社会人編<19>

「お近づきのしるしに、だなんて素敵ですわねぇ・・」

小萩が両手を組み合わせうっとりと夢見るように言うので、あたしはダンっと足を踏み鳴らした。

「何言ってるのよっ、小萩は。お近づきもなにも、たまたま同じ会社だったってだけじゃないの。そんなこと言ったら社内の人、全員が『お近づき』だわよ」

「まぁ、それはそうですけど。・・・もしくは、その方は瑠璃さまを一目見て恋に落ちてしまったとか、そういうことではございませんの?」

どうしても甘いロマンス小説仕立ての話にしたいのか、小萩は妙にねばる。

「あたしが一目惚れされるような女に見える?」

首を振られて、一瞬、頭に来たけれど、ここで怒っていたら話が進まないので

「今上鷹男のこと、少し調べてみたらね、とんでもない女たらしだったのよ。社内でも折り紙付きのね」

そう言うと、小萩は

「まぁ!」

と目と口を同時に丸くした。






─Up to you !─side R <第19話>





まだ詳しい話を聞きたがる小萩を残し、あたしは久しぶりに街に出てみることにした。

少し歩くと鴨川にあたり、そのまま河原沿いを進む。

さすがに空気は冷たいけれど、それでも風がないせいか陽射しの暖かさを感じられる。

等間隔で座るカップルや親子連れの後ろ姿を見るともなしに見ながら歩いていると、後ろから規則正しい足音が聞こえ、あっと言う間にあたしを追い越して行く。

鴨川をジョギングするランナーだった。

あたしもたまには身体を動かさなきゃねぇ・・・

またひとつ足音が近づいてきて、追い抜かれた瞬間の横顔に、あたしは反射的に声を上げていた。

「───高彬!」

数メートル先に行っていたランナー、──高彬は急停止して振り返り、あたしを見ると驚いたような顔になった。

「瑠璃さん!どうしてこんなところに・・・」

「どうしてって・・・、それはこっちのセリフよ」

2人してしばらく見つめ合ってしまう。

「実家が京都で・・・」

「実家に戻ってて・・・」

2人の声が重なり、またしても揃って絶句してしまう。

「瑠璃さんも京都出身なんだ・・・」

最初に口を開いたのは高彬だった。声にはまだ、ありありと驚きの色がある。

そういえば高彬とは実家の話なんてしたことなかったし、それどころか会ってまだ数週間しか経っていなかったんだっけ。

何だかもうずっと知り合いのような気でいたけれど。

このまま立ち去りがたい気持ちで言葉を探していると、それはどうやら高彬も同じだったようで

「どこか・・・喫茶店でも入る?こんな格好で良ければ」

高彬はジョギングウェアを着ており、それは全然構わなかったのだけど

「一緒に走りましょ」

「え?」

「ちょうど運動したいと思ってたとこだったの。走りながら話しましょうよ」

走り出すと、少し遅れて高彬も走り出しすぐにあたしの横に並んだ。

「いつ来たの?」

「今朝よ。・・・高彬は?」

「同じく、だ。実家はどの辺り?」

「あっちの方。高彬は?」

大ざっぱに指差すと、高彬も

「ぼくもあっちの方」

と指を指し、それが同じ方向だったので2人して笑ってしまった。

「意外な共通点があったってわけね」

「そうだね」

川面は陽射しを受けてキラキラと反射している。

走るにつれだんだんと熱くなる身体に、冬の冷たい空気が心地良かった。






…To be continued…


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

非公開さま(Nさま)

Nさん、こんばんは。

小萩と瑠璃はいいコンビですよね!
現代編では出せなかったので、社会人編では出そうと思っていました。
2人の関係性はやっぱり、主従関係が一番しっくりくるかなぁ・・と思って、こんな感じにしました(*^_^*)
高彬はスポーツ万能そうですよね。なんたって武官ですしね~。
2人の距離も徐々に進展していきます。
またお付き合いいただければと思います<m(__)m>

非公開さま(Mさま)

Mさん、こんばんは。

ジョギングする高彬、かっこよさそうですよね!
ところでMさんは、高彬がどんな格好をしてると想像されましたでしょうか?
私、これ書くときに「ジョギングウェア 画像」で検索して、「これこれ!高彬はこれ着て走ってる!」って言うのを見つけましたよ(笑)
脳内画像をお見せできないのが残念です(笑)

そしてMさんの最後の言葉、爆笑です。
醸し出してますよね(笑)
そして今後、ますます醸し出す予定です。

非公開さま(Kさま)

Kさん、こんばんは。

社会人編の更新を楽しみにしていただいてるだなんて、嬉しいお言葉をありがとうございます!
現代設定ですので、好みの分かれるところだと思うのですが、そんな風に言っていただけるとキーボードを打つ指先に力が入りそうです(笑)
またお付き合いいただければと思います<m(__)m>

非公開さま(Rさま)

Rさん、こんばんは。

原作読んだときから私の鷹男のイメージは「キザ!」だったんですよ(笑)
「堅物」VS「キザ」の闘いってことですね(^_-)-☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
なんて素敵にサイト様 (ジャパネスク)
なんて素敵にサイト様(他ジャンル)
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ