近況&中傷行為についての心境など

瑞月です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

先日、サークルに投稿した作品をお読みいただきありがとうございました。

久しぶりの創作はとても楽しかったです。

私事となりますが、最近の近況や心境などを少し書こうと思います。

更新をお休みしていた半年の間で、お仕事を始めました。

近所のベーカリーカフェです。

少しずつ勤務時間が増えて行き、今は週4、一回6時間です。

バイトの子は私以外はほぼ20代、殆どが大学生で、一人20代半ばの新婚主婦と、27歳のフリーターの男の子。

今までは話をすると言ったら、同年代かうんと若くて小・中学生でしたので、20代の子と話す機会が出来てとても楽しいです。

話しながら

(おぉ、これは自分が書いてる現代編や社会人編の瑠璃と高彬の年代じゃないか!)

と密かに思ったりしています。

そして更に、今まで自分は

(もうすっかり瑠璃母の年代だなぁ)

と思っていたのですが、リアルな20代の子と接すると

(これはもう完璧に私は「大皇の宮」ポジションだな)

と思いました。いや、絵式部かも。

後は、上野動物園のシャンシャンが可愛過ぎて、年間パスポートを購入しました。

元々、パンダは子どもの頃から好きだったのですが、シャンシャンで更にボルテージが上がりました。

抽選にはことごとく外れてしまったのですが、2月からの一般公開で見てきました。

まだ2回しか行けていませんが、せめて月一くらいは見に行きたいと思っています。

中傷コメントを受けていたことに関しては、たくさんの励ましの言葉をありがとうございました。

今の率直な気持ちを一言で言うと「無関心」と言うのが一番ぴったりくるかもしれません。

もちろん忘れたわけではありません。

でも、今は心の底から「何を言ったって通じる相手じゃないんだ」と思っています。

同じジャパネスクファン、高彬ファンとして、ずっと一抹の期待を持っていました。

いつかは判って反省して、それなりの対応をしてくれるんじゃないか、と。

でも、そう言う相手ではなかったということが判明し、それが徐々に私の中で「無関心」と言う形になりました。

人を傷つけ、嘘に嘘を重ね、そんなことまでして書く二次創作に何の意味があるのか、そこまでして続けるブログにどんな未来が待っているのか。

悪事は必ず自分に戻ってくると言うのに、そんな生き方をしていて本当にいいのか…

ずっとグルグルと思っていた思いですが、でも、それは私が考えることではないと気付きました。

私の人生じゃない。彼女の人生ですから。

私は、自分がそう言う人間じゃなくて良かった。心からそう思います。

同じように中傷コメントを送りつけてやろうか。

正直に言えば、そう言う思いが頭を掠めたことはありますが、私はやりませんでした。踏みとどまりました。

踏みとどまれる人間で良かったと思います。

「無関心」となったことにより、本当に気持ちが楽になりました。

こんな心境になれたのも、応援して下さった皆さんのお蔭です。

言葉では言い表せないほどの感謝の思いでいっぱいです。

ずっと胸の奥にあった固い石の重しがなくなりました。

でも、最初にも書きましたが、決して忘れたわけではありません。

今まで夫には中傷コメントのことを話していたのですが、今回、子どもたちにも話しました。

中学3年の双子の子どもたちは、どっぷりネットの世界になじんでいます。

ツイッターもラインも、ブログの閲覧もしています。

被害者にも、もちろん加害者にもならないために「お母さんが実際に体験した中傷コメントの被害」として、書き込みもIPアドレスも全てを見せました。

書き込めば必ず足跡が残ること、管理者が削除しない限り一生残ること。

書き込まれた人間がどれだけ苦しむか。

中傷コメントの文言を読み、娘は私のために泣いてくれました。息子も憤ってくれました。

私の住む地域の行政では「インターネットトラブル相談窓口」や無料で弁護士に相談に乗ってもらえるシステムがあります。

中傷コメントを書き込むと言う悪事に時効があるかどうかわかりませんが、後学のために今度、プリントアウトしたコメントを持って話を聞いてもらってこようかと思います。

どの程度(頻度・内容・期間)からが「犯罪」として事件となるのか。

実際、私はその時期、原因不明の蕁麻疹が出て、病院にもかかったので、その診断書をもらってこればそれも有効なのか、など。

中傷行為の被害など、もう二度とはしたくない経験ですが、せっかくなので、色々、勉強しておこうと思います。

コメントを下さった皆さんもありがとうございます。まとめてのお礼となりますが、とても嬉しかったです。

仕事に時間を取られ、思うように創作時間が作れず更新はかなりゆっくりとなりそうですが、また瑠璃と高彬の物語を書いて行きたいです。

よろしければまたお付き合いのほど、お願いいたします。


しばらく更新をお休みしていると、せっかくクリックしていただいてもポイントが反映されにくくなるそうです。
更新を続ければ反映されていくようになるということですので、引き続き応援クリックをお願いいたします。


にほんブログ村

更新休止中、パスワードを申請下さった皆さん、ご連絡せずに申し訳ありません。
まだご希望でしたら、再度「メールフォーム」からの申請をお願いいたします。
スマホから閲覧の方は、パソコン画面に切り替えて頂くと「メールフォーム」があります。

(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ありがとうございます!

瑞月 様

こんにちは。また瑞月さんが帰ってきてくださって、本当に嬉しくて涙がとまりません。
昨年の10月、ちょうど瑞月さんがお休みされたころより、同居している義父の体調が悪くなり入院することになりました。フルタイムの仕事をしながら病院に通い、家事育児に学校の役員地域の役員の仕事が全てのしかかってきて、体力的にも精神的にもどうしようもなく辛い時期でした。
それでも、なんとか乗り切ることができたのは、瑞月さんの<瑠璃さんと高彬>のおかげです。
2人の思いやりあふれるお話を読んでは、どうにか頑張って主人をささえよう!と自分に気合を入れて生活しています。
義父は、半年の闘病後3月に亡くなり、先日四十九日の法要が終わりました。まだまだ落ち着きませんが、嫁の仕事がひとつ楽になったかなと思っています。
これからも、私に瑞月さんのパワーをたくさん分けてくださいね!
楽しみに待っています。

ずっと待ってました⭐

おかえりなさい~
ずっとずっと待ってました~!
やっぱり、みずきさんのお話が読めないとつまらないです(泣)
これからも、みずきさんのペースで更新をしてください✨
楽しみにしてます✨

何度でも、言います!

おかえりなさい!

瑞月さん ありがとうございます。帰って来てくれて!
近況を知らせてくれて!
私にとって、これほど嬉しい春は未だかつてありません。

事実は消えてなくなりませんから、忘れることができるはずがありませんね。
そうであったとしても、前を向いてくれた瑞月さんに感謝しかありません。

前々から、素敵なご夫婦、ご家族なんだろうなと思っていましたが、やはりですね。
お子様方も思いやりが深くて・・・
お子様方に言いたいです。お母さんは、とっても素敵で自慢できる人だよって。
お母さんを見守るお父さんは、とっても暖かくて頼りになる人だよって。

お仕事を始められたとのことで、大変な面もおありでしょうが、瑞月さんなら楽しみを見つけて過ごされることでしょう。そして、更に素敵なお話を生み出されることでしょう。

本当にありがとう。
瑞月さんと、瑞月さんの書かれる高彬と瑠璃が大好きです。

これからも、変わらず応援し続けます!

おかえりなさい!

瑞月さん
こんにちは!おかえりなさい!

気持ちの切り替えができた充実した期間だったでしょうか?!
ゆっくり一呼吸置いて、考えてみて、自分の納得のいった、気持ちの切り替えができて良かったです。
中傷行為のこと、そうですね、専門機関に相談するということは一番いいことだと思います。
子供さんに見せることも、勇気がいったでしょうし、子供さんたちもお母さんが見えない相手によっていじめられていた事実を知ったこと、辛かったでしょう。相手の気持ちを思いやることと言う人としての教えに繋がったと思いますよ。
そういった経験をしなくて済むよう、中傷行為無くなって欲しいです。
私たちも忘れません。アンテナをはっておいて、瑞月さんのこと、ますます応援していきますよ。

バイトって世界広がりますよね。(^^)
まだうちは子供低学年なのでもうちょっと落ち着けばできるかもしれません。
実は、最新作読んでからコメントと思ったのですが、万歳サークルのリンクで新しい作品が私の携帯からはまだ読めてないんです!(PCはすでに化石) 何故だろう。。。

ですので、早速ですみません。💦
瑞月さんに、お、ね、が、い。
いずれこちらのサイトに載せてくださいませ。
長くなってすみません。また、瑞月さんの瑠璃と高彬が読めるという幸せ、噛み締めております。他の方がおっしゃるように、私たち読者の癒しです。でも、無理なさらず、ゆっくり更新してください!!

瑞月さん、こんばんは。またこちらで近況を伺えて良かったです。
あれからどうされているのかなあ…と思っていましたが、新しいお仕事を始められて、お元気なご様子で安心致しました。

私も職場に18才の女の子が入社してきて(2000年生まれですって❗)、おお、瑠璃と同い年じゃん、私って大皇の宮の年代だよなと、プチショックを受けたりの日々を送っています。

サークルの作品も読ませて頂きました。
瑠璃と高彬らしい、お互いを思いやる、ホンワカした、読んだ後に心が温かくなる作品だなあと思いました。
瑞月さんの作品にはジャパへの愛が溢れていて、本当に大好きです。

中傷の件は、なかなか心が晴れることはないでしょうが、しかるべき専門的な機関にご相談されるのも良いかもしれませんね。
私も瑞月さんは、絶対中傷する側に立つような方ではないと信じています。あんなに素敵な作品をお書きになる方なんですもの❗これからも応援していますので、絶対に負けないで下さいね。

シャンシャン見に行かれたのですか‼良いなあ、私もシャンシャン大好きなんです。丸っこくて、コロコロしていて可愛いですよね。
抽選にも外れたし、なかなか東京に行けないので、見れてないんですよ。
代わりに、ネットの中継を見て、可愛い姿に癒されています。
早く見ないと大きくなってしまいますし、中国に行っちゃうかもしれないんですよね。
ぜひまたブログで、シャンシャンの様子も教えてください。

これからもお体にお気をつけて、お仕事も頑張って下さいませ。また、こちらで作品を読めるのを楽しみにしています。

おかえりなさい

瑞月さん、こんにちは。
そしてお帰りなさい(*^^*)
こちらのブログに戻ってくださって、本当に嬉しかったです。

お仕事始められたんですね。
絵式部…(笑)
我が家は子供が今月から入園しまして、何人かのお母さんと連絡先を交換できたのですが、今って専らLINEなんですね(^_^;)
皆さん、とても優しい方で手取り足取り教えてもらったのですが、
中には生きた化石みたいな扱いも受けました(笑)

瑞月さんのブログは、仕事や育児、家事の合間のオアシスでした。
またちょこちょこ寄らせて頂きます♪

No title

瑞月さん、おかえりなさい。

サークルに投稿されたお話を読ませていただきました。
瑞月さんらしい淀みのない愛にあふれたお話で
復活されたことが実感でき、嬉しく思いました。

私も瑞月さんと同じ拍手コメントでの攻撃を受けたことがあり
瑞月さんが記事にしてくださったことで随分助けられました。
何がいけないのか、何が悪かったのか、自問自答して
苦しんでいた時に、明確に答えを与えてくださったのです。

専門機関へ行かれるときは、時間がかかっても
できるだけ「インターネット専門」の方に
相談されるほうが良いかと思います。
そして、可能な範囲で経過を書いてくださると嬉しいです。

新たな生活を始められたところですから、
お気持ちや時間のご都合の良い時にいらしてくださいね。
これから楽しく創作されるためのきっかけになることを
心から祈っています。


No title

近況や今のお気持ちを聞かせてくださってありがとうございます。

瑞月さんが相手と同じ土俵に降りるような人だったら、ここまで親身になって心配する読者や同じ二次作家さん達はこんなに付かないと思いますよ。
若い年代の人達との交流で、きっともっと視野が広がった瑞月さんの作品を読むのが楽しみです。
どうか御自分のペースで楽しんで書かれて下さいね。

誹謗中傷のコメントに関しては、先日野球選手の奥様がコメント主を突き止め訴えを起こし、書き込んだ女性に高額の罰金が課されたニュースを読みました。
しかるべき機関によくご相談される事をお勧めします。
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

高彬と瑠璃のイラストは「~花の宵夢アンコール~」管理人の藍さんにいただいたものです。

ランキングバナー
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
こちらも藍さんのイラストです。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
あれこれ掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ