**現代編***  You Can't Hurry Love !18 ***

『なんて素敵にジャパネスク~二次小説*現代編』




           注)このお話は現代編です。
             時は現代、二人は大学生!
             「妄想もここに極まれり」のスペシャル・バージョンです。
             どんな妄想もウェルカム!な方は、スクロールしてどうぞご覧ください。  
             




          ***********************************************








You Can't Hurry Love !18







急いでメールを読んでみる。

やはり思っていた通り名関からで


----------------------------------------

date : 5/21 18:17
from :名関
title :クラス会 

  クラス会、今週の日曜になったわよ。
  瑠璃のクラスと合同で。
  これなら藤原くんも出席せざるを得ないでしょ?
  というわけで上記の案件、よろしく。
  
  以上        


------------------------------------------



上記の案件って・・・。

あいつはサラリーマンか。

用件のみ、絵文字もなにもないメールは、いかにも名関らしいけど。

「クラス会、高彬も行くでしょ?」

「あぁ・・・そうだね。それはいいけど、代田と駅前で会ったって?どこの」

「そこのよ」

瑠璃さんは駅の方をさして見せた。

「なんで代田がうちの最寄り駅なんかにいるんだよ。あいつが使うような駅じゃないだろ」

「さぁ・・?たまたまじゃない?」

たまたま、うちの最寄り駅に降り立ったら、たまたま瑠璃さんに会ったっていうのか。

さては、あいつ待ち伏せしたな。

「で、代田は何だって」

「だからクラス会、おいでって」

「他には?何、話したの」

「何って・・・他愛ないことよ。結婚生活はどう?とか。高彬は優しい?とか・・。もしかしたらすぐにママになっちゃうんじゃないの?とか」

それ、他愛なくないだろ!

思いっきり、結婚生活を探られてるじゃないか。

「瑠璃さんはなんて答えたの。まさか、正直にいろんなこと話したの?」

「いろんなことって?」

「つまり、その・・・ぼくたちがまだ寝室を分けてる・・・とか、そういうこと」

さすがに言いづらくてつかえつかえ言うと

「まさか。言わないわよ、そんなこと。恥ずかしい」

うっすらと顔を赤らめた。

瑠璃さんの答えにとりあえず安堵する。

なんか、代田に知られたら・・・悔しいしな。

ママになるのか、なんて聞くってことは、当然、ぼくと瑠璃さんは身体の関係を持っていると思ってそうだし(まぁ、普通に考えたらそう思うだろうけど)、そう思ってもらっていたほうがぼくとしても都合がいいし。

「適当に答えておいたわよ。そもそも、そういうプライベートなことって公表することじゃないし。薫くんも、ちょっとずけずけと聞きすぎなのよ」

瑠璃さんは難しい顔をして、ひとり頷いている。

そうだよな、瑠璃さんは少し変わったところもあるけど、こと、こういうことに関しては堅気というか古風というか、しっかりしてるんだよな。

瑠璃さんと代田のこと、ぼくもちょっと気にしすぎかな・・・

と、内心、思っていたら、ふいに瑠璃さんの顔がほころんで「ふふふ・・」と忍び笑いをもらした。

「なんだい、急に笑って」

気になって聞いてみると

「薫くんったらね『藤原にすっかり先を越されてしまった。今からでも立候補しようかな』なんて言うのよ」

「・・・・何だよ、それ・・」

そこ、笑うところじゃないだろ。

「瑠璃さんはなんて答えたの」

「答えるも何も・・・笑っちゃったわよ」

「どうして。そういうことは、きちんと断らなければだめじゃないか」

「何よ。そんな怖い顔して・・・」

声色の変わったぼくの異変に気付いて、訝しげに眉根を寄せた。

「オトコが期待を持つような、そういう態度は良くないよ」

「期待を持つって・・・・薫くんだって冗談で言ったに決まってるじゃない。それを真面目に答えるなんて、そっちのほうがおかしいわよ」

「そうかな、ぼくはおかしいと思わないけど」

何かを言いかけた瑠璃さんは、小さく息を吐き

「まぁ、そういうのは色々な価値観があるのかも知れないけど」

目をそらして小さな声で言った。

機嫌を損ねているのが、ありありとわかる横顔だった。





*** to be continued ***





(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ももさま

> でも瑠璃ちゃんも天然だから心配ですよね~^^

嫉妬してる方だって、結構つらいと思うんですよね~。

みみたびさま

ラストまでノンストップでお届けする(予定)ですので、二人を見届けてやってくださいね~♪

No title

あっちにも、こっちに嫉妬しまくって、いかにも高彬らしいです(笑)
でも瑠璃ちゃんも天然だから心配ですよね~^^

No title

さてさて、現代でのこの二人、どうなっていくのでしょうか。高彬頑張れ!
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
なんて素敵にサイト様 (ジャパネスク)
なんて素敵にサイト様(他ジャンル)
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ