<原作オマージュ>4~原作一巻より 

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』




注)このお話は原作のあるシーンを高彬目線で書いていますのでネタバレとなっています。
原作未読の方はご注意ください。
          
          




***<原作オマージュ>4~原作一巻より***








「・・・どの!」

門の外で牛車を降り、衛門府へと向かい歩いてるところで名前を呼ばれた気がして振り返ると、遠くからせかせかとした足取りで近づいてくる人影があった。

夕刻の強い逆光でよく顔が見えず目を細めて待っていると、なんと大納言さまだった。

大納言さまと言えば、言わずと知れず瑠璃さんのお父上で───

「大納言さま」

慌てて頭を下げる。

「何かぼくにご用でしょうか」

「いやいや、何、用というほどのことではないのじゃよ。遠くから姿が見えたから声を掛けただけじゃ」

ニコニコとおっしゃり、ぼくの肩を叩くと

「早く婚約の話を進めておきたいと気は焦るのだがな、なんだかんだと右の大臣(おとど)も忙しそうでなぁ。まぁ、追い追いと・・・」

と呟いたかと思うと、お一人でウンウンと頷いている。

「高彬どの」

「あ、はい」

「瑠璃をぜひ、よろしくお願いしたい。一風、変わっている姫じゃが根は悪い子じゃない」

「はい」

「今日はウチに来るのかね」

「いえ、今日は仕事で遅くなりそうで・・」

「そうか。いつでも歓迎しておるよ。高彬どのはすでに大納言家の婿君同然、時間なんか気にすることはない。ではな」

「はい、ありがとうございます」

来た時と同じようにセカセカと立ち去る後姿を見送ると、衛門府へと歩き出す。

残っていた仕事をこなし自邸の門をくぐったのは、すでに亥の刻を過ぎた頃だった。

夜も遅いと言うのに何だか邸中が浮き足立っているようで、何かあったな、とピンと来る。

自室で腰を下ろす間もなく、母上付きの女房が部屋に入ってきて手を付いた。

「高彬さま。大尼君さまが先ほどお倒れになられました」

「えっ」

びっくりして思わず大きな声が出てしまう。

昨年来、お祖母さまはずっと寝込みがちだったんだけど、ここのところいくらか体調も良さそうで安心していたのだけど・・・

「それで、お祖母さまのご容態は」

「ただ今、お医師のお見立て中で最終的な診断はこれからでございますが、おそらくは少しばかり風邪をこじらせてしまったのではないか、とのことでございます」

「そうか」

頷いて腰を下ろした。

医師の見立て中と言う事だったら、今すぐにお見舞いに伺っても邪魔なだけだろうな。

お年も召してらっしゃるし大事に至らなければ良いのだけど・・・

落ち着かない気持ちで過ごしていると、今度は乳兄弟の大江が部屋にやってきた。

「高彬さま、お戻りでいらしたのですね」

「うん、少し前にね」

どうせ、話好きな大江のことだ、女房部屋でおしゃべりにでも興じていたのだろう。

「高彬さまにお文が届いておりますの」

「文が?」

差し出された文箱を受け取り、ぼくはしばし考え込んだ。

明らかに女の人からの文と判るのだけど、誰からだろう?

瑠璃さんかと思ったけれど、昨日、三条邸に行ったばかりだし、そもそもまめまめしく文を書くような人じゃない。

首を傾げつつ開いてみて、ぼくは更に首を傾げた。

文の送り主は、兵部卿宮の二の姫だったのだ。

どうして二の姫から文が・・・、と思いつつ読み進め、ぼくは二度三度と繰り返し読み直してしまった。

二の姫の書かれていることの意味が、さっぱり判らないのだ。

ぼくからの文へのお礼が縷々述べられているのだけど、ぼくは文なんか書いていない。

送り先を間違えたんじゃないか、と思ったけど、きちんと文面の中に<高彬さま>と書かれている。

何なんだ、この文は。

見事な手蹟でしたためられた文を前に、ぼくはうーむと腕を組んだのだった。





<原作オマージュ5へ続く>


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ