社会人・恋人編<96>

「瑠璃さん!水無瀬・・」

2人の登場は、ぼく同様、曽茅野氏にとっても驚きだったようで、瞬きもせずに凝視している。

瑠璃さんは断りもなくぼくの隣に座り───






─Up to you !Ⅱ─<第96話>






曽茅野氏の隣の席が空いていたけど、座る気はないのか、水無瀬は瑠璃さんの後ろに立ったままでいる。

「間に合ってよかったわ」

瑠璃さんはにっこり笑って言い、ぼくと曽茅野氏の顔を順番に見た。

その笑顔にどこか含みがあるように見える。

「どちらかしか選べないとしたら、大馬鹿者───。ねぇ、曽茅野さん。これってあなたのことよ」

瑠璃さんは前に座る曽茅野氏を真っ直ぐ見ながら言うと、ぼくに向かって肩をすくめてみせると

「・・色々、分かっちゃった」

舌を出した。

「分かったって・・」

「曽茅野さんの動機も、勘違いも」

「・・・」

「曽茅野氏さん、あなた、大きな勘違いをしてるのよ」

微動だにせず座ったままの曽茅野氏は、ポーカーフェイスを装いながらもやはり瑠璃さんの言葉に反応しているように見える。

「阿矢さんと話したの」

今度ははっきりと曽茅野氏の顔に変化があった。

「阿矢さんと?」

聞き返したぼくに向かい瑠璃さんは頷き

「今朝、政文の怪我を診てもらった病院で見かけたのよ、阿矢さんを」

「病院・・」

「奇遇よねぇ」

たっぷりと間合いをとって、瑠璃さんはぼくから曽茅野氏に視線を移した。

「あたしはね、曽茅野さん。色々とあなたに腹は立てているのよ。大江・・、友だちを危険な目に合わせたし、色々、あたしや高彬にに失礼なことをしたしね」

「・・・」

「だから、とっちめてやりたい気持ちはあるの」

「・・・」

「でも、病院で阿矢さんと話して気が変わったわ。煌からも話の裏を取ったしね」

「水無瀬から裏を取った?」

後ろで水無瀬が頷く気配がある。

瑠璃さんは視線を曽茅野氏に当てたまま、そうして

「では、これからあなたの勘違いのからくりを解いていくことにしましょう」

背筋を伸ばし、名探偵の決め台詞よろしくおごそかに言うと、コホンとひとつ咳払いをした。

「曽茅野さん、あなたは以前、阿矢さんと交際があった───わよね?」

まだ、瑠璃さんに手の内を見せる気はないのか、曽茅野氏は微動だにしない。

「まぁ、いいわ」

瑠璃さんは肩をすくめると

「こう言う場面で、独り語りをするのは、謎解きをする時の定番だものね。勝手に話を進めさせてもらうわ」

ぼくの前に置かれていたコップの水を一口、口に含むと、瑠璃さんはゆっくりと話始めた。






…To be continued…


ラストまでもう少し。更新空いてしまいすみません。
頑張りますのでクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<95>

「だとしたら、それが何だと言うのですか」

「・・・」

悪びれもしない曽茅野氏の言葉にぼくは黙り込み、改めて曽茅野氏を見てしまい───






─Up to you !Ⅱ─<第95話>






「いかにも、私は君に恨みを抱いている。動画のアップも写真の盗撮も、そして渋谷での出来事も全て私の仕組んだことです。もちろん、人に依頼をしてやったことですがね」

「・・・・」

「どうしますか?私を警察に突き出しますか?もっとも、仮に君が被害届けを出し、よしんばそれが受理されたとして、一体どれほどの刑罰に当たるのかは定かではありませんし、私もそれなりに知恵を絞ってすり抜けるつもりではおりますが」

「別に・・・」

淀みなく出てくる曽茅野氏の言葉に若干押され気味ながらも、ぼくは言葉を発した。

「今すぐ警察に突き出すつもりなどはありません。ただ、渋谷での出来事は一歩間違えれば大変なことになっていたわけですから、簡単に許すわけには行きません。事と次第によっては告訴も辞しません」

「・・・」

「あんなこと、あってはいけないことです。瑠璃さんの身にも、もちろん他の女性の身にも」

「なるほど、ね。藤原くんも、そう言う一般常識は持ち合わせているわけですね」

「・・・・」

含みのある言い方に引っ掛かりを感じる。

「もちろん持っています。だけど、今、ここに駆け付けたのは、告訴うんぬんの話をするためではありません。どうして、あなたがそこまでぼくに恨みを抱いているのか、それを知りたいのです」

「・・・」

「あなたがぼくに恨みを抱いていることは判っても、その理由が判らない。それが正直なところです。だけど、このままにしておくわけには行かない。だから、誤解があるならそれを解きたいし、もしぼくに非があるのでしたら、謝罪したいと思っています」

曽茅野氏は黙ったままぼくを見ている。

冷ややかな目のようにも見えるし、ぼくの真意を計っているようにも見える。

ややしばらくの沈黙のあと、曽茅野氏はわざとらしいほど大きなため息を付いた。

「もしも君が本心でそう言っているのだとしたら、私は虚無感に襲われますよ」

「虚無感?」

「えぇ」

虚無感に襲われるほどのこと・・・

一体、何だと言うのだろう。

「君は大馬鹿者か、大嘘付きか、どちらかのようだ」

「・・・」

どちらに転んでも喜ばしからぬことで、さすがに言葉につまっていると

「どちらかしか選べないとしたら、大馬鹿者でしょうね」

後ろから声が聞こえ、驚いて振り向くと───

瑠璃さんと、水無瀬が立っていた。






…To be continued…


ラストまでもう少し。よろしくお願いします。
頑張りますのでクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<94>

「曽茅野さん!」

喧騒に紛れてぼくの声が届かないのか、曽茅野氏はそのまま歩いて行き───






─Up to you !Ⅱ─<第94話>






「曽茅野さん!」

追い付いて肩に手を置くと、曽茅野氏は振り返り、ぼくの顔を見るなり驚きの表情を浮かべた。

「藤原くん・・・、どうしてここに・・」

「どうしてもお話したいことがありまして。少し、お時間をいただいてもよろしいですか?」

曽茅野氏の視線が腕時計に落ち

「まだチェックインを済ませていないのですよ。バタバタするのは性に合わないので早めにやっておきたいのでですが」

「もちろん、その後で構いません」

「・・・分かりました。少し待ってて下さい」

曽茅野氏の姿の見えるところに立ち、ふと、瑠璃さんにメールを入れておこうかと思い立つ。

瑠璃さんは、もう出社してきただろうか。

画面を開き、だけど、何て打とうかと考え手が止まってしまった。

これからの曽茅野氏との話次第だし、瑠璃さんへの連絡はそれからでもいいだろう。

「お待たせ致しました」

カウンターは混んでいなかったようで、すぐに曽茅野氏は戻ってきた。

「立ち話と言うのも何ですから、あちらに・・・」

曽茅野氏が指し示した先には、喫茶店がある。

席の8割方は埋まっており、入り口近くのガラス越しに出発ロビーが見渡せる場所に通された。

「さて」

オーダーを済ませ、一礼をしたウエイターが去って行くと、曽茅野氏はテーブルの上で手を合わせた。

「話とはなんでしょうか」

穏やかな口調とは逆に目は鋭い。

「時間も限られてますので単刀直入にお聞きします」

「それはありがたいですね」

曽茅野氏は微笑みを浮かべている。

「渋谷でのデートクラブの件、あなたが仕組んだことだと突き止めています」

「はて、突き止めたとは・・」

「言葉の通りです。突き止めたんです」

「・・・」

「ネット関係に、異様に強い人間がいましてね。あなたがご自分の携帯から、瑠璃さんになりすまして登録をしたことが分かったんですよ」

「・・・」

「IPアドレスと呼ばれる足跡が残っていました」

「・・・」

「藤原春日、───ぼくの兄貴とのメールのやり取りに残ったIPアドレスと同じものでした」

「・・・」

「動画のアップも、瑠璃さんの盗撮も、あなたの仕業だ。・・・そうですね?」

真っ直ぐにぼくを見たままの曽茅野氏の表情は少しも動かない。

「権野を脅してパスワードを入手していたあなたは、かなり前からぼくの動向を探っていたんだ。それは瑠璃さんが東京支店にやってくる、ずっと前からだ」

そう。

ぼくはずっと、動画のアップのターゲットは瑠璃さんだと思っていた。

だけど、そうじゃないと考えれば、また違った見方も出来る。

阿矢さんの存在、ぼくが女性関係でトラブルを起こしたと言う噂、ぼくのシンガポール出張。

「あなたは広報の阿矢さんに関することで、ぼくに恨みを抱いている。その認識で間違いはないですね?」

初めて───

初めて曽茅野氏に顔に動きがあった。

だけどそれも一瞬で

「はい」

あっさりと頷き

「だとしたら、それが何だと言うのですか」

「・・・」

今度はぼくが黙り込む番だった。






…To be continued…


更新、滞り気味ですみません。ラストまでもう少しですのでお付き合いいただければ嬉しいです。
頑張りますのでクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<93>

「羽田の国際線ターミナルまで」

やってきたタクシーをつかまえそう告げると、取りあえず後部座席に身体を沈め───






─Up to you !Ⅱ─<第93話>






動画のアップも、瑠璃さんの隠し撮りも、長いことその目的が判らなかった。

だけど、曽茅野氏と春日の兄貴が連絡を取り合っていたこと、会社には2種類の個人情報データがあり、そのパスワードが違うことが分かった今、スルスルと紐解けてきたものがある。

曽茅野氏の狙い。

それは、ズバリ、ぼくだったんだ。

そして、恐らくその理由は───

「水無瀬、曽茅野氏はいつシンガポールに帰るか聞いてるか?」

シンガポールに戻る前に曽茅野氏と会って話を・・・

「今日よ」

「え?」

「羽田発の昼の便で帰るそうよ。朝一で秘書室に来て、鷹男チーフにそんなこと言ってたわ。何人かに挨拶してから行くって言ってたけど、もう出たんじゃないかしら」

「昼のどの便か分かるか?」

「確かJALって言ってたような気がするけど・・・、ちょ、ちょっと、藤原くん、どこ行くのよ」

「悪い、半休でも全休でも適当に付けておいてくれ」

スーツの上着を手に取ると、上司に適当な理由を告げ、そのまま部屋を飛び出した。

じれじれしながらエレベーターを待っていると

「ねぇ、まさか、羽田に行くの?」

水無瀬が後を追っかけてきた。

「うん」

「・・・ひょっとして一連のことはやっぱり彼の仕業だったってこと?何か証拠でも掴んだの?」

声を潜めて聞かれ

「・・・」

微妙な質問だったため返答を避けると、水無瀬は深く突っ込んでは来なかった。

「追い掛けたところで上手く会えるかどうか分からないわよ。シンガポール着くの待って電話で話した方が確実なんじゃない?」

「いや、直接、話したい」

あの曽茅野氏のことだ。

面と向かって話したって手強そうなのに、電話越しなんかで話したら、それこそ上手くかわされてしまうに違いない。

ランプとチャイムが鳴り、エレベーターが止まった。

乗り込むと、さすがに水無瀬は乗り込んでは来ず、ドアが閉まると同時に、もの言いたげな水無瀬の顔も消えた。

「羽田の国際線ターミナルまで」

やってきたタクシーをつかまえそう告げると、取りあえず後部座席に身体を沈める。

窓から外の景色を眺めながら、ぼくは今まで起きた出来事をもう一度、反芻してみた。

かねてよりぼくに何らかの恨みを抱き、ぼくの行動を監視していた曽茅野氏は、ぼくが京都に帰省することを兄貴に知らせ、そうして後を付けさせ、あの動画を取らせた。

瑠璃さんの隠し撮りは、きっと権野辺りに言い付けて撮らせたのかも知れない。

ぼくを恨んだ動機。

それは、きっと阿矢さんだ。

あの阿矢さんを見つめていた曽茅野氏のただならぬ気配を考えれば、きっと2人には何かある。

だけど、詳しい理由は分からない。

その理由は本人に直接聞くしかない。

動画のアップに隠し撮り、そして極めつけはホテルへの連れ込み───

相当な恨みがぼくになければここまでのことをするわけがない。

ぼくに非があることだったら素直に詫びるし、もし何か誤解があるのだったら晴らしたい。

でないと、こう言うことがこの先も続いてしまいそうな予感がある。

特徴のあるデザインの国際線ターミナルの建物が見えてきて、タクシーはやがて止まった。

腕時計に目を落とすと、針は10時15分を指している。

取りあえず出発ロビーのある3階に向かった。

平日の午前と言えども、出張に向かうサラリーマンの姿が多く、この中から曽茅野氏を探すのは困難に思われた次の瞬間───

一瞬、少し前を曽茅野氏の横顔が動いた。

───いた!

「曽茅野さん!」

ぼくは駆け寄った。







…To be continued…


更新が開いてしまいすみません。ラストまで頑張りますのでクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<92>

定時の20分前に席に付く。

政文の足の捻挫の具合が気にならないと言ったらウソになるけど、小萩が付き添ってくれているのだから心配ないだろう。

まったくあいつもいい加減、ドジなんだから。

尾行してた相手に病院に連れて行ってもらうなんて、論外だよ。

まぁ、いずれこのことは政文にきっちりと・・・

と思っていることろに、携帯にメールの着信があり───






─Up to you !Ⅱ─<第92話>






メールは瑠璃さんからで、急いで開くと

【少し遅れます】

それだけ書かれていた。

小萩に政文を任せたら、すぐに出社すると言っていたのに、何かあったのだろうか・・・

【どうした、何かあったのか】

慌てて打ち返してみたものの、それ以降返信がなく、ヤキモキしつつも、それでも仕事は待ってくれないので取り掛かっていると

「あら?瑠璃は?」

上から声が落ちてきて、顔を上げると水無瀬が立っていた。

「少し遅れるって連絡があった」

「あらそう」

そう言って少し考える風だった水無瀬は

「・・・ねぇ、藤原くん、瑠璃が来たら総務に来るように伝えてくれない?」

「いいけど。・・・何か急ぎの用なら聞いておくけど」

そう聞くと、水無瀬はぐっと声のトーンを落とし

「あの子、昨日も遅刻してきたでしょ。2日連続遅刻はマズいから、いっそ半休扱いにした方がいいわ。本来なら半休は事前の申告が必要だけど、私の方で勤怠管理をいじって上手くやっておくわ。それには瑠璃の社員カードが必要だから、瑠璃が出社してからじゃないと無理なのよ」

「わかった。伝えておく」

確かにうちの会社の体質なのか分からないけど、下手に遅刻扱いにするくらいなら有休を使って半休にした方が査定に響かないと言うのが定説になっている。

そしてどう言うわけだが、これまた古い体質なのかも知れないけど、有休を取る時にも、その理由を申告しなければいけないのだ。

もちろん、適当なことを書く人もいるし、だけど、例えば冠婚葬祭とか実家に帰るとかの予定はやっぱり正直に書く人の方が多く───

と、そこまで考えて、ふと閃くものがあった。

「水無瀬。半休や全休を取るための理由って、総務の方で管理してるのか?」

「してるわよ。大きな声じゃ言えないけど、人事考課に反映されるもの」

「それってどんな管理方法なのか?」

「どんなって言われても・・・」

そこまで言い、更に声を潜めると

「ほら、この間、権野さんが見てたのがそれよ」

「え。権野が見てたのは住所とか履歴書の個人情報じゃなかったのか?」

「正確には、それも、よ。住所も履歴書も載ってるし、他には勤怠も人事評価も有休消化率も、果ては休んだ理由までも全部載ってるのよ。人事考課に直結する情報ばかりでトップシークレットよ。だから厳重にパスワードが掛かってるって言ったじゃない」

「・・・」

「唯一、電話番号だけは別で管理しているけどね」

「え」

「いくらね、これだけネットが普及しても、やっぱり電話連絡先って必要なのよ。何かの時には直に話すのが一番早いし、だから、社員の電話番号だけは別口で管理してるのよ」

「と言う事はパスワードも違う?」

「当然」

「・・・」

ぼくは目まぐるしく頭を回転させた。

ぼくはここ最近だけで、三度、実家に帰省している。

一回目は仁菜子さんとのお見合いの場を勝手に設けられた時、つまりは瑠璃さんと鴨川でばったりと会った時のことだ。

その次は、瑠璃さんと横浜をドライブ中、いい雰囲気だったところにふいに携帯がなり、祖母が危篤だと知り、慌てて新幹線に飛び乗った時。

そして三回目はついこの間、由良の東京旅行の身の潔白を晴らすための時。

一回目と二回目は、どちらも週末の土日を使っての帰省で、二回目は平日だったので、翌日、京都から会社に電話を掛けて、休む理由を伝えている。

つまり、ぼくの勤怠表に<京都に帰省>と書き込まれていたと言う事だ。

そして、瑠璃さんの「世紀の大告白」も、何あろう、この帰省の時なのだ。

あの場面を、ああもタイミング良く撮影することが出来たのは、ぼくが京都に帰省することを知り、ぼくの後を付けていたんじゃないだろうか。

「・・・」

そうか、そう言うことだったのか。

鷹男チーフの知っているパスワードは、電話番号のみが記載されているだけのもので、曽茅野氏は、そのもっと前からトップシークレットの方のパスワードを知っていたに違いない。

そうして、ぼくの行動をチェックしていたんだ・・・。






…To be continued…


「社会人編」そろそろラストスパートです。楽しんでいただけましたら、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ