***短編***  ~Official<4> ~ ***

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』






注)ミニ連載中のお話です。お仕事モードの高彬。数回で完結予定です。
               
        






***短編*** ~ Official<4> ~ ***







「お呼びでございましょうか、少将どの」

忠行はぼくの前にくると頭を下げ、そうしてハッと気づいたように隣にいる重行にも頭を下げた。

「実は・・・馬寮の厩舎から馬が1頭いなくなった」

声を潜め言うと、忠行は目を見開き、驚きのあまり言葉もでないようなので

「なるべく事を隠密に運びたいから口外はしないでくれ」

ぼくの言葉に何度も頭を振り力強く頷く。

「それと、さっき言った『祟り』のことは、これ以上、噂が広がらないように留意してほしい。重行と厩舎を見てくるから後のことは頼んだぞ」

「はっ」

重行と二人、ことさらにゆっくりとした徒歩で厩舎へと向かう。

両少将が揃って血相変えて走ってたりしたら、何事かとそれだけで騒ぎになってしまうから、こういう小細工が必要なのだ。

「何だよ、祟りって」

「聞いたことないか?数年前、まだぼくたちが殿上してなかった頃のことだ。右近衛府でちょっとした騒動があった」

「聞かないな」

「二人の将曹が手柄の取り合いで揉めたんだ。それで、その時の中将どのが片方の将曹の肩を持った。何かしらの裏工作があったらしい」

「裏工作って言ったら、アレか。物品を献上するとか、オンナを差し出す、とかか?」

「だろうな」

「うむ」

向こうから官人が数名歩いてきて、重行と二人、さも世間話をしてる体を装う。

「それで、手柄を認められた将曹は将監へと昇進した」

すっかり官人が後ろに遠のいたのを確認し話を続ける。

「もう一人の将曹にしてみたら、たまらんな」

「あぁ。・・・それきり、その将曹はぴたりと姿を見せなくなった」

「無言の抗議か・・・」

「数週間後、右近衛府の一室で、首を吊り変わり果てた将曹の姿があった」

「・・・・・・」

「それ以来、右近衛府には怪異が絶えない」

「本当か」

「いや、実際は大したことじゃないことでも───例えば書類の紛失やちょっとした物音でも、すべて『祟り』と騒がれるんだ」

「なるほどな」

ちょうど厩舎に着き、辺りに人がいないことを確認して近づくと、確かに馬が一頭いなくなっている。

厩舎に破損は見当たらないし、馬が一頭だけ忽然といなくなると言うのは不自然だ。

「盗まれたか・・・」

「それが現実的な考え方だろうな」

怪異や祟りなんて、そうそうあるものじゃない。

気になるのは、書類の紛失も馬の失踪も、どちらも今上に関わることだということだ。

「・・重行。悪いがな、今晩、左近衛府に泊まり込んでくれないか」

「別に構わんが・・・」

「実は今朝、右近衛府の書類が左近衛府で発見されたんだ」

「そういえば、誰かがそんなことを言っていたな。俺は馬のことで頭が一杯でロクに話も聞かなかったが」

「今晩、また何か異変がないかを見張ってて欲しい」

「判った。おまえは・・?」

「厩舎を見張る」

「一人でか」

「その方が都合がいい。大勢いたら警戒されるだろう」

「わかった」

「とにかく、今日一日は馬がいなくなったことを、何とか伏せておこう」

「そうだな」

夜になり、物陰から厩舎を見張りながら、ふと、瑠璃さんに何の連絡も入れてなかったことに気付いた。

朝からのハプニングもあって、いつもにもまして慌ただしい一日だったからな。

今朝だって何も声を掛けずに出てきてしまったし、瑠璃さん、怒っているだろうなぁ・・・

頬を膨らませる瑠璃さんの顔が浮かんできて、今からでも文を届けさせるか、と思った矢先

───辺りを憚るように足音を忍ばせながら、人影が近づいてきた。





<続く>


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ