乳姉妹ブログ、更新しました!

瑞月です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

恥ずかしながら、もしかしたら私は「らぶポカ中毒」になってしまったのかも知れません。

昨日アップした中の一文

-----------------

あの後、時間ぎりぎりでチェックアウトを済ませ、高彬の車に乗り込んだあたしは、助手席に座るなり爆睡してしまったらしい。

-----------------

このシーンを詳しく書いて見たくなってしまいました。

乳姉妹ブログ「あれこれプラス」の方にアップしてありますので、よかったらご覧くださいませ。


プラスにお立ち寄りの前に、応援のクリックをしていただけると嬉しいです。
↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
<読者さま選>

『~お掛けになった電話は、電源が入っていないか、電波の届かないところに・・・』

「なぜ電話が繋がらない!右近少将は何をしているのだ!この失態、必ずあとで詮議するぞ!」
「主上、もしかしたら高彬は着信拒否をしているのではないでしょうか・・」(By 公子)
 ↑
 公子姫の言ってることは、きっと当たってる…


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ベリーさま

ベリーさん、こんにちは。

> 瑞月さんのこの現代版でも高彬って本当に瑠璃さんが好きなのね、とひしひしと伝わります。

はい!ありがとうございます~。
高彬と瑠璃が、お互いを特別な人と判っている、と言う感じが大好きなんです。
原作以上に、その辺りをぐいぐいと出して行けたらと思っています。

> 高彬ぐらい真面目で情熱がないと瑠璃の相手はできないように思います。笑

確かにそうですよねぇ。
何だかんだ言って、色んな意味で瑠璃と対等に付き合えるのは高彬だけですもんね(男の中では)

> そしてあれこれプラスの大尼君のことですが。。。ほんっとうに頭の隅っこにも引っかからずどうしてるかなんて考えてもなかったです!(苦笑)

私もつい最近までそうだったんですよ(笑)
でも、ふと、桂の尼君が尼さんになったのは、きっと乳姉妹である紀子さんの死がきっかけではなかったのか・・と思ったら、自分の中でクローズアップされてきました。

>そういやニノ姫どうしてるかな。。。笑

気になるところですよね。吉野君への想いなども含めて。唇、奪われてましたしねぇ(笑)

はらはら感、わかりますう!瑠璃さんは恋愛に結構潔癖でありながら、鷹男や守弥にもときめいてましたね。かわいそうな高彬。(とほほ) まあそれが大事な要素ではあるんですがf^_^;
瑞月さんのこの現代版でも高彬って本当に瑠璃さんが好きなのね、とひしひしと伝わります。
結婚は好いて結婚するより女性は好かれて結婚する方がうまくいくと思ってますので、良しですよ!高彬ぐらい真面目で情熱がないと瑠璃の相手はできないように思います。笑
だからきっとうまくいってるんでしょうね!

そしてあれこれプラスの大尼君のことですが。。。ほんっとうに頭の隅っこにも引っかからずどうしてるかなんて考えてもなかったです!(苦笑) 瑠璃とは仲は良さそうでしたよね〜 。そういやニノ姫どうしてるかな。。。笑

ベリーさま

ベリーさん、こんにちは。

> そうなんです、鷹男から帝をとったらただのチャラ男!。

あはは、そうですよね~。(そこが好き、と言う方も大勢いらっしゃるのだとは思いますが)

> ですが、帝であり、その立場をわかり女人すきながらも定を全うする人格、卑屈にならず受け止める姿勢、頭は切れて、後は容姿ですか(笑)それが手伝っての魅力と思われます。(フォローしときます!)

うんうん、そうですよね。
ある意味、帝である以上、たくさんの女人を愛するのは使命でもありますもんね。
(でも、瑠璃はダメ!瑠璃は高彬のもの!)
でも、私、原作を読んでもやっとするのは、鷹男そのものと言うよりも、鷹男に靡きかけてる瑠璃に対して、のような気がするんですよ。
何か「いい思い出」っぽいようなことも言ってるし、まぁ、最後の最後では、鷹男なんかより高彬が一番って感じになってますけど。
確かに、「鷹男にちょっとよろめいてる瑠璃」って言うのが、物語のいいスパイスになっているんでしょうけど。
(あと、守弥にもちょっとときめいてましたしね)

>あの時代、逆らうことは人生の終わりみたいなもんだったでしょうから。

そうですよね。
でも現代編では人生の終わりでもなんでもないので、高彬にはどんどん鷹男に逆らってもらうつもりで~す(笑)
平安の仇を現代でとる!(私の)

そうなんです、鷹男から帝をとったらただのチャラ男!(と鷹男が好きな人には怒られる)
ですが、帝であり、その立場をわかり女人すきながらも定を全うする人格、卑屈にならず受け止める姿勢、頭は切れて、後は容姿ですか(笑)それが手伝っての魅力と思われます。(フォローしときます!)
だから原作で瑠璃がなびくことはないなぁと思いながらも高彬が挫けることはあるやもしれんと密かに思ってた次第です。あの時代、逆らうことは人生の終わりみたいなもんだったでしょうから。あの尼寺のシーンまでは、どうすんのよ 高彬〜なんて思ってました。いやいや懐かしいです(^ ^)



ベリーさま

ベリーさん、こんばんは。

> んもう、鷹男ってばいじったりからかうクセにいざとなったら高彬なんですからね〜

そうですよねぇ。
結局、高彬のことが大好きなんでしょうね。
(それなのに、「少しからかってやろう」とか。おまえは小学生かっ!と突っ込みたくなります)

> ただしこのセリフは高彬の魅力を引き立ててくれているので花マルですよね!

ほんと、その通りです!

>鷹男の魅力は帝であってこその魅力も大いにありますよね

あーーー、私、このべりーさんの言葉で解りました。
だから現代編の鷹男は、書いててムカつくんだ、と・・(笑)
帝やめたら、ただのチャラいKYな男だったってことなんですねぇぇぇ・・

ありちゃんさま

ありちゃんさん、こんばんは。

> こちらの方に、後から来てしまいました。
> 両方ポチッとな。w

ポチポチ、ありがとうございます!すごく励みになります。

> 絶対に着信拒否ですよ!

で・す・よ・ね~~(笑)

んもう、鷹男ってばいじったりからかうクセにいざとなったら高彬なんですからね〜

ただしこのセリフは高彬の魅力を引き立ててくれているので花マルですよね!鷹男の魅力は帝であってこその魅力も大いにありますよね
そしてそれに逆らえない高彬もまたしかり。。。笑

逆になっちゃった。

こちらの方に、後から来てしまいました。
両方ポチッとな。w

絶対に着信拒否ですよ!
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ