社会人・恋人編<12>

あっけに取られたままのあたしを乗せ、エレベーターはどんどん上昇を続ける。

このまま今日はこのホテルに泊まると───

これってそう言う流れなわけ?

そりゃあ、泊まってみたいかも、と言ったのはあたしだけど・・・

でも、まさか新しい部屋にチェックインし直してまで泊まるなんて───








─Up to you !Ⅱ─side R <第12話>






ここのホテルって宿泊代がすごく高いことでも有名だし、高彬、大丈夫なのかしら?

何ならあたしが半分出してあげても・・・・

なんてこもごも考えていたら、ふいに高彬の顔が目の前にあって

「え・・・」

あれよあれよ言う間に、キスをされてしまっていた。

し、し、しかも・・・

「・・・・・」

長いんですけどーーー!

何とか離そうと思うんだけど、片手は背中に回されてるし、片手は頭を押さえられてるしで逃げられない。

舌まで入ってきたところで、あたしはようやく唇を離すことに成功した。

軽く睨んでやったのに、まるで悪びれた様子も見せずに笑い返してくる。

「まさか、これもオオカミの怖さを教えるため、とでも言いだすんじゃないでしょうね?」

そう言ってやると、高彬はポカンとした顔になった。

───やれやれ。

あたしは小さく肩をすくめた。

どうやら、自分が少し前にオオカミになって、その怖さを<実地指導>したことなんて、すっかり忘れているらしい。

まったく、もう。都合の悪いことはすぐに忘れちゃうんだから。

今でもあの時に高彬に強く吸われた跡が、胸元や脚の付け根に残っていると言うのに。

チン、と音がしてエレベーターが止まり、ドアが開いた瞬間

「実地指導の続きは部屋で、ね」

耳元で高彬が言い、そうしてそのまま歩き出している。

───もうっ!

何よ、年下のくせに・・・



*******



通されたのは窓に面したカウンターテーブルで、スツールに腰掛けると、目の前には東京の夜景が大パノラマで広がっている。

東京タワーが見えているところを見ると、さっきのレストランとは違う方向なんだわ。

ほぉ・・、とため息をつきながら夜景を眺めていると

「瑠璃さんは何飲む?」

メニューを見ながら高彬が聞いてきた。

「カクテルも色々あるし、スパークリングワインも飲みやすくていいかも知れないな」

「うーん・・・、ノンアルにしておこうかしら」

メニュー表を覗き込みながら

「じゃあ、これ」

と、おしゃれな名前の白ブドウのジュースを指さす。

やってきた黒服のスタッフに向かい高彬は

「スパークリングワインとギムレットを」

とオーダーしたので、びっくりしてしまった。

「・・・ジュースって言ったじゃない」

スタッフがいなくなってから文句を言うと

「オオカミとしては、少し酔ってもらった方が都合がいいかと思って」

なんて平然と答えてくる。

足を蹴っ飛ばしてやろうかと思ったんだけど、一応、場所を考えてやめておく。

一応ね、一流のバーですから、あたしだって淑女然として振る舞いたいしね。

それにしても・・・・

あたしは、夜景に目をやる高彬の横顔をそっと盗み見た。

高彬とは部屋で会う事が多いから今まで感じたことがなかったけど、こういう場所でも高彬は驚くほどサマになっている。

何ていうか、板に付いていると言うか、場になじんでいると言うか。

あんまり考えたことなかったけど、こういうのを目の当たりにすると、やっぱり高彬って由緒ある家柄の人なのかもしれないなぁ、なんて思う。

品があるって言うのかしら。

うちだって父さまが手広く事業を展開してるから、それなりに裕福な方だとは思うけど、父さまや融に、高彬みたいな品があるかって言うと、ちょっとねぇ・・・と言う感じだし。

こういう素敵な人が自分の恋人だと思うと、じわじわと嬉しくて、この大パノラマに向かって

「みんな見て見てーー!この人、あたしの恋人なのーーー!」

なんて大声で叫びたくなってくる。うふふ。

「・・・」

やだわー、節操がないのは、もしかしたらあたしの方なのかしら・・?






…To be continued…


鷹男との会話、どんな話をしたのか気になってる方もいらっしゃるかも知れませんが、大寒波が来ていると言う事ですので、次回は「社会人編版らぶポカキャンペーン」をお届けしたいと思います。
鷹男との会話はたいした話じゃありませんし、箇条書きにすれば三行くらいで終わりますので、その次にでもさくっと・・・

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
<読者さま選>

「皆さま、こちらに展示してございますのが、守弥が高彬にフォーリン・ラブするきっかけとなりました伝説の温石、別名『白梅院の悪夢』、でございます。・・・それでは皆さま、このまま進路に沿ってお進みください」


*********

「特選ジャパネスク名(迷)言集」募集中です!
これは、と思う言葉がありましたら、どしどしお寄せ下さいませ。
「読者さま選」と言う形でご紹介させていただきます。
小説ジャパネスク限定と言う事でお願いいたします。
また、私の一言コメント(突っ込み)を付けてのご紹介となりますので、ご了承ください。

*********


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ありちゃんさま

ありちゃんさん、こんばんは。

> 「高彬ミュージアム」も行きたいです!
> 他に何が展示されてるのかしら・・・ワクワク。

高彬の童の頃の水干や、元服に身に着けた直衣、あとは沓や扇。
今は冬の特別展示で「直筆のお歌」も展示中でございます~す。
お近くにお立ち寄りの際は、ありちゃんさんもぜひ!(笑)

木の葉さま

木の葉さん、こんばんは。

> 高彬もきっと、素敵なバーでのデートに心中密かに盛り上がってるでしょうねぇ♪

はい、盛り上がっていると思います!

> ま、盛り上がってるのは私なんですが。

あ、私も盛り上がってます(*^_^*)

> 普通に友達として仲良くなって、高彬をモヤモヤさせる、とか密かに期待していたのですが。
> 瑞月さんはきっと鷹男にそんなおいしい思いはさせないと分かっていました。

いえいえいえ(笑)
鷹男にはこれからも瑠璃の回りを蜂のようにぶんぶんと飛び回ってもらいますよ!
そうして、可哀想だけど高彬はモヤモヤ・・・(笑)

> 守弥がぎゃふん、って言ってるところも見たいぃぃぃぃ。

いいですねぇ!いつかはぜひ(笑)

カッコいい!

瑞月さん こんにちは。

高彬、かっこいいですねぇ。
部屋を取り直して、その前にバーで酔わせちゃうとか・・・。
(されてみたい。ぼそり)

「高彬ミュージアム」も行きたいです!
他に何が展示されてるのかしら・・・ワクワク。

冬将軍に対抗するラブポカ!期待してます!

No title

高彬もきっと、素敵なバーでのデートに心中密かに盛り上がってるでしょうねぇ♪
ま、盛り上がってるのは私なんですが。
にしても、相変わらず鷹男は瑠璃の心にかすりもしない・・・。
箇条書きって!三行って!!
普通に友達として仲良くなって、高彬をモヤモヤさせる、とか密かに期待していたのですが。
瑞月さんはきっと鷹男にそんなおいしい思いはさせないと分かっていました。
守弥がぎゃふん、って言ってるところも見たいぃぃぃぃ。

非公開さま(Mさま)

Mさん、おはようございます。

お洒落なバーでお酒を飲む高彬って、絶対に絵になってそうですよねぇ。
本人、無自覚なんでしょうが、かっこつけてるわけじゃないのに、きらりと光るスマートさ。
(鷹男は自覚してるかっこよさですよね)

『白梅院の悪夢』
これはもちろん、そう呼んだのは高彬です。
『白梅院の奇跡』にしようか本気で迷ったんですよ、2日間くらい(笑)
でも、私の設定の中ではここは「高彬ミュージアム」なんです(笑)
だったら、やっぱり高彬目線で呼ぶ方がいいのかな、と。
「奇跡と輝石」←守弥に言ったら、泣いて喜びそうですね~。

鷹男との会話は徐々に明かされて行きますので~(^^)/

ベリーさま

ベリーさん、おはようございます。

> 温石、ガラスケース入りですね。爆

温度管理、湿度管理もばっちり、触る時は白手袋必須でございます(笑)

> 高彬の品の良さの魅力、素敵〜❤️
> 瑠璃じゃなくてもフォーリンラブですね(^^)

はい、もちろんでございます~(^^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

温石、ガラスケース入りですね。爆

高彬の品の良さの魅力、素敵〜❤️
瑠璃じゃなくてもフォーリンラブですね(^^)

プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ