社会人・恋人編<7>

「そうは言ってもね、高彬。同じ会社でいつも顔合わせなきゃいけないんだし、そうツンケンも出来ないじゃない」

「・・・・・」

「あたしだって迷惑してるけど、角が立たないように上手くやらないと。一応は先輩なんだし。ね」

「・・・・」

エレベーターホールの物影で顔を覗き込むようにして言うと、高彬は不承不承に頷いた。






─Up to you !Ⅱ─side R <第7話>






「じゃ、ランチ行きましょ」

歩き出そうとしたところで、ふいに手を掴まれ引き寄せられてしまった。

と思ったら───

「・・・!」

一瞬のキスに目を見開いていると、何事もなかったかのように高彬は歩き出してしまっている。

もうっ!

誰かに見られてたらどうするのよ!

慌てて高彬に追い付いて隣から睨みつけてやると、何食わぬ顔で「ん?」なんて見返してきた。

まったく・・・。

何だかこういう高彬見てると、過去の恋愛事情に悶々としている自分が馬鹿みたいに思えてくる。

今度、ビシって聞いてやろうかしら・・・?



*******



仕事を終え、何となく高彬の目を逃れるように会社を出たあたしは、守弥に指定された店に向かった。

名前を告げて通された場所は上手く間仕切りで仕切られた、半個室スペースで

(ふーん、案外おしゃれな店じゃない)

なんて思いながら席に付く。

それにしても、人を呼び出しておいて、まだ来てないってどういうことよ。

5分待って来なかったら帰ってやろう、と思い定めて待っていると、ほどなくして守弥が現れた。

「失敬。道を聞かれ教えていたら遅くなりました」

「・・・・」

「なにぶん、東京には不案内なもので」

「じゃあ、教えなきゃいいじゃない」

突っ込むと、眉を寄せ嫌な顔をしたものの、すぐに元に戻すと

「さっそくですが」

守弥は居住まいを正した。

「まずは確認を取らせていただきます。藤原瑠璃さまで間違いはございませんね」

そこからっ?

何だか突っ込みどころ満載な人だけど、とりあえず素直に頷くと、守弥は満足そうに頷き返した。

「単刀直入にお聞きします」

そう言いながらバッグからノートPCを取りだす。

電源を入れると、電子音を立てながらパソコンは立ち上がり、チラッと見えた画面は幼い子どもが映っていて、それがどうも高彬の子どもの頃のように見えたんだけど、あまり考えないことにした。

あたしの方に画面を向けると、すぐに動画が再生され、見ているうちに眉間に皴が寄って行くのが自分でも判った。

──何よ、これ・・・

動画に映っているのは紛れもなくあたしと高彬で、京都でのあたしの告白や、展望台でのキス、そして何とも意味ありげなシーンへと繋がっている。

「・・・・・・」

「こちらの動画は、いわゆる素人の動画サイトに投稿されたものです」

「・・・・・・」

「藤原瑠璃さま。この動画を投稿したのは、あなたですね?」

「じょ、冗談でしょ。どうしてあたしが・・・」

あまりのことに、声が裏返ってしまう。

「こうして外堀から埋めて、若君との結婚を画策した。違いますか?」

「違うわよ。こんな動画初めて見たし、それにあたしは別に高彬と結婚したいなんて思ってないもの」

言った途端、どこかがチクリと痛んだけど、でも、この際、その出処を突き止めてる場合じゃなかった。

「逆に聞くけど、どうしてあたしだと思ったのよ。そもそも自分で自分を撮れるわけないでしょう」

「そんなのは人に頼めばいくらでも容易いことです」

「・・・・」

「少しばかり、調べたのですよ」

「調べた?何を」

「この動画を投稿したコンピューターをです。そのコンピューターのサーバーは、若君の会社のものでした」

「うちの会社?」

「そうです。つまり簡単に言えば、若君の会社にあるパソコンを経由して、この動画は投稿されたのです」

「・・・・・」

さぁ、どうだ、と言わんばかりに守弥はあたしを睨み付け、だけど、あたしはそんなことが気にならないくらいに全く別のことを考えていた。

会社で、あたしと高彬に横やりを入れそうな人物と言えば・・・

───今上鷹男・・・

鷹男がこの動画を投稿したと言うの?






…To be continued…




ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
(次回、更新は「新婚編」をお届けする予定です)


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ぺんぺんさま

ぺんぺんさん、こんばんは。

> 毎日お話が更新されてるので、その展開に毎日ドキドキしてます。

ありがとうございます^^

> 高彬の過去………。
> いったいどうなんですか!?

うーん、どうなんでしょう?

> やっぱり瑠璃さんの前に彼女いたのかな。なんか手馴れた感がして…。

手馴れた感じはしますよねぇ。
少なくとも原作の「部屋の隅でちょこんと座ってる」って感じではないですもんね(笑)

> 動画投稿は高彬の前の女なのでしょうか。。。

誰の仕業なのか、どうかお楽しみに~(^^)/

No title

こんにちは(^^)

毎日お話が更新されてるので、その展開に毎日ドキドキしてます。
高彬の過去………。
いったいどうなんですか!?
やっぱり瑠璃さんの前に彼女いたのかな。なんか手馴れた感がして…。
動画投稿は高彬の前の女なのでしょうか。。。


プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ