お伝えしたいこと

いつもご訪問ありがとうございます。


今回の記事は、ジャパネスクとは全く関係ないばかりか、とても不愉快に感じる方もいらっしゃるかも知れません。

読んでいて受け付けないと思われましたら、すぐにUターンしてください。




先日、ブログ経由のメールフォームから一通のメールが届きました。

「このブログはあるブログにとても似ている。ぱくっているのではないか。○○さん(←ブログ管理人の名)に謝ってブログを閉鎖すべき」

内容はこういうものでした。

すぐに返信をしようと思ったのですが、どうやら使い捨てのアドレスだったようで、メールは戻ってきてしまいました。

実はこの「あるブログに似ている」と言う指摘は、今までにもいくつかありました。
(ただし、今までの指摘は「あるブログは、私の「あれこれブログ」に似ている」と言うものでしたが)

メールの送り主がこの記事を読んでくれるかどうかは判りませんが、訪問して下さる方にもここできちんと色々な経緯を聞いていただきたいと思いたちました。

長くなってしまいますが、よろしければお付き合いください。


まず、私はそのブログの管理人さんをよく存じ上げております。

なぜならば、その方は(仮にAさん)私のブログの読者さんだったからです。別館にも来ていました。

その方が違う名前でブログを開設したのです。

Aさんとのそもそもの出会いは、別館のパスワードを希望するメールからでした。

パスを希望してまで読みたいと思ったのは瑞月さんが初めてだ、と言うようなことを書いて下さり、それ以降もとても熱心に私の作品を読んでいただき、丁寧なコメントや時にはメールのやりとりをしてお互い大好きな高彬の話をしていました。

そんな感じで数カ月は交流があったと思います。

その時に少し感じていたブログ運営上の悩みなども聞いていただき、私はとてもAさんを信用していました。

ところで、FC2ブログには「訪問者リスト」と言う機能があり、それはFC2ブログを開設している人がブログにログインしたままの状態で誰かのブログに訪問をすると、「訪問者リスト」にブログ名が表示されると言う機能なのです。

ある日、私のブログの「訪問者リスト」に初めてみるジャパネスクのブログが残っていました。

そして、それは別館のブログの方でした。

別館を訪問する人はパスワードを配布した限られた人だけです。

不特定多数の人が訪問する本館とは違います。

クリックしてブログに行ってみると、初めて見る管理人の名前がありました。

第一印象は一言で言うと(なんだか私のブログに似てるな)と言うものでした。

最初の挨拶文や構成、なんとなく雰囲気が似ていたのです。

私が最初に思ったことは(パスワードが流出して、誰かが入ってきたのかな?)でした。

そこで別館の記事上でお聞きしてみたところ、Aさんが

「私のブログです。そのうち瑞月さんに言おうと思っていたのですが」

と非公開でコメントを書いてきました。

その時、私は(似てるな)と思ったことが言えませんでした。

ジャパネスクブログが増えるのは嬉しいと言う気持ちも本当だったので

「Aさんだったんですね。これからもよろしくお願いします」

とメールで返信しました。

ただ、その時にはすでにいくつかの記事をアップされていましたし、「らぶらぶ万歳サークル」にその管理人の名前で(仮にB)で提出されていたあとで、正直、(そのうち話す)はどのタイミングだったのだろう、と思ったのは覚えています。

そして、親しくもしていて、更には同じく大の高彬好きだとしたら、ジャパネスクのブログを開設する時には私だったら一番に言うのに、とも思いました。

最初に感じた違和感はどんどん大きくなりました。

例えば私がブログで書いたとことが、形(言葉)を変えて使われていたり、また、メール上でお話した高彬のことが、記事に書かれていたりするのです。

もちろん、自分のブログに何をどう書くかは自由ではありますが、Aさんに対して「なんかずるい」と思いました。

うまく説明できませんが、それはルール違反と言うか、そんな気がしたのです。

私とのやりとり(私のブログへのコメントやメール)は「A」の名で行い、自分のブログの発表は「B管理人」としているのですから。

ちょうどその頃、サークルに提出したのをきっかけに、Aさんはアルシュさんのサイトと相互リンクを貼り、そのことでAさんのブログの知名度は上がり、私のブログによくコメントを下さる方が、Aさんのブログにもコメントをしました。
(アルシュさんのサイト、今はリンクはしていません)

同じブログに頻繁にコメントを入れてると、お互いに名前を覚えて何となくお馴染みさんになるということがあると思います。

その人は、B管理人が、いつも私のブログで目にしているAさんだとは知りません。(二人とも別館に来てました)

「はじめまして」と書き、Aさんも「はじめまして」と答えていました。

Aさん=Bさんと知っているのは私だけ。

ネット上で、しかも数少ない高彬ファンサイトの中で2つの名前を持つということは、別人として振る舞えるということなんだと気がつきました。

私は、Aさんは私が「訪問者リスト」でブログに気付いていなければ、ずっと私のブログにはAとして訪問し、私には知らせないまま同時にBの名でジャパネスクブログを運営したのではないかと今は思っています。

この「訪問者リスト」の機能は、足跡を残すか残さないかを選択できるのですが、ブログを開設したばかりのAさんはその機能をよく判っていなかったのではないでしょうか。(かなりマイナーな機能ですので)

もちろん、すべては私の推測でしかありませんが、どうしてそう思うに至ったかをこれから順を追って書いていきたいと思います。

私が一人で悶々とした思いを抱えている頃、私の読者さんから「似てるブログがありますが・・」と心配して下さるコメントが入るようになり、アルシュさんのサイトにも同じようなコメントが入りました。

私は色々考えた末、Aさんにメールを出しました。

いくつかの似ていると言う指摘があり、私の口からAさん=Bさんと言えないし困っている、と。

帰ってきた言葉は「もう瑞月さんのブログには訪問しません」でした。

そしてそんなメールのやりとりの最中も、Aさんは普通にブログを更新していて、とてもショックでした。

私はメールを送る際、もしかしたらこのメールを読んだら、Aさんはブログをやめてしまうのではないか・・と何度も躊躇したし、書く言葉もずいぶんと迷いました。

私がこれほど悶々と悩んでいたことが、Aさんにとって大したことではなかったようです。

どのタイミングでの言葉だったかは覚えていませんが、Aさんが書いた言葉でとても印象的な言葉があります。

「私は瑞月さんのブログが本当に好きで、私は瑞月さんになりたい」

そして最後の結びの言葉は「恩を仇で返してすみません」でした。

この2つの言葉は、リップサービスかも知れないし、また言葉のアヤということもあるかも知れません。

でも、私はAさんに何かしらの自覚があったからこそ、出て来た言葉なのではないかと思っています。

ずっと好きだと言ってくれていた私の作品やブログ、(築いていたと思えていた)友好関係、Aさんはそれらをあっけなく手放し、私はショックと、そして悔しさも感じました。

信じていた人に裏切られた、と言う気持ちがぬぐえませんでした。

友好関係が築けていると思っていたのは、私の勝手なおめでたい思い込みだったのでしょう。

今、思えばメールを送った時、その時にもっと毅然とした態度で思うことを言っていれば良かったのだと思います。

あれ以来、私は一度もAさんのブログに訪問していません。もう1年半か2年近くたつと思います。

それだけの長い時間、ずっと心の底に悶々とした思いを抱えながらも、それでも私がこのことに触れなかったのは、おそらく私のブログの読者さんの中には、Aさんのブログを楽しみに訪問してる方も大勢いらっしゃるだろうと思ったこと、また、何も事を荒立てることはないだろうと言う思い、そして、そんなことをウジウジ悩んでる奴だと思われたくないと言う私の虚栄心もありました。

大多数の方にとってはこういう話は大抵「どうでもいい話」だということも判っています。

ですので、私はこんな風に記事として書くつもりはありませんでした。

心境に変化があったのは、もちろん直接は冒頭のメールですが、婉曲的には母の死もあります。

母を亡くした時、しみじみと人の生き死にについて感じることがありました。

人はいつ死ぬかわからないし、それはいつ来るか判らないんだ・・と。

変な話ですが、もし明日、私が死ぬとして、Aさんとの経緯やそこで私が感じた思いを胸に秘めたまま死ぬのは心残りかも…と思いました。

それくらい、私にとってはショックな出来事だったからです。

この記事をアップするにあたり、最初、Aさんにひとこと断りを入れた方がいいかと思ったのですがやめました。

Aさんに何かを要求する内容ではないし、ましてAさんに読んでもらいたいと思ってるわけでもありません。

Aさんは私のブログに訪問しないと明言していたのでAさんがこの記事を読むことはないでしょうから、お伝えする必要はないと判断しました。(実名も出していませんし)

それにこちらからコンタクトを取りたくない、Aさんに関わりたくないと言う気持ちも強いです。

今回のこの記事を読み不愉快に感じた方、呆れた方も多くいらっしゃるかと思います。

ブログから離れていく方もいると思いますが、覚悟の上です。

思ってることを包み隠さず書いて、自分の気持ちにけじめを付けたかったので、それはしょうがないと思っています。

どのような感想を持っていただいても結構ですが、ただ、今回の記事への批判的なコメントについてだけは私からの返信はつけません。

ここで言い合っても何にもならないと思うからです。


私はこれからも、このブログでジャパネスクのあれこれを変わらずに書いて行きます。

もしお付き合い下さる方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。



瑞月
(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

木の葉さま

木の葉さん、こんばんは。

こちらこそご丁寧な再度のコメント、ありがとうございます。

記事を公開する難しさはいつも感じています。
あけすけに、自分の思いをぶつけるように書けば「書きすぎ」と非難されることもあるでしょうし、配慮から説明不足になれば理解はしてもらえない部分もあるのだと思います。
今回の記事も事実が正確に伝わるよう、経緯を簡潔に書くようして考えて書いた記事です。
簡潔を目指すあまりに、もしかしたら言葉が足りなかった部分もあったのかもしれません。

このコメント欄は他の方も読まれます。
今回、Kさんへのレスと言う形で改めて私の考えを述べることが出来ましたし、その機会を作っていただき感謝しています。

>次回は是非、作品の方にコメントさせて下さい。

ジャパネスクや高彬のことなど楽しくお話しできたら・・と思います。
お気軽にコメントをお寄せください。お待ちしております。

お返事ありがとうございます

私の配慮の足らないコメントに、誠意あるお返事を下さり、
本当にありがとうございます。
返事があるまで、瑞樹様にとって不愉快であろうコメントを残したことに悶々としておりました。
批判的なコメントには返事を頂けないとも書いてありましたし、
無視される可能性は非常に高いと感じていたからです。
そうなると、瑞月さんを不愉快にさせるだけですし、
勝手な話ですが、私も傷ついていたと思うのです。

結果、お返事を頂くまでの私の捉え方は偏った考えだったと分かりスッキリしております。
当事者でもないのに、もやもやとした気持ちを綴って、
失礼だとは分かっていました。
ですが、「お伝えしていこと」の内容だけでは、私にはひっかかる部分が残ってしまったのです。

前のコメントにも書きましたように、瑞月さんの作品も、
恐らくAさんと思われる方の作品も、同様に楽しみにしておりましたので、
勝手ながら、期待が大きいといいますか・・・。
変な話、楽しみにしていた物に傷が付いた気持ちでいました。

私のような一読者のモヤモヤの為に、時間を割かせてしまい、
本当にすみません。

一つ目のコメントを管理人のみの表示にしましたが、
こういった返事を頂けるならば、皆さんへの理解にもつながる可能性もありますし、
表示をOKにしておけばよかったです。

一連のことで、とても嫌な思いをされた上、このようにコメントがある度に嫌な思い出を蒸し返し、
嫌な思いをされることもあるかと思いますが、
作品を楽しみにしておりますので、これからも執筆頑張って下さい。
次回は是非、作品の方にコメントさせて下さい。
本当に楽しみにしております。
長々と失礼しました。

非公開さま(Kさま)

Kさま、はじめまして。

あれこれと忙しく返信が遅くなってしまい申し訳ございません。

さて、言い分をきちんと聞かずに相手を非難するやり方は嫌い、とのことですが、私は記事の中でも書きましたが、Aさんに「ブログが似ていると言う指摘があり、私の口からAさん=Bさんと言えないし困っている」と書いたメールをお送りしています。

その私のメールへの返信が「もう二度とブログ゙に訪問しない」だったのです。
Aさんには「言い分」を言う機会はあったはずです。
言う機会があった、どころか、まさしく私はそれを聞くためのメールを送っているのです。

Aさんの最後の言葉は、「最後のメールとなりますので、この名前を書かせていただきます。A」と言うものでした。
ブログが似ていると言う指摘に関して、何の説明もありませんでした。

また、Aさんへは個人的に文句を言えば良いのに、とありますが、そもそも、私がこの記事を公開した理由のひとつは「ブログが類似している」との指摘を今までにいくつも受けてきたからです。

きちんとした経緯を公表しない限り、この点において、いつまでも解消されることがなかったからです。
(現にこの公表により「ずっと似てると思っていたけれど、納得した」と言うコメントを多くいただいています。)

「個人的にAさんに文句を言う」と言うレベルの話ではありませんし、これも記事内に書きましたが、私は個人的にAさんに何か言いたいことがあるわけではありません。

仮にですが、私がAさんにメールをお送りして同じことを聞いたとして、誠意ある返信がいただけていたかどうか甚だ疑問です。

こう書くと「もしかしたらもらえてたかも知れないじゃないか」と思われるかも知れませんし、また、私もその可能性を100%否定もしませんが、一度、失った信用はそう簡単に回復出来るものではありません。

私が「誠意ある返信をもらえるか甚だ疑問だ」と思うに至るほどのことをAさんはしたのです。

Aさんが私にしたことが、「故意」なのか「偶然」なのか、またはKさんが書かれたように「結果として配慮が足らなかった」だけなのか、実際のところ私には判りません。

ですが、私は一連の経緯の中でAさんを信用できなくなったのです。
それが私の偽りない気持ちです。

いくらネット上のことだとは言え、人間関係と言うのはこういうものではないでしょうか。

また、私が記事にしたことを、心無い中傷をしてきた方とやり口は同じではないのか?とのことですが、私はそうは思っておりません。

誹謗中傷メールは「捨てアドレス」「非公開」ですが、私は自ブログと言う「公」の場で書いているからです。
逃げも隠れも出来ない場での発言です。
私の書いたことは全て公開され、どなたでも見ることが可能です。
同じやり口だとは思いません。

このような意見は不愉快かと思いますが、とありますが、不愉快になると言うことはありません。
Kさんはこの記事を読んでそう思われたんだなぁ、と思うだけです。
Kさんがどうお感じになるかはKさんの自由です。

ただ「言い合いをしてもしょうがない」と思っていますので、今後、もしコメントをいただいても、内容によってはレスは付けない場合もあることはご了承ください。
KさんにはKさんのお考え方があるでしょうし、そこを平行線で書き合ってもしょうがないと思いますので。

すべての方に理解していただけないと言うのも仕方ないと思っています。
わかってくれる方が訪問してくれて、私の作品を楽しい気持ちで読んで下さればそれでいいのです。

また、瑞月さんをせめているわけではない、 ご理解いただければ幸いだ、とのことですが、そこは了承いたしました。

長くなってしまいました。
コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

maiさま

maiさん、おはようございます。

色々とご心配下さりありがとうございます。
私生活が忙しい時などは更新が滞ることもありますが、私はブログをやめることはないと思います。
(もちろん20年後、30年後はどうなっているかわかりませんが・・・)

> ほんとうに勇気が要ったと思います。

はい、何度も考えた末のアップでした。
でも、こうしてアップした今、後悔なんて全くしていませんし、もし仮にこの先、この記事をどなたかに非難されたとしても、私はこの記事の撤回はしません。
非難されて撤回するくらいなら、初めから記事として公開しませんから・・。


> また、改めて顔の見えないネットの世界の恐ろしさを感じました。
>その、返信できないメールというのは卑怯ですね。

コメントをいただいた中で、案外、多くの方がネットで嫌な思いをされたと言う方が多くいらっしゃいました。
ネット自体は便利なものですが、やはり使う人次第なのでしょうね。

> 誰にも知られなくても、自分だけは、自分のしたことを知っています。

本当にその通りだと思います。
私、子どもにも良く言っているんです。
「ばれなきゃいいってもんじゃないんだよ、ばれなくても(悪いことしたら)自分が居心地が悪くなる、それが良心というものなんだよ」って。
昔は「お天道さまが見てる」なんて言葉がありましたよね。

多感な時期にジャパネスクを読み、登場人物たちの持つ「正直さ」や「優しさ」「正義」に涙し、心が震えました。
自分もこういう人間でありたいと強く思ったものです。
ジャパネスク(や他の氷室先生の作品)にはたくさんの影響を受けたし、今でも自分の軸となっていると思っています。

皆さんからも応援や励ましの言葉をかけていただき、ありがたいです。

これからも細々とではありますが、書いていきたいと思っています。
maiさん、いつも変わらぬ応援をありがとうございます。

ずっと応援します!

コメントがすっかり遅くなりました。
ずいぶん辛い思いをされていたことにわたしもつらく思います。
読んでまず心配だったのは、この記事への反応でした。瑞月さまの立場に共感するひとばかりではないかもしれない、もしかしたら、記事にあるような、まったく事実と真逆に誤解している人からの心ない誹謗などもあるのではないかと…。
実際のところはわかりませんが、大丈夫でしたか…?
ほんとうに勇気が要ったと思います。
また、改めて顔の見えないネットの世界の恐ろしさを感じました。
その、返信できないメールというのは卑怯ですね。
それにしても、Aさんのしたことはちょっと理解できません。
顔の見えない世界だからこそ、自分自身がマナーを大切にすべきなのに…。
誰にも知られなくても、自分だけは、自分のしたことを知っています。
Aさんも、自分の心にだけは隠せない真実があるのに…。

じつは、このことで瑞月さまがブログをやめてしまうのが恐かったのですが、続けると心強い言葉があって、安堵しました。
これからも、ずっと応援しています!

非公開さま(MTさま)

MTさん、こんばんは。

あまり詳しいことは書けないのですが、了解いたしました。
びっくり!ですね。余計なことなんかではないです。
応援のお言葉ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(Iさま)

Iさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

Iさんも二次小説を書かれているのですね。
Iさんの書かれた二次小説への姿勢、ひとつひとつ共感し頷きながら読ませていただきました。
本当にその通りだと思います。
そして私の文章を好きだとのこと、ありがとうございます。
そんな風に言っていただけてとても嬉しいです。
応援のお言葉もありがとうございます。
これからも書いていきますので、またお立ち寄りいただければと思います。
コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(nさま)

nさん、はじめまして。コメントありがとございます。

nさんは中学から高校生の頃にジャパネスクにハマっていたのですね。
私も高校の頃にジャパネスクに出会い、nさんと同じくネットで検索して二次小説の存在を知りました。
こういう形でジャパネスクが今でも楽しめるなんて本当に嬉しいです。

そして応援のお言葉もありがとうございます。
これからも書いていきますのでよろしくお願いします。

別館と言うのは、いわゆるR18作品が置いてあるのですが大丈夫ですか?
ずっと更新をしていなくてトップに広告が出てしまっていますが、それでもよろしければパスワードをお知らせいたします。
大丈夫なようでしたら、お手数ですがサイドにあるメールフォームからか、もしくはコメントの<本文内>に私に知られてもいいアドレスをお書きの上、お送りください。
(nさんが書かれた場所のアドレス、私の設定が悪いのか、開かないのです。すみません)
こちらから折り返し、メールをさし上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(Tさま)

Tさん、お久しぶりです。お元気でしたか?

母へのお悔やみのお言葉、ありがとうございます。
長いこと闘病生活を送っていたので覚悟はしていたとはいえ、あまりにも容態が急変したので心がついていけませんでした。
でも一番、辛かったのは父だと思います。
父の涙を初めてみたので・・。

コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(Lさま)

Lさん、コメントありがとうございます。

いつも楽しみにして下さっているとのこと、嬉しいお言葉をありがとうございます。
そんな風に言っていただけるととても嬉しいですし、書いてきて良かったと思えます。
また応援の言葉もありがとうございます。
子育ては楽しいものですが、大変なことも多いと思います。
体力勝負なところもありますので、Lさんも身体に気をつけてお過ごしください。

それではまた後ほどパスワードをご連絡するメールをお送りいたします。
これからもよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(Pさま)

Pさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

Pさんは「らぶらぶ万歳サークル」から、私のブログに辿りついて下さったのですね。
私の書いたものが少しでもPさんの気晴らしになったのだとしたら嬉しいです。

別館はR18作品なのですが大丈夫ですか?
大丈夫なようでしたら、サイドにある「メールフォーム」からか、コメントの<本文内>にアドレスをお書きいただけますか?
私のパソコンだと、Pさんが書いた場所のアドレスが見れない(開かない)のです。すみません。

そして応援のお言葉ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(KBさま)

KBさん、こんばんは。
別館は今はずっと更新停止状態で、トップに広告が出ているのですが、それでもよろしければパスワードをお知らせいたします。
それですみませんが、メールフォームからか、またはコメントの本文の中に私に知られてもいいアドレスを書いていただけますか?折り返しパスワードをご連絡いたします。
KBさんが書かれたアドレス記入欄だと、どうしてだか私のパソコンだと開けないのです。(何か私の設定が悪いのかもしれません)
お手数ですがよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しんれいさま

しんれいさん、おひさしぶりです。コメントありがとうございます。
お元気そうで何よりです。

そして毎日の仕事や育児、お疲れ様です。
子どもは本当に可愛いですが、でも、日々繰り返されるお世話などの雑事はとても大変です。
子どもは待ったナシですからね。
疲れがたまれば笑顔も出ませんし、手を抜けるところは抜いて、しんれいさんも身体を労わってください。

メールはとても短い文で、かなりきつい口調で、何がどう「ぱくり」なのかなどは書いてありませんでした。
そもそも私はそのブログに長いこと訪問していませんし、真似しようにも出来ないのですが・・。(真似なんかしませんが)

そして別館なのですが、今はもうずっと更新は停止したままですが、ご希望でしたらパスワードをお知らせいたします。
メールフォームからか、またはコメント欄の本文内に、私に知られてもいいアドレスをお書きいただければ私からご連絡いたします。
(別館はいわゆるR18作品ですが大丈夫ですか?それと呼び捨てのことなどは全く問題ありませんし、わざわざすみません)

すみませんでした

先程コメントしたしんれいです。
今、自分のコメントを読み返したら、瑞月さんを呼び捨てにしている箇所を発見してしまいました。
あんた瑞月さんの何なのさ、って感じですね。失礼致しました!以後気をつけます。

ご無沙汰しています

1年ぶりくらいにコメントを書きます。しんれいと申します。
今回の記事から瑞月さんの葛藤が伝わってきましたし、恐らくこの記事をアップするのも大変な勇気を要したのではないかと思い、何かコメントしなくてはと思ってしまいました。
この1年、仕事やら育児やらで心がささくれ立ってしまった時、瑞月の書く小説、瑞月さんのお人柄の伝わってくるあとがきに随分癒やされました。本当にありがとうございます。
今回の経緯を拝見する限り、私には瑞月さんの落ち度は見当たりません。ブログの更新日時を辿れば、どちらのブログの方が真似をしているのか見当がつきそうですが、どうなんでしょうか。
瑞月さんの小説大好きです。これからもこっそり、いや別館のパスワードを狙っているので堂々と、応援していきます!

非公開さま(Mさま)

Mさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

いつも楽しみにしてくださっているとのこと、本当にありがとうございます。
またお優しいお言葉もありがとうございます。
私の作品を楽しみにしてくださっていると思うと嬉しいですし元気になります。

私はジャパネスクのヒーローは高彬しかいないと思っています。(もちろん他の男性キャラもそれぞれいいですが)

これからも書いていきますのでどうぞよろしくお願いします。
応援ありがとうございます。

非公開さま(Hさま)

Hさん、再度のコメントありがとうございます。

Hさんのご事情が少し判った気がします。
詳しく教えてくださってありがとうございます。

Hさんが書かれた通り、二次小説は原作ありきで書かれているものなので
ある程度の設定や話の展開が似てしまうことはあると思っています。

「らぶらぶ万歳サークル」の発足時期を考えますと、私なんて書き手としては新参者です。

私が今までに作品として発表したものの中には、すでにどなたかが同じようなことを
書かれているものもあるかもしれません。
自分が書き手となる前に「サークル」内の作品は読破しましたが、でも、すべてを覚えているわけではありませんし
自作を発表する前に、似ていないかのチェックをしているわけでもありません。
(ただ「あれ?こういうのあったような気が・・・」と気になった時は確認しています)

今回、私が記事に書きたかったことは「Aさんのやり方」なのです。
私が長いこと、ひっかかっているのはそこなのです。

例えばですが、Aさんの作品を具体的に挙げて「この作品は私のこの作品に似ている」と糾弾したいわけではありません。
実際、私はもう2年近くもAさんのブログに訪問しておらず、今、どんな作品を書かれているかも知りません。


私が初めてAさんのブログを見たときの「何だか私のブログに似てる」と思った感覚は
ここを詳細に書いてしまうと、ブログを特定してしまうので控えますが、作品のひとつを取り上げて「似てる」と思ったわけではないのです。

休止中なのも含めればいくつかの高彬ファンサイトが存在していますが、私の目から見たら、皆さん、それぞれが個性的で、カラーと言いますか、そういうものが確立しているように見えます。

Aさんのブログは、何となくカラーが私のと似ていると、私には見えました。
もし、Aさんの開設したブログが全然ジャンルの違うものだったら、こんな気持ちにはならなかったと思います。

そして後からAさんのだと知り、その後の経緯は記事の通りです。
もちろん、Aさんがブログを開設するに辺り、私に事前に知らせる義務などは全くありません。

ただ、私は自分がブログを開設するときは、どなたのサイトともイメージが被らないように気を付けましたし、それは、自分自身のプライドでもあり、またサイトマスターの方々への敬意でもありました。
どれだけ丹念に心を込めて、またプライドを持ってサイト運営をしているかは、私には容易に想像が出来たからです。

私はブログ開設時は、ジャパネスク関連の方とはどなたとも面識はありませんでしたが、その後、「お仲間に入れていただきたい」と思いサークルに初めての作品を提出しました。

私は、高彬ではありませんが、少しお堅いのかも知れません。
でも、やはり通すべき筋は通さなければならないと思っていますし、そこをないがしろにされた(と私が感じているから)Aさんのやり方にショックと悔しさを感じるのだと思います。

ですので、私は作品のひとつひとつを取り上げて、何かを糾弾したいわけではりません。
その「やり方」が、ずっと心に引っかかっているのです。悔しいのです。
今回の記事で書きたかったことはそこなのです。

ご心配いただいた、もしこの先、私の作品が「○○に似ている」という指摘を受けたとしても
自分にやましいところがなければ私は毅然としています。

長くなってしまいました。

ご心配いただきありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(Aさま)

Aさん、コメントありがとうございます。
私の作品を楽しみに待っていただいているとのこと、ありがとうございます。
そんな風に言っていただけるのはとても嬉しいです。
暖かい応援の言葉をありがとうございます。
これからも書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(Dさま)

Dさん、コメントありがとうございます。
色々と驚かせてしまって申し訳ないです。

私が一番ショックだったのは、やはりAさんのやり方なのです。

私が正直に、その時に感じた違和感や不満を口にしていれば良かったのかもしれません。
でも、そういうこと(私のブログに似てませんか?とか、名前二つって何かおかしくないですか?とか)を言うのは、あまりに自意識過剰なんじゃないか、とか、心が狭いんじゃないか・・・とか、そんな風に思ってしまったのです。
かっこつけてしまったんだと思います。

それに私は、その最後のメールをもらうまでは、心のどこかで(私が送ったこのメールで、きっとAさんはこの事態をようやく把握して、A=Bだと自分で公表するなり、何か対応してくれるのではないか)と思っていました。
でも、そうではありませんでした。あっけないものでした。

色々と考えて、皆さんを驚かせたり不快にさせてしまうかも知れないと思ったのですが、今回、こんな風に記事として書きました。

私も純粋にただただジャパネスクの話を書いていきたいです。
これからもよろしくお願いいたします。
最後の一行、嬉しかったです。ありがとうございます。


あさみさま

あさみさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

ブログ開設当初から読んでくださっているとのこと、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

そして応援のお言葉もありがとうございます。

2年近くの間、悔しいと感じる気持ちを、時には(忘れよう)と封印してみたり、また、時にはふいに悔しさが生々しく蘇ったりと、そんな気持ちと付き合ってきました。

ブログが開設して4年になるので、考えてみたら半分の時間をそんな風に過ごしてきたのだと、今、改めて思いました。
でも、作品を書いてる時間やそれをアップして皆さんからのコメントを読んだりする時間は本当に楽しくて、だからこそずっと続けてこれたのだと思います。

私もジャパネスクは本当に大好きです。
あそこまで心を鷲掴みにされた話はありません。
これからも書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

応援してます!

こんにちは!
はじめまして!

ブログの開設当初から拝読させていただいています。
『なんて素敵にジャパネスク』は連載当時から大ファンです。
すでに原作者の氷室先生も亡くなり、新たな先生のお話を読むことは叶いませんが、このように二次小説をファンのあいだで楽しみ、作品を愛することができて幸せです。

ただ、今回の事はわたしも悲しく思います。
Aさんのモラルに呆れます。
悲しく悔しいかと思いますが、書く事を止めないでください。
Aさんの真似をするなと言われても、正々堂々としていてください。
貴方に非はありません。
なかなか気持ちを整理する事は出来ないと思いますが、私は貴方を応援してます!
貴方の作品が好きです!

非公開さま(Nさま)

Nさん、コメントありがとうございます。

ずっと前から訪問してくださっているとこのこと、ありがとうございます。
そうですか・・、Nさんはずい分と前からそんな風に思っていたのですね。
私の書く瑠璃と高彬を気に入ってくださりとても嬉しいです。
これからも書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
応援のお言葉ありがとうございました。がんばりますね。

非公開さま(Hさま)

Hさん、コメントありがとうございます。

Hさんもそのような経験をされたのですね。大変でしたね。
詳しい事情は判らないながらも、苦しく辛かったのだろうとお察し申し上げます。

私も今回の記事をアップし、この先、自分の気持ちがどうなっていくのかはわかりません。
よくよく考えた上で決断したことでも、ずっと後になって、その決断が間違っていたと思うことだってあるかもしれません。

Hさんもそのことを後悔しているとのこと。
今もお気持ちは晴れないのでしょうか。

でも、思うのですが、当時の、その10年前のHさんは精一杯考えて行動を起こされたのではないでしょうか。
10年前の自分を未熟だったと後悔することは簡単ですが、でも、自分のしたことを丸ごと受け入れてあげられるのも、また自分自身です。
その時のHさんも、切羽詰った苦しい思いに悩まされていたのではないですか?
その時の自分を過度に責めるのは可哀相です。

何をしても振り返れば、後悔したり、自分にダメ出ししたくなるのが人生なのかもしれません。

人間関係も、何もずっと長く続くことだけが最良だとは限りません。
一期一会。
その場で親交を深め、ある時期だけ特有の繋がりを持てたのは、やはりそういうご縁があったからなのだと思います。

それだけのつながりだったのだ、ではなく、そういうご縁だったのだ、です。

Hさんにとって、もう必要がなくなったから、つながりがなくなったのではないでしょうか。
Hさんは、もう違うステージに立たれているのではないでしょうか。

こうしてHさんが私のコメントに言葉を残してくれ、たとえこれっきりになったとしても、私の中にはHさんの言葉が残っていくし、そういうご縁があってもいいと思います。
後悔の気持ちからご自身を解放してあげてください。
きっとすごく辛い思いをされたのだと思いますから。
(ちなみにですが私は若くはありません。Hさんより年上かもしれません)

コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(Hさま)

Hさん、コメントありがとうございます。
Hさんからのコメントは、私を思ってくださっての言葉だと受け取り返信させていただきます。

悲しみは癒えるけれど、悔しさは癒えません。

4ヶ月前に病気で母を亡くしたのですが、当初は寝ることも食べることも出来なかった私が、今では子どもたちと一緒に、母の仏壇に向かって笑いながら話しかけられるようになりました。
時間が少しずつ悲しみを癒してくれたのだと思います。

2年近く経った今も、私の心の奥底には、受けたショック、悔しさが沈殿しています。
消えない悔しさを抱えて過ごすのは苦しいです。

この苦しさは私の心の中にあるものであり、自分でケリをつけるしかありません。

よくよく考え、覚悟を決めた上での投稿です。

コメントありがとうございました。

非公開さま(Aさま)

Aさん、はじめまして。コメントありがとございます。

Aさんの二次小説ブログ、今、少しだけ訪問させていただきました。(ご挨拶代わりにランキングの応援してきました)
書かれてる主人公、ジャンルは違えど高彬のイメージと被っているとのこと、気になります。
堅物で朴念仁?愛染明王?一途?・・なのでしょうか。
気になるので、また改めて読ませていただいてもよろしいでしょうか。
Aさんもネットで嫌な思いをされたことがあるとのこと、大変でしたね。
こちらはブログで身を明かしているのに、匿名で中傷のコメントやメールを送るのは本当に卑怯だと思います。
面と向かってだったら絶対に言わない(言えない)ようなことを、匿名の名の元に吐き出す。ネットの弊害ですね。
本当に書き手としては、楽しく書きたいだけなのに・・。

応援のコメントありがとうございます。
私もずっと書いていくつもりです。
コメントなどお気軽にいただけたら、もちろん嬉しいです。
Aさんも創作活動、楽しんで、そしてがんばってくださいね。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(KBさま)

KBさん、コメントありがとうございます。

私もたまたま「ジャパネスク」で検索して二次小説を知り、夢中になって読みました。

氷室先生がお亡くなりになり、もう読めないと思っていたので、こういう楽しみ方があるんだと目からウロコでした。
検索して最初に見たのが、アルシュさんのサイトやサークルでした。その次に薫香さんのブログを知り・・・と言う感じです。

読んでいるうちに書いてみたくなり、それで書くに至ったのですが、そんな、私の話で号泣だなんて・・・本当なのでしょうか?
そうだとしたら本当に私も感激ですし、今、その言葉が聞けるのはとても嬉しいです。
初夜編はやはり連載と言うこともあり思い入れのある作品ですし、目的が初夜と言う何か身も蓋もない感じなのですが、2人の初夜はジャパネスクファンにとっての悲願ですし、書いていてとても楽しかったです。

応援ありがとうございます。
これからも書いていきますのでよろしくお願いいたします。

非公開さま(tさま)

tさん、コメントありがとうございます。

tさんもネットで嫌な思いをされたことがあるとのこと、大変でしたね。
本当にネットは良い面と悪い面があるのですね。心ない人がいるものです。

私がジャパネスクのサイトで交流のある管理人さんは、私のブログにリンクを貼っているお二人ですので、あそらくtさんのおっしゃってるブログであっていると思います。
私はずっと見てないので、今はどんな感じか知らないのですが、そうですか、tさんの目から見て今もそんな風に見えましたか・・・。
そういえば記事には書かなかったのですが、私が別館内で書いた言葉(高彬のセリフ)がそのまま使われていたと言うことがありました。(読者さんから聞いたのですが)
別館と言う限られた中で私が発表したものを公開していたと言うことで、私もそれには嫌な気分がしました。
ただ、今はどういうわけか削除されているみたいです。どんな理由で削除したかはわかりませんんが。

私はブログをやめるつもりはないですし、やめたくないです。
皆さんと同じようにジャパネスクは大切な宝物です。
応援のお言葉をありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

非公開さま(TKさま)

TKさん、激励のコメントありがとうございます。
そしていつも作品を読んでいただきありがとうございます。
応援しているという言葉は、本当に嬉しく頑張ろうと思えます。
ありがとうござます。
「下手な文章」だなんてそんなことはないです。
コメント、本当に嬉しかったです。

非公開さま(Sさま)

Sさん、はじめまして。
いつも訪問して下さっているとのこと、ありがとうございます。
色々と驚かせてしまってすみません。
閉鎖とかのご連絡ではありませんので、これからもご訪問お待ちしています。

氷室先生もお亡くなりになり、漫画の連載も終わってしまいましたが、でもジャパネスクが過去の作品として埋もれてしまうのはとても惜しい気がしますし、やっぱり名作はそうはならないのではないかと思います。
今でもたくさんの人がジャパネスクを忘れずに好きでいますし。
優しい応援のお言葉をありがとうございます。
これからも書いていきますのでよろしくお願いします。

みそさま

みそさん、いつもコメントありがとうございます。

私は「出所(でどころ)をきちんと書く」ってすごく大切なことだと思うんです。
前に「謎」の中で、瑠璃が長く吉野いたのはなぜかって書いたの覚えていますか?

その時に、みそさんがコメントで書いた考察が「まさしく!」だったので、みそさんの言葉だと明記した上で<追記>を書いたんです。
たとえいただいたコメントでも、やはり勝手に流用していいわけはないと私は思っています。
本当におっしゃる通り「盗用」ですからね。
私はその辺りは本当に固く考えています。

前にサークルの過去の作品を読んでいたときに、どなたかの後書きに「○○さんとこんな話で盛り上がって、その時に思いついた話を書いた」と言うようなことが書いてあって、やはり皆さん、こういうところはマナーと言うか、当然のルールとしてあるんだと思いました。
そもそもマナーとかルール以前に、モラルとして普通は自然とやってることだとも思いますが・・・。

もちろん私は謝罪も閉鎖もする気はないです。
みそさんにも嫌な気分をさせてしまい心苦しいですが、でも、同じように怒って下さってありがたいとも思います。
いつも変わらぬ応援をありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(RTさま)

RTさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
お元気そうでなによりです。

「不愉快なら見なければいい」まさしくその通りだと思います。
時々、ブログのコメントに中傷コメント書きこむ人を見るにつけ、そう思います。
見てとこちらから頼んだわけでもありませんしね。

こちらこそこれからもよろしくお願いします。
また作品の方にも、声をかけていただけると嬉しいです。

非公開さま(MTさま)

MTさん、いつもコメントありがとうございます。
とても励みになっています。
応援ありがとうございます。
私もずっと書き続けていきたいです。
私の書いたお話を大好きだと言って下さってありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

記事を読んで

確かに、好きな作品、同意できるコメントを読んでいると、まるで自分のものになったような錯覚に陥ることがあります。
そして、それが作品なり、考え方に影響することも……。
それは仕方がないことだと思います。
一人で楽しむ分には構わないけれど、公にして、他人の目に触れさせるのはマナー違反ですよね。
大袈裟に言って、「盗用」ですからね。
でも、もうAさんは、こちらのブログを見ていないということなので、今は、完全にオリジナル作品でブログを運営しているのでしょうけど。
それなのに、なんでしょう。
そのメール。
失礼にも程があります。
なんて偉そうな……。
部外者(私もですが……)が何様のつもりでしょう。
とても嫌な気分になりました。
謝罪って、閉鎖って!
モラルのない人にジャパネスクを語って欲しくないと思うのは、私のワガママでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ