社会人・恋人編<71>

「ど、どうして瑠璃さんはそんな大事なことをすぐに言わないんだよ!」

思わず声を荒げると

「何言ってるのよ。すぐにでも捜査会議を始めようと思ってたのに、4時からにしようって言ってきたのは高彬じゃない」

瑠璃さんはムゥッとした顔になり───






─Up to you !Ⅱ─<第71話>






「・・そ、それはそうだけど・・」

テーブル越しに睨まれて、思わず口ごもる。

瑠璃さんは勝ち誇った顔でぼくを見ると、持っていたタオルで首筋を押さえた。

シャワーを浴びたばかりの瑠璃さんはほんのりと赤い顔をしており、濡れた毛先の色っぽさは、ついさっきまでの「恋人の時間」を思い起こさせるのに十分ではあったけど───

だけど、今は色っぽい瑠璃さんの姿を楽しんでいる場合ではない。

「ホテルに連れ込まれそうになったって、一体、どう言うことなんだよ」

たった今、瑠璃さんの口から語られた昨日の顛末に、ぼくは顔をしかめた。

「だから今、説明したじゃない。曽茅野氏から電話があって・・・」

「それは聞いたよ。ぼくが言ってるのはそう言うことじゃない。一体、どうして曽茅野氏と会おうとなんかしたんだってことだよ」

「だから、それも言ったわ。2人じゃなかったんだもの。煌も小萩も・・」

「だからそう言うことじゃないよ」

ぼくはイライラと瑠璃さんの言葉を遮った。

「あれほど単独行動はするなと言ったじゃないか」

「・・・」

「単独行動をするなと言うのは、何も複数人がいれば良いというわけじゃあない。ぼくに相談しろ、と言う事だ。女の身で何が出来ると言うんだ」

今回はたまたま、「中年男」を瑠璃さんの一喝で撃退出来たから良かったようなものの、男が本気になれば、女の2人くらいどうとでも出来るはずで、今回、瑠璃さんも大江も無事だったのは、ラッキだったの一言に尽きるのだ。

「・・・」

何事かを考えるように黙り込む瑠璃さんに

(ちょっと強く言い過ぎたかな)

と思わないでもなかったけれど、でも、ぼくは心を鬼にして怖い表情を作り続けた。

瑠璃さんにはこれくらい言っておいてちょうどいいんだ。

俯いたまましばらく黙っていた瑠璃さんは、ふと顔を上げると

「そう言えば、高彬の方は何があったの?」

「え」

「さっき言ってたじゃない。進展があったって」

「あぁ、それは・・・」

曽茅野氏と融、さらにはぼくの兄貴の出身校が一緒だったことが分かった、と言い掛けたところで言葉を飲み込んだ。

言わない方がいい気がしたのだ。

瑠璃さんのことだ、新情報が入ればきっとすぐに動き出すだろう。

融に連絡入れるくらいならいいけど、曽茅野氏にコンタクトでと取られたらたまったもんじゃない。

「ぼくの方の進展と言うのは、融と由良のことなんだ」

「え?ほんと?何かあったの?」

思い付きを言うと、思ってた通り、瑠璃さんはすぐに身を乗り出してきた。

「何かあったってわけじゃないけど、まぁ、何となくね、由良がいい感じではあるんだ」

言いながら、これは本腰入れて、由良に融を売り込むしかないかもな、なんて考える。

「へぇ、そうなの。ふぅん。それは楽しみだわねぇ」

しきりに瑠璃さんは感心し

「お母さまの誤解は解けたの?由良ちゃんが融と東京に来てたって言う」

「あぁ、それはね、大丈夫だ」

「そう」

「とにかくさ、瑠璃さん。これからは単独行動は本当に慎んでくれ」

「わかったわ。あたし一人じゃなく、誰かを巻き込むことにもなるんだものね」

「そういうことだ」

瑠璃さんにはしばらく身の回りに気を付けるように言い、取りあえず捜査会議はお開きにした。

瑠璃さんを家まで車で送り届けた後、一人きりのリビングでぼくは腕を組んだ。

───ここからが、本当の捜査会議だ。

一連の出来事を、ぼくは少し軽く見ていたのかも知れない。

瑠璃さんには悪いけど、瑠璃さんには<事件>から手を引いてもらう。

危険すぎる。

目を瞑り考える。

発端は動画投稿だった。

次いで隠し撮りした瑠璃さんの写真。

そして昨日の、ホテル未遂事件。

目的は何だ。

ぼくか?瑠璃さんか?

いや、そもそも、全て同じ人間の仕業なのか?

それとも、たまたま重なっただけで、別の人間がやったことなのか?

だとしたら、誰が、何の目的で───?

ぼくは目まぐるしく頭を働かせた。






…To be continued…


思いがけずに「古典シリーズ」が長引いてしまい、久しぶりの社会人編です。
本格的に始動する高彬、楽しんでいただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<70>

「瑠璃さんさ、ぼくの外泊、一体何だと思っていたのさ」

「な、何って・・・」

からかうような口調で、至近距離で顔を覗き込まれ───






─Up to you !Ⅱ─side R <第70話>






その顔を見た途端、ピンときた。

「高彬。あんた、さてはあたしが勘違いしてると分かってわざと言ってたわね?」

「いや、全然」

「嘘おっしゃい。顔がにやけてるわよ」

ぴしゃりと言ってやると、高彬は慌てて頬を引き締め、でも、堪え切れないようにまたニヤニヤしている。

「もうっ」

悔しいやら恥ずかしいやらでそっぽを向くと

「可愛いなぁ、と思ってさ」

また顔を覗き込んできた。

「うるさいわねぇ、年下のくせにナマイキだわ」

「ひとつ下くらい年下のうちに入らないね」

「入るわよ。厳然たる事実だわ。あんたは一生、あたしの歳に追い付くことはないの。いい?あんたがオギャーと産まれた時、あたしはもう二足歩行してたのよ。この差は大きいわ」

「二足歩行、ね」

「そうよ。だから敬意を払いなさいよね」

「はいはい」

「ハイは一回!」

高彬は声を出さずに笑うと

「わかった。じゃあ敬意を払っている証拠を見せるから」

なんて言いながらキスをしてきた。

(なんで敬意がキスなのよ!)

と言ったんだけど、唇を塞がれたままだったので、ふがふが言っただけになってしまい、今度こそは高彬は声を上げて笑いだした。

「何、ふがふが言ってるんだよ、瑠璃さん」

「あんたが口を塞いでるからでしょ!」

高彬は笑いながらあたしの顎に指を掛け迫って来るので

「捜査会議でしょ!」

あたしは高彬を押しとどめた。

高彬の視線がチラッと壁の時計に行き

「捜査会議は4時からだ」

見ると3時を少し回ったところだった。

「・・・」

「ね」

にっこり笑う高彬に、年上の威厳をもってにっこりと笑い返す。

「敬意の証明がたったの1時間?」

そう言ってやると、高彬が(おやおや)と言うように眉を上げた。

「言うねぇ、瑠璃さんも」

そうして続けて

「瑠璃さんがいいのなら、いくらでも」

挑戦的な口調で言い、だけど目が合って、ふっと優しい顔になった。

ゆっくりと顔が近づいてきて優しいキスをされる。

「・・・」

あーあ、ほんと、すっかり高彬のペースだわ。

何度かのついばむようなキスの後、横たえられそうになったところで、ふと我に返り、またしても高彬を押しとどめる。

「乗り心地を試すなんて言ったら張り倒すわよ」

凄んでみせると

「大丈夫。乗り心地が文句なく良いのは充分わかってるから」

にっこり笑い、覆いかぶさってきた。






…To be continued…


敬意を色んな形で表したいと思っていそうな高彬に、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<69>

「ねぇ、外泊して何してたの?」

黙り込む高彬にさらに質問を重ねると

「そんな・・、別に瑠璃さんが知ることじゃないさ。褒められたことじゃないし・・・」

高彬はふっと目を逸らし───






─Up to you !Ⅱ─side R <第69話>






褒められたことじゃない・・・

「・・・」

ごくり、と唾を飲み込む。

こ、これは、いよいよ、だわ。

あたしが想像し、怖れていた通りの展開・・・

高彬は目を逸らしたまま、ぼそぼそと話しだした。

「まぁ、今思えば、何もあんなに急ぐことなかったとは思うけどね。大人になればいくらでもチャンスはあるんだし」

「・・・」

「でも、回りはどんどん経験していくし、ぼくも興味あったし・・」

「・・・」

「そんなこと親には絶対言えないから、結局、夜中に目を盗んでやるしかないだろ?皆が寝静まった頃に家を抜け出してさ、早く済ませて帰ってこようと思いつつ、やっぱり気持ちいいから止められなくて。それで結局、気が付けば夜通しだよ。まぁ、今となっては色々、懐かしいよね。まさか大江にバレてるとは思いもしなかったけど・・」

高彬はしみじみと言い、何事かを考えるかのような顔つきで、もしかしたら、当時の「あれこれ」を思い出しているのかも知れなかった。

「高彬、それっていつも同じ人よね・・」

思わず声が震えてしまった。

やっぱり彼女いたんだ・・・

「いや、毎回、違うよ」

「えーーー!!」

違うですって?!

あまりのことに立ちあがってしまい、その反動でイスが後ろに倒れた。

「ち、ち、ち、違うって、あんた・・・」

それって、いわゆる身体だけの割り切った付き合いと言うか遊びと言うか・・・

そう言うこと?!

「色々、試してみたいじゃないか。どんなのが自分に合うかわからないし。乗り心地ってそれぞれ違うし」

さらりと何でもないことのように高彬は言い、その様子にあたしはかぁっと顔が熱くなってしまった。

「な、な、何、失礼なこと言ってるのよ!寄りによって、乗り心地だなんて!」

もっと罵ってやりたいのだけど、興奮して言葉が出てこない。

今にもひきつけを起こして失神してしまいそうだった。

乗り心地って何?!

女をなんだと思っているのよ!!

「乗り心地を試したいだなんてバカにしないでよ!た、高彬がまさかそんなこと言う人だとは思わなかったわ!」

もうもう、あたしは頭がパンク寸前だった。

「だって重要なことじゃないか、相性って」

「そ、そ、そりゃそうだけど、でも、それよりもっと大切なのは心の結びつきとかそう言うものじゃないの?」

「心の結びつき?」

高彬がびっくりしたように反復し、その言い方に更に腹が立った。

「そうよ、それをとっかえひっかえ違う人とするだなんて、そんなの・・・ふしだらだわ!」

「人?」

「あたし、高彬のこと誤解してたのかも知れない。もっと誠実な人かと思ってた」

「・・・」

少しの沈黙が流れ、何事かを考える風だった高彬が、慎重に切り出してきた。

「あのさ、瑠璃さん」

「何よ」

「何か勘違いしてない?ぼくが言ってるのはバイクのことなんだけど」

「はぁ?!」

バイク?!

バイク?

「バ・・イク?バイクって、あの、ブンブンってふかして仮面ライダーが乗るやつ?」

「そうだよ。16になると400ccまでの中免が取れるんだよ」

「・・・」

「バイクはガキん時からずっと乗ってみたくてさ。ほんと、仮面ライダーとか見て憧れるじゃないか。でも、うちの親がいいって言うわけないし、高校入って内緒で免許取ったんだ」

「・・・」

「免許取ったはいいけどさすがにバイクなんか買ったら親にバレるだろ。で、探したらレンタルバイクって言うのがあったんだよ。好きなバイクを借りられるから、夜中にこっそり乗りに行ってたんだ。一度、走り出すと気持ち良くて、つい朝まで・・、って瑠璃さん、どうしたの」

「疲れた・・」

ヨロヨロとよろめきながらソファまで歩き、思いっきり突っ伏した。

何かしら、このデジャブ感・・・。

ベッドが発注ミスだと分かった時と同じ疲れを感じるわ・・・

「大丈夫?瑠璃さん」

気が付いたら高彬もソファに来ていて、あたしの背中をトントンと叩いている。

「バイク、乗っちゃダメだった?」

ノロノロと起き上がり、黙って頭を振る。

バイクでも三輪車でも、この際、自由に乗ってちょうだい・・・

「瑠璃さんさ、ぼくの外泊、一体何だと思っていたのさ」

からかうような口調で高彬が顔を覗き込んできた。






…To be continued…


瑠璃の勘違いっぷりを楽しんでいた疑惑が急浮上している高彬に、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<68>

「瑠璃さん!」

新幹線から降り立った高彬は、すぐにあたしを見つけてニコニコと笑いながら近づいてきた。

「はい、これ。由良からのお土産」

紙袋を手渡され

「ありがと」

受け取りながら高彬を見ると───







─Up to you !Ⅱ─side R <第68話>






「瑠璃さんが迎えに来てくれるなんて嬉しいな」

「・・・」

嬉しさを隠そうともしない高彬の口調に、あたしは心の中では(うーむ)と唸ってしまった。

こんな風に手放しで喜ばれちゃうと、何だか言い出しづらいわねぇ・・

何を隠そうあたしが迎えに来た目的は───

ズバリ、学生時代の外泊の理由を聞くためなのよ。

だって気になるじゃない。

<外泊>に<寝不足>に、極めつけは<疲れた顔>よ!

モテモテだったって言うし、これはもう考えられることと言ったらひとつしかないじゃない!

どうやって聞きだそうかしら。

いきなり「あんた、高校時代の外泊って何よ。何してたのよ」なんて聞くのも唐突過ぎるしねぇ・・

なんて思っていたら

「それにしても驚いたよ。大江と小萩が知り合いだったなんて。しかも昨日、瑠璃さんとこに泊まらせてもらったんだって?」

タイミング良く、高彬の方から大江の話を持ち出してくれた。

高彬にはメールで大江のことを伝えてあったのだ。

「そうなの。びっくりよねぇ」

「大江は少し前の新幹線で京都に帰ったんだろ?」

「うん」

そう。

結局、昨日、小萩を待ちがてら渋谷をブラブラし、そうしてその後、ホテルに泊まるからと遠慮する大江を半ば強引にあたしのマンションに泊まらせた。

もちろんマンションでは、小萩の初デートの話で盛り上がってしまったわけなんだけど。

小萩も満更でもなさそうだったけど、かと言って次に会う約束をしたとかそういうわけでもなさそうで、まぁ、政文の片思いの行方は、今の段階では「杳として知れず」って感じかしらね。

「どうする?これから。まだ早いからどこか行ってもいいし、ぼくのマンションに来てもらってもいいし」

チラリと意味ありげに横目で見られ、またしても(うーむ)と唸ってしまった。

どうしよう。

聞きだすなら2人きりの方がいいかしら。

でもマンション行ったら、何かうやむやなうちに高彬のペースになりそうな気もするしなぁ。

迷っていると

「そう言えば、少しばかり捜査に進展があったんだよ」

高彬が思ってもみないことを言いだした。

「え」

と言いつつ、実はあたしも高彬に報告しなきゃいけないことがあるのよねぇ。

怒るの分かってるから出来れば言いたくないんだけど、でも、話さないわけにはいかないし。

「実は・・・あたしもあるのよ」

歯切れ悪く言うと

「よし、じゃあ『捜査本部』に決まりだ。行こう、瑠璃さん」

高彬はホームを歩き出した。



*****



「えーとね、高彬。捜査会議を開く前にひとつふたつ聞きたいことがあるんだけど・・」

リビングのテーブルで向かい合い、高彬がいれてくれたカフェオレを一口飲んだところで切り出す。

「うん、何だい」

コーヒーを口に運びながら機嫌よく高彬は言い

「あのね」

「うん」

「高彬って、高校生の時、外泊ってしてた?」

「はぁ?外泊?高校の時?」

「うん」

「なんだよ、急に」

高彬は訝しそうな目付きであたしを見てきた。

「いえね、えーと、あたし、実は昨日、わけあって渋谷に行ったのよ。そしたら、これがまぁ、色んな若者がいてさ。それが驚いたことに、何だかみんな大人びて見えるのよ。それで、この子たちって外泊とかしてるのかなぁ、なんて思っちゃってさ、ははは。で、ふと、思ったのよ、高彬も高校の頃は外泊とかしてたのかなぁ、なんて」

しどろもどろに、それでも何とか聞きたいことを織り交ぜて言うと、しばらくじっとあたしを見ていた高彬は

「瑠璃さん・・」

何だか感極まったような声で呟いて、薄っすらと頬を染めた。

「・・・」

高彬ったら、何、頬を染めているのかしら・・

不思議に思っていると

「それってもしかしたら、自分の子どもはどんな風に育てたいかってこと?」

「え」

「そんな風に聞いてくるってことはさ、瑠璃さん、もしかしたら・・・」

「・・・」

「いつかので、・・・その・・・、出来た、とか?」

「ち、ち、違うわよ!って言うか、まだ分からないわよ!」

何をどう勘違いしたら、今の質問でそっちの方に頭が行くのよ!

「もうっ。そ、そんなんじゃないわよ。高彬が高校の時、ちょくちょく外泊してたって大江から聞いたのよ!こうなったらはっきり聞かせてもらうけど、外泊してどこ行ってたの?何してたのよ」

身を乗り出して詰め寄ると

「・・・」

高彬は黙り込んだ。





…To be continued…


高彬の外泊の真相は?!楽しんでいただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<67>

「高彬さまの学生時代・・・」

大江は視線を上に向け、少し考える素振りを見せると

「そりゃあ、おモテになりましたわよ」

にっこりと笑って言い───






─Up to you !Ⅱ─side R <第67話>






「やっぱり!」

思わず大声が出てしまい、慌てて口を塞ぐ。

「高彬さまご本人に、そのご自覚はなかったみたいですけどねぇ。ほら、高彬さまってそう言うことに少し鈍くていらっしゃるから」

大江はうふふ、と笑い

「学生時代と言っても私が知ってるのは高校までですけどね、バレンタインの日なんか、それこそ段ボールに入り切れないほどのチョコが届いてましたし」

「・・・段ボール・・・」

「でも高彬さまはそれほど甘党じゃありませんでしょ?だからそのチョコはずっと家に置きっぱなしになってしまって、結局、大の甘い物好きの春日さまが・・・」

「春日さま?」

「あ、高彬さまのお兄さまですわ。ご長男です」

「あぁ・・」

そういや、高彬、お兄さんが何人かいるって言ってたっけ。

「で、その春日さまが全部、お食べになってしまって、それで・・」

くくく、と大江は笑うと

「こーんなに太ってしまわれたんですわ」

「へぇ・・」

高彬は全然太ってないのに、お兄さんがすごく太ってるだなんて、何か意外な気がするわ。

体質が違うのかしら?

「顔って似てるの?」

「春日さまと高彬さまですか?」

「うん、そう」

「それが、ぜーんぜん。天と地ほども違います。あ、もちろん高彬さまが天ですわよ」

「ふぅん、じゃあ、兄弟で全然似てないのね」

「はい。私たち使用人の間では、父親が違うんじゃないかって話してるんです」

何とも過激なことを大江はニコニコと言い、そうして、ふと、何の話をしていたのか思い出したのか

「その高彬さまですけどね、文化祭や体育祭の時は、他校から女の子が詰めかけて、高彬さまのクラスの模擬店だけは大盛況だったそうですわよ。『一緒に写真撮って下さ~い』とか『サインして下さ~い』とか『握手して下さ~い』とか、捌くのに大変だったって言ってました」

「言ってた?高彬が?」

「いいえ、兄ですわ」

「・・兄?守弥ってこと?どうして守弥が学校に・・・」

「兄は『若君に何かあったら』と言う事で、学校にもほぼ同行していたのですわ」

「・・・」

「だから文化祭の時には、兄が整理券を配ったとか、配らなかったとか」

「よく学校側が守弥の同行を許可したわねぇ・・」

守弥の過保護っぷりにさすがに呆れて言うと

「もし兄を出入り禁止にでもして、それで高彬さまに何かあった時、兄が黙ってると思います?」

「・・・」

到底、思えないわね。

黙って頭を横に振ると、大江は大きく頷き返し

「学校側も兄みたいなのを敵に回すより、いっそ取り込んだ方がいいと思ったんだと思います。まぁ、それくらい高彬さまの人気はすごかったってことですわ」

「・・・」

そっかー、モテたんじゃないかとは思ってたけど、高彬、そんなにモテてたんだ・・・

うーん、想像してた以上のモテっぷりだわ。

となると、これは・・・

「でね、大江・・」

あたしはコホン、と咳払いをひとつすると

「えーとね、まぁ、高彬がモテてたのはわかったわ。それで、あのぅ、彼女と言うか、付き合ってた人っていたの?」

つまり、問題はそこなのよ。

モテていようがいまいが、あたしが一番、気になるのは高彬に彼女がいたかってことで・・・

「うーん」

大江は腕を組んで考えると

「いたかどうかはわかりません。高彬さまってそういう事、ペラペラ話す人じゃないですし」

「うん、そうよね・・」

「ただ・・」

「ただ?」

「外泊することはちょくちょくありました」

「え?!」

外泊?

「それで翌朝、帰って来た時は、それはもう寝不足そうな疲れた顔をなさっていて・・」

えーーーーー?!

寝不足で疲れてたって・・・・

そ、それって、まさか・・・。





…To be continued…


整理券もらって高彬と握手して見たかった、と思っていただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

  ↑
ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
なんて素敵にサイト様 (ジャパネスク)
なんて素敵にサイト様(他ジャンル)
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ