お知らせ

瑞月です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

この度、アルシュさんの「桜のワルツ」さまがブログへとお引越しをされました。

「桜のワルツ」さまは今年で12周年を迎えられ、いつもサークル部長としてお世話になっているアルシュさんにお祝いをしましょう、とあさぎさんとお話をして「あさぎさん×瑞月」のコラボ作品をお贈りいたしました。

「桜のワルツ」さまに掲載していただいております。

タイトルは「秋風~さやかの秋~」です。

私のブログには収録しませんので、よろしかったらご覧になってください。(リンクからでも行けます)


読者さまから「特選ジャパネスク名(迷)言集」をセットでお預かりいたしましたのでご紹介致します。

本日は社会人編の更新はお休みしますが、よろしかったらお好みの方を(?)クリックで応援をお願いいたします。
↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
(読者さま選)

言わずと知れた瑠璃父、高彬父の言葉ですが、改めて並べて見ると「同じ父親でもこうも違うのか!」としみじみと感じ入るものがあります。

そして、この父親2人の性質の違いは、そっくりそのまま娘、息子に受け継がれているような・・・。

血って争えないんだな、と思える名(迷)言です。

でも、じっくりと声に出して読んで見ると、案外、胸にずっしりと来るのは瑠璃父の言葉です。

「先にやってしまった方が勝ち」

ビジネス書にでも出てきそうな、この妙な説得力!

煌姫の座右の銘

「上手い話には裏がある」

「人を見たら泥棒と思え」

そして

「先にやってしまった方が勝ち」

この三つを掲げたら、人生の荒波も渡っていけそうです。


拍手からのコメントもありがとうございます。

拍手コメントには返信をお付けしていませんが、どの記事にいただいたものも、すべてありがたく読ませていただいております。

夜にはプラスを更新しますので、お時間がありましたらまたお立ち寄りください。


先に押してしまった方が勝ちである。
↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

あさぎさま

あさぎさん、こんばんは。

>アルシュさんのお引越、一緒にお祝いさせていただけて楽しかったです~(^-^)

本当にこちらこそありがとうございました。すごく楽しかったです(*^^)v
またぜひ、ご一緒させてください!

> そして、瑠璃父の名言(あえて”迷う”ではない方)の破壊力は、凄まじいですねぇ(笑)

あさぎさんからこの言葉をお預かりした時、(嗚呼!この言葉があったではないか!)と膝を打ちました。
ほんと、こんなすごい名言があったんですよねぇ。

> よく考えたら瑠璃父はこの時、右大臣家の意向は完全無視で、というかむしろ出し抜く勢いで

ほんとに(笑)
もし無事、結婚出来てたら、どんな顔して右大臣に会ってたんでしょうね。

> 一方で高彬父は、そんな事はつゆ知らず、世間的には破談になっても非難される筋合いなんてないような状況で、涙ながらの訴えに、情にほだされているんですよねぇ。

どっちが人がいいかは言わずもがな、ですねぇ・・

> 私の中ではずっと、右大臣はやり手な政治家のイメージだったのですが、実は結構なお人よしなのかもしれません。

私の中では案外、お人好しイメージでした。
「父上も母上もぼくには甘くてらっしゃるから」とか、高彬にも見切られてるし、ちょっと好々爺みたいなイメージがありました。

> 瑠璃父には一方的に押しまくられ、守弥には老人扱いされてるしで、何だかちょっと気の毒になってきました(笑)
> 白髪の数も益々増えそうな勢いの右大臣様を、陰ながら応援します、私(笑)

何か不吉な想像ですが、この苦労性な感じをそっくりそのまま高彬が受け継がないか・・・そこが心配です。
私たちの高彬の未来のためにも、陰と言わず、大っぴらに右大臣を応援しましょうよ!(笑)

右大臣、ガンバレー!(某学園風)

瑞月さん、こんばんは~。

出遅れて過ぎでごめんなさい・・・ではありますが、アルシュさんのお引越、一緒にお祝いさせていただけて楽しかったです~(^-^)
皆さまともお祝いの気持ちを共有させていただけたようで、嬉しいですね~!

ラストシーンは、瑞月さんが閃いて下さった、「まるでワルツを舞っているように」という美しい表現を取り入れる為に、ひねり出したと言っても過言ではありません(^-^)v
印象的な言葉を考えて頂いて、ありがとうございました!

そして、瑠璃父の名言(あえて”迷う”ではない方)の破壊力は、凄まじいですねぇ(笑)
よく考えたら瑠璃父はこの時、右大臣家の意向は完全無視で、というかむしろ出し抜く勢いで結婚を進めていたんですよね(結局流れたましたけど)。
一方で高彬父は、そんな事はつゆ知らず、世間的には破談になっても非難される筋合いなんてないような状況で、涙ながらの訴えに、情にほだされているんですよねぇ。

私の中ではずっと、右大臣はやり手な政治家のイメージだったのですが、実は結構なお人よしなのかもしれません。
瑠璃父には一方的に押しまくられ、守弥には老人扱いされてるしで、何だかちょっと気の毒になってきました(笑)

白髪の数も益々増えそうな勢いの右大臣様を、陰ながら応援します、私(笑)

茜さま

茜さん、おはようございます。

> アルシュさんの新に開設されたブログに寄らせていただいてきました。素敵なブログでしたね♪

えぇ、本当に。
桜をモチーフにしたアルシュさんらしいテンプレでしたね。

> 私もおこぼれに与らせていただいて瑞月さんとあさぎさんのコラボ作品「秋風~さやかの秋~」読ませていただきました(*^^*)

ありがとうございます!

> 桜が12本ある理由を聞かれて照れてる高彬が可愛かったです(^^)瑠璃を探し歩く高彬の「お説教二割増し」に笑ってしまいました(笑)

結局、二割増しどころか、全くお説教できませんでしたけどねぇ・・(いつものパターン?!)

アルシュさんの新に開設されたブログに寄らせていただいてきました。素敵なブログでしたね♪

私もおこぼれに与らせていただいて瑞月さんとあさぎさんのコラボ作品「秋風~さやかの秋~」読ませていただきました(*^^*)

タイトルにあります秋風を感じるさわやかで素敵なお話でした~

瑠璃の願いを叶えたいことが願いという優しい高彬にも驚きながらもそれを受け止める瑠璃にも心温まりました。

桜が12本ある理由を聞かれて照れてる高彬が可愛かったです(^^)瑠璃を探し歩く高彬の「お説教二割増し」に笑ってしまいました(笑)

瑠璃も自分の言ったことをすっかり忘れていたのに「裳着は嫌だった」とまったく忘れた訳じゃないと強がるところがらしくて可愛いいです(^^)

お互いを思う二人に癒されました。

アルシュさま

アルシュさん、こんにちは。

> 心機一転、頑張りますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

> 殿(大納言さま)の名(迷)言、本当にすごいですよね。
> 娘の気持ちは完全スルーなところも、そこまで切羽詰っていた裏返しなのでしょうけれど(笑)

どうしても高彬と結婚させたかったんでしょうしね。
まぁ、その気持ちからポロっと出てきた言葉なのかも知れませんが、それにしても(笑)

ジャパネスクって名(迷)言の宝庫ですよね。

皆、それぞれが何かしらの名(迷)言を言ってますが、中でもやっぱり最強なのは煌姫でしょうか(笑)
平成の世でも、十分にやっていけそうなキャラですよね~。

ベリーさま

ベリーさん、こんにちは。

> とっても素敵な話でした。12本の桜の意味。秘密でもなかったんですものね。自分から言わないさりげない優しさにホロリと来ました。秘めた思いというか、繫がってたんですねえ。。。

ありがとうございます。

> お二人でのコラボ、カッコイイですね

あさぎさんとのコラボ、2度目なのですが、私も本当に楽しませていただきました。

> やったもん勝ちって。。。おいオヤジなんて事いうんだ!、、、と、初めて読んだ時は思いましたもん。

ですよねぇ(笑)
初夜を迎える娘に向かって「やったもん勝ち」って。

> 瑞月さんのサイトから色々なジャパネスクのサイトへつながってニ次の世界が広がりました!ありがとうございます〜😊
> 皆様の作品を楽しく読ませてもらってます!

ありがとうございます~(*^^)v
ジャパネスクの輪、皆で広げていきたいですね!

藍さま

藍さん、こんにちは。

> 桜の季節が早くもやってきたような楽しい気分になってしまいました。

本当ですよね。
藍さんのブログ再開と言い、おめでた続きです!

> 瑞月さんとあさぎさんのコラボ作品も拝読しました!

ありがとうございます。
あさぎさんの書かれたラスト、素敵ですよね。
コラボって読む楽しみがあるので、私もとても楽しませてもらっちゃいました。
「桜」と「12」を取り入れた話にしようってことだけを決めて書き始めたんですが、あぎさんのお蔭で本当に素敵な作品になったと思っています。

> 特選ジャパネスク名(迷)言集では大納言様に一票!!
> これ、すっごい名(迷)言ですよね。

ほんと、ある意味、ジャパネスク一番の名(迷)言かも知れません(笑)

> 親として娘を思う気持ちなんでしょうが何かがずれているというか暴走しすぎというか・・・。

そうそう、そうなんですよ。
うら若き乙女に向かって、先にやってしまった方が勝ち、とか(笑)

> 「この子にしてこの親アリ!」
> ですね(笑)

仰る通りです~(笑)

ありがとうございます

瑞月さん、こんにちは~v

リンクの変更、そしてお知らせもしていただいて、ありがとうございますv
またコラボ作品も発表まで遅くなって、本当に申し訳ございませんでした。

心機一転、頑張りますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


殿(大納言さま)の名(迷)言、本当にすごいですよね。
娘の気持ちは完全スルーなところも、そこまで切羽詰っていた裏返しなのでしょうけれど(笑)
右大臣さまの名言も深いですよね。
本当に瑠璃と高彬、それぞれの父親の言葉ですよ(笑)

そして煌姫の座右の銘は、彼女が苦労した上で掴んだ言葉ではあるのですが、改めて座右の銘を見ると、本当に最強キャラですよね(笑)
人妻編のラストでも帥の宮に失恋して由良姫を慰めている時の帥の宮に対するセリフとか、本当に煌姫ってすごいなあって、しみじみ思います。
他にもジャパネスク名(迷)言集って色々探すと面白いのがたくさん出てきそうですよねv

瑞月さん、あさぎさん
とっても素敵な話でした。12本の桜の意味。秘密でもなかったんですものね。自分から言わないさりげない優しさにホロリと来ました。秘めた思いというか、繫がってたんですねえ。。。
お二人でのコラボ、カッコイイですね

しかし瑠璃も高彬も父親似だったんだ!
やったもん勝ちって。。。おいオヤジなんて事いうんだ!、、、と、初めて読んだ時は思いましたもん。
そうやって内大臣は宮廷をも泳いで来たのか、自分と似た娘の性格を知っていて入内させたくなかったのか?!謎です。笑

瑞月さんのサイトから色々なジャパネスクのサイトへつながってニ次の世界が広がりました!ありがとうございます〜😊
皆様の作品を楽しく読ませてもらってます!

No title

瑞月さん、こんにちは!
『桜のワルツ』さまのお引越し完了、おめでたいですねぇ。
桜の季節が早くもやってきたような楽しい気分になってしまいました。

瑞月さんとあさぎさんのコラボ作品も拝読しました!
12本に込められた意味、素敵です~。
高彬が瑠璃を深く思う気持ちや瑠璃が高彬を愛おしく思う様子に、こちらも幸せのおすそ分けをいただいたような気持ちになりました。

特選ジャパネスク名(迷)言集では大納言様に一票!!
これ、すっごい名(迷)言ですよね。
そうだ!この名(迷)言を忘れてたー!!と思わず叫びそうになりました(笑)
親として娘を思う気持ちなんでしょうが何かがずれているというか暴走しすぎというか・・・。
守弥じゃないけど
「子供の種類にもよります!」
もとい
「この子にしてこの親アリ!」
ですね(笑)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
なんて素敵にサイト様 (ジャパネスク)
なんて素敵にサイト様(他ジャンル)
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ