**現代編***  You Can't Hurry Love !22 ***

『なんて素敵にジャパネスク~二次小説*現代編』




           注)このお話は現代編です。
             時は現代、二人は大学生!
             「妄想もここに極まれり」のスペシャル・バージョンです。
             どんな妄想もウェルカム!な方は、スクロールしてどうぞご覧ください。  
             




          ***********************************************








You Can't Hurry Love !22








「あんなのって・・・おかしいわよ」

リビングに入ったところで、瑠璃さんが呟いた。

「・・・・・」

「クラス会、みんなが楽しんでたのに、あんな風に怒鳴るなんて」

瑠璃さんの言葉には何も答えずに、冷蔵庫を開けてミネラルウォーターを飲む。

「ねぇ、高彬。聞いてるの?あんなのおかしいわよ」

「おかしい?おかしくないだろ。人の奥さんに手を出されて、黙ってる男がいたら、そっちの方がおかしいと思うけどね」

「手を出されてって・・・そんな大げさな」

「大げさじゃないだろう。第一、瑠璃さんも瑠璃さんだ。今日の瑠璃さんは・・・少し軽薄だった」

頭をなでられて頬を赤らめている瑠璃さんの顔がちらちらと浮かんでくる。

「・・・軽薄って・・・何よ。失礼なこと、言わないで」

瑠璃さんの声がぐんと一段、低くなった。

そこで止めておけば良かったのに、止まらなかった。

「瑠璃さんは最近、少し、浮ついているようにぼくには見えるけどね。ケンを平気で家に呼ぼうとしたり、代田を名前で呼んだり。夫として、そういう妻を見ているのは心配だね」

「・・・・・」

口を一文字に結び、瑠璃さんが怒っているのは明らかなのに、ぼくを言うのを止めなかった。

「今日だってそうだろう。代田に向かってチャラチャラした態度で・・・」

「チャラチャラなんてしてないわよ!」

怒りのためか、顔を赤くした瑠璃さんが大きな声をあげた。

「失礼なこと言わないで!誰がいつ、チャラチャラ・・・」

「夫たるぼくのキスは拒むくせして、他のオトコに肩を抱かれて嬉しそうにしてたじゃないか!そういうのをチャラチャラって言うんじゃないのか!」

瑠璃さんの言葉を遮り、怒鳴り返す。

・・・しまった。言い過ぎた・・・!

すぐにそう思ったけど、かと言って、一度、口から出てしまった言葉を回収することは不可能で、ぼくはムッと黙り込んだ。

瑠璃さんは目を大きく見開いて、少し唇を噛み、ぼくを睨んでいたかと思うと、ずんずんとぼくに近づいてきた。

どうせ平手打ちでもされるんだろう・・・と、甘んじて受けるつもりで立っていると、瑠璃さんはどんと身体ごとぶつかり、思う間もなく唇が触れた。

触れたなんてもんじゃない。

歯がガツンとぶつかり、気が付いたら、瑠璃さんが目の前で真っ赤な顔をして立っていた。

「る、瑠璃さん・・・・」

状況が把握できずに呟くと

「お望み通り、キスしたわよ!これで満足なんでしょ?!」

そう怒鳴ると、瑠璃さんの目から大粒の涙がぼろぼろと流れた。

「キスしたら高彬はあたしを信用してくれるんでしょ?それともキスだけじゃだめ?それ以上のこともしなきゃ信じてくれないって言うんなら、好きにしなさいよ!」

流れる涙をぬぐおうともせずに、瑠璃さんは一気にまくしたてた。





*** to be continued ***


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ヨッシーさま

> 早く仲直りして欲しいな\(^.^)/

ふふふ~。大丈夫、2人の仲は永遠です!

みそさま

> ギスギスしちゃってますね。

そうなんですよ~。
キスキスしなきゃいけないはずなのに、ギスギス・・・(笑)
もちろんハッピーエンドですのでお楽しみに♪

ももさま

> 瑠璃ちゃん、そうきたか!!

自分からキス?瑠璃ならやりかねん!(by内大臣)

みみたびさま

> 瑠璃怒っちゃいましたね。

瑠璃ですからねぇ(笑)いや、瑠璃でなくても怒るかな?

瑠璃さんからだとは。高彬からだと思ってました。高彬は、どうするんだろう? 早く仲直りして欲しいな\(^.^)/

ギスギスしちゃってますね。
話の先がめちゃくちゃ気になります。
しかし高彬は瑠璃のスペシャリスト。
きっと上手いことやってくれるでしょう。

No title

瑠璃ちゃん、そうきたか!!
どうなっちゃうんでしょう?ドキドキ。。。。

No title

おりょりょ~。瑠璃怒っちゃいましたね。まだ若いからねえ・・・・お互い表現が不器用なんでしょう。でも仲直りももうすぐですかしらん。
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
なんて素敵にサイト様 (ジャパネスク)
なんて素敵にサイト様(他ジャンル)
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ