社会人・恋人編<70>

「瑠璃さんさ、ぼくの外泊、一体何だと思っていたのさ」

「な、何って・・・」

からかうような口調で、至近距離で顔を覗き込まれ───






─Up to you !Ⅱ─side R <第70話>






その顔を見た途端、ピンときた。

「高彬。あんた、さてはあたしが勘違いしてると分かってわざと言ってたわね?」

「いや、全然」

「嘘おっしゃい。顔がにやけてるわよ」

ぴしゃりと言ってやると、高彬は慌てて頬を引き締め、でも、堪え切れないようにまたニヤニヤしている。

「もうっ」

悔しいやら恥ずかしいやらでそっぽを向くと

「可愛いなぁ、と思ってさ」

また顔を覗き込んできた。

「うるさいわねぇ、年下のくせにナマイキだわ」

「ひとつ下くらい年下のうちに入らないね」

「入るわよ。厳然たる事実だわ。あんたは一生、あたしの歳に追い付くことはないの。いい?あんたがオギャーと産まれた時、あたしはもう二足歩行してたのよ。この差は大きいわ」

「二足歩行、ね」

「そうよ。だから敬意を払いなさいよね」

「はいはい」

「ハイは一回!」

高彬は声を出さずに笑うと

「わかった。じゃあ敬意を払っている証拠を見せるから」

なんて言いながらキスをしてきた。

(なんで敬意がキスなのよ!)

と言ったんだけど、唇を塞がれたままだったので、ふがふが言っただけになってしまい、今度こそは高彬は声を上げて笑いだした。

「何、ふがふが言ってるんだよ、瑠璃さん」

「あんたが口を塞いでるからでしょ!」

高彬は笑いながらあたしの顎に指を掛け迫って来るので

「捜査会議でしょ!」

あたしは高彬を押しとどめた。

高彬の視線がチラッと壁の時計に行き

「捜査会議は4時からだ」

見ると3時を少し回ったところだった。

「・・・」

「ね」

にっこり笑う高彬に、年上の威厳をもってにっこりと笑い返す。

「敬意の証明がたったの1時間?」

そう言ってやると、高彬が(おやおや)と言うように眉を上げた。

「言うねぇ、瑠璃さんも」

そうして続けて

「瑠璃さんがいいのなら、いくらでも」

挑戦的な口調で言い、だけど目が合って、ふっと優しい顔になった。

ゆっくりと顔が近づいてきて優しいキスをされる。

「・・・」

あーあ、ほんと、すっかり高彬のペースだわ。

何度かのついばむようなキスの後、横たえられそうになったところで、ふと我に返り、またしても高彬を押しとどめる。

「乗り心地を試すなんて言ったら張り倒すわよ」

凄んでみせると

「大丈夫。乗り心地が文句なく良いのは充分わかってるから」

にっこり笑い、覆いかぶさってきた。






…To be continued…


敬意を色んな形で表したいと思っていそうな高彬に、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓




(←お礼画像&SS付きです)

コメントの投稿

Secre

ベリーさま

ベリーさん、こんにちは。

> 可愛らしい二人ですこと!
> 意地悪で優しくて、ラブラブですね

恋人同士ですからね!何だかんだ言って、じゃれあってしまうのです。

>捜査会議なんかほっといて好きなだけ敬意を払ってくださいませ。おご馳走様です^_^

ほんと、捜査なんてどうでもいいですよねぇ(笑)

可愛らしい二人ですこと!
意地悪で優しくて、ラブラブですね 捜査会議なんかほっといて好きなだけ敬意を払ってくださいませ。おご馳走様です^_^
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ