後記&未来予想図<2>

さて、瑠璃と高彬の未来予想図です。

最初に書いておきますが、二人の未来予想図と言うのはたくさんあると思うのです。

妄想なんて、それこそどんな風に考えても自由ですし、それが妄想の醍醐味でもあるわけですからね。

今から書くことは、あくまでも想像です。妄想とはちょっと違います。

氷室先生の作風やジャパネスクの世界観を考察した上での「想像」。

実は、2人の未来予想図については何度も雑記の中で書こうと思ったことでした。

でも今まで書かなかったのは、もしかしたら少しばかり皆さんの予想図と違うかも知れない、と思っていたからです。

一ファンの勝手な考察として読んでいただければ・・・と思います。

8巻ラストでの流れからすると、鷹男×承香殿のところと瑠璃×高彬のところに、ややが誕生する・・・と言う感じでした。

そしておそらくは鷹男のところには皇子が、瑠璃のところには女の子が産まれ、やがて小瑠璃は入内、皇子を産み、高彬はゆくゆくは摂政・関白となり位を極める。

高彬の地位は磐石、一家は安泰。

・・・と、こんな未来が予想されますし、氷室先生もそういう未来をほのめかしていたように思われます。

でも、これはあくまでも「ほのめかしの未来」であって、たとえばジャパネスクの9巻が発刊されたとして、氷室先生はこういう話を書いていなかったんじゃないかと思うのです。

氷室先生は他の作品を見てもわかる通り、親子関係、とりわけ母娘関係を書くことを故意に避けているようですよね。

「クララ白書」ではしーのは寄宿舎生活、「雑居生活」では親は海外、「少女小説家は死なない」では1人暮らし。

瑠璃も子どものころに母親を亡くした設定になっていますしね。

そんな氷室先生が、瑠璃×小瑠璃の母娘物語を書くとは思えないんです。

「ほのめかしの未来」は書かないからこその未来像であって、実際に続編を書いてたら、こういう展開にはなっていなかったのではないか・・・と思うのです。

なんて言うか、氷室先生はジャパネスクで「ほのぼのホームドラマ」を書きたかったわけじゃないと思いますし、それはジャパネスクの世界観からはずれてるよなぁ、と感じます。

ジャパネスクって人間関係や人の心の機微を深く掘り下げて書いていますが、不思議と血縁関係、とりわけ親&子の関係ってあっさりと扱われていると思いませんか?

いわゆる「他人」と固い絆を結んでいたり、「他人」のために奔走してるんです。

血の繋がりのない他者と、血をも超える濃い関係を築いていく。

そこに発生する感動や危うさこそがジャパネスクの魅力であり、世界観だと思います。

なので、我が娘のために奔走してる瑠璃ってどうにも想像が付きません。

誤解のないように書いておきますが、親が我が子のためを思っていろいろ心を尽くしてるのは素晴らしいことだし、ある意味、当たり前だと思います。

それと、父親高彬像ですが、もし娘が生まれていたとして、娘(小瑠璃)に翻弄されてる高彬と言うのも想像できません。

高彬は瑠璃に翻弄されるからイイ男なのであって、娘に翻弄されてる高彬はちっとも魅力的ではないと思います。

それに、高彬は娘に翻弄されるような人じゃないと思うんです。

由良に兄の貫禄で接していたように、娘にはかなり厳しい父親になると思います。

娘に翻弄される高彬の姿は、それはそのまま瑠璃と内大臣の関係がスライドしただけですしね。

(内大臣は、どこまでも瑠璃に都合の良いキャラに設定されていて、高彬がその役どころにはまるとは思えません)

瑠璃と高彬が、あれほどの個性と強烈な魅力を持っている中に、もしそれをしのぐほどの個性を持つ小瑠璃がいたら、お互いの魅力を相殺していってしまうと思うんです。

かといって、両親を引き立てるためだけに登場する小瑠璃・・・と言うのも、これまた意味がないと思います。

我が子思いの母親・瑠璃に、厳しくも優しい父親・高彬、そんな二人に大切に育てられた小瑠璃姫・・・。

ほのぼのとした生活ですが、この設定にジャパネスクらしさはないと思うんです。

なのでファンは、この「ほのぼのとした生活」は「ほのめかしの未来」の中で、自分で楽しむしかないのだと思います。

もし氷室先生がご存命だったとしても、先生の手によって「高彬ファミリー」が書かれることはなかったと思います。

(何かのインタビューで氷室先生は「もし瑠璃が出産したら、瑠璃は出産で亡くなってしまうと言う設定にすると思う。それで高彬はヤモメとなり・・」と話されていたことからしても、それがうかがえます。ですが本当にこのような続編を書くとは考えづらいですので、この発言は遠回しに「もうジャパネスクは書かない」という意思表示だろうと解釈しています)

長い説明になってしまいましたが、これらのことを踏まえて、自分なりの未来予想図というものがあります。

・・・それでですね。

実はこの想像を、二次小説として書いてみるか、ずっ~と考えているのです。

二次小説にするなら、やはりここにあらすじは書かないほうが良いと思いますし・・・。

ただ、内容が「原作のその後の未来」のことなので、場合によっては拒絶反応を示す方もいらっしゃると思うのです。

瑠璃がややを懐妊して出産、その子が入内する展開・・・ではありませんので。

あ、でも離縁とか死別とか、そういう展開では決してないですよ。

まだまだ頭の中にあるだけの話ですし、ジャパネスクのその後として発表できるような作品に仕上げる自信もありません。

ですので、すみませんが、もうちょっと時間をいただけますか?

小説にしない場合は、雑記の方に必ず書きますので!

ですが、妄想族のプライドにかけて(?)言いますが「ややのいる光景」は何度も思い浮かべていますよ!

ややが出来たと告げるシーン、瑠璃のお腹が大きくなってきた頃のシーン、ややを出産した時のシーン、そして初めての育児に悪戦苦闘するシーン。

なぜそれらを二次小説にしないのかと言ったら、高彬の言い草ではありませんが「もう少し新婚生活を楽しみたいから!」です。

いくら一話完結で他の話とリンクしていない短編だとしても、一度「ややのいる二人の光景」を書いてしまったら、なんだか新婚気分に戻れないような気がしてしまうんです。

夫婦二人だけの関係性の醍醐味ってあると思うんです。

自分たちの気持ちひとつだけで繋がっていると言う親密感と、ある種の緊張感。

夫婦二人だけは、子どものいる夫婦よりもドラマチックに感じられて、そんな二人をもう少し書いてみたいのです。

高彬の言う「もう少し楽しみたい」とは、ちょっと意味が違いますけどね(笑)

というわけで、当ブログでは当分の間、御ややは出てこないことをお伝えしておきます。

御ややのいる光景を楽しみにして下さっている方がいらっしゃるとしたらすみません。

なんだかすっきりしない記事ですみません。

「考察による想像」と「妄想」の違いによって、何通りもの未来像が考えられる・・・ということでご理解ください。

ですが、「想像」にしろ「妄想」にしろ、管理人の思い描く瑠璃と高彬の未来予想図は明るいものです。

絶対に二人を不幸にはさせませんよ!

心変わりとか浮気とか、ましてや離縁なんてありえませんからね!





「そうだ、そうだ!」「チューもコービも、未来永劫、二人だけのものなんだから!」と思った方はクリックを~♪
  ↓
(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

さりいさま

> ジャパネスクは帥の宮編で終わりで本当によかったと思っているクチです。(あ、アンコール的な小話なら大歓迎でしたが)

私もそう思います。(瑠璃が亡くなるとかなら、尚の事)

>氷室先生のおっしゃる「成長しない瑠璃はもっと嫌」というのに深く同意します。高彬のためにも(苦笑)

氷室先生も、いろんな葛藤があったと思うんです。
続編を書くには、また陰謀を起こして瑠璃がそこに顔をつっこまなきゃいけないわけで。

アンコール編みたいなのは、ぜひ読んでみたかったですけどね。

> 『事件が起きようもない、ほのぼの状態を考えて楽しんでいます(笑)』なーんておっしゃっていましたが、

きっと、こういう「ほのぼの」は、氷室先生が書きたいと思っていた世界観とはちょっとずれがあるんだと思います。
なので、あの状態で終わりにしたのかな、と思います。

>頭中将になった(蔵人頭を兼任する右近中将って、こう言うんですよね?違ってたらごめんなさい)高彬の話、かなぁ。

私も、この時期あたりの2人の関係性に興味がありますね。
新婚の時期は過ぎてるでしょうし、高彬は激務。
いわゆる「新婚のときめき」がなくなり、結婚生活が当たり前になったそういう中で、2人がどう向き合っているのかとか、想像することがあります。
「毎日」って、そういうことの繰り返しで、そして、そういう中にこそ本当の幸せがあるのかなぁ・・・とも思いますし。

こうして考えていくと、きっと「小説」にならないようなたんたんとした日常こそが、一番ドラマチックなんでしょうね。

考察に脱帽!

すみません、また季節外れに過去記事にコメントさせて頂きますが・・・
いつもいつも、瑞月さんの深い考察に舌を巻いています!この記事も素晴らしい!とお伝えしたくて。

氷室先生が亡くなって、ジャパネスクの続きが読めなくて悲しい、とおっしゃる方も沢山いらっしゃるようですが、私はむしろ、ジャパネスクは帥の宮編で終わりで本当によかったと思っているクチです。(あ、アンコール的な小話なら大歓迎でしたが)

そういう意味で、私は「ほのめかしの未来」を受け入れている、ということでしょうね。でも、確かにこちらの方面に話が進むと、幸せなホームドラマ以外の何物でもないので、陰謀を主軸としていた小説としては成り立たないんだろうなぁ、と思っていました。

こちらの記事で瑞月さんが触れられている「瑠璃は出産で亡くなって・・・云々」の発言は、私もネットで見かけましたが驚愕しました。もしも話を書くなら、瑠璃は産褥熱で姫を産んで亡くなる、とか・・・でも瑠璃が死ぬなんて 読者の方は嫌でしょう、というような発言を氷室先生はされていたそうで。

それを聞くと、続編書かれなくてよかった、と安堵すらしてしまいます(汗)
姫と引き換えに瑠璃がいなくなり、高彬が1人になるなんて、悲しすぎて駄目です!(号泣)

私的に一番強く思うのは、瑠璃が活躍する限り、どうしても話は宮廷を巻き込む陰謀になってしまうので、鷹男の御代が乱世になってしまうのが気がかりでした。鷹男が可哀想すぎる・・・
だって、2年の間に3つもの陰謀が!
しかも、入道編の時は違いましたが、吉野君編も、帥の宮編も、瑠璃の帳尻合わせをしたのは高彬ですしね。高彬はどうあっても、最後には帝ではなく、瑠璃を選びますから。吉野君編は評判を落とす程度(いや、これもかなり私的にはもったいないと思いますが)でしたが、帥の宮編は命を落としかねなかった訳で。
なので、氷室先生のおっしゃる「成長しない瑠璃はもっと嫌」というのに深く同意します。高彬のためにも(苦笑)

漫画版を書かれた山内先生は、ブログの中でその後の想像図として、瑠璃と高彬の子供は、一人目は姫、二人目は若君、そして守弥は2人の教育に口やかましく煙たがられていて(笑)『事件が起きようもない、ほのぼの状態を考えて楽しんでいます(笑)』なーんておっしゃっていましたが、やっぱり、そういう未来がいいな、と素朴に思っています。私の場合、妄想力もないので(笑)ほのめかし、ぐらいがちょうどいいのかも。

・・・「ほのめかしの未来」で十分・・・と言いつつ、実は、氷室先生に「アンコール」で書いて頂きたかったな〜と心底思っているのが、頭中将になった(蔵人頭を兼任する右近中将って、こう言うんですよね?違ってたらごめんなさい)高彬の話、かなぁ。勿論、高彬の一人称で。どんな仕事をしてるのか、もうおややはいるのか、そういう日常が知りたい(笑)でも、先生はお書きにならなかったので、自力で考える(?!)しかないですね(笑)

ちなみに、瑞月さんがおっしゃるように、高彬は子供には厳しい父親になるでしょうね。そうそう、高彬が翻弄されるのは、あくまで瑠璃1人。
でも、やっぱり2人には、おややは、まだ先でいいんじゃないかなー?新婚生活をもっと楽しんで欲しいです(笑)高彬のためにも(笑)

でも・・・最後に軽く脱線しますが、もし瑠璃が身籠ったら、大皇の宮や承香殿女御が色々アドバイスしてくれればいいな〜瑠璃のためにも・・・とぼんやり考えてしまいます。だって、瑠璃母や聡子姫は子供産んだ経験ないし、小萩も今の所独身、藤宮様も子供はいないし・・・でも、妊婦なのに後宮に遊びに行くって行ったら、絶対高彬許してくれないかな(笑)

そうだそうだ!

ジャパネスクの原作の続きと「ほのめかしの未来」は違う…鋭い!そして確かに、氷室先生の作品は、母娘関係を故意に避けているという事が瑞月さまの指摘でピンと来ました。深い!そうなんです。もちろん、瑠璃と高彬には「ほのめかしの未来」のような人生が待っているに違いないのですが、それを物語で描いて面白いか?と言われると、なんか違う。その理由が、瑠璃の魅力、つまり、血縁地縁で九割型人生の決まる平安朝で(いえ、いつの時代も大なり小なりそうなのかも)縁もゆかりもない他人のために心を動かされ、奔走してしまう瑠璃の一途さがジャパネスクのドキドキ感を構築していたということなんですね。だから、もう先生はジャパネスクを延々と描くのはもう卒業すると思ったのかも。でも、もしお元気でいらしたら、様々な登場人物による「アンコール!」は楽しみだったかも!原作の本筋に踏み込まないところでも、きっと皆さんいろいろしているはず…。私たちは、先生の世界を大事に、このいろいろを楽しんでいきたいですね(^^)そして、瑠璃と高彬にはまだまだふたりの甘々ラブラブな日々をたっぷりと堪能して欲しいです。

夕湖さま


> 瑞月さんの手に成る「瑠璃姫の懐妊を知る高彬」・・・。やっぱり・・・平安バージョンで・・・いつかは、できれば、拝読したいものでございます。

瑠璃の懐妊を知る高彬の平安バージョン。

実はこのシーン、この記事の末尾に「もし二人の御ややのシーンを楽しみにしていらした方がいたら、その方のために」として、書いたんですよ(笑)
小説というほどではなく、あくまでワンシーンと言う感じで。
でも、中途半端に書かないほうがいいかな?と削除したんです。
ご希望があったら、また書いてみますね!





> ・・・あ、はい、分かっております。皆までおっしゃらないでください(笑)

霧氷さま

> 確かに、現代編だったらよりスムーズに親になった2人を想像できるかも!

現代編は二次の二次・・・なので、妄想の広がり方が半端じゃないんです!

> いつか読んでみたいです☆
> でも、まだまだしばらくは、2人だけの世界を楽しませて頂きたいです☆

はい。いい妄想が浮かんできたら書いてみたいと思いますので、その時は読んでくださいね♪

No title

あれからつらつら考えるに(←ホカに考えることはないのか)、4巻以降の「もし、瑠璃姫がおややを産んだら」の連呼で刷り込まれ、5巻のあとがきで挑発(?)され、最終巻の「子供ができるっていいことね」のラストで気を持たされ・・・で、やっぱり瑠璃姫ご懐妊までは描かれていたのかな~という気はしますね。

瑞月さんの手に成る「瑠璃姫の懐妊を知る高彬」・・・。やっぱり・・・平安バージョンで・・・いつかは、できれば、拝読したいものでございます。
・・・あ、はい、分かっております。皆までおっしゃらないでください(笑)

いいですね!

確かに、現代編だったらよりスムーズに親になった2人を想像できるかも!
いつか読んでみたいです☆
でも、まだまだしばらくは、2人だけの世界を楽しませて頂きたいです☆

アルシュさま

アルシュさん、こんにちは!

> ただ、アンコールだけは予告されていらしたので、それだけは期待していたのですけれど(汗)

本当にそうですよね。
私もすごく楽しみにしていたので・・・。
どんなアンコールを書かれていたのでしょうね。

> 私がかつて書いた次世代編は、すっごく単純に小瑠璃が入内して。。。という話になってしまいましたが(大汗)

とても楽しく読ませていただきましたよ~。
小瑠璃が入内・・と言う話は、すごく楽しそうだ!と思いますもの。

> あと、こちらのコメントに続けて書くのは申し訳ないのですが、「悲恋炎上、そしてここから」を読みました。

ありがとうございます!

アドレスの件もご連絡ありがとうございます。
さっそく変更しました。

また競作大会ではお世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。

霧氷さま

> ただ、私にはうまく想像できない「親になった高彬&瑠璃」の未来を、瑞月さまがどのように書かれるのかにはとても興味があるので、もし書かれた時は楽しみに読ませて頂きたいです☆

まぁ、そうですか!
現代編でなら「親になった高彬&瑠璃」も可能だと思うんですが・・・
現代編で・・・どうですか?

かいちゃんさま

> もっと甘甘な物語期待してまーす(〃∇〃)

甘甘、一丁、注文はいりましたぁ~(笑)

というわけで、かいちゃんさんが「もう勘弁して」と言いたくなるほどの甘い作品を書けるように精進したします!

うどんさま

> 現代編も何度読んでもあきませんし、瑞月さまがかかれる作品といったらいいのか、世界といったらいいのか、好きです!

現代編、気に入ってもらえて嬉しいです。私も好きなシリーズです。
また更新したら、読んでくださいね!

夕湖さま

> 原作を読み返すたびに、やっぱり氷室先生は一族繁栄、大団円を匂わす程度で筆を置くおつもりだった気がします。

だと思います。ほのめかしてこその一族繁栄、でしょうね。
でも、ご存命だったら番外編は書かれていたかもしれませんね。やはり残念です。

> 紫式部も、光源氏と紫の上の間に子は作らせなかったわけですし

紫式部がどういう思いでそうしたかはわかりませんが、やはり「男と女」を書くにはその方が良かったということなのかもしれませんね。

茜紫さま

> 私もまだまだ新婚生活を楽しみたいので、二人の物語を楽しみにしてます(*^^*)

はい、ありがとうございます!
書いてみたいシーンがいろいろあるので、更新したらまた読んでくださいね♪

みそさま

> でも嫉妬やケンカはあってもいいかな~と。恋愛にスパイスや独占欲は必須ですもの。

具体的に「誰が誰に嫉妬」して欲しいですか?(笑)
この間、高彬は5歳の童に嫉妬してましたけど(笑)

> 私は瑞月さんの描かれるジャパネスクの世界観を素敵だと思っているので、どんなお話でもどんどん描いて頂けると嬉しいです!

ありがとうございます!

深いです

瑞月さん、こんにちは~v
ご無沙汰しております。

瑞月さんの未来予想図を読んで、さすが瑞月さん、深いな~としみじみ思いました。
氷室先生の心の奥まで読み取っていらして、すごいとしか言いようがありません。

先生の後書きから、瑠璃をこのまま書くのは瑠璃が成長していないということになるから。。。と書いていらして、かといって小瑠璃の話も宮廷のドロドロを書かないといけない。。。とのことでしたから、恐らくやはりあれで終わりだったのだろうとは思ってました。
ただ、アンコールだけは予告されていらしたので、それだけは期待していたのですけれど(汗)

私がかつて書いた次世代編は、すっごく単純に小瑠璃が入内して。。。という話になってしまいましたが(大汗)、瑞月さんのはきっともっと深くて、ドキドキワクワクするようなストーリーになると思いますv
いつか瑞月さんの未来予想図を読めたら、とってもうれしいですv

あと、こちらのコメントに続けて書くのは申し訳ないのですが、「悲恋炎上、そしてここから」を読みました。
鷹男の苦悩、そしてそれを知った上で事情を話した高彬の苦悩、それぞれが見事に重なり合い、そしてお互いの心の傷も癒したのだろうなあと、しみじみ思いました。
鷹男も妻と子を失った大きな苦悩があるのは当然でしたが、高彬も敬愛する鷹男に真実を黙ったままという苦悩も大きかったようでしたし。

妻と叔父に裏切られたということよりも、妻と子を突然失い、救えなかったという苦しさの方が大きかったでしょうから、真実を知った鷹男はきっとその大きな傷から解放されたのだと思います。

いつもながら、素晴らしい作品を拝読させていただいて、ありがとうございますv

あと、これはお願いなのですが、「らぶらぶ万歳サークル」のアドレスが少し変わってしまったので、リンク先のご変更をお願いいたします。
後ろの「japa/」を外していただいて、正しくはhttp://japalove.mints.ne.jp/ になりました。
お手数おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

No title

私も昔から、父親・高彬はある程度想像ができたのですが、母親・瑠璃というのがなかなか想像できなくて・・・
確かに、高彬は父親になったら威厳をもって厳しくなる気がします。
子供が産まれて・・・という家庭的な幸せも勿論よいのですが、まだまだ、もっともっと「新婚生活を楽しみたい!!」です!!(実際あの2人、ほとんど楽しめてないですもんね・・・)

ただ、私にはうまく想像できない「親になった高彬&瑠璃」の未来を、瑞月さまがどのように書かれるのかにはとても興味があるので、もし書かれた時は楽しみに読ませて頂きたいです☆

No title

私も甘甘な二人をもっとみたいので、いいと思います(*^^*)小瑠璃に振り回される高彬もかわいいけど、やっぱり瑠璃さんに振り回される高彬の方がしっくりくるので(笑)もっと甘甘な物語期待してまーす(〃∇〃)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

瑞月さまの深いお考え、文章力の無い私は、すごい!としか表現できませんが、すごいです!
現代編も何度読んでもあきませんし、瑞月さまがかかれる作品といったらいいのか、世界といったらいいのか、好きです!
楽しみです。

実は何年も前、身の程知らずにも、某所に「高彬と瑠璃の死別」シーンとゆー場を盛り下げまくりの妄想の結晶をぶっこんで…いや、投稿させていただいたことがあり、娘と息子一人ずつもうけた設定にしてました。
でも、二人の子供の顔を見たかった一方、確かにドメスティックな二人は何か違うな、という思いはありましたね。
原作を読み返すたびに、やっぱり氷室先生は一族繁栄、大団円を匂わす程度で筆を置くおつもりだった気がします。
紫式部も、光源氏と紫の上の間に子は作らせなかったわけですし(まあ、もちろん「源氏物語」と「ジャパネスク」は違いますが)、うん、何か分かります。
正直フクザツな心境ですが、まあとにかく、瑠璃&高彬のラブラブはとこしえに!エンドレスに!ってことで。
今後も堪能させていただきます。

そうだ、そうだ!

ほのめかしの未来とジャパネスクとしての未来が違うだなんて考えたこともなくて、目からウロコです。
でも言われてみればそうなんですよね…。
氷室先生の作風についても色々知ることができて興味深いです。

私もまだまだ新婚生活を楽しみたいので、二人の物語を楽しみにしてます(*^^*)

そうだそうだ!

当然、瑠璃と高彬には『心変わりとか浮気とか、ましてや離縁なんて』無縁!です。もちろん邪魔者も、です。
でも嫉妬やケンカはあってもいいかな~と。恋愛にスパイスや独占欲は必須ですもの。

私は瑞月さんの描かれるジャパネスクの世界観を素敵だと思っているので、どんなお話でもどんどん描いて頂けると嬉しいです!
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ