作品投稿&暑中お見舞い

暑中お見舞い申し上げます。

瑞月です。こんにちは。毎日、暑いですね。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

ただ今「らぶらぶ万歳サークル」さまでは、夏の競作大会が開催されておりますが、このたびアルシュさんのご厚意により、遅ればせながら参加させていただけることになりました。

締め切りを大幅にずれ込んでしまったのに、アルシュさん、ありがとうございます。

今回のテーマは「汗」でした。

それでは「らぶらぶ万歳サークル」さまへ、よろしかったらどうぞ。

ここから先はネタばれありの後書きです。作品をお読みになってない方はお気をつけください。


   ↓
   ↓
   ↓
   ↓





*****************************************



お題が「汗」と聞いて思ったのは(高彬に男の汗をたっぷりとかかせたい!)でした。

賊に攫われた瑠璃を単身乗り込んで、力ずくで奪い返す高彬。

身体を張り時には暴力も辞さず、自分の大切なものを盗られた高彬のリタリエーション、「仕返し」です。

原作第1巻「初めての夜よ、もう一度」のラスト、法珠寺に馬で駆けつけたのが高彬だったら良かったのになぁ~と、ずーーーっと長いこと思っていました。(今も)

初読の時、馬の蹄の音が聞こえてきたシーンでは、(高彬が来たに違いない)と思っていたのですが、まさかの鷹男登場、しかも東宮と言うことで、しばし呆然としてしまった覚えがあります。

ショックから立ち直るため、何とか高彬が助けにくる話を無理やり考え、思えばそれが妄想の始まりだったのかもしれません。

高彬はラストで大活躍をしますが、何と言うかもっと直接的にピンチの瑠璃を救出する場面、「瑠璃さぁぁぁん」「高彬ぁぁぁ」みたいな熱いシーンを読みたいなぁ・・・と思っていました。

溺れかけてる瑠璃を川から助け出したのは煌姫(と於兎丸)ですしね。

そういうこともあって、筆力が及ばずかなり迫力不足ではありますが、今回、高彬が瑠璃を救出するシーンを書いてみました。

「リタリエーション」は、高彬の賊への「仕返し」であると同時に、長いこと瑠璃を助けに行ったのが鷹男であったことへの鬱憤の(勝手な)「仕返し」でもあるのです。

鷹男は馬で乗り込んだ後、身分を明かして相手をひれ伏させていますが、高彬はひたすら走って汗かいて瑠璃を助け出しましたからね!

鷹男70点、高彬120点!

汗まみれの高彬は、かっこいいはずです。

守弥が入れ込んじゃう気持ちもよく判ります。(でも文の握りつぶしは良くないですけどね・・・)

この猛暑も高彬のことを思って乗り切ろうと思います。

熱中症など怖いですね。皆さんも気をつけてお過ごしください。


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま(Mさま)

Mさんもこういうシチュ想像したんですね!
しますよね~、やっぱり。
オリーブを助けるポパイと言うか、蘭姉ちゃんを助ける新一(コナン)と言うか
「今、オレが行くから待ってろ!」的な熱い救出劇、見てみたいですよね。
邪な妄想!
しますよね(笑)そのあたり、じっくりと深く考えてみたいものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ