守弥・・・3

今回のテーマはずばり「守弥の恋愛事情」です。

皆さんは守弥に<恋愛>して欲しいですか?(と言う聞き方も変ですが・・・)

原作の中で、氷室先生は若干ではありますが守弥×小萩をほのめかしていたように思います。

(瑠璃のモノローグとして「この二人は身分的には対等だ」みたいなことを書いています。もちろん、この表現だけで恋愛関係に発展するかどうかまではわかりませんが)

原作シリーズでは「ほのめかし」を拡大解釈して、守弥×小萩が誕生するような話を書きましたが、当ブログの拙作の中では、まだ守弥と小萩は出会ってすらいません。

実は、どうにも守弥と恋愛が結びつかないのです。

「若君命」こそが守弥の姿であって、「高彬」が守弥の中で優先順位の1番だとすると、恋愛は1500番くらいなのではないか・・・と言うのが管理人の守弥像です。

つまり、全く興味もなければ、考えてもいないのではないか、と。

では、守弥は一生、独身か・・・と言うと、かなり限られた条件の中であれば結婚も「アリ」かなと思います。

おなじみの妄想タイムですが、例えば何か高彬サイドを陥れるような陰謀が起こったとします。

利害関係の一致した守弥と小萩はタッグを組み、陰謀をあばこうと動きだします。

首謀者である人物の邸内に潜り込むために、2人は夫婦を装って潜入します。
(タイミングよく「家令・女房募集。夫婦で住み込み可」の募集があったのです)

そこで偽りの夫婦として過ごすうち、まずは2人に人間としての信頼関係が生まれます。

そして、何か小萩が身を呈して守弥を守るようなことをして、守弥は小萩に大きな恩を感じます。

そして、ある日ある時、少し心が弱くなっていた小萩は守弥に向かって寂しげにつぶやくのです。

「気がつけば人並みに恋愛も結婚しないまま、こんな年になってしまいましたわ。幼い頃に思い描いていた人生はこんなものではありませんでしたのよ。夫につかえ、可愛い子どもに囲まれ・・・。今のわたくしを見たら、きっと浄土の父も母もがっかりするでしょうね」

と。

沈み込む小萩に、気が付けが守弥はこんなことを言っていました。

「では、わたしと夫婦になってみると言うのはどうですか。縁があれば、やや子にも恵まれるでしょう。小萩どのが望むような恋愛はできないと思いますが、わたしも出来る限りのことをしますよ」

と。

守弥が高彬に感じた思いも、最初は「恩」だったはずです。

世をすね、家出をしようとしていた守弥は高彬の無償の優しさに救われ、そこに(高彬は無意識だったけれど)「恩」を感じたはずです。

守弥は決して冷酷な人間ではないし、守弥の心を大きく動かすものは「相手の人間性」と「感じた恩義」であると思います。

そして恋愛体質でない守弥だからこそ言える

「では、わたしと夫婦になってみると言うのはどうですか」

の台詞。

守弥は本気でこう思っているんだと思います。

(人間的信頼と大きな恩を感じている)小萩が、そこまで願っているものが、こういう手段で手に入る可能性があるのならば、それ(結婚)はやってみるに値するものではないだろうか、と。

恋愛ありきの結婚ではない、こういう形なら結婚もアリかなと思うのです。

入口が恋愛じゃなくても、幸せな結婚ってあると思いますし、小萩も恋に恋する年齢を過ぎてることを考えると、案外こういうのも良いのかな、と思うのです。

こんな感じが管理人の思う「守弥の恋愛事情」なのですが、いかがでしょうか?





(←お礼画像&SS付きです)

守弥・・・2

またまた守弥です。

『どうせ出世など、かなわぬ生まれ。現世の栄達は、とうに諦めている身です』

この台詞、守弥と高彬が初めて会ったとき、守弥が言ったものです。

時に守弥10才。

こんな10才、います?

居酒屋で40過ぎのサラリーマンが、これに似たこと、良くぼやいていますけど・・・。

それにしても、守弥。

結構、恐ろしいことを言ってるんですよね。

『わたしの若君の御ためには、瑠璃姫に消えていただくしかないのだ』

この発想は、ズバリ、師の宮でしょう。

きっと師の宮もこう思ったはず。

「わたしの絢姫と子どものためには、瑠璃姫に消えていただくしかないのだ・・・・」

そして首を絞めて、川に落とした・・・・。

殺すことまで考えなかったんだから、守弥っていいやつなんでしょうね(笑)

と思いつつ、守弥がしたことを箇条書きにしてみると・・・


*瑠璃との結婚に賛成していたのは、実は家柄目当てだった→超打算的

*高彬をはめて、別れさせようとした→極悪非道

*瑠璃&高彬の手紙を握りつぶしていた→人としてサイテー


やっぱりいいやつとはほど遠いです。

特に「手紙を握りつぶす」これはやっちゃいけないです!

絶対、ばれるに決まってるんですから。

高彬が怒るのも、もっともだと思います。

でも、高彬

『ぼくは本気で怒ったからね。守弥が瑠璃さんの悪口やめて、瑠璃さんを認めるまで、ぼくの身の周りは将人にまかせる。いいね』

ですって。

なんて可愛ゆいこと言うのでしょう。小学1年生のケンカみたいですね。

1年2組、藤原高彬くん。いそうです。

こんなの怒ったうちに入りません。

高彬、ここでこそ、愛染明王ばりに怒っても良かったんじゃないんでしょうか?

高彬は守弥のこと、もちろん嫌いではないでしょうけど、相当、煙たくは思っているはずです。

守弥が目の前で死にかけてたら、そりゃ助けるでしょうけど、犬に噛まれてるくらいだったら、笑って見てそうです、高彬。

そういえば瑠璃が

『ばーかな、守弥』

と思ってる場面が、小説4巻でありましたけど、さすが瑠璃ですね、ひとことで守弥を言い表してます・・・。

高彬が

『瑠璃さんは、ここぞという時の勘と、男を見る目だけはあるのだ』

と言うのも納得です。

そういえば妹の大江も

『兄は単なるマヌケではないかと思うときもありますわ』

って言ってましたよね。

読者として深い共感を得られる言葉です。

瑠璃は大江の守弥に対するあまりに辛辣な口調に

『相槌のうちようもなかった』

なんてびっくりしてる風だけど、瑠璃だって融のことをさんざん『ボンクラ・愚弟』と言いたいこと言ってるんですよね。

そこいくと高彬は

『承香殿女御をご尊敬申し上げているし、由良も大切な妹だ』

ですもの。

いい人です・・・。

守弥×小萩のカップリングをそれとなく氷室先生もほのめかしていた感じもあるのですが、守弥にはず〜〜〜っと独身で、若君命でいてもらいたい気もするんですよね。

小萩の尻に敷かれてる守弥を見るのも一興ですけど。

そしたらあそこは主従そろって「かかあ天下夫婦」なんですよね。

そこで初めて分かり合う高彬&守弥・・・ってこともありですか?

今後、守弥が高彬のために出来ることはただ一つ。

高彬の母上の気持ちをほぐして、瑠璃との結婚を認めさせること。

高彬、喜びますよね〜。

そしたら高彬に

「要するに守弥は守弥で、ぼくはそういう守弥がいいなと思う」

って言ってもらえると思います!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
クリックで応援お願いします。





(←お礼画像&SS付きです)

守弥

守弥のことは、一体何から書いていいのやら・・・(笑)

色々ありすぎて。

もしジャパネスクの誰かと話が出来るとしたら、守弥とサシで話してみたいですね。

話すって言うか、説教。

「あんたもさ〜、いい加減『若君、若君』ばっかり言ってないで、少しは他に目を向けたら?高彬だって少しは迷惑してるんだよ。いつまでも右大臣家でエバってるわけにいかないんだし」

ぐらいは言ってやりたいです。

守弥ってほんと、高彬が大好きなんでしょうね。食べちゃいたいくらいに(笑)

瑠璃は、高彬が帝命なことに対して

『帝に関しては何かというと1人で盛りあがって、いやになっちゃう。妙な感情でもあるんじゃないかしら』

なんて思ってる場面がありましたけど、これ守弥→高彬にあてはまるんですよね。

「高彬に関しては何かというと1人で盛りあがって、いやになっちゃう。妙な感情でもあるんじゃないかしら・・・」

読者は皆、そう思っています。

瑠璃に嫉妬して、煌姫との計画を考えたわけですし。

瑠璃に嫉妬してるって自覚してるあたり、理性的ではあるけれど、だったら理性を働かせてアホな計画はやめればいいわけで。

それにしても

『わたしは、瑠璃姫に嫉妬しているのだ』

なんて、良く堂々と言えますよね。いい年した大人が。

聞いてるこっちが恥ずかしいです。

高彬も

「ぼくは、帥の宮に嫉妬しているのだ」

ぐらいきっぱり瑠璃に言えてたら、愛染明王にならずにすんだのに・・・ですね。

守弥は高彬がだ〜〜〜い好きなんだけど、高彬が守弥をどう思っているかと言いますと・・・

高彬の一人称「ジャパネスク・ミステリー」から抜粋すると


『くそ。憎らしい奴だ』

『いざとなると頼りにならないやつだ』

『うんざり』

『うっとうしい』

『相変わらず癇に触るやつだ』


・・・こんな感じなんです。

瑠璃のことは

『瑠璃さんは瑠璃さんで、ぼくはそういう瑠璃さんがいいなと思う』

だもの。

守弥、完敗ですね。

あ、でも

『まぁ、なんだかんだいっても、守弥はいいやつだ』

とも言ってますね・・・・・・ついでのようにですけど。

守弥に目を覚まさせるには、「ジャパネスク・ミステリー」を読んでもらうのが一番かもしれませんね。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
クリックで応援お願いします。




(←お礼画像&SS付きです)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
なんて素敵にサイト様 (ジャパネスク)
なんて素敵にサイト様(他ジャンル)
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ