夏姫・・・2

瑞月です。

いつもご訪問ありがとうございます。

今回の更新は違う記事をアップしようと思っていたのですが、ちょっと思ったことがあったので「夏姫」のことです。

前回のお話「My dearジャパネスク~2」は、かなり前の人物考察「夏姫」の中で書いたことをベースに書いたものでした。

そして「My dear~2」の中で瑠璃が

『唐突に、ひらめきにも似た感覚で、判ったことがあった』

と気付く場面がありますが、実はこの話を書きながら、私自身も「唐突に判ったことが」ありました。

それは、身も蓋もない言い方になってしまいますが

「どうやら私は夏があまり好きではないらしい」

と言うことでした。

(夏姫のことが好きだと言う方には、お聞き苦しい話になります。ご了承の上、お読みいただくか、もしくはUターンをお願いします)

夏が出てくる「瑠璃姫にアンコール!」は、瑠璃が帰京し、高彬と結婚すると言う大切なエピソードなのですが、これまた前にも雑記の中で書いたような気がするのですが、どうにも他のジャパネスクの話と比べると、少し毛色が違うと言うか、違和感を感じる話だとずっと感じていました。

その違和感の正体がようやく判りました。

それは『瑠璃や高彬が言うほど、私には夏が素敵な女性には思えない』と言うことでした。

今回、この話を書くにあたって読み返してみたのですが、そこかしこに瑠璃が夏を称賛する描写がありました。

瑠璃は夏姫を

『心映えや人柄に不思議と人を惹きつけるものがあり、更には才気渙発で、態度は控え目、万事に人の陰に隠れてるけど、実は頭がいい』

と評していますが、これなども私から見たら(うーん、そうかなぁ)と思ってしまうのです。

もちろん、この評価はもろもろの真相が判る前に言われたものですが、でも、最後の最後、夏の真の目的が明らかになった後の河原のシーンでも、瑠璃は

(初めて会ったときから、どうしてだか夏姫が好きだったなぁ)

などと思っており、瑠璃に対して「本当に?本当にそう思うの?」と聞いてみたくなります。

他のどの話でも瑠璃の心情には共感できるのに、こと、この話に関しては、終始一貫して(夏が好きだ)と思っている瑠璃に共感できない・・・

これが違和感の正体だったのです。

私から見た夏は、一癖も二癖もあって、並々ならぬ自信家で、自分は人とは違うと言う自負や自意識がぱんぱんにある女性。

こんな風に映ります。

聡子姫を苦しめたいと言う理由で、夏は涼中将と契ったわけですが、実際、聡子姫は鴛鴦殿で大立ち回りを演じており、それは瑠璃を愛人と勘違いしたからなのですが、でも、その愛人は誰あろう夏なわけです。

これひとつを取っても、とんでもない人だと思ってしまいます。

聡子姫を苦しめたいだなんて、ベクトルがおかし過ぎます。

しかもそれを姉の敵討ちだと思ってる節もあり(夏は「無性に腹がたったから」と言っていますが、でもそれだって敵討ちに違いないと思います)、そういう大義名分(違う言い方をすれば、正義)を掲げてるところが何だか気に食わない。

なのに瑠璃は

「~現実に生きている優しい人に向いてしまう」

などと言っており、前の文章からして、これは明らかに夏のことを言っているようなのです。

優しい人?夏が?ウソでしょう?

・・・と言う感じ。

夏がやったことで誰も救われないし、それどころか聡子姫を苦しめ、自分をも落としめているだけ。

敵討ちですらありません。

夏がついていた嘘は、誰かを守るための嘘ではなかった。

(帥の宮のやったことも色々と思うことはありますが、少なくとも絢姫を守ると言う目的があったのが、夏とは違うところ)

いつもだったら、その辺りを看破する瑠璃が、変にものわかりよく

「皆、それぞれに事情があって、綺麗事だけでは済まされない現実がある」

などと言っていることに、じれじれしてしまう。

人を苦しめていい事情なんてあって良いわけがないし、それを肯定している瑠璃はいつもの瑠璃らしくありません。

そもそも「綺麗事ではすまされない現実」と言う表現は、夏のしているようなこと(涼中将を寝取ったこと)に使う言葉ではないと思います。

当事者である阿久(夏の姉)が直接、聡子姫に申し入れなり対決なりをするならまだ判るにしろ、なぜそこに夏がしゃしゃり出てくるのか、阿久だって果たしてそんなことを望んでいたでしょうか。
(普通に考えて、自分の恋人と、自分の妹が、愛情がないままに肉体関係を結ぶことを喜ぶ人がいるとは思えません)

夏のしていることは、ただ阿久の恋に泥を塗っているだけに思えます。

夏が瑠璃に言った台詞で

「・・・(瑠璃姫は)身分もその方(高彬)の家柄とはつりあっていて、それだけはとても羨ましかった」

と言うのがあるのですが、これなどは

「自分に身分さえあれば、当然、高彬を振り向かせられる」

とでも思ってるってこと?いやー、身分の問題だけじゃないでしょう、ずいぶんな自信家だこと、と意地悪く思ってしまう。

そうして変な話ですが「夏って嫌な奴だな」と言う目で見ると、今まで薄らぼんやりとしていた夏の人物像が、私の中でくっきりと浮かび上がってくるのです。

そのイメージの夏は、万事に控えめで「小萩に爪の垢でも煎じて飲ませたくなるほど」だと言うスーパー女房ぶってる夏よりも、私にははるかにしっくりきて、それは「イキイキしている」とすら感じるほどです。

幼い頃、三条邸で高彬や融のリーダー格として振る舞っていたと言う夏。

普通なら憎まれるのに、下々の者にも受けがよく「夏姫」とまで呼ばれていたとありますが、賢くて勘の良い夏は、「ここまで」のラインが判っていたんじゃないでしょうか。

これ以上やったら「やりすぎ」でうとまれる、と言うラインが。

夏が心底、天真爛漫だったとは思えないのです。

それと瑠璃の前で、高彬と親しげに話す場面があるのですが

「まぁ、あの時そんなことをお考えでしたの・・」

と言って、軽く高彬を睨んでいます。おそらくは楽しそうに、またその目には少々の媚だってあったのではないでしょうか。

本当に控えめな人はこんなことしないと思います。

瑠璃がいることを十分、意識して、さりげなく「高彬と親しい素振り」を見せつけたように思います。

女房としての域をでないよう馴れ馴れしすぎず、だけど、瑠璃が気にする程度には親しげに。

夏は「控えめ」なのではなくて、「控えめな振る舞いが出来る人」なのだと思います。

幼いころ、「天真爛漫な振る舞い」が出来ていたように。

でも、そういう人はいつ豹変して牙を剥くかわかりません。

根が真っすぐでウブなところがある瑠璃なんかより、一枚も二枚も三枚も上手の夏。

なのに瑠璃は気付いていない。

気付いていないどころか「こういう感じの女性は好み」と言っている。

その感じが読んでいて、どうにも居心地が悪いのです。

煌姫との出会いの時にも、煌姫の真の目的に気付かずに対応している瑠璃にヤキモキさせられますが、煌姫の場合、読者は煌姫の本性を事前に知っているので、夏の時とは違い、ある意味落ち着いてヤキモキしていられたような気がします。

そして夏は、実は相当な野心家だと思います。

ことあるごとに「身分が」「出自が」と言っていることからそれが伝わってきます。

「とうに出世などは諦めた身」と言っている守弥とは大違いです。

身分制度の世の中や、身分の高い人、それに対しての自分の生まれの低さ・・・、色んな事に夏は不満を持っていたのでしょう。

守弥のように打ちこめる存在(高彬)も、夏にはなかった。

涼中将を寝取ることは、姉の敵討ちなどではなく、やり場のない不満からの行動だったのではないでしょうか。

自分を高く評価しているはずなのに、その自分を大切にしていない。

夏は頭なんか良くないと思います。

頭の良い人は、自分のことも他人のことも大切にするはずですから。

「大人の女」として書かれている夏ですが、私から見たらかなりバランスの悪い女性に見えます。

それに瑠璃が「高彬に知られるのが怖かっただけでしょ」と言った時も、うやむやにしていて、そこも何だか潔くない感じを受けます。

あそこで「えぇ、そうですわ。何か文句ありまして?」と煌姫くらいにきっぱりはっきり腹を割って話してくれたら、また違った印象を持てたと思います。

ジャパネスクの登場人物は、皆、本音勝負をしているのに、夏だけは最後まで「夏の言葉で」本音が語られていないのです。

結婚当日に高彬に意味深な文を送りつけてくると言うのも、何だかなぁ・・・と言う感じ。

あれが瑠璃宛ての文で

「ご結婚おめでとうございます。ご結婚のお祝いに白状いたします。わたくし、高彬さまのことが大好きでしたの。姫さまが高彬さまをお好きになる、そのずっと以前からですわ。ですが完敗です。わたくし、振られてしまいました、高彬さまに。今度は私も権門の姫に生まれてきとうございますわ。その時は絶対に瑠璃姫さまに負けたりはしませんもの」

くらい書いてきていたら、私は夏を見直していたと思います。

夏と中将の関係を知った瑠璃は夏に

「そのためだけに、あんな人と契ったの。趣味が悪いわ。あたしは好みじゃない」

と言っていますが、あそこでは

「お姉さんの敵討ちだか何だか知らないけど、涼中将を寝取って聡子姫を苦しめて、その先にどんな未来があるって言うの?人を苦しめるだなんて「負」のことに労力を使っていると、それは全部、自分に跳ね返ってくるわよ」

と、こんな台詞をぴしゃりと瑠璃に言って欲しかったです。

これは「綺麗ごと」なんかじゃなく、真理だと思います。

そして、初読の時から気になっていた、融が帰って来たとき「複雑な表情」だったと言う高彬の反応。

どうしてここで複雑な表情を浮かべるのかがずっと不思議だったのですが、今回、なんとなくその理由が想像できる気がしました。

夏は高彬に振られた時、何か爆弾発言をしたのではないでしょうか。

例えばですが、融との関係をほのめかしたとか、はどうでしょう。

夏は高彬を誘ったと考えて、それを断られた夏は、「こんなこと他の殿方にもしてることだからなんてことない」と言う態度を取った。そして「融さまは簡単に落ちましたのに」とか、もしくは「(高彬さまがダメなら)融さまに声を掛けてみますわ」とかそんなことを言ったようにも思えるのです。

実際、夏が姿を消してから、融と伊予で接触するでしょうし。

まさか、と思いつつも、でも、融だって男だし・・・と、なんだか落ち着かない高彬。

この辺りの高彬の気持ちは、オトコとして先を越されたかもと言う気持ちや、夏のことを少なからず「ああいう感じはいいね」と思っていたので、瑠璃を好きな気持ちに変わりはないけれど、かなり複雑な気持ちだったのでは・・・と想像できます。

もちろん、瑠璃に言うことも出来ないし、だとしたら帰ってきた融を複雑な表情で迎えると言うのも判る気がするのです。

「高彬から見た夏の話を読みたい」と言うリクエストをいただいているのですが、今のこの気持ちで書いたら、夏をかなりの悪女として書いてしまいそうです。
(もちろんこの先、夏の印象が変わることもあるかもしれませんが)

高彬目線になるか、夏目線になるか判りませんが、ただ、夏のイメージがずいぶんと今までと違う話になってしまうと思います。

・・・と、夏のことをさんざんに書いてしまいましたが、でも、夏をこういう女性像と思い定めて読んでみると、今までに感じていた居心地の悪さや違和感がなくなり、むしろしっくりきた感じがして、「瑠璃姫にアンコール!」を安心して楽しむことができました。

これはこれで新たな発見だったように感じています。

もちろん、これは私個人の感じた思いですので、何か夏についての思いがありましたら、ぜひお聞かせいただけたらと思います。


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ベリーさま

べりーさん、こんにちは。

私はこの話は最初に読んだ時から妙な違和感を覚える話でした。
瑠璃が帰京し、二人が結婚すると言う大切な話でありながら、どうもいつものジャパネスクらしさがないように思えたのです。
多分、私は夏にもやもやしてたんだと思います。
はっきり自分の気持ちを言わない、でもせ気(芯)は強そう。
なのに(私から見たら何を考えてるのか判らない)夏のことを、瑠璃は褒めちぎるし。
高彬が夏を褒めるのは、まだ判るんですよ。
滅多に人を悪く言わない彼のイメージと合いますし。(高彬は煌姫のことも最初は気の毒がっていましたしね。高彬が女性を褒めるのは、ある意味「無関心」の裏返しのような気がするんです。そこまで深く考察しないと言うか)
それと、聡子姫を登場させて、「ままならない結婚生活」を見せつけられたのも、何となくあの話を「重い」話にしているような気がします。

>> このお話は瑠璃の高彬への愛情確認再認識のお話だとおもっていたので、話自体は瑠璃の嫉妬感などが見えて私的には、嫌いじゃないんですよ。

確かに「愛情確認再認識のお話」と言うのはその通りかも知れませんね。
二の姫の所に乗り込んだ時はまた少し違った「嫉妬心」を瑠璃は感じたと思いますし。

>身分だけは羨ましかったって、裏を返せばそれ以外では負けてないのよ、っていうのを瑠璃に堂々と言ってますからね。苦笑

そうそう、そうなんですよ。
夏はさらっとすごいことを言ってるんですよ(笑)
すごい自信ですよねぇ・・

あの話って一回じゃ内容が頭に入ってこないくらいに実はかなり入り組んだ話ですよね。
そのせいかどうも印象が薄いと言うか、それに最初にも書きましたがジャパネスクらしさがあまり感じられなくて、私の中では

瑠璃帰京→色々あったけど、2人はめでたく結婚

って感じの話になっています(^-^;

No title

夏の話、皆さんのコメント読みながら、納得しました。
夏は高彬に告白したんだと思えば、納得です!
納得した後、原作を読んで見ました。
それを高彬は瑠璃に言えないまま結婚をむかえ、手紙が来たといって、話題を振り、瑠璃の反応をみる。そして、「夏は誰が好きだったか知ってる。」→「時々わかる時もあった」(本当は告白されたけど、それは言わない方向にした)
「瑠璃さんはそれで平気?」のところは、僕は夏から告られたけど、「瑠璃さんはそれで平気?」だと解釈しました。
鷹男への文で相殺し、「ときどきわかる時もあった」という"その用心深い言い方に免じて「告られたことを黙ってたことを」許してあげよう"と瑠璃は言ったのかなっておもっちゃいました。

私は「なんで瑠璃は夏がこんなに好きなんだろう」ってなんとなーく高校生の頃は思っていましたが、今は、夏のことを無理やり好きになろうと思って言ってるような気がして。タイプの女性、賢い、大人だ、なんて褒めちぎっていうのは、防衛反応!?かなって。恋のライバルとして位置をおくと、「本気を出されたら困ってしまう」っていうのは、負けちゃうかもしれない、本気でバトルしちゃいそうで嫌だったんじゃないかなと思っちゃいました。負けず嫌いだし、瑠璃は。
夏はかなり積極的に高彬に親しみ/恋心もありありと向けていたはずで、身分だけは羨ましかったって、裏を返せばそれ以外では負けてないのよ、っていうのを瑠璃に堂々と言ってますからね。苦笑
このお話は瑠璃の高彬への愛情確認再認識のお話だとおもっていたので、話自体は瑠璃の嫉妬感などが見えて私的には、嫌いじゃないんですよ。最初、「ついでに高彬も」なんて言っていた瑠璃が、実際に女連れで登場した高彬に再会し、何度も夏の恋心を確認せざるを得ない位、脅威と不安を感じていたわけですよ。いい女二人が心をかき乱していた、なんて可愛らしい。
ほら、高彬もこんな気持ちでヤキモキしてたんだよ、瑠璃〜なんて思いながら、瑠璃さんをちょっとだけ成長させた話だとおもっていました。
なんていうか、夏が誰と関係を持とうが何で誘拐しちゃったんだとかあんまりフォーカスしてなかったですね、あっそ。みたいな。
完全に勝負が見えている恋愛だったので。
いろいろ、思いついたまま書き長くなりました。久々にジャパシリーズ読んでて楽しかったです。昔の記事にコメントですが、すみません。あっちこっちと。。。。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(Dさま)

Dさん、こんにちは。

ほんと、夏姫って、あまりどうどうと恋愛カラーを打ち出していないジャパネスクの中では、珍しく恋愛面を前面に出している人物ですよね。
・・・とここまで書いて気が付きました。
「瑠璃姫にアンコール」って、陰謀も何もない、ただ恋愛のアレコレを書いた作品なんですね。
(一話、二話もそうですけど、あれは高彬と瑠璃のエピソードだけにとどまってたし、どこまでもコメディ路線でしたし)
なんか違和感の正体がまたひとつ判った気がします。Dさん、ありがとうございます。
私もまた読み返してみます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(Nさま)

Nさん、こんばんは。

Nさんも、アンコールを読むと心がざわざわするのですね。
「ざわざわ」って感じ、よくわかります。何か落ち着かないし読みながらどこかで警戒してるんですよね。
私もアンコールは飛ばし読みしてしまうんです。
心から安心して読んでいられるシーンは、高彬と瑠璃が「なんとなく抱き合って」しまう場面、あとはラストの4行です(笑)

おっしゃる通り、涼中将に関わった女性はなんだか不幸になっていますよね。

Nさんのコメント読んで思ったんですけど、涼中将がそもそも中途半端なんですよね。

阿久が好きなら、右大臣から話があったとき、さらって逃げるとか出家してしまうとかでもすれば良かったんですよ。
(阿久だったら着いてきてくれたはず)
自分だって出世したいと言う欲があって、結局は右大臣の言いなりになって、実際に異例の出世をして、それで浮気を繰り返すってひどい男ですよね。
高彬の話からすると、夏と関係を持つ以前から浮気を繰り返してたって感じみたいですし。

でも、そう考えたら、ますます夏がわざわざ涼中将の浮気相手になる必要なんてないんですよね。
初めから聡子姫は夫の浮気に苦しんでいたわけですから。
さらにダメ押しで苦しみを与えたって考えたら、やっぱり夏のしたことは受け付けられません。

小姫をさらうのが最終目的なら、右大臣邸の女房にでもなって小姫をさらっていれば良かったように思います。
(さらうのは良くないことですけど)
聡子姫を浮気で苦しめ、さらには小姫も奪う。
ひどいですよね・・・。

それで高彬を好きって言われても、という感じです。
(しかも高彬も夏を褒めてるところが、読者としてはモヤモヤしてしまう)
ほんと、伊予に帰ってくれて良かったです。

確かに夏は、鈍い高彬が気づくように、あえてわかるような態度を取っていたということもありそうですね。
きちんとした告白をしたか、もしくはわかるような態度を見せたか、のどちらかでしょう。

私ももう一度、読み返してみようと思います。
本当ににいろんな見方が出来て、それをこんな風に聞かせていただけて嬉しいです。
Nさんもまた何か発見がありましたら、ぜひ教えてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(Rさま)

ほんと、そういえば高彬はどこまで夏のしたことを知ったのでしょうね。
瑠璃の性格から言ったら言わない気もしますが、でも、融の家出のこともあれば、経緯をまったく話さないわけにはいかないでしょうしね。
高彬も融の家出に夏の助言があったことは、賛同してる感じもありましたしね。

やっぱり、あの話は「夏が聡子姫を苦しめると言う理由で涼中将を寝取った」と言うことへの拒否反応が私には根深くあるようです。
夏が本気で中将を好きだったら、まだ共感できたかもしれないのに・・。

みそさま

> 『瑠璃さんはそれで平気?』のセリフですが、私は「もし夏がぼくを好きだったとしたら、瑠璃さんはヤキモチ妬いてくれる?」的なニュアンスで捉えていました。
> ヤキモチを妬いて欲しいけど、それを素直に言えないがためのセリフだったのかと。

なるほど~。
そういう意味だったと考えたら、確かに可愛いですね。

私、その前の文章の「その用心深い言い方に免じて許してあげよう」って瑠璃の言葉も、ちょっとわからなかったんですよ。
この「許してあげよう」って言うのは高彬を、ってことだと思っていて、夏が高彬を好きなのは夏の勝手なのに、なんで「許す」って言葉が出てくるんだろう、と。
案外、この「許す」って、夏に対してって可能性もありますかね??

「(夏が)高彬を好きだったことを許してあげよう」
「瑠璃さんはそれで平気?(大丈夫?)」

うーん、でも、「殿方は情けを知らなくてはだめよ」とも言っているし、やっぱり「許す」のは高彬のことですかねぇ・・。

> やっぱり、同じ文章でも捉え方、感じ方って人それぞれ違うものですね~。

本当にそうですよね。色んな捉え方があって面白いです。
「瑠璃姫にアンコール!」について、みんなで座談会開きたいくらいです~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

再度コメントさせて下さいませ。
『瑠璃さんはそれで平気?』のセリフですが、私は「もし夏がぼくを好きだったとしたら、瑠璃さんはヤキモチ妬いてくれる?」的なニュアンスで捉えていました。
ヤキモチを妬いて欲しいけど、それを素直に言えないがためのセリフだったのかと。
で、「んも~、高彬ってば可愛いんだから」なんてニヤニヤしちゃってました。
やっぱり、同じ文章でも捉え方、感じ方って人それぞれ違うものですね~。

非公開さま(Rさま)

Rさん、こんにちは。

Rさんへの一通目のコメント返信を書いていたら、二通目をいただいたのでまとめての返信とさせていただきますね。

Rさんも読んでて落ち着かなくなられるのですね。
やっぱりちょっと異質ですよね、この話は。

私、またまた思ったんですけど、そもそも瑠璃が一度しか見てない夏を「好きだった」っていうことから、ちょっと感情移入できないところなんだと思います。

この話、瑠璃と夏がもっと親交があって、お互いに友人としての信頼関係があった、という設定だったら、もうちょっと違ったような気がします。
瑠璃のことも好きだし、でも、高彬も好き、と言う狭間で揺れる夏の気持ち、とか。
夏の良さをよく知ってるだけに、複雑な心境の瑠璃、とか。

そう考えると、この話でいらないのは涼中将なのかも・・(笑)

そもそも、夏が好きでもない涼中将と関係を持ち、それで聡子姫を苦しめ、それで「夏はいい女」みたいな評価をしている瑠璃と高彬・・・。
そんなことする人が「いい女」であってたまるか、と言う違和感を(若かりし私は無意識に)感じていたんだと思います。
もちろん、今もそう思いますし・・。

確かに『瑠璃さんはそれで平気?』のセリフ、私も「??」でした。
平気って何が?ですよね。

もしも、ですけど、夏に言い寄られた高彬がふらっと来てしまって関係を持ってしまったとしたら、私は絶対に嫌ですね。
夏は涼中将と関係を持ってるわけで、そんな身体で高彬とも関係を持つなんて。生理的に受け付けません。

でも、最終的に夏は何も手に入れていないんですよ。
氷室先生もそこはきちっと落とし前をつけてくれているんだと思います。

そういえば!Rさんには「会員ナンバー3」を謹んで進呈いたします。
(今、6人も集まりました^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(Kさま)

Kさん、おはようございます。

Kさんの考察、大変興味深く読ませていただきました。
Kさんのコメントを読んだ後、私もまた色々と考えてみました。

氷室先生が夏を投入した理由は、Kさんのおっしゃる通りだと思います。
それに夏みたいな女性を時々、氷室先生は書きますよね。
(「なぎさボーイ」の槇みたいな女の子)
女友達とつるまない、勝気なタイプ。

これは私の想像ですけど、氷室先生は案外、夏を気に入って書いたように思います。
それに、この話は氷室先生は夏目線というか、夏贔屓だった気もします。
(前に先生は「どの登場人物にも思い入れがあって公平に贔屓する」と書いていましたし)

確かにこの話で瑠璃は高彬への思いに変化と言うか、発見したことがあったのかもしれませんね。
瑠璃の帰京、二人の結婚、瑠璃の気持ちの変化・・・「アンコール」はターニングポイントとなる話だったことは間違いないと思います。


夏から高彬へのお歌ですか・・。
私は文に歌が添えられていると思ったことはありませんでした。
(あの時代は必ず、歌も書くものなのでしょうか??)
それと、高彬がどんな返事を書いたかも考えたことがない・・・と言いますか、返事を書いたとすら思っていませんでした。

高彬は筆不精だし、結婚当日は身も心もバタバタしてて、夏への返事は書いてないってことはないでしょうか?(笑)
それに夏と高彬だと身分も違いますし、すぐに書かないといけない相手ではない気もしますし・・。

結婚当日に瑠璃が鷹男に文(お歌)を送ったのは、私は先手を打ったのかな?と思っていました。
前回の時みたいになったら困るから、自分から送っておけば、たとえ鷹男から届いても「返事だから」って言えるから、とか。
鷹男がどう解釈するかはさておき、瑠璃としては「もうちょっかいださないでよ」って気持ちだったのかな、と私は思っていました。

おっしゃる通り、瑠璃≧高彬になってしまったら、本来のジャパネスクらしさがなくなってしまい、そう考えると8巻で終わったのは、これはもう流れ的に仕方ないのかもしれませんよね。
氷室先生の手で「瑠璃≧高彬」の日常が書かれるとは思われませんし・・。

私は瑠璃と高彬の二人の距離感やバランスが好きなのですが、1巻と8巻ではバランスは違うし、それどころか頻繁に入れ変ったりもするし、それを含めての「バランスの妙」が好きなんだと思います。

ちょっと考えてしまうのですが、1巻ではもちろん「瑠璃<高彬」だったわけですが、そもそも高彬はあのきっかけ(権少将の夜這い)がなかったらどうするつもりだったんでしょうね。
どこかで自力で告白していたんでしょうか。
そう思うと、本当に色んなタイミングが重なりあって、一歩一歩足元を固めながら愛を育んできた二人なんだな、と思えて(あー、やっぱり二人っていいなぁ)と思ってしまいます。

色んな解釈があって本当に面白いし、それをこんな風に聞かせていただけてとても嬉しいです。
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みそさま

みそさん、こんばんは。

> ズバリ言って、夏は咬ませ犬程度に思ってました。(すみません)

咬ませ犬・・(笑)
しかも 権少将と同レベル(笑)
いいですねぇ、その感じ。
なんか私は(心の中で無自覚に)夏のことをその程度だと思っていたんだと思うのですが、でも、瑠璃が褒めてるし良い人だと思わなきゃ・・なんて思っていたようなんです。
どこかにいいとこ見つけなきゃ、と言うか。
なので今回、「夏って嫌なやつ」と思えたことですごく自由に(?)なれたんです。
早くにみそさんに相談して冒頭のセリフを聞いていたら、もっと早くに解放されていたのかもしれませんね(笑)
そっか、夏って咬ませ犬か、と。

> だって高彬の名前はちっとも出てこないし、「ついでに高彬も」でしたから。

私は逆にこの「ついでに」は、瑠璃の照れと言うか、もう身内感覚だからこういう言い方をしてるんだろうな、なんて思って「うふふ」なんて思ってました(笑)
やっぱり感想っていろいろなんですね。
うわー、なんか色々と話してみたら尽きなさそうです。

> 帰京後、すぐにでも結婚しようとしていた高彬との温度差にショックを受けたものです。

私は高彬が「帰京のどさくさで結婚してしまおう」みたいに言ったことに「えぇぇ」と思ってました。
(夏の口から伝えられた台詞でしたが)
どさくさって何?!って感じで。
今、思えば、高彬はもうちょっと違うニュアンスで言ったのを、夏が悪意的に伝えたのかも・・・(なんて、またしても夏を悪者にしてしまいました)

> 当時、鷹男ファンって過激だったらしいので、あのまま結婚していたら、ねぇ。
> 瑠璃に高彬への気持ちを再確認させるためだけのキャラの位置付けとして思っていたので

こういう意味合いもあったと思います
それに瑠璃ばかりがもてるので(吉野君、鷹男、守弥)、やっぱり高彬にも色恋の話を作りたかったのかもしれませんよね。

> ちなみに私は、瑠璃が「夏姫に本気を出されたら敵わない」みたいに思ってたのがショックです。
> 何があっても、誰が相手でも、高彬は瑠璃なのに~‼

これ、判ります。私もそう思います。
読者からみたら、絶対に高彬が瑠璃以外を好きになるなんてありえないのに・・。

> もっと高彬を信じてあげようよ、と昔、叫んだのを覚えております。

ふと思ったのですけど、瑠璃の気持ちで考えたら、まだこの頃は高彬の気持ちの全てを信じきれていないのかも・・・と思いました。
昔から変わらず好きだったといくら言われたとしても、鷹男からの文が届いたことで動転もしていたし(後から尼寺で「瑠璃さんを妻にする」と決心していましたが)何よりも吉野君のことで迷惑を掛けたと言う負い目もある。
素敵な女性がいたら、高彬がそっちになびいてしまうかも、と思ってしまう気持ちもわかるような気がします。

瑠璃と高彬は、一巻から八巻の間で本当に「絆」を深めていった2人なのかもしれませんよね。
特に瑠璃は、事件のたびに高彬の良さや気持ちを確認して(信じて)行ったのではないでしょうか。
だから「アンコール」のあたりでは、2人の温度差はまだあるのかも知れませんね。
(もちろんラストでは、2人とも100度の熱々ですけどね!)

そしてみそさん、「チームF」に勧誘してしまい、ご入会下さるとのこと、ありがとうございます。
活動内容は「瑠璃と高彬のらぶらぶをひたすら妄想」だけですので、どうかお気軽に妄想していただけたら(?)と思います。
みそさんには会員ナンバー6番を謹んで進呈いたします。

ズバリ言って、夏は咬ませ犬程度に思ってました。(すみません)
権少将と同レベルで……。

なんだか、吉野でも帰京の際も、瑠璃に対する高彬への認識ってアッサリし過ぎと言うか、素っ気なさ過ぎて物足りなさを感じてました。
だって高彬の名前はちっとも出てこないし、「ついでに高彬も」でしたから。
帰京後、すぐにでも結婚しようとしていた高彬との温度差にショックを受けたものです。
だからこその「夏姫」だったのかなと。
当時、鷹男ファンって過激だったらしいので、あのまま結婚していたら、ねぇ。
暴動が起きてしまうかもしれませんし。
瑠璃に高彬への気持ちを再確認させるためだけのキャラの位置付けとして思っていたので「夏姫」については何も語れないのが正直な気持ちです。
すみません。( ノД`)…

ちなみに私は、瑠璃が「夏姫に本気を出されたら敵わない」みたいに思ってたのがショックです。
何があっても、誰が相手でも、高彬は瑠璃なのに~‼
もっと高彬を信じてあげようよ、と昔、叫んだのを覚えております。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ありちゃんさま

ありちゃんさん、おはようございます。

> 私は昔からひねりの無い人で、主人公がそう思ってるんだから、そうなんだろう、って思うような人で・・・。
> 先回の私の夏に対するコメントにも、違和感を感じられたでしょうね?(苦笑)

いえいえ、そんなことはないですよ。
私もずっと、夏のことは「瑠璃が素敵と言ってるんだから、まぁ、素敵なんだろうな」と思ってましたから。

> 「ジャパネスク・アンコール」は高彬との結婚に至る重要な巻にも拘らず、その主軸となる話はすっかり忘れていたんです。(吉野の君や帥の宮ほどのインパクトはないです、確かに。w)

ほんと、そうなんですよ。
大切な話なのに、どこか印象に残らないんです。
話が少し混みいってるということもあるかもしれませんが、他の話みたいに何と言うか心にグッとくるものがないんだと思います。
それは夏の人物像がすっきりしないからなんじゃないか・・と思ったわけです。
なのに瑠璃はどうも夏を高く評価していて、私もこの話を読むときはちょっと飛ばし読みにしてしまっていたんです。
なんか読んでてモヤモヤするので・・。

> 私ももう1度、「ジャパネスク・アンコール」をじっくり読んでみようかな?何か、見えてくるかも。

お時間がありましたらぜひぜひ^^

> 中学生のあの頃、友達と、ああでもない、こうでもない、と白熱して話していたころを思い出しました。w

ジャパネスクの思い出って、そのまま青春の思い出をリンクしているので、色々と感慨深いですよね。

No title

瑞月さま

こんばんは。
いや、目から鱗でした。

私は昔からひねりの無い人で、主人公がそう思ってるんだから、そうなんだろう、って思うような人で・・・。
あんまり深く考えないんですよね。(苦笑)

夏が好きか嫌いか・・・、ま、私もそのやり方に共感はしないですけど・・・。

三十数年ぶりにジャパネスクの二次に出会って、夏の名前を見ても、
彼女のことはきれいさっぱり忘れていました。(笑)
「ジャパネスク・アンコール」は高彬との結婚に至る重要な巻にも拘らず、その主軸となる話はすっかり忘れていたんです。(吉野の君や帥の宮ほどのインパクトはないです、確かに。w)

先回の私の夏に対するコメントにも、違和感を感じられたでしょうね?(苦笑)
瑞月さんのご意見、なるほど、と読ませて頂きました。
私自身は、夏が好きか嫌いか・・・瑠璃が好きだと言ってるんだから、私も好きってことにしておこう、的な感じ。(笑)
主体性が無いぞ!
多分、でも、高彬にあからさまなモーションを掛けてた(記述が原作にあったとした)ら嫌いでしたでしょうけど・・・。

私ももう1度、「ジャパネスク・アンコール」をじっくり読んでみようかな?何か、見えてくるかも。
主体的な意見が・・・。(笑)

いろんな意見が伺えて、楽しいです。
中学生のあの頃、友達と、ああでもない、こうでもない、と白熱して話していたころを思い出しました。w
そういう意味でもまたじっくり読み返したいです。

深い考察をありがとうございました。♪


プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
なんて素敵にサイト様 (ジャパネスク)
なんて素敵にサイト様(他ジャンル)
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ