Can't Help Falling in Love!5

『なんて素敵にジャパネスク~二次小説*現代編』




           注)このお話は現代編・瑠璃バージョンです。
             時は現代、二人は大学生!
             「妄想もここに極まれり」のスペシャル・バージョンです。
             どんな妄想もウェルカム!な方は、スクロールしてどうぞご覧ください。  
             




          ***********************************************








Can't Help Falling in Love!5








「ま、今にして思えば杞憂だったけどね。何しろ『コービ』を知らなかったんだから」

からかうように横目で見られて、思いっきり足を踏んづける。

「いってぇ・・・」

顔をしかめた高彬に「べぇー」と舌を出してやった。

「知ってるわよ。コービくらい」

「ぼくが教えたんじゃないか」

「教えたって何よ。やらしいわね」

「や、やらしいって何だよ。口頭で教えたってことだよ」

「あ、あ、当たり前じゃない!あんた、何、想像して・・・」

かぁっと顔が熱くなったところで、高彬と目が合った。

「・・・・・」

「・・・・・」

至近距離で視線が絡み合う。

しばしの沈黙のあと、高彬はコメカミあたりを押さえながら目を閉じ低くうめいた。

「瑠璃さん、最初に謝っておく。想像・・・してしまいそうだ」

バシン!

あたしが高彬の肩を叩く音が、午前中の陽光あふれるキッチンに響き渡った。






*********************************************







「瑠璃、こっち~」

声のする方を振り向くと、亜実が片手をあげて合図している。

買ったばかりのアイスティー・ラテを持って、うまくテーブルをよけつつ亜実の向かいに座った。

「おまたせ。待った?」

「今来たとこ。・・・と言いたいところだけど20分も待ったわよ」

「ごめん」

手を合わせて謝ると

「いいわよ。自分の実力も再確認できたし」

亜実はふふん、と笑ってみせた。






*** to be continued ***






(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

霧氷さま

> 強気なのか相変わらずのウブなのか分からない所が、すっごく可愛いです

ほんと、どっちなんでしょうね?
強気すぎてもウブ過ぎても高彬じゃない!と思ってしまいます。

高彬、そこでどもっちゃうの!?(笑)
強気なのか相変わらずのウブなのか分からない所が、すっごく可愛いです

そして彼女が出て来たってことは、お話が動くのでしょうか?…
楽しみです

ヨッシーさま

> 想像しちゃう高彬、やっぱ男の子だもんね♪ 可愛いO(≧∇≦)O

どんな想像したんでしょーね(笑)高彬のエッチ!

No title

二人のやり取りにキャーキャーしちゃいました。想像しちゃう高彬、やっぱ男の子だもんね♪ 可愛いO(≧∇≦)O
甘い展開に期待してます。亜実さんの実力って、何だろう?
気になってます。
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ