小萩

コミックを読んで、ますます好きになったのが小萩です。

瑠璃に労ってもらって顔を赤らめるところがあったりして、すごく可愛い。

コミックの方がミーハーな感じが出てる気がしますね。

小萩と言い守弥と言い、あの仕え方って、もう「仕事」を超えてますよね。

やっぱり出会い方が、自分が落ち込んでるときに救われたからって言うのも大きいのかな。

それにしても救い方が違うけど。

高彬は「素」の可愛さで救ったって感じだけど、瑠璃の場合はウソ泣きと演技・・・(笑)

そういえば小萩、自分が瑠璃に仕えることによって叔父君が上国の守に推薦してもらえると言う取引していたことを知った時

『尼になろう』

って突然、思いつくんですよね。

この発想、どっかで聞いたことがあるなと思ったら・・・・・・・瑠璃なんです。

基本的に似た者同士なのかも知れませんね。

でも小萩は、事件の時っていつも途中から蚊帳の外になっちゃうんですよね。

身分的に瑠璃と全部を同行できないから無理ないのかも知れませんけど。

ところで小萩に言い寄ってた高彬のお付きの人って誰でしょう?

小萩、早苗に

『小萩さんって自分に恋人がいないから、こういうことに厳しいんですよね。やんなっちゃう』

なんて言われてましたけど、小萩だってそこそこモテてたんですよね、少なくとも2年前までは。

でも、その後に瑠璃が「左大臣事件」「吉野君事件」を起こして、きっと恋愛どころじゃなかったんでしょうねぇ・・・。

それなのに結婚した瑠璃は

『お姉さんぶりたいのよ。ほら、あたしが結婚しちゃったもんで、こと、これに関しちゃ、先輩面できないでしょ』

なんて言っている。

頼みの綱の高彬までもが

『意地悪、言うねぇ、瑠璃さんも』

なんて言って、それで2人して

『目交ぜして・・・笑いあっ』てるんですって。

ひどいですねぇ、2人とも!

瑠璃が出家するつもりで青蓮華寺に行った時、密かに高彬に文を送ってくれたの忘れちゃったのー?!

「忘却は罪」だって、吉野君も言ってますし。

そういえば瑠璃がお忍びで白梅院に行った時(高彬のお見舞いで)、牛車の外に控えてくれてたのも政文だったから、小萩×政文って組み合わせはどうでしょう。

政文がどんな人かはよくわかりませんけど、なんか一般的な善良な人というイメージが。

小萩は瑠璃に色々振り回されてるから、結婚はふつ〜の人とぜひ!




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

楽しんでいただけたら、クリックで応援お願いします。





(←お礼画像&SS付きです)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ