教師編<遠足編-最終話->

拍手SSとして書いていた「教師編」の続編です。




「瑠璃×高彬<教師編>**遠足編-最終話-** 」




愛撫を重ねれば重ねるほど、瑠璃さんの<ベテラン説>は疑惑を増して行き、だけどぼくは何食わぬ顔をして愛撫を続けた。

本人が「ベテランだ」と言うのなら、ぼくもそれに準じた振る舞いをするのが礼儀なんじゃないかと思ったからだ。

いや、礼儀とか、準じるとか、この場面で使うのはおかしいのかもしれないけど。

だけど、どうも瑠璃さんといると色んなことのペースが崩されて、それが心地よいと言う何とも不思議で厄介な事態になる。

ぼくが今まで持っていた概念とか常識が、良い意味で覆されるような気がするのだ。

例えばだけど、今日みたいに告白していきなりベッドインなんてことは、ぼくの人生でついぞなかったことだった。

でも、瑠璃さんになら言えた。

どうしてだか分からないけど。

決して遊びとかそんなんじゃなくて、シンプルに触れ合いたいと思ったのだ。

こうして肌を重ねていても、どこもかしこもぼくの好みで、まるで、もうずっと長いことこうしていたような気すらしてくる。

下に下がっていき脚を広げると、瑠璃さんはまたしても身体を固くした。

それには気付かない振りで、瑠璃さんの<ベテラン説>に最大限の敬意を示し、優しく舌を這わせる。

瑠璃さんは息を飲み、とっさに脚を閉じようとしたけれど、それもやんわりと阻止をする。

充分に潤わせてから体勢を変えて、あてがって挿れて行くと、瑠璃さんは目を瞑り息を止めた。

瑠璃さんの顔を見ながらゆっくりと身体を進めていくと、瑠璃さんはどんどん辛そうな顔になり、半分ほど進めたところで

「いやっ、痛い・・!」

突然、両手で顔を覆うと小さく叫んだ。

「・・・」

動くのを止め、そっと瑠璃さんの手を外すと、赤く蒸気したような顔があった。

途方に暮れたような、困ったような目でぼくを見ている。

瑠璃さんの目を見返し、小さくキスをして額をくっ付ける。

「瑠璃先生、どうして、そんなウソをつくの」

「・・・」

「ベテランだなんて」

「・・・」

少しの間、唇を噛んでいた瑠璃さんは

「恥ずかしかったんだもの。この歳で未経験だなんて」

「どうして」

「モテません、って言ってるようなものじゃない」

「なんでそうなるかな。別にそれとこれとは関係ないと思うけど。瑠璃先生だって、言い寄られたことの一度や二度はあるだろ」

「それは、まぁ」

「それ、気になるな。さっきの自己紹介、そう言うのも聞かせてもらいたかったよ」

瑠璃さんは声を出さずに小さく笑った。

「このまま・・・、続けてもいいかな。正直、結構キツいんだ。生殺し状態」

大げさに呻くように言うと、今度は瑠璃さんは声を上げて笑い、ふと真顔に戻ってぼくを見るとコクンと頷いた。

「痛くない?」

「痛いけど」

「ごめん」

「・・うん」

少しずつ身体を進め最後まで挿れて一旦動きを止めると、瑠璃さんは大きく息をついた。

「いい?動いても。少し痛いかも知れないけど」

「・・・うん。出来れば、手短で・・」

手短、の言葉に思わず吹き出してしまう。

本当に瑠璃さんにはペースを崩される。

だけど───

どうしてこんなに楽しいんだろう。

瑠璃さんご所望の<手短>でコトを終わらせると、瑠璃さんを抱きしめながら横たわった。

カーテンの隙間から、濃いオレンジ色の光が一筋入り込んできている。

「藤原先生。どうして、あたしが初めてってわかったの?」

「え」

「途中までは、うまくごまかせてたでしょ?」

「いや、全然。すぐに分かったよ」

そう言うと、瑠璃さんは不思議そうな顔でぼくを見て、それから天井に目をやった。

「そう、バレてたの・・」

どうしてバレたのか不思議でしょうがない、とでも思っているような口調だった。

「そう言えば、さっきの自己紹介の続きだけど、好きな食べ物って何?」

思い出して聞いてみると、「そうねぇ」と首を傾げて考えていた瑠璃さんは

「ケチャップのかかったホットドック!」

と言い、ぼくたちは声を合わせて笑った。

「藤原先生は何が好きなの?」

「あのさ、瑠璃先生。そろそろ、先生って呼ぶの、やめないか」

「え」

「せっかく恋人になったんだし。<先生>はやめようよ」

「じゃあ・・・、藤原!」

「なんでそうくるかな」

吹きだしながら、瑠璃さんの頭を抱え込むと、瑠璃さんは「きゃあ」なんて笑い、2人でひとしきり笑った後

「でも、学校で変な呼び方しちゃったら困るから、しばらくは藤原先生でいいわ。あたし、おっちょこちょいだから呼び方を使い分ける自信ないかも」

「・・そうか・・」

言われて見ればぼくもその通りで、結局、ぼくたちは恋人同士になっても「瑠璃先生」「藤原先生」と呼び合うことになった。

この1年後、ぼくたちは結婚することになるのだけど、でも、どう言うわけだかずっと

「瑠璃先生」

「藤原先生」

と呼び合い続け、結婚後、半年で生まれてきたぼくたちの子どもは、片言を話すようになると、ぼくのことを

「ふじわらしぇんしぇい」

と呼んでは瑠璃さんを笑わせることになるのだけど、でも、この時のぼくたちにとり、それはまだ遠い未来の話なのだった。




~fin~


教師編、これにて完結です。長らくのお付き合いありがとうございました。
「藤原先生」と「瑠璃先生」、楽しんでいただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

教師編<遠足編-9->

拍手SSとして書いていた「教師編」の続編です。




「瑠璃×高彬<教師編>**遠足編-9-** 」




瑠璃さんってもしかしたら、あまりキスに慣れてないのかな・・・

キスをしながら、ふとそんなことが頭をよぎった。

何て言うか、ぎこちないと言うのか、物馴れてないと言うのか。

いや、ぼくだって瑠璃さんにどう思われてるか分からないから、もしかしたらお互い様ってことなのかも知れないけど。

それにぼくたちにとって初めてのキスだから、こんなものと言われたらこんなものなのかも知れないし・・。

キスをしながら瑠璃さんの身体を横たえようとすると

「藤原先生、カーテン・・」

瑠璃さんに言われ、気付いたらカーテンが全開のままだった。

ちょうど夕暮れの時分で夕景が見事だったけど、躊躇なくカーテンを閉める。

ここで閉めない男はいないだろ。

夕景より瑠璃さんだ。

ベッドに戻り、瑠璃さんを抱き上げて横たえた。

改めてキスを始め、バスタオルを外しに掛かると、瑠璃さんはビクッと身体を震わせた。

「・・・」

その震え方があまりにもロコツで、思わず手が止まってしまう。

見ると瑠璃さんは、バスタオルの端をヒシと掴んでいて

「・・瑠璃先生、もし、まだ気持ちが決まってないのなら・・・」

この段階でストップを掛けられるのは相当キツいけど、それでも一応そう言ってみると

「大丈夫。気持ちは決まってるわ」

瑠璃さんはぼくの目を見ながら、きっぱり過ぎるくらい、きっぱりと言った。

「うん、じゃあ・・」

バスタオルを外すと、想像以上の極上の裸体が現れた。

極めの細かい滑らかな肌に形の良い乳房、首から鎖骨ラインにかけての窪み───

先端を口に含むと、胸の谷間から立ち上る甘い匂いが鼻腔をくすぐる。

舌先を動かすと

「あ」

と瑠璃さんは声を上げ身をよじった。

だけどぼくは思わず唇を離し、瑠璃さんを見てしまった。

何て言うか、瑠璃さんの「あ」が、快楽から来る「あ」とはちょっと違うように聞こえたからだ。

「・・・」

さっきチラリとよぎった思いがまた頭をもたげてくる。

瑠璃さんって、もしかしたら・・・

「瑠璃先生」

ぼくは口調を改めて、瑠璃さんを見下ろした。

いや、ここは不問にすべきところかも知れないし、場合によってはその方が男にとっては都合の良い時があるのかも知れないけど、聞かずにはいられない気持ちだった。

「瑠璃先生ってさ、もしかしたら、その・・初めて?」

「まさか!」

間髪入れずに言葉が返ってきた。

「まぁまぁのベテランよ」

「・・でも」

「ちょっとブランクがあるから、あれだけど。少しすればすぐにコツを思い出すわ」

「・・・」

「何よ。藤原先生、初めて、が良かったの?」

「いや、そう言うわけじゃないけど・・・。ただ・・・」

「大丈夫よ。続けて」

「・・・」

瑠璃さんにそう言われたら、何も言う事はないわけで、ぼくはキスをしながら手を瑠璃さんの身体に這わせ始めた。

初めてがいいとか悪いとか、そう言うことではなく、もし初めてだと言うのなら、ぼくにもそれなりの心構えと言うか手順があるわけで・・・

だけど「初めて」とウソをつくことはあるかも知れないけど、経験もないのに「ベテラン」とウソをつくとは思えないから、ここはやっぱり「ベテラン」の言葉を信じるしかないだろう。

だけど、手を出せば出すほど、瑠璃さんがその道に通じている、つまりは愛撫を受け慣れているとは思えなくて、何だかぼくも落ち着かない気持ちになってくる。

そう思いながらも、しつこく聞くのもおかしな気がして、ぼくは瑠璃さんへの愛撫を重ねて行ったのだった。




~fin~


ビギナーか、ベテランか。疑惑が浮上する瑠璃に、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓



(←お礼画像&SS付きです)

教師編<遠足編-8->

拍手SSとして書いていた「教師編」の続編です。




「瑠璃×高彬<教師編>**遠足編-8-** 」




通されたのは、海が一望できる部屋だった。

6時近くになってもまだ明るい空からの光に、海面がキラキラと反射している。

「あ、海・・」

部屋に入り、すぐに窓辺に立つと、瑠璃さんはさっきの電車の中と同じように額を窓ガラスに付けじっと海を見ている。

あの後、駅に戻り、江ノ電沿線にあるホテルにやって来た。

ここに来るまで瑠璃さんは終始無言だったし、ぼくも二言三言しか話しかけなかったけど、それでも、嫌な感じの沈黙ではなかったと思う。

「すごくいい景色ね」

窓の前に置かれてあるテーブルセットのイスに腰掛けると、瑠璃さんは海を見たまま言った。

「うん」

もうひとつのイスに座りながら頷くと、瑠璃さんはちらり、とぼくの顔を見た。

「・・子どもたちにバレないかしらね」

「何が」

「こうしてホテルに来たこと」

「バレないだろう。今日、たまたま鎌倉に来てる子がいるとは考えづらいし・・」

「そうじゃなくて、学校でよ」

「え」

「藤原先生、顔に出やすそうなんだもの」

「・・・」

「子どもたちって案外、目敏いから」

「・・・」

「大丈夫?」

「だ、大丈夫だよ」

ふいに顔を覗き込まれてドキマギしてしまう。

しかも(大丈夫?)の言い方が、まるで子どもに言い含めるような口調にも聞こえ、そう言えば、瑠璃さんはひとつ年上だと言う事を思い出してしまった。

いや、別に年上でもいいんだけど。

ぼくが口ごもるのがおかしかったのか、瑠璃さんはクスリと笑うと

「ま、いいわ。じゃあ早速、お互いをもっと良く<知り合い>ましょう」

まるで教壇に立っているかのような明るい口調で言った、

「・・・」

「まずは自己紹介をしましょう」

「は?自己紹介?」

「藤原先生、あたしの何が知りたい?」

「・・え、何って・・。そりゃ、まぁ・・・色々」

「じゃあ、適当に話すわね。あたしは紅茶派かコーヒー派かと言ったら、断然、紅茶派よ。犬か猫、どちらか選べと言われたら犬ね。休みの日は案外、家でのんびり過ごすのが好きで、それで好きな食べ物は・・」

そこまでサラサラと言うと、ぼくの顔を横目で見て、たっぷり5秒はそのままぼくを見ていたかと思うと、ふいに吹きだした。

「・・冗談よ。藤原先生がこんなことを知りたいと思ってるわけじゃないってことはわかってるわよ」

ぼくがよっぽど間の抜けた顔をしていたのか、瑠璃さんはクスクスと笑った。

「もう少し海を見てからでもいい?シャワー浴びるの」

「う、うん」

あっけらかんと瑠璃さんは言い、テーブルに両肘を付き、しばらく海を見ると、シャワー室に入って行った。

「・・・・」

物馴れた瑠璃さんの様子は何となく調子の狂う感じで、それでもそのままイスに座っていると、瑠璃さんが出てきた。

むき出しの肩にバスタオルを巻いただけの、惜しげもないほどに魅力的な姿をしている。

毛先の濡れた髪が何とも色っぽい。

「藤原先生もどうぞ」

促され、立ち上がる。

シャワーを浴び、タオルを巻いて出て行くと、瑠璃さんはベッドの縁に腰掛けていた。

隣に座り、肩に腕を回しこちらを向かせる。

大人の時間の始まりだ───

顎を上げさせキスをする。

優しく軽いキスから、段々と深いキスへ。

キスを続けているうち、ある思いが浮かんできた。

あれ?瑠璃さんってもしかしたら・・・





~fin~


瑠璃さんが何?!一体、何だと言うのです!気になる発言の高彬に、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

教師編<遠足編-7->

拍手SSとして書いていた「教師編」の続編です。




「瑠璃×高彬<教師編>**遠足編-7-** 」




「ダメってわけじゃない気は、する、けど・・・」

ややしばらくの沈黙の後、ゆっくりと顔を上げながら瑠璃さんは言った。

どこかあやふやな、自信のなさそうな顔をしている。

「ただ、そんな急に言われても・・」

「うん」

遊びや、いい加減な気持ちで誘ってるつもりはなかったけど、でも、瑠璃さんの言う事ももっともだと思うから、ぼくは素直に頷いた。

「もちろん、無理強いするつもりもないし、ただ、ぼくはそう言うつもりだってことは、瑠璃先生に知って欲しいって言うかさ」

「う、うん・・」

また俯いて考える風だった瑠璃さんは、ふいに顔を上げると

「藤原先生ってそう言うこと、簡単に言っちゃう人なの?」

真面目な顔をして聞いてきた。

「誰にでもってこと?」

「そう」

「いや、言わないよ、正直、自分でも驚いてる。こんなこと言うなんて」

「・・・」

「何か、瑠璃先生にだと、正直に言えるって言うか・・。自分でも不思議なんだけど」

「・・・」

「瑠璃先生にしてみたら、ありがた迷惑かもしれないけど」

「・・・迷惑ってことは、ない、けど・・。藤原先生といると、あたしも何だか自然でいられるし・・」

瑠璃さんはぼそぼそと呟き、良くみると目の縁が薄っすらと赤くなっている。

「じゃあ・・」

「ただ」

言葉が重なり、ぼくは瑠璃さんに譲った。

「ただ?」

「今日、最終回なの」

「・・え・・」

「ドラマの」

「・・え?」

「予約してくるの忘れちゃったのよ。9時までに帰れるかなって、気になっちゃって・・」

「・・・」

瑠璃さんが躊躇してた理由って、もしかしたら、これ、なのか・・?ドラマ?

いや、まさかな。

だとしたら、嬉しいような、哀しいような、複雑な気持ちだ・・・

「いや、9時は無理かも知れないけど・・」

「そう・・」

瑠璃さんは、ふぅ・・と息を吐き、どうしよう、なんて呟いている。

「いや。あの、テレビはあると思うけど・・」

「9時から10時20分よ」

「20分・・?」

「最終回拡大スペシャルなの」

「・・・」

最終回拡大スペシャル・・・

「大丈夫だと、思う。その時間は・・、うん、善処する」

実際、そうとしか言いようがなくてそう言うと、瑠璃さんはいったん唇を引き結んだかと思うと

「わかったわ。行くわ」

きっぱりと言ってきた。

「確かにあたしたちは、もうそれなりにお互いのことは知っている気がするものね」

「いいの?瑠璃先生。無理しなくても・・」

「無理はしてないわ」

瑠璃さんは首を振り

「あたしも、藤原先生のこと、知りたいかも・・」

そう言うと、赤い顔で俯いた。





~fin~


お互いに、もっと知り合って欲しい2人に、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓






(←お礼画像&SS付きです)

教師編<遠足編-6->

拍手SSとして書いていた「教師編」の続編です。




「瑠璃×高彬<教師編>**遠足編-6-** 」




「口説くって・・」

ぼくの言葉に瑠璃さんは俯き、見ると耳や首まで赤くなっている。

ぼくの言葉の真意を掴みかねているようだった。

「さっき、藤原先生『食事したりこんな風にデートしたり、そんなとこからでいいから』って言ったわ」

「うん」

「そう言うのって口説くって言うの?」

「・・・」

「何だか、他の含みがあるように聞こえるわ」

なじるでも非難でもない、本当に純粋な質問のように聞こえ、それはいかにもぼくの知っている瑠璃さんらしい質問だった。

「含みは・・・、うん、ある」

ぼくも正直に言う。

「出来れば、今日は帰したくないと思ってる」

「・・・」

瑠璃さんの目が驚いたように見開かれ、でも、その中に嫌悪がないことに、密かに安堵していた。

「少し、歩こうか」

いつまでも駅のホームに座ってるのもおかしいし、何となく歩きたかった。

改札を出て、海とは反対側に歩き出す。

「バック、持つよ」

手を差し出すと、少し考えて、瑠璃さんはバックをぼくに預けてきた。

しばらく黙ったまま歩き

「さっき・・」

瑠璃さんが口を開いた。

「うん」

「さっき、藤原先生、あたしのこと『恋愛の素人』って言ったでしょ」

「うん」

「どういうのが『素人』なのか分からないけど、でもね、あたし、恋愛にはすごく真面目なの。遊びで付き合うとかって本当にダメなの」

「うん。分かるよ。ぼくだってそうだから」

「でも、藤原先生、今、口説くって、帰したくないって言ったわ。それって・・」

「そう言う意味だよ。多分、瑠璃先生が想像してる通りのね」

「・・そんな・・・」

「そう言うのっておかしいかな」

「おかしいわよ」

「付き合ってもないのに、いきなり、そんな・・」

「ホテルに行くなんておかしい?」

「・・・そうよ」

はっきりと言うと、一瞬、怯んだ素振りを見せた瑠璃さんは、それでも、大きく頷いた。

「おかしいわ」

「そうかな」

「そうよ、遊びで、いい加減に付き合ってるみたいで・・」

「瑠璃先生。ぼくたちはもう何か月も毎日、学校で会ってるし、帰りに食事だってしてる。電話やメールでもやり取りしてる。仕事の一環とは言え、今日みたいに一日一緒に過ごしもした。ぼくは少しは瑠璃先生のこと、分かったつもりでいるよ」

「それは・・・、あたしだってそうだけど。藤原先生のこと、少しはどんな人か分かる気はしてるわ」

「だろ。だから、もう少し、その先のことを知りたいと思うのは、おかしいかな」

「・・・」

「ぼくたちは大人なんだし」

「・・・」

「そう言う、始めり方はダメかな」

「・・・」

瑠璃さんは立ち止まり、考える風に俯いた。





~fin~


もうひと押し。「ミスターおあずけ」の名を返上して欲しい高彬に、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ