謎・・・3<追記あり>

瑞月です。

久しぶりの考察をしたいと思います。

謎シリーズ「1」と「2」をやったのは、ブログを開設したばかりの頃でしたが、いまさらではありますが「3」です。

ちなみに「1」の時は、高彬が瑠璃の部屋に乗り込んだとき(愛染明王のときですね)守弥は逃げることができたのではないか?と言うことを取り上げ、「2」では、どうして帥の宮は生まれた子を我が子と思ったのか?を取り上げています。

(取り上げたと言いましても、ただ(謎だよねぇ。なんでだろうねぇ)と不思議がってるだけで、謎は少しも解明されてはいないのですが・・・)

そして「3」では趣向を変えて「瑠璃は何年間、吉野で過ごしたのか?」を考察し、さらにはそこから少しばかり仮説を組み立てていきたいと思います。

まずは「瑠璃は何年間、吉野で過ごしたのか?」です。

原作には、京に戻ってきたのは10歳と明記されていますが、何歳から吉野に行ったのかの明記はありません。

瑠璃たちの母親は、融を産んでから床に伏しがちになり、そのために瑠璃が吉野にいるお祖母さまのところに預けられた、となっていますので、一番、早かったとしても瑠璃が一歳を過ぎたあたりと考えることができます。

ですが、よく読んでみると「融を産んで以来」と書かれているので、出産後すぐにではなく、寝たり起きたりを繰り返すなかで、なかなか良くならないないので吉野に預けた、と言うニュアンスが伝わってきます。

そして、もうひとつのヒントとなるのは、瑠璃が夏姫を見たのが一度きりだと言うことです。

その一度と言うのは、吉野から帰った瑠璃が、高彬たちと庭で相撲を取っている時です。

夏は融の乳兄弟で、女童として三条邸に上がっていて、さらには高彬、融としょっちゅう遊んでいたわけですから、ずっと三条邸にいたと考えるのが妥当です。

その夏を、瑠璃は吉野から帰京した時に初めて見たと言うのですから、おそらく物心付く前の3歳あたりには瑠璃は吉野に行っていたのではないでしょうか。

そして、瑠璃と高彬の出会いはいつだったのか、と言うのも一緒に考察してみたいと思います。

実は原作のなかでは、そのことに言及されていません。

吉野から戻って泣いてばかりいる瑠璃をなぐさめた、と言うエピソードにより、何となくその辺りが初対面ではないかと・・・とほのめかされてはいますが、文章としては明確に「帰京した瑠璃と高彬は、その時が初対面だった」とは書かれてはいないのです。

融にお姉さんがいることを高彬が知っていてもおかしくはないですし、瑠璃だって吉野に行きっきりってことはないでしょうから(瑠璃父&瑠璃母だって、娘に会いたいでしょうし)、高彬は吉野から一時帰京した瑠璃の、気配なり顔なりを見ていた可能性は充分あると思います。

まぁ、言葉を交わした、という意味では帰京してからが「初対面」かも知れませんけど。

高彬にとっては、垣間見た瑠璃は何となく忘れられない存在だったのでは・・・なんてことも、あれこれ考えてみるのも楽しいことです。

さて、とりあえず瑠璃は3歳前後から10歳までの7年間を吉野で過ごしたと仮定した上で、ここからが実は本題の「謎」なのです。

一体、なぜ、瑠璃はそんなに長きに渡っての期間を吉野で過ごしたのでしょうか。

言い方を変えれば、なぜ瑠璃父はそんなに長く瑠璃を吉野にやっていたのでしょうか。

瑠璃母が病がちで・・・と言うのが理由のようですが、核家族で育児は母親が一手に引き受けてる今の家庭事情ならいざ知らず、基本、家族は別々に暮らしていて、乳母や女房が子育てをしていた時代の理由としては、7年と言う長さはどうにも不自然なのです。

また、もしも「家族に(邸内に)病気がちな人がいて、子が育つ環境としては不適切」と言うのであれば、融だって一緒に吉野に行かせているはずです。

つまり「瑠璃だけ」吉野に行かせているのです。

それはなぜか。

さて、ここからがおなじみの妄想タイムの始まりです。

(いつも以上にかなり妄想度が高いですので、閲覧ご注意ください)

瑠璃だけ吉野に行かせている理由─────

それは瑠璃に

『東宮妃としての婚約話が持ち上がったから』

ではないでしょうか?

当時の東宮、つまりは今の鷹男ですね。

瑠璃が3歳の頃、鷹男は5歳くらいで、東宮としての確かな後見が欲しくて、家柄が申し分なく、年も釣り合いの瑠璃に目を付けるというのは考えられる政策だと思います。
(もちろん鷹男自身が、でなく、回りの人間が、ですが)

娘を、後宮と言う窮屈で陰険な場所に入れたくなかった瑠璃父は、とりあえずの回避方法として瑠璃を京から遠ざけたのではないでしょうか。

もしかしたら、それこそ瑠璃が生まれるか生まれないかの辺りから、東宮サイドは大納言家の姫君を狙っていたのかもしれません。

それをのらりくらりとかわしてきたのだけれど、日に日に「ぜひ東宮妃に!」の声が強まってきて、いよいよと追い込まれたときに、瑠璃を吉野にやったのではないでしょうか。

表向きの理由を妻の病気と称して。

そしておそらく、瑠璃が帰京してしばらくは、東宮(鷹男)との婚約話(もしくは入内話)はしつこくあったと思います。

もちろん正式な話ではなく、根回し的なレベルで。

その時は、母や祖母の死により傷心していることや、京での生活に慣れていないこと、また実際、その時の瑠璃は十分にはねっかえりだったわけですから、それらを理由に瑠璃父は断り続けていたのでしょう。

後年、瑠璃の初夜めがけて鷹男が文を寄越したとき、瑠璃父は

「もし瑠璃が入内でもしたら我が家は安泰だ。ことは政治的な問題で、どうか高彬どのもわかってくだされ」

みたいなことを言って、いったん結婚を無期延期にしていますが、あれは本心ではなく、高彬の手前「常識人」としてポーズを作ったのではないかと思います。

あの時代の大貴族の「常識」と言ったら、娘を入内させて権力掌握をねらうこと、と言っても過言ではないことを考えると、瑠璃父はとりあえずは「他人」である高彬の前でそう振舞ったとしてもおかしくないと思うのです。

つまり「いかん、いかん、娘を後宮などにはやらん」と声を大にして言ったら、それこそ「変わり者」のレッテルを貼られる時代でしょうし、そういう意味では瑠璃父はかなりの「気にしい」だったのかもしれません。

実際、根回しレベルならのらりくらりとかわせても、東宮から直筆の求愛の文が来たら、それを無視して結婚するわけにはいかないのは事実でしょうし、そのあたりの混乱が瑠璃父の言葉から読み取れる気がします。

(それにしても鷹男、何も初夜めがけて文を贈らなくてもいいと思うんですけど。高彬はその文のせいで謹慎まで覚悟したんですからね。今で言うパワハラですよ・・・)

瑠璃父は「瑠璃の性格気質からして入内などは夢にも思っていないし、もししても自分の気苦労が増えるだけ」などとも言っていますが、そうではなく、実はそもそも「入内などさせたくなかった」んだと思います。

娘や孫を、出世や権力の道具にしたくなかったのではないでしょうか。

当時は、娘が子どもが生める年齢になったら、すぐに出産を急かす位なのに、18歳の瑠璃が(ウソの)懐妊祈願を申し出たときにも「まだ早い」などと言って渋っていますしね。

そんなところからも、自分の出世より、本当に瑠璃の幸せを考えている父親像が浮かんでくるのです。

そしてその瑠璃父の考え方は「地位や身分より純な心意気が大事」と言い切る瑠璃や、出世に無頓着な融にも引き継がれているようです。

その瑠璃が吉野になじみすぎて、少々規格外の姫に育ってしまったこと、吉野君と出会って初恋の思い出を引きづってしまったこと、さらにはそこに自分の浮気性の悪影響も加わって瑠璃が独身主義者になってしまったことなどは、おそらく想定外のことだったのでしょうけど。

なので、瑠璃父にとって高彬との結婚は本当に嬉しかったはずで、それは何も右大臣家の四男だからと言う理由ではなくて、高彬ならその性格から言って、瑠璃を大事にしてくれるはず・・・と思ったに違いないのです。

だからこそ「下にも置かぬ」もてなしをしたのでしょうし、あんなにも瑠璃たち夫婦仲に敏感なんだと思います。
(瑠璃が失踪騒ぎを起こしたときも「このままだと離縁ですぞ!」とまくしたててましたし)

と言うわけで

瑠璃が何年にも渡って吉野で過ごしていたのは、東宮妃の婚約話を回避するため。

瑠璃父は本当に瑠璃を愛しており、自分の出世よりも娘の幸せを誰よりも願っていること。

実にもう、瑠璃と高彬のラブロマンス成立の最大の立役者は、娘の入内を拒んだ瑠璃父であった────

と言う仮説はいかがでしょうか。

昨夜、寝ないで考えたんですけど。

ただの妄想だと一蹴されれば返す言葉もありませんが、高彬と瑠璃のラブストーリーの裏には、こんな瑠璃父の深い愛があったのだと考えると、ほのぼのと温かく、まさしく2人のプロローグにふさわしいと思うのです。

なので、どうか『何を馬鹿なこと言ってるんだ、瑞月さんは』などと、絶句しないでくださいね。




<追記>

コメントで「みそさま」「cookiemomさま」に素晴らしい仮説をいただいたので追記です。

瑠璃が何年にも渡って吉野で過ごしていたのは、東宮妃の婚約話を回避するため─────

それは娘のためであると同時に、右大臣(高彬父)との確執をさけるためだったのではないか、と言うコメントをいただきました。

本当にその通りだと思いました。

右大臣は、当時数人の娘がいて、いずれ入内を考えていたわけですよね。

それを察知していた瑠璃父は、波風をたてたくなくて、瑠璃の婚約を回避したのかも知れません。

なぜ東宮サイドが瑠璃に目をつけたのかと言うと、もしかしたら、当時から右大臣vs左大臣の勢力争いがひどくて、中立の大納言家の姫に白羽の矢がたったのかも知れませんね。

(右大臣家の姫を入内(婚約)させたら、左大臣が黙ってないでしょうし。どこの姫を入内させるかで、ぐらりと勢力が変わってしまいますからね)

娘を婚約させないどころか、遠く吉野の地に送った大納言に、右大臣は人柄の良さや<年少者としての可愛げ>を感じ、そのあたりから両者の交流が始まり、結果、高彬と融が親友になったというのは、とてもありえる話だと思います。

なので、後年、瑠璃が渦中の人となって評判ががた落ちになった時にも、右大臣が愛息子と瑠璃の結婚話をはねつけられなかったのは、内大臣に涙ながらの頼まれたからほだされた、と言う以外にも、このときに感じていた恩があったからかも知れませんね。

なんだか、すべてのピースがはまった感じがして嬉しいです。




(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ダイキチさま

ダイキチさん、こんにちは!


「ほんとはね。たった一人よ。せいぜいがとこ、二人かな。弟も入れて三人ね」

のセリフですよね。
私はこのセリフは高彬と瑠璃父、そして融、と理解していました。
鷹男のことは、ダイキチさんの書かれたように、直前のセリフで「あの人も立ち直っちゃって・・・浮気心が・・」と言ってますしね。

>瑠璃も、瑠璃父の愛を理解してたんだなあと。どうでしょうか??(笑)

私もそう思います!
あの時点ではやっぱり瑠璃も父に対して「迷惑(心配)かけて悪かったな」ってすごく思ってたと思いますしね。

> 散文、駄文、失礼しましたm(__)

とんでもないです。
ジャパネスク好きな方との話しはとても楽しいのです。

とても深い考察で、目からウロコでした!!

瑠璃父の愛・・・そこで、私の中でスッキリしたところが。それは、うろ覚えなので申し訳ないのですが、続アンコールで、吉野にて、瑠璃が守弥に言うセリフ。「都にも私のことを待ってる人がいる。あの人も浮気心がでてきてるけど。ホントは、たった一人。ううん、二人かな。弟も入れて、三人かな」←確か、こんな感じ?
そこで、一人は高彬だけど、もう一人は?鷹男かと思ったんですが、浮気心云々のセリフがあるから違う??瑠璃父と思いつつも、しっくりきませんでした。
でも、瑞月さんの考察を読んで、瑠璃が言ってたのは、高彬と融、そして瑠璃父だったと納得。瑠璃も、瑠璃父の愛を理解してたんだなあと。どうでしょうか??(笑)

散文、駄文、失礼しましたm(__)

白拍子さま

はじめまして。
広い荒野の中から当ブログへのご訪問ありがとうございます。

このブログには白拍子さんと同じく、ジャパネスクが大好きな方がたくさん訪問してくださっています。
ぜひぜひ、白拍子さんのジャパネスクや高彬への熱い思いを思う存分、語ってください。

> それにしても完結(と言っていいのかどうか)して久しいこの作品のファンがいまだにこんなにいらっしゃる事を知り、感激です。

ジャパネスクファンの方って本当に多いと思いますし、「息の長いファン」と言う感じの方が多いように思います。
世の中にはジャパネスクファンって多いと思うのですが、私自身、身近にいなくて、思う存分、ジャパネスクのことを話したい!書きたい!と思って、このブログを始めました。

たくさん過去記事がありますので、読むのは大変だと思いますが、またお時間のある時にでもごゆるりとお立ち寄りください。

はじめまして

すごい!
本当にピタッとハマりますね!
瑠璃が何か仕出かせば寝込むほど心配し、大切にしている内大臣がなぜ瑠璃を何年も吉野に放って置いたのか?
ずっと疑問でした。
本来なら互いの失脚を望むような関係であるはずの右大臣との妙に和やかな関係も。。。
瑞月様も、コメントされている読者様たちもすごいですね。


大のジャパネスク好き、高彬好きでこちらのブログに辿り着き、ニヤニヤが止まらないまま貪るように読んでいたところ、こちらの雑記を拝読してまさに目から鱗でした。
自分のジャパネスク愛なんてまだまだだなぁと、皆さんを尊敬申し上げます。


それにしても完結(と言っていいのかどうか)して久しいこの作品のファンがいまだにこんなにいらっしゃる事を知り、感激です。
今まで身近にジャパネスクファンがおらず、誰ともこの熱い思いを語り合えなかった!(笑)広い広い荒野で同士を見つけたような気持ちです。
他の記事もニヤニヤしつつ、引き続き読ませて頂きます。

maiさま

maiさん、こんにちは!

う~ん、確かにちょっと瑠璃父が格好良すぎますかね!(笑)

瑠璃を後宮にあげたくなかったのは、陰謀うずまく場所に娘を入れたくなかったという親心と、あとは計算と言うか打算もあったと思います。
自分の気苦労が増えるというのと、あとはあまりに栄華を極めてしまったら回りから反感を買ってしまうので、それを回避するため。

あの時代、いくら家柄がよくても政敵の陰謀などで失脚することもあるわけですよね。

とことん権力を掌握しようと娘を後宮に入れるタイプが圧倒的に多かったとは思うのですが、中には「ほどほどのポジション」で良いと思う人もいたはずで、瑠璃父はこのタイプだったのではないかと思うのです。
出世すればするほど妬みも多くなるわけですしね。
こういうところが生粋のおぼっちゃま気質なんでしょう。(まさに融もこれ)

元々がそういう性格だったというのもあるでしょうが、maiさんが書かれたとおり、嫌というほど権力好きな人たちを見て、辟易してしまったんだと思います。

瑠璃と高彬が結婚したのは、瑠璃父にとっては「棚からぼた餅」みたいな感じですよね(笑)
瑠璃を後宮に入れなかったという選択肢が、結果として高彬との結婚に結びついたわけですから。

あと右大臣に対しては、どちらかと言うと瑠璃父は「本当に後宮に入れる気がなかった」から入れなかっただけで、その行動に対して右大臣の方が「大納言、いい人!」と評価して交流が始まった・・・と言う感じではないかと思っています。

No title

お話も好きですが、こんな風に、いろいろ推察するのもすごく楽しかったです!やっぱり、ジャパネスクの世界は、奥が深いです。

No title

ずっとこの「謎…3」にコメントしようと思いながら、なかなかまとまらず、書けずにいました。「東宮妃の話を回避するため」っていうのは、本当に鋭い!と思いました。だけど、瑠璃父が格好良すぎるんじゃないの?(瑞月さま、失礼!)というのが正直なところです。何て言うか、みなさんのコメントなども読みながら、浮かんでくるのは「融がそのまま年を取ったら」っていうのが瑠璃父なのでは…?権力欲がないのは、瑠璃父の家も家柄が良くて、お坊ちゃん育ちだから。そんな瑠璃父が、同じく家柄のよい瑠璃母と結婚して、生まれたのが東宮と年の近い姫!となれば、おそらく、3才、とかそんなどころではなく、生まれた直後から、やれ「でかした」だの、「末は帝の縁戚か、上手いことやったな、コツを教えていただきたい」などのあてこすりまで、人のいい瑠璃父が出仕したくなくなるほどの様々な軋轢に辟易したのでは…。そこで、同じく年が近い(しかも大姫はもう少し前に生まれていますよね)妃がねのいる右大臣気に遠慮して、吉野に瑠璃をしばらく遠ざけることになったのでは…?というところではないでしょうか。右大臣と元々仲がいいから遠慮したのか(右大臣いいひと説)右大臣の圧力で遠慮したのか(右大臣悪人説)どっちが自然かなあ…。
ともかく、吉野には本当に「東宮妃の話が下火になるまで」ぐらいの、あんまり深い考えもなく預けていて、ところが、予想に反して、全く姫らしくない姫に育ってしまった瑠璃は、ある意味、いいトコのぼんぼんの瑠璃父の理解を超えた存在で、だから、ため息をついては「どうしたら、瑠璃がもう少し姫らしくなって、いい婿がねがないものか」と悩んで…そして1巻はじまり…
どうですか?
ただ、吉野にいた期間が異常に長いような気がします。ここに、瑠璃母の事情が何かあるような…うーん、まとまりません。
こんなことも、氷室先生は「あーだから!そうか!」みたいな見事なからくりをあとから見せてくださったような気がします。
瑞月さま、いかがですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かいちゃんさま

> 身分関係なしも以外とパパ譲りなのかもしれないですよね

そう思います。
そういう意味では、平安時代において、かなり変わった一家なんでしょうね。

No title

すごい!みなさん考えが深い!!私も何で瑠璃さんだけ吉野に行ったのかと不思議でしたが、瑞月さんの説に納得!!情に深いとこは父娘ソックリ(*^3^)/~☆身分関係なしも以外とパパ譲りなのかもしれないですよね(^.^)だって世の最高権力者との結婚なんて、あの時代の貴族なら二つ返事なのに(*^^*)あの時代には珍しい子供思いの優しい父だったんですね(〃∇〃)浮気者ですけどね(笑)

ぺんぺんさま

> 実は将来のことをしっかり見据えて、子供のことを考えていたんだなぁと実感しました。

あの瑠璃と融のお父さんですから、きっとすごくハートの温かい人なんだと思います。
政治的にもあまり敵のいなさそうな雰囲気ですしね!

なるほど!

なるほど!

瑠璃パパって娘に振り回されまくりのイメージが強かったのですが、よくよく考えてみると、いくら血統がよくっても、そんな人がさすがに内大臣まで出世できないですよねぇ…。記事を読みながら、 実は将来のことをしっかり見据えて、子供のことを考えていたんだなぁと実感しました。とっても深い考察に、いかに自分は何も考えずに読んでるなあーと痛感しました(T_T)勉強になりました!!

うどんさま

> 東宮妃、話が出ても瑠璃さんほどの身分なら問題ないですもんね。

家柄「は」いい、って何度も強調されてますもんね(笑)

> 浮気しても子供思いのいいお父さん⁈なのかしら

あの時代って浮気が当たり前みたいですしねぇ。
高彬が「変人」扱いなんでしょうしね。

ラムティさん

> そして、『なんて素敵にジャパネスク』に出会って数十年、今でもこんなにいろんな方がここまで深く語り合えるなんてなんだかジーンってきちゃいました。

本当におしゃる通りです。やっぱり愛されてる作品なんですよね。

> ここで皆様に出会えたことが嬉しくて、瑞月さまのサイトに感謝です。

ありがとうございます。そんな風に行っていただけるなんて本当に嬉しいです。
ラムティさんも、ぜひこの場で色々語ってくださいね。
ジャパネスク好きの皆さまと一緒に、楽しい妄想したいです!
もうひとつの「謎」、それもずっと気になってるんですよ。
また、皆で仮説など立てたいですね!

なるほど

東宮妃、話が出ても瑠璃さんほどの身分なら問題ないですもんね。
浮気しても子供思いのいいお父さん⁈なのかしら

今日はグッスリお休みになってくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

瑞月さまや皆様の深い考察に『スゴイ』と『あぁ、そうかも』と感動してしまいました。
そして、『なんて素敵にジャパネスク』に出会って数十年、今でもこんなにいろんな方がここまで深く語り合えるなんてなんだかジーンってきちゃいました。
ここで皆様に出会えたことが嬉しくて、瑞月さまのサイトに感謝です。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

cookiemomさま

> そもそも母親が病臥してたって、当時の大貴族の家庭でそんなのなんの理由にもなりませんものね。

そうそう、そうなんですよ。今ならともかく平安時代ですからね。

> 娘可愛さもあると思いますし、右大臣(高彬父)に遠慮したのかもしれないなあ、と。
> 年回りは、きっと瑠璃の方が東宮妃にふさわしいのだろうし。
> けれど、当時瑠璃父はまだまだ若造ですよね。すでに大臣だった高彬父の不興を買うのはマイナスだと、政治家として敵対しないほうがいいっていうそういう意識も働いたのかもしれません。
> その結果、親しくなって、右大臣が高彬を連れて三条邸にやってきて、同い年の子供同士仲良くさせましょう、みたいないい関係になったのかなーなんて。

まさしく!おっしゃるとおりだと思います。
すみません、追記で書かせてもらいますね。

みそさま

> まさに融気質。(笑)

いやいや、融が父気質と言うことで(笑)顔を立ててやりましょう。

> それに右大臣は娘を東宮妃にする気満々だったし。
> 瑠璃の為と右大臣との確執回避なのかな~と

右大臣のことは思いつきませんでした!なるほど!
すみません、追記で書かせてもらいますね。

おお!

私も、なんで瑠璃だけ吉野に長期間預けられていたのかずっと不思議に思っていたんです。
そもそも母親が病臥してたって、当時の大貴族の家庭でそんなのなんの理由にもなりませんものね。

「瑠璃が何年にも渡って吉野で過ごしていたのは、東宮妃の婚約話を回避するため。」
おお!です。感服いたしました。<(_ _)>ハハー

都に居なければ具体的な話にもなりませんものね。
娘可愛さもあると思いますし、右大臣(高彬父)に遠慮したのかもしれないなあ、と。
年回りは、きっと瑠璃の方が東宮妃にふさわしいのだろうし。
けれど、当時瑠璃父はまだまだ若造ですよね。すでに大臣だった高彬父の不興を買うのはマイナスだと、政治家として敵対しないほうがいいっていうそういう意識も働いたのかもしれません。
その結果、親しくなって、右大臣が高彬を連れて三条邸にやってきて、同い年の子供同士仲良くさせましょう、みたいないい関係になったのかなーなんて。
…今、触発されてそう思いました。

すみません…

「権力欲」の間違いでした。

やっぱり瑠璃は東宮妃なんかより『右近少将藤原高彬室』がお似合いよってことで。(≧∇≦)

なるほど…。
そこまで考えた事なかったけれど、確かにと納得です。
もともと摂関家の流れを受け継ぐ家柄でしたし、瑠璃父ってそれ程、権力が強くなさそうですよね。
まさに融気質。(笑)

それに右大臣は娘を東宮妃にする気満々だったし。
瑠璃の為と右大臣との確執回避なのかな~と改めて考えちゃいました。(珍しい事です!!)
たまには真面目に考えるのも良いものですね!
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ