**現代編***  You Can't Hurry Love !5 ***

『なんて素敵にジャパネスク~二次小説*現代編』




           注)このお話は現代編です。
             時は現代、二人は大学生!
             「妄想もここに極まれり」のスペシャル・バージョンです。
             どんな妄想もウェルカム!な方は、スクロールしてどうぞご覧ください。  
             




          ***********************************************








You Can't Hurry Love !5






「ねぇ、高彬。夕飯は何にする?」

と聞いてきた。

「夕飯かぁ・・」

「うん、何食べたい?」

瑠璃さんが食べたい!

・・・なんて言えれば良いんだけどなぁ。

今、言ったらシャレにならないしな。

「そうだなぁ。・・・瑠璃さんは?何食べたい?」

聞き返すと

「あたし?そうねぇ・・・」

少し考え込んだかと思ったら、瑠璃さんの目がくるりと回った。

「普通のパスタ!」

元気よく言った瑠璃さんと目が合い、二人同時に笑い出す。

笑ったのには理由がある。

今日の昼、パスタを食べようということになり、二人で作ったのだけど、なんと言うか大失敗だったのだ。

「パスタなんて茹でてソースをからめるだけ」

と二人して甘く見ていたバチが当たったのか、その茹で時間を間違えてしまい、麺がドロドロというかぐちゃぐちゃになってしまったのだ。

どこでどう間違えたのか、二人で作業のすり合わせをしてみたら、瑠璃さんが「8分」と言った茹で時間を、ぼくが聞き間違えて、タイマーを28分にセットしてしまったことが原因だと判明した。

タイマーをセットしたことに安心して、その間、瑠璃さんはテラスで植物の水やりをしていたし、ぼくはぼくでバイクのカタログを見ていた。

ピピピッとタイマーが鳴って二人同時にキッチンに行くと、鍋の中には得体のしれない物体が浮いていた。

「これ・・・パスタ・・・よね?」

「あ、あぁ・・・」

顔を見合わせ、とりあえず大皿に盛った。

天気が良いのでテラスで食べようと話してあったので、そのままテーブルに運び、向かい合って座る。

「どう・・・?」

口に運んだ瑠璃さんに恐る恐る聞いてみると

「斬新なパスタね」

真面目な顔で瑠璃さんが答え、ぼくにもすすめて来たので、ぼくも食べてみた。

「どう?」

同じように聞かれたので

「うん、斬新だ」

とぼくも真面目に答え、二人して「斬新だ」「斬新ね」と言い合いながら、黙々と食べ続けた。

すべて平らげたところで、ぼくが思わず

「パスタはやっぱり普通がいいな」

と呟いてしまい、と思ったら、瑠璃さんがはじけるように笑いだした。

「あたしもそう思う!」

笑いながらそう叫び、お腹を抱えて笑うので、ぼくもたまらず笑いだし

「そうだよな!パスタは普通が一番だよ!」

「そう!普通が一番!誰もパスタに斬新さなんか、求めちゃいないわよ!」

と口々に言いながら、長いこと二人で笑い続けていたのだ。

ようやく笑いが収まった時、笑いすぎて目じりにたまった涙をぬぐいながら瑠璃さんが

「こういうの食べてみると、ほんと、志乃さんには感謝よねぇ」

と言い、ぼくも大きく頷いた。

志乃さんというのは、今、ぼくらの面倒を見てくれている通いの家政婦で、瑠璃さんが生まれたときにはすでに瑠璃さんちにいたというベテランで、多分、60歳は過ぎているんじゃないだろうか。

志乃さんの作る料理はどれもおいしく、自分で作ってその大変さがわかれば、さらに感謝の気持ちがわいてくるというものだ。

こういう想像力と言うか思考回路は、瑠璃さんの良いところだよなぁ、と思う。

名関にはベタ甘なんて言われたけど、瑠璃さんのこと、ぼくは案外、冷静に見てるんだけどな。

ちらりと瑠璃さんを見ると、「斬新なパスタ」を思い出しているのか、笑いを含んだ横顔をしている。

風になびく髪の隙間からちらりとのぞく首筋と、そこから続く鎖骨のライン・・・

ほんと、夕飯と言わず、朝食もランチも、瑠璃さんが食べられたらなぁ・・・。

そんな不埒な思いが頭をかすめると、視線に気付いた瑠璃さんが「何?」と言う顔で覗き込んできた。






*** to be continued ***



土日は更新、お休みするかも知れません。

書けたらアップします!


(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

かいちゃんさま

> ププッ♪高彬は現代版でも初夜お預けなのね(笑)

初夜どころかチューもお預けですよ!

>早く高彬の願いが叶うように祈ってます♪

応援してあげてくださいね。

みみたびさま

> でも高彬はじつは・・・なんですね。若いってすばらしい(笑)

あはは。そうなんです。
ほのぼのしてるのは瑠璃だけで、実は下心いっぱいの高彬・・・(笑)

No title

ププッ♪高彬は現代版でも初夜お預けなのね(笑)いじられキャラ可愛いですね(笑)早く高彬の願いが叶うように祈って
ます♪

ほのぼの?

ほのぼのしたふたりの風景。でも高彬はじつは・・・なんですね。若いってすばらしい(笑)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ