**現代編***  You Can't Hurry Love !21 ***

『なんて素敵にジャパネスク~二次小説*現代編』




           注)このお話は現代編です。
             時は現代、二人は大学生!
             「妄想もここに極まれり」のスペシャル・バージョンです。
             どんな妄想もウェルカム!な方は、スクロールしてどうぞご覧ください。  
             




          ***********************************************








You Can't Hurry Love !21








そのまま瑠璃さんの席に向かい、肩に回っている代田の腕に手をかけた。

驚いて振り向いた代田は、ぼくの顔を認めるとニヤッと笑った。

「何、怖い顔してるんだよ。藤原」

「手、離せよ」

「やだって言ったら?」

「・・・表に出ろと言うしかないだろうな」

「高彬!」

なじるような瑠璃さんの声を無視して、代田を睨みつける。

「望むところだ・・と言いたいところだけど、剣の達人に挑戦するほど、俺は馬鹿じゃないからな」

代田は回していた腕を外し、それでも

「おまえ、少し心がせまいんじゃないのか。別におまえの奥さんを取って喰おうってわけじゃないんだし、久し振りのクラス会なんだから、多少のスキンシップくらい多めに見ろよ」

不敵に笑ってみせた。

いつの間にか、皆、黙り込み、ぼくたちの方を注目しているようだった。

「あいにく、ぼくはおまえみたいに心が広くないんでね。クラス会にスキンシップが必要とは思えない」

「固いこと言うなよ。瑠璃ちゃんも息苦しいんじゃないのか」

「・・・おまえに関係ないだろ」

瑠璃さんも息苦しいんじゃないのか、の言葉に、一瞬、言葉が詰まり、それでも精一杯の虚勢を張って答えると

「藤原、頑張れ!」

「代田くん、頑張って!瑠璃を奪っちゃえ!」

と、回りが面白がって野次を飛ばし始めた。

「瑠璃ちゃんを奪って欲しいって声もあるみたいだぜ」

そういうと代田は立ち上がって、回りに向かい

「俺が瑠璃ちゃんを奪う、に千円賭けるやついるかー」

と面白そうに声をかけた。

「はーい」「はーい」といくつもの手があがり、皆の笑い声がどっと上がった。

「黙れ!」

皆を大声で怒鳴りつけ、代田に向かい

「冗談はいい加減にしろよ。それ以上、言ったら表に引きずり出すぞ」

低い声で言ってやると、代田はイスに座り直しながら

「相変わらず冗談の通じないやつだな、おまえは」

そういって、お手上げだ、とでも言うように手を振った。

店内には何とも微妙な空気が流れ、そこを救ったのは名関だった。

「さ、皆。余興は終わりよ。乾杯し直しましょ」

その声に皆、今の出来事なんか忘れたように話の輪が出来始めた。

さすがに瑠璃さんは、まだ戸惑っているようで、このまま話の輪に入るべきか悩んでいるようだった。

「帰ろう、瑠璃さん」

声をかけると、瑠璃さんは

「え、でも・・・まだ・・」

ちらちらとクラスメートの方を見る瑠璃さんの横では、代田がコトの成り行きを楽しそうに見ている。

「帰ろう」

「・・・・」

困惑したような顔の瑠璃さんと、代田のニヤニヤした顔が目に入る。

「帰るぞ。瑠璃」

いつまでも席を立たない瑠璃さんに強く言い、歩き出すと

「・・・もう!高彬ったら・・!待ってよ」

ぶつぶつと言いながらも瑠璃さんは後を付いてきた。

皆に「ごめんね。またね」と言っている瑠璃さんの声を背中に聞きながら、さっさと歩く。

駐車場に向かい、車を出す。

黙って運転するぼくの隣で、瑠璃さんもずっと黙ったままだった。





*** to be continued ***



(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

maiさま

> 平安時代はなかなか言えない「瑠璃」の呼び捨てが…!

そうです!「るるる・・」と、つかえて言えなかった(笑)呼び捨てですよ~。

No title

平安時代はなかなか言えない「瑠璃」の呼び捨てが…!怒り心頭なんでしょうね。でもやっぱりかっこいい!どうしても高彬びいきです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ももさま

いよいよ完結に向かいますよ~!

ヨッシーさま

ヨッシーさんにかっこ良いと思ってもらえて良かったです~♪

No title

帰るぞ。瑠璃>

きゃ~、しびれました☆^^

高彬かっこ良かったです(*≧∀≦*)表に出ろって言う所に男を感じました。瑠璃さんを呼び捨てにするなんてとニヤニヤしちゃいました( ̄∇ ̄*)ゞ 薫君に負けないでね ファイト\(^o^)/

みそさま

> 嫉妬心を剥き出しにする高彬って新鮮で良いですね♪

そうそう♪こういう高彬も良いですよねぇ。
本人もストレスフリー!(のはず)

嫉妬心を剥き出しにする高彬って新鮮で良いですね♪
「帰るぞ。瑠璃」
なんて強気な発言にときめきます。
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ