでしたのよ」

「曽茅野氏も二次会に来たの?」

「えぇ。男性は鷹男チーフと2人だけでしたけど」

「他の人に気のある素振りってどういうこと?詳しく聞かせてよ」

「二次会で随分とお酒も回ってきてたし、結構、皆さん、あけすけに恋愛遍歴を披露し合いましてね。その時に曽茅野氏は、自分にはずっと昔から思い続けてる人がいる、みたいなことをおしゃっていたのですわ。まぁ、結構、曽茅野氏狙いの人もその場に多くいたので、牽制の意味もあったのかもしれませんけど」

「思い続けてる人・・・」

「えぇ。それで、ついその人の面影を追い求めてしまうけれど、まだ、その人を超える人に出会えていない、とかなんとか」

「・・・」

「合コンに出たのも、その人を忘れるために誰かを好きになりたかったからだけど、残念だけど、そう言う人はいなかった、とかそういうようなことを遠回しにおっしゃってましたわ」

「ふぅん」

「ですのでね、そんな方が瑠璃に会いたいって電話してくるのが、何だか不思議と言うか不自然で」

「うん」

あたしも思ってたことだったので頷く。

これはますます会ってみなきゃ、だわ。

動画の謎に少しでも近づけるかも知れない。

曽茅野氏が指定して来た待ち合わせ場所は、待ち合わせ場所の王道とも言える渋谷のハチ公前だった。

人でごった返す駅構内を案内板を見ながら歩いていると、携帯が振動し出てみると曽茅野氏で、内容は

「10分くらい遅れそうだ。すぐに分かるように着てる服を教えて欲しい」

と言うものだった。

呼び出しておいて遅刻?と思ったけど、取りあえず特徴を言って電話を切る。

ハチ公前はすごい人の数で、確かにこれは特徴を言っておいて正解だったかも知れない。

「瑠璃さま。あのぅ、私、ちょっとお洗面に・・」

小萩が恥ずかしそうに言い

「あたしも行っておこうかしら。まだ時間あるし」

「では、あたくしも」

「私はここで待ってます。憧れの渋谷ですもの。ちょっと人間ウォッチでもしてます」

大江を残し、3人で駅ビルのトイレに向かい戻ってくると───

「──あれ?大江は?」

大江の姿がなかった。






…To be continued…


大江はどこに?少しずつ謎に近づいて行く瑠璃にクリックで応援をお願いいたします。
↓↓


(今日はプラスの更新はお休みです。明日は更新いたします)


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ありちゃんさま

ありちゃんさん、こんにちは。

大江は一体、どこに?!

> 続き、楽しみにしてます!(^^)

ありがとうございます!またお付き合いくださいませ~。

大江ちゃんが!

瑞月さん こんにちは〜。

大江ちゃん!
瑠璃と間違われて連れ去られちゃったんでしょうか?
いやぁ、ハラハラしますね。
どうなっちゃうんだろう。
続き、楽しみにしてます!(^^)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
なんて素敵にサイト様 (ジャパネスク)
なんて素敵にサイト様(他ジャンル)
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ