***短編*** 春はあけぼの<おまけのおまけ> ***

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』




         注)このお話は「春はあけぼの」の<おまけの話>のさらにおまけの話しです。

        
           





***短編*** 春はあけぼの<おまけのおまけ> ***









「え・・・ホクロ・・?」

一刻ほどで目を覚ました高彬に、耳のホクロのことを告げた時の第一声がこれだった。

すぐには頭が回らないのか一瞬ポカンとした後、鏡で確認しようと思ったのか、鏡台の前に行きしきりに耳を触って見ている。

「無理よ。自分じゃ絶対に見えない場所だもの」

一緒に鏡を覗き込み笑いながら言うと、高彬は面白くなさそうな顔をして見せた。

「仕方ないじゃない、耳の後ろなんだから。・・・さ、そろそろ参内の準備をしたほうがいいわ」

その声を合図に角盥を掲げ持った女房らが部屋に入ってきた。

「参内って・・・、いや、まだ、少し時間があるし・・・・」

起き出したばかりの寝所を名残惜しそうにちらりと見ながらぼそぼそと言い、それでも前に置かれた角盥に素直に手を浸し、顔を洗い始めた。

何度も見慣れた光景だけれど、ついつい見惚れてしまう。

捲くれた袖から覗く腕とか、あらわになったうなじの筋とか、濡れた額にかかるほつれ毛の感じとか・・・

殿方が身支度をする姿なんて結婚前は見ることなかったし、夫婦になったことを実感するのって思えばこういう瞬間なのかもしれないわねぇ。

うーん、何、ドキドキしてるんだろう、あたし。

さっきは膝枕で眠る高彬を可愛いなんて思っちゃったし・・・鴛鴦殿と言う慣れない場所にいるせいかしら?

こもごも思う間に、すっかり身支度を整えた高彬が几帳の向うから現われた。

にっこりと笑いながらあたしの隣に腰を下ろすと

「瑠璃さんはもう少しここで過ごすといいよ」

「ここで?」

「うん。たまには気分が変わっていいだろう。ぼくが帰ってきたら、三条邸に一緒に戻ろう」

「・・・・」

きっと、昨夜あたしが言った<女って損だわ。邸で過ごすのが当たり前でどこにも行けないんだもの>の言葉を覚えてくれてるんだわ。

「うん、そうするわ。・・・ありがと」

あたしとしては、昨夜の梅鑑賞でもう充分って気分だったから、このまま三条邸に帰っても良かったんだけど・・・・でも、高彬の気持ちが嬉しくて頭を下げる。

こういう心配りや優しさの示し方にこそ、殿方の真価が問われるんじゃないかしら?

その点、高彬は最高最上の殿方だと自信を持って言えるわ。

───なんて、ついつい夫をベタ誉めしてしまう。

「なるべく早く帰るから」

「うん」

いつになくしおらしく返事をすると

「まだ瑠璃さんに・・・感動も与えてないしね」

廂にいる女房たちに聞こえないように耳打ちをされ

「なっ・・・!」

思わず跳ね上がりそうになるところをすんでのところで押し留めた。

よっく言うわよ。人の膝枕でグースカ眠っちゃった人が!

夫の言う<感動>なんて、もう絶対に信じないんだから。

「感動を与えるなんて、そんな大見得切らないほうがいいわよ」

同じように声を潜め、横目で睨んでやると、高彬はあたしの視線を正面から受け止め眉を上げた。

「大見得なんて・・・心外だな」

「そう?的を得た助言だと思うけど」

澄まして言うと、高彬はまじまじとあたしの顔を見たと思ったら、たっぷりと間合いを取ると不敵に笑って見せた。

「瑠璃さんは、ぼくの本気を知らないからね」

意味ありげに言い、腕なんか組んでいる。

「本気?何よ・・・本気って」

「本気は・・・本気だよ。今にわかる」

真面目なんだかふざけているんだか判らない声で言うと、すっと立ちあがった。

「参内する。車の用意を」

女房らに言い

「じゃあ、瑠璃さん、行ってくるよ。少し羽を伸ばして・・・と言っても河原などに行ってはだめだ。自由にしていいのは邸内までだからね、判ってるね」

あたしに念を押し、だけどあたしは高彬の言った<本気>が気になってしまいそれどころじゃなかった。

何よ・・・本気って。

まだ余力があるとでも言うような、はたまた秘策を隠し持ってるとでも言うような・・・。

まるで、まるで、今は手加減してあげてるんだからとでも言いたげな・・・?

カーッと顔が熱くなったところで、高彬と目が合うと

「瑠璃さん、顔が赤いよ」

からかうように言われてしまった。

「う、梅よ。梅の花の匂いに酔ったのよ」

そのまま歩きだした高彬の背中に向かって言うと

「ふぅん。この庭から梅は見えないはずだけど」

ちらりと振り返り、その目がしっかりと笑っている。

何よ!やっぱり知ってたのね!

あわあわと何も言えなくなったあたしに、高彬は軽く手を上げ合図すると、衣擦れの音も優しく部屋を出て行ってしまった。

一人、部屋に残される形になったあたしは────

何よ、部屋から梅が見えないって判ってたんじゃない。

いやいや、問題はそこじゃないわ。

本気って・・・・何よ。本気って。

どうせ、いい加減なこと言ってるに決まってるんだから・・・。

夫の戯言に違いない、と思いつつ、だけど<今にわかる>と不敵に笑っていた高彬の顔がちらついて、惜しみなく色香を放つ梅の花に惑わされたかのように、あたしの心は期待と不安でむせ返り、くらくらと眩暈を覚えたのでは、あった。







<終>



瑞月です。

今日6月6日は氷室先生の七回忌。

氷室先生がお亡くなりになってから6年・・・。早いですね。

氷室先生も、瑠璃も、高彬も、ずっとずっと心の中で生き続けています。

今日中に何か話をアップしたいと思い、何とかぎりぎり更新することができました。

氷室先生が書かれた言葉、文章、作品は、どれも大切な宝物です。

氷室先生、たくさんの素敵なお話をありがとうございました。



(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

cookiemomさま

> お母様のこと、大変なことで。
> いえ、瑞月様も体調を崩さないようになさってくださいね。

どうもありがとうございます。

> そうでした、馬場の書店に行ってきたんですよ。

私も行きました。
両方いったんですけど、期待が大きかったせいもあり、ちょっとコーナーが小さいな~と思ってしまいました。
それでも、やっぱり取り上げてもらえるのは嬉しいですよね。

> 実は蕨が丘物語が好きだったのにこれも失くしてて…

面白いですよね。なぎさボーイとリンクしてるし。表紙も何だか好きでした。

No title

こちらに伺うのが随分時間が空いてしまいましたので…

お母様のこと、大変なことで。
いえ、瑞月様も体調を崩さないようになさってくださいね。


とても色気のある高彬、すごくかっこよかったです。
不敵な笑い…悶えてしまいました。

そうでした、馬場の書店に行ってきたんですよ。
氷室先生のフェア。すごーくちんまいコーナーでしたけど、チラシもらってきて、
そして電子書籍なら昔々のコバルト文庫も読めるんだって分かったのでよかったです。

さようならアルルカンは未読…
実は蕨が丘物語が好きだったのにこれも失くしてて…
なので、フェア情報、とてもありがたかったです!


ヨッシーさま

ヨッシーさん、返信遅くなりすみませんでした。

>大切にされてるなと思っていましたが、あんな変化球が、来るとは (笑い)

ただのおぼっちゃまではない高彬!
「本気」度合い、気になりますよね(笑)

非公開さま(Kさま)

Kさん。

なんたって高彬は今をときめく右大臣家の御曹司ですもんね。
大切に大切に(守弥に)育てられた高彬、育ちの良さは天下逸品です!
(返信遅くなりすみませんでした)

No title

瑠璃さんが、ゆっくり鴛鴦殿で過ごせるようにする所、優しいな。大切にされてるなと思っていましたが、あんな変化球が、来るとは (笑い) 気になります♪ 外に出させないためだったり。策士高彬でしょうかね。この後どうなるのかとニヤニヤですO(≧∇≦)O

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

さりいさま

> 氷室先生の作品の凄さって、今なお色褪せない、そのパワーある登場人物と世界観かな、と思っています。大人になって読んでも、本当に面白いですものね。

本当におっしゃる通りだと思います。
氷室先生がご存命でしたら、今、どんな作品を世に送り出しているのでしょうね。
「少女小説」の分野を越えて、幅広く活躍されていたことでしょう。

> ときに、瑞月さん、全然関係ない質問なのですが、頭の中で瑠璃達が動いてお話が出来上がる時って頭のなかでは、峯村先生の絵で動いてるんですか?それとも、山内先生の絵ですか?

そうですねぇ・・。
しいて言えばですけど「どちらでもない」と言ったところでしょうか。
もちろん頭の中に浮かぶ高彬のイメージはあるんですけど・・・。
うまく言えないのですが、私は長いこと小説ジャパネスクだけの読者だったので「この顔が高彬!」と言う確固たる「顔」がないんだと思います。
氷室先生の文章から生み出される高彬に惚れた!と言う感じですので・・。
峯村先生の絵も、細かく書き込んだ顔ではありませんし、ほんと、心の中の高彬像があると言いますか。
瑠璃の顔についても同じことが言えますね。
もちろん山内先生の瑠璃や高彬の顔も好きですよ!

テレビとか見てても、いまだに「この人、(私のイメージの)高彬だ!」とどんぴしゃりで思う人にめぐり合えていません。
あ、そういえば、瑠璃はいたんですよ。
現代編の瑠璃限定なんですけど。
日焼け止めクリームのCM出てた人なんですけど。(最近、そのCM観ないですけど)
見た瞬間「わ~、この人、現代編の瑠璃のイメージだ!」と。
確か、それで急にイメージがわいて、雨の日の桜の話を書いたんだと思います。

> 今回のお話では、顔を洗う高彬で、山内バージョンに切り替わりました(笑)

そういうシーンありましたよね。
大江に朝の準備を言いつけてるあたりの。
私は個人的には、着付けられてる高彬に目が留まりましたよ。女房、いいなぁって(笑)

非公開さま(Nさま)

Nさん。

春はあけぼの、お楽しみいただけたようで良かったです。
高彬は堅物なだけの人じゃありませんもんね!

これくらいの年になると、いろんなことが起きますよね。
ほんと、一日、一週間、一ヶ月、一年なんてあっと言う間に過ぎてしまいますね。
健康第一!お互い、気をつけましょうね。

非公開さま(Tさま)

おまけのおまけのおまけ・・・。

高彬の本気っていったい何?!そんな大見得切って大丈夫なの?

・・と瑠璃でなくても気になりますよね(笑)

ご心配いただきありがとうございます。
親の老いや死は避けられないもの・・とわかっていても、やはり辛いですよね。
出来れば経験したくないけど、せずに済む人はいないわけですし・・・。
こういう思いを味わうことが、年を取るということなのかもしれないですよね・・。
Tさんもお身体にお気をつけくださいね。

みそさま

> 一度は行きたいと思っている今日この頃ですが…。

きっとこれからも毎年、開催されると思います。
発起人の方のサイトご覧になられたことありますか?
(多分「氷室冴子」で検索すると、ヒットすると思います。)
偲ぶ会に参加するには事前にメールが必要みたいで、そういう情報が載っていますよ!

> ちょっと意地悪な高彬が大好きです!!
> あわあわする瑠璃も可愛くて好きです!

なんだかんだ言って、高彬は瑠璃より上手ですもんね~。

> 『高彬の本気』もさることながら、個人的には「ある夏の日に」の『高彬考案の罰ゲーム』が気になります。

そうなんですよ・・。
私もずっと気になっているんです。

「気」はいつでも向いているんですが(笑)なかなか別館まで手が回らなくて・・・。

うわーーーーー瑞月さんーーー!
こ、こんな続編書かれたら、更にその続きが瑠璃でなくとも気になります(笑)
高彬の本気って?!う、うわっ、私も知りたいーーー(笑)

なんて、ふざけた感想は置いておいて、今年は氷室先生の七回忌ということ、私はジャパネスク(人妻編)の文庫化に伴い、初めて知りました。
氷室先生の作品の凄さって、今なお色褪せない、そのパワーある登場人物と世界観かな、と思っています。大人になって読んでも、本当に面白いですものね。

ときに、瑞月さん、全然関係ない質問なのですが、頭の中で瑠璃達が動いてお話が出来上がる時って頭のなかでは、峯村先生の絵で動いてるんですか?それとも、山内先生の絵ですか?

私は、何となく瑞月さんの作品を読んでいる時は、峯村先生の絵の時が多いのですが、ふとした拍子に、2人が山内先生バージョンになる時があります。
今回のお話では、顔を洗う高彬で、山内バージョンに切り替わりました(笑)
何となく、理由は自分で分かってまして・・・
原作だと、さらりと読んだシーン(高彬のミステリーの回です)なのですが、漫画を読んでいると

起き抜けの高彬の寝顔をじっくり見てた守弥が心底羨ましい・・・
寝起きの高彬が超カッコいい・・・
高彬のちょっと着崩れた単(ですっけ?)が色っぽい・・・
顔を洗って後れ毛が濡れてるのが、たまらなく色っぽい・・・
(今回の瑠璃と同じ感想ですねえ)

なんて強烈に思いましたので(笑)
「顔を洗う高彬」が今回あったので、その強烈な印象が相まって、スッと自然に、
山内バージョン高彬が出てきた次第です(笑)

高彬には、心底ドキドキさせられます(笑)
本当に、氷室先生には、素敵な殿方を生み出して頂いて、感謝感謝・・・ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ドキドキ

今日は氷室先生の『偲ぶ会』ですね。
一度は行きたいと思っている今日この頃ですが…。

今はもう『高彬の本気』が気になって気になって仕方がありません……!(≧∇≦)
ちょっと意地悪な高彬が大好きです!!
あわあわする瑠璃も可愛くて好きです!
きっと高彬が帰ってくるまでは気が気でないんでしょうね。
もう梅どころじゃないっていう。
せっかくの鴛鴦殿なのに。(笑)
『高彬の本気』もさることながら、個人的には「ある夏の日に」の『高彬考案の罰ゲーム』が気になります。
お気が向いたらぜひ…!(笑)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ