氷室先生にアンコール!

12月中旬の晴れた日、氷室先生のお墓参りに行ってきました。


氷室先生1 (431x640)


氷室先生2 (426x640)



何度かお墓参りはしているのですが、いつ見ても氷室先生のお墓は可愛らしくて、小柄で可憐な氷室先生そのままのように見えます。

来るたびに感じる不思議な感覚は、やっぱり今回も感じました。

思春期、青春時代と、雲の上のような存在だった氷室先生のお墓に、自分が花を手向けていると言う現実とは思えないような不思議な感覚。

氷室先生の作品はどれも本当に本当に好きでした。

発売日が近づいてくるわくわくした気持ち、新刊を開いた時の本の匂い、読み終えた時の満足感と、しばらくは新しい話が読めないのだと言うがっかりした気持ち・・・。

どれもこれも、昨日のことのように思い出せます。

多感な時期に、リアルタイムに氷室先生の作品と出会えて本当に良かったです。

本を読んでは、笑って泣いて、ハラハラドキドキして、友だちと盛り上がって。

早く続きが読みたくて、授業に集中できなくて。

寝る前に少し読もうと思って本を読み始め、結局、朝まで夜通し読んでしまい、そのまま登校したこと。

どれも宝物のような思い出で、氷室先生のお墓の前に来ると、ふいに泣きたくなるような気持ちになるのです。

今も変わらず氷室先生の作品、とりわけジャパネスクが好きで、この<好き>は熱に浮かされたような<好き>ではなく、じっくりとした<好き>なので、一生、冷めない<好き>だと思います。

今年も残すところ、あとわずかですね。

今年一年、ブログにご訪問いただき、本当にありがとうございました。

今年中の更新はこれが最後となります。

皆さまといろいろなお話が出来てとても楽しかったです。

身近にはジャパネスクを「知ってる」とか「聞いたことはある」と言う人はいても、「すごく好き」と言う人がいなくて、この場でジャパネスクについて、あれこれ話が出来るのは無上の喜びでした。

皆さまとジャパネスクについてお話することで、新しい発見や驚きがたくさんありました。

ますます高彬が、瑠璃が、ジャパネスクが好きになりました。

やっぱりジャパネスクは何年たっても色あせない不朽の名作なのですね。

今年最後の記事は、氷室先生と皆さまへの感謝の言葉で締めくくりたいと思います。

一年分の感謝を込めて、ありがとうございました。

新しい年が、皆さまにとって素晴らしい年でありますように。

皆さま、良いお年をお迎えください。





瑞月



(←お礼画像&SS付きです)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
なんて素敵にサイト様 (ジャパネスク)
なんて素敵にサイト様(他ジャンル)
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ