社会人編<22>

よっぽどお腹がすいていたのか、運ばれてきたパスタをすごい勢いで瑠璃さんは食べ始めた。

そんな瑠璃さんを鷹男チーフは向いの席から身を乗り出すようにして好もしそうに見ている。

本当だったらぼくがその席に座って瑠璃さんを見ていたはずなのに・・・

ちらりとそんな情けない思いが頭を掠め、思わず小さく息を吐くと、目敏く気付いた鷹男チーフがニヤリと笑い話しかけてきた。

「どうした、藤原。ため息なんかついて」






─Up to you !─<第22話>






「別に・・・何でもありません」

顔も見ずに答え、フォークを手に取りパスタに取りかかろうとすると

「ふぅん」

とにやにやと笑っているような声が聞こえてきた。

「まぁ、どうしておまえが瑠璃ちゃんと京都に2人でいたかは不問にしてやろう」

「は?」

あまりに上から目線な言い方にムッときて顔を上げる。

不問って何だよ、不問って。

「ぼくと瑠璃さんがどこで会おうが、今上先輩には関係ないじゃないですか。それを不問って・・・」

「まぁ、待て。俺にはそう言っていい権利があるんだよ、藤原」

「権利?」

言っていい権利・・・?

「そんな権利あるわけが・・・」

「あの!今上さん」

ぼくが言いかけた言葉に被せるように、それまで一言もしゃべらずに黙々とパスタを食べていた瑠璃さんが、フォークを手にしたまま顔を上げるとふいに口を開いた。

初めての瑠璃さんの自発的な発言が聞けると思ったのか、鷹男チーフは嬉しそうな顔を瑠璃さんに向ける。

「今上さん、なんてよそよそしいな。鷹男と呼んでくれ。薔薇の花束に添えたカードの裏、読んでくれなかったのかな?ずっと、瑠璃ちゃんからの連絡待ってたのに、つれないな」

怨ずるように言う鷹男チーフの言葉に瑠璃さんは返事をせず、おもむろにフォークを置くと膝のナプキンで口元をぬぐった。

コホンと咳払いをしイスに座り直したりしている。

うーむ、やはり、あの薔薇はアプローチだったか・・・。

瑠璃さんに自己紹介をしたのが土曜日で、その次の月曜日には堂々と薔薇の花束を贈るなんて、さすがと言うか、やはり鷹男チーフの「名うてのプレイボーイ」の評判は伊達じゃないということか。

それにしても、あんな花束、月曜の朝にどうやって準備したんだろう?

生まれてこの方、花なんて買ったことがないからよくわからないけれど、花屋ってそんなに早くからやってるものなんだろうか?

皆が皆、鷹男チーフみたいに朝から薔薇の花束を買うなんて考えられないし、いや、昨今のサービス業の経営努力を思えば、24時間営業の花屋があってもおかしくないか・・・

いやはや、どこの業界も大変だよなぁ・・・

今の状況を一瞬忘れ、日本経済の来し方行く末に思いを馳せていると

「あたしたち・・・・」

居住まいを正した瑠璃さんが、そう言いながらぼくの腕をふいに掴んできた。

急のことでバランスを崩すぼくを、更にぐいと引き寄せると

「付き合ってるんです。・・・それに・・・・」

一度、大きく息を吸い込むと、目の前の鷹男チーフをキッと見据え

「一夜を共にしたんです!」

高らかに宣言するかのごとくに言い放った。

「いっ・・・」

ぎょっとして大声が出そうになったところで、テーブルの下で瑠璃さんに足を蹴っ飛ばされ、すんでの所で思い止まる。

ぼくと瑠璃さんが───

付き合ってるって?!

───いつから?!






…To be continued…


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

非公開さま(Rさま)

Rさん、こんばんは。

はい、大胆な瑠璃の登場です。
「フラレたと自覚してないラテン男の空回り・・・」←なんと的確な!(笑)
高彬、負けませんよ~。

非公開さま(Mさま)

Mさん、こんばんは。

ふふふ、出ましたよ~。瑠璃の爆弾発言。
そうです、そうです。現代版の「ぶっちぎりの仲」です!
そして、おっしゃる通り、鷹男は自称(笑)「婚約者」なんです・・。
今後の高彬にご期待ください!&応援お願いします!

非公開さま(Kさま)

Kさん、こんばんは。

社会人編、お楽しみいただけているようで嬉しいです!
えーと、実は私も終わりが全く読めておりません・・(笑)
あまりあれこれ詰め込むと、どんどん話が長くなってしまうので自重しなければ・・と思いつつ、何だか色々と出てきてしまっています。
もうしばらくお付き合いいただければと思います<m(__)m>

非公開さま(Nさま)

Nさん、こんばんは。

そうなんですよ。
書きながら、この鷹男のポジションは権少将だなあ・・と思っていました。
まぁ、私が書くと、どうしても鷹男は高彬の引き立て役になってしまいますので~^^;
上滑り。←吹き出しました。

非公開さま(Aさま)

Aさん、こんばんは。

はい「ぶっちぎりの仲」の現代語訳(?)です(笑)
はてさて、鷹男はどうでるのでしょうか?
あっさり引き下がるとは思えませんしねぇ。
高彬、がんばれ~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ