社会人編<4>

勢いで席を外しては見たものの、これと言って行くあてがあったわけでもなかったぼくは、しばし廊下に佇んでしまった。

廊下片面を覆う大きな窓ガラスには白いブラインドが掛けられており、その隙間から立ち並ぶオフィスビル群を見下ろすことが出来る。

陽光を受けて反射するひとつのビルを見ながら、ぼくはふと自分の不機嫌の理由を考えてしまった。

───瑠璃さんが朝、男と会っていた。

ただそれだけのことなのに、どうしてこうもイライラするのか。

これじゃまるで、ぼくが瑠璃さんのことを好きみたいじゃないか。

───好き?瑠璃さんのことが?

まさか!

口が悪くてすぐに手が出るような人だぞ。

ぼくはこう、見るからに温和そうで、例えば結婚したら毎朝優しく起こしてくれるような人がいいと思っているはずで、瑠璃さんなんかに朝起こされでもしたら、きっと

「ちょっと高彬!いつまで寝てるのよ!」

なんて鬼のような形相で叩き起こされるに決まっているのだ。

い、いや、まぁそれがどうしてもイヤってわけじゃないけど・・・瑠璃さん・・・可愛いし。

「高彬!」

突然、後ろから声を掛けられて、ぼくは文字通り飛び上がってしまった。





─Up to you !─<第4話>






「ちょっといつまで席外してるのよ!」

振り向くと、まさしくぼくが妄想していた通りの鬼の形相の瑠璃さんが立っていた。

「渡された資料で聞きたいことがあるんだけど・・・・やだ、顔が赤いわよ。大丈夫?熱でもあるんじゃない?」

近寄ってくると、ぼくの額に手を当て、もう片方は自分の額に手を当ててしばらく難しい顔をして黙り込む。

「熱はないみたいね。・・・うわぁ、ここからって海が見えるのね。やっぱり25階からの眺めはいいわねぇ」

あっさりぼくの額から手を外すと窓ガラスに駆け寄り、一気にブラインドを上げたかと思うと両手をガラスに付け感嘆の声をあげている。

「・・・・・どうしたの?やっぱり具合悪いの?元気ないじゃない。さっきから一言もしゃべらないし」

いきなりくるりと振り返った瑠璃さんが言い、その弾みで首から掛けているIDカードが揺れた。

逆光が瑠璃さんの柔らかそうな髪の一部や輪郭を金色に光らせている。

何かで見た女神みたいだな・・・

「ねぇ、本当に大丈夫?ぼぅっとしちゃって。医務室行ったら?」

近寄ってきた瑠璃さんにもう一度、額に手を当てられそうになり、ぼくはそれをすんでのところでかわした。

「大丈夫だよ」

「でも元気ないし・・」

「瑠璃さんが元気過ぎるんだよ!それにしゃべらないんじゃなくて、しゃべる隙がなかっただけだよ。瑠璃さんが機関銃のようにしゃべるからさ」

形勢逆転とばかりに言ってやると、瑠璃さんはしげしげとぼくを見ると

「良かった。しゃべってくれて」

「え」

「朝から必要なこと以外しゃべってくれないんだもん。あたし、何か嫌われることでもしたかと思っちゃった」

「・・・・」

・・・聞いてみようか?朝の男のこと。今なら聞けるかも知れない。

普通にさらりと聞けばいいだけのことじゃないか。

「あのさ、瑠璃さん・・」

「ねぇ、遠くに見えてる海ってどこ?ほら、あの埠頭みたいなのが見えるところ。・・・あ、あっちにはタワーが見える。あれがスカイツリー?東京タワー?」

ぼくの話しなんか聞いちゃいない瑠璃さんは、またしても窓ガラスにへばりつき1人で盛り上がっている。

瑠璃さんの後姿を───ぼくは綺麗だと思った。

そうしてぼくは悟ってしまった。

きっとぼくは・・・

「ねぇ、高彬」

むこうを向いたまま瑠璃さんは静かな声で言った。

「あたしって結構、勘がいいのよ。高彬って・・・・」

ゆっくりと瑠璃さんは振り返った。




…To be continued…


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

非公開さま(Rさま)

Rさん、おはようございます。

自分で書いておいて何ですが、同じくせつないです(涙)
気分を変えようと「4」を書いてみたものの、せつなさは変わらず。
どうしましょうね…。

Rさんもインフルエンザ、気を付けてくださいね~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
なんて素敵にサイト様 (ジャパネスク)
なんて素敵にサイト様(他ジャンル)
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ