*** 筒井筒のお約束をもう一度・・20<高彬・初夜編> ***

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』



           ※このお話は初夜編(完結済み)の高彬サイドの話です。
                        






***  筒井筒のお約束をもう一度・・20<高彬・初夜編> *** 









瑠璃さんの寝息が当たっている首の辺りが、かぁっと熱くなってくる。

腕に当たる柔らかい感触はもしかしたら・・・

思う間もなく、ぼくを夜具か何かと勘違いしたのか、瑠璃さんがまるで抱きつくかのように腕を回してきた。

────嘘だろ・・・

勘弁してくれよ。寝相は良い方だって断言してたじゃないか・・・

呆然としつつも、この緊急事態を乗り切るべく、ぼくはすばやく頭を働かせた。

瑠璃さんだと思うからダメなんだ。

融だと思おう。

「・・・・」

だけど、融がこんな柔らかいわけないし、何よりも融とひとつ夜具の中で寝るとか、しかもぼくに腕を回してくるなんてありえないわけで、どうにも設定に無理がある。

ならば、少しは気が逸れるかと白氏文集の中の一節を暗唱してみたものの、そんなことくらいで全身を密着させている瑠璃さんの気配から気が逸れるわけもなく、焼け石に水だった。

───仕方ない。

ぼくは小さく唇を引き結んだ。

可哀相だけど、こうなったら実力行使しかないだろう。

驚かれたり泣かれたりするかも知れないけど、大元での同意は取れているわけだから瑠璃さんも判ってくれるはずだ。

そっと腕を外し起き上がった。

見下ろす瑠璃さんは、急に支えがなくなったのが寝ながらでも不安定なのか少し身じろぎをして、だけど変わらずに眠りこけている。

身体の向きを少しずらし、ゆっくりと瑠璃さんに近づいていき、至近距離まで来たところでぼくは動きを止めた。

眠る瑠璃さんはいつもより幼く見えて、まじまじと見てしまった。

ぼくの部屋で、安心しほどけきった顔をして眠る瑠璃さんの顔を見ていたら、とてものこと先に進めなくなってしまい───

・・・やっぱりぼくには無理だ。

小さく頭を振り、少し考えてから瑠璃さんの額に軽く接吻をする。

我ながら情けないと思うけど、今のぼくに出来る実力行使はこの程度だ。

額に接吻をされた瑠璃さんが少し反応をした。

額を気にするような仕草をし、起きるかと思ったけど、そのまま眠ってしまった。

虫にでも刺されたと思ったのかも知れない。

今度は頬に接吻をしてみたら、同じように気にする仕草をし、それでも眠ったままだった。

そういえば、いつだったか融が「姉さんは一度寝たら、簡単には起きない」とか言っていたっけ。

そうだ、確か何度起こしても起きなくて、困った小萩がお粥を枕元に置いたら瑠璃さんが目を覚ました・・・とか、そんな話だったはずだ。

瑠璃さんらしいと言えばらしくて、つい笑いがこみあげてきてしまう。

何となく調子に乗って唇に接吻をすると、瑠璃さんはやっぱり眠ったままだった。

瑠璃さんとは今までに何度か接吻をしているけれど、まだ数えられる程の回数で、そのうちの一回はぼくだけが知っている接吻だと思うと、何だかドキドキしてしまった。

ドキドキした気持ちのまま横になり、目を瞑る前にもう一度瑠璃さんの横顔を見ると、やっぱり瑠璃さんはほどけきった無防備な顔をしていた。

好きな人の寝顔っていいな。

そっと手を伸ばすと瑠璃さんの指先に触れ、ぼくはしっかりとその手を握った。

これくらい、許してくれよな。

心の中で瑠璃さんに話しかけ目を瞑った。

今度こそは本当に瑠璃さんの寝息を子守唄代わりにウトウトしてしまい、ぼんやりとした意識の中で、そういえばお粥で目を覚ました瑠璃さんが、ぼくの接吻では起きなかったなぁ、お粥に負けたのか・・・なんて思いつつ、いつのまにかぼくは眠ってしまっていた。





**********************************************************





鳥のさえずりで、目が覚めた。

格子からはあるかなきかの白い筋が入り込んできており、どうやらまだ朝にはなりきっていないようだった。

隣の瑠璃さんは相変わらずの夢の中で、ぼくは解けかかっていた手をもう一度ぎゅっと握りなおした。

そろそろ、起きてくれないかなぁ・・。

い、いや、別に起きたら何かをしようってわけではないぞ。

ただ、そのぅ・・・、昨夜の「いいよ」の気持ちが変わってないかを聞きたいだけで・・・。

変わってなかったら・・、いや、しかし、朝だしなぁ・・。

いや、それよりも朝からそんなこと持ち掛けでもしたら、瑠璃さんに何と思われるか。

見慣れた天井を見上げながら、ごちゃごちゃと考え事をしていたら、ふと、瑠璃さんが身じろぎをした気配があった。

何となく目を瞑る。

そっと隣の気配をうかがうと、どうやら目を覚ましたのか、キョロキョロと辺りを見回しているようだった。

どうしようか、声を掛けようか・・と思っていると、瑠璃さんがゆっくりと身体を起こした。

恐る恐ると言う感じで振り向いた瑠璃さんは、ぼくと目が合うと慌てたように「おはよう」と挨拶をした。

どこか動揺してそうなのに、律儀に挨拶するところが、おかしくて可愛い。

「おはよう、瑠璃さん」

ぼくもきちんと挨拶を返して、少し迷ったけど思い切って額に接吻をしてみた。

さっと瑠璃さんの頬が染まり、その反応に内心、安堵しつつ

「昨夜は瑠璃さん、よく眠ってたね」

顔を覗きこんで言うと、瑠璃さんの頬が更に赤くなった。

「お、起こしてくれれば良かったのに」

つかえつかえ言った言葉に、ぼくはドキッとしてしまった。

本当に瑠璃さんはすごい。

たった一言で、たったひとつの表情で、ぼくをこんなに嬉しくさせてしまうんだから。

「起こしたよ。でも、起きなかった」

平静を装って言うと

「起こし方が悪いのよ。ちゃんと起こしてくれたら、起きたわよ」

瑠璃さんはうっすらと顔を赤らめたまま、ムキになって反論してきた。

「よく言うよ。鼻つまんでも起きなかったくせに」

接吻したのに起きなかったくせに、とは言わなくてもいいだろう。

「うそ」

目を丸くする瑠璃さんが可愛くて、思わず鼻をつまむと、瑠璃さんはびっくりしたようにぎゅっと目を閉じた。

「ほんと」

言いながらパッと手を離すと、瑠璃さんは「もうっ」とふくれ、でも目が合ったところで二人して笑い出してしまった。

笑いが止んだところで瑠璃さんの頬に手を添えると、瑠璃さんは恥ずかしそうに目を伏せながらも、そっと手をぼくに伸ばしてきた。

静かに抱き寄せ、腕の中に瑠璃さんを収める。

髪を撫ぜ、上を向かせると瑠璃さんの頬がまたほんのりと赤く染まった。

そんな瑠璃さんを見ていたらぼくも頬が赤らむ感じがしてきて、遠く鳥のさえずりを聞きながら、あまり上手とは言えない不慣れな接吻をぼくたちは交わしたのだった。





<続>


(←お礼画像&SS付きです)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ