更新情報

<2018 .6.14> 『素敵な情報をありがとうございます!』更新しました!New!

<2018 .6. 9> 『社会人・恋人編<97>』更新しました!

<2018 .5.31> 『お知らせ』更新しました!

<2018 .5. 27> 『<短編> 月下の恋人~<続々>One spring day【後編】』更新しました!

<2018 .5. 22> 『<短編> 月下の恋人~<続々>One spring day【前編】』更新しました!

<2018 .5. 16> 『<短編> あらたまの春 』更新しました!






(←お礼画像&SS付きです)

ごあいさつ<最初にお読みください>

当ブログ管理人の瑞月(みずき)です。

ご訪問いただきありがとうございます。

気が付けばジャパネスクと出会ってから30年近くもたっていました。

何回読んだか、わからないくらいです。

感想や思ったことなど、自分自身の「まとめ」の意味でも書いていこうと思いたちましした。

好きすぎるゆえの辛口のつっこみなどもありますが、1ファンの勝手な感想ということでご容赦ください。

二次小説なども、アップしていくつもりです。

二次小説と言っても、瑠璃と高彬のいちゃいちゃぶりとか、そんな感じのお話です。

あまりにあからさまな表現はとっておりませんが、少しきわどいシーンもあります。

これまた1ファンの勝手な妄想としてご容赦願います。
1話完結のものもありますが、順番で読んでいただいた方がわかりやすいものもあります。

タイトルに「第○話」とふってあります。

ブログの特性上、最新作が一番上の記事になってしまいますのでご了承ください。

その話によって設定が違ってくることもあります。(瑠璃たちの結婚前、結婚後とか)

カテゴリーである程度は分けてありますので、興味のあるところからお読みください。

また、当ブログは原作に沿っておりますので、カップリングは瑠璃×高彬のみです。

読後のクレームなどは受け付けておりませんので、ご自身の判断でお読みになってください。

また、全てを読破した上での感想ですので、どれもこれもがネタばれとなりますので、未読の方はご注意くださいませ。

当ブログはリンクフリーではありません。

リンクをご希望される場合はご連絡くださいますようお願いいたします。(ブログの内容によってはご希望に添えない場合もございます)

当ブログ内の文章の無断転用はご遠慮下さいますようお願い致します。

コメントは承認制にしております。

管理人が不適切と思ったコメントは予告なくそのまま削除、または返信をつけない場合がございます。

また悪質な非公開コメントは、管理人の判断で必要に応じて公開する場合もございます。

不審なメールや中傷メールが届いた場合は、内容を第三者や機関に転送、提出し一般公開することもございます。

『「なんて素敵にジャパネスク」あれこれ』及び、乳姉妹ブログ『「なんて素敵にジャパネスク」あれこれ*plus』に頂いたコメントの著作権は当ブログに帰属します。

公開しているコメントの、当ブログ外への持ち出しや無断転載は固くお断り致します。


注)当ブログは原作者さまや出版社さまとは一切関係がございません。


<2017.10.21改訂>


(←お礼画像&SS付きです)

素敵な情報をありがとうございます!

瑞月です。

いうもご訪問いただきありがとうございます。

先日、コメント欄より「コバルトがこんな募集をしていますよ」と教えていただきました。

ジャパネスク2

ジャパネスク (640x562)

これを見た時「夢と知りせば」はどうかな?と思い付きました。

「あれこれプラス」の方で連載していた現代の瑠璃が平安にタイムスリップしてくるお話です。

「悲恋炎上、そして」などの「原作シリーズ」も思い浮かんだのですが、「夢と知りせば」の方が小説としてそれなりの長さがあり、ひとつの話としてまとまっているので、こっちの方がいいかなと思いました。

入賞出来るとは夢にも思っていませんが、こんな賞があってそれに応募出来ることが嬉しくてたまりません。ワクワクしています。

少し形を整えてさっそく応募してこようと思います。

素敵な情報を教えて下さったみっちさん、ありがとうございました!


ランキングの参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
↓↓

にほんブログ村


(←お礼画像&SS付きです)

社会人・恋人編<97>

「こう言う場面で、独り語りをするのは、謎解きをする時の定番だものね。勝手に話を進めさせてもらうわ」

ぼくの前に置かれていたコップの水を一口、口に含むと、瑠璃さんはゆっくりと話し始め───






─Up to you !Ⅱ─<第97話>






「あなたと阿矢さんの交際があったのは、あなたたち2人がシンガポール支店にいる頃──」

瑠璃さんは真っ直ぐに曽茅野氏を見ながら言い、曽茅野氏もまた瑠璃さんを真っ直ぐに見返している。

瑠璃さんの口調はどこまでも穏やかだった。

「あなたたち2人は本当に仲睦まじい恋人だったのでしょうね」

「・・・」

しばらく待っても曽茅野氏からの返事はなく

「それを話してる時の阿矢さんの表情でそう思ったのよ。すごく幸せそうな顔してたんだもの」

瑠璃さんは小さく頷きながら言う。

「高彬がシンガポールに出張に行ったのは、おそらくその頃よ」

「そうか。ぼくは何も気付かなかったけど・・、いや、そもそも阿矢さんのことも良く覚えてないくらいで」

「高彬が気付かなかったの無理ないわよ。社内恋愛で回りには内緒だったでしょうし、それを男女の機微に疎い高彬が見抜けるわけないもの」

多少、不本意ではあったものの、その通りなので頷く。

「でね、曽茅野さん。あなた、もしかしたらプロポーズか何かをしたんじゃない?ここのところは阿矢さんもはっきり言ってくれなかったから聞くんだけど」

「・・・」

まだ曽茅野氏はだんまりを決め込んでおり

「まぁ、いいわ。そう言うことで話を進めさせてもらうわね」

瑠璃さんはコップの水を一口飲むと

「上手く行っていた恋人同士だし、あなたとしては当然、良い返事をもらえると思っていたのに、プロポーズをした直後、阿矢さんは姿を消してしまったのよね」

「姿を消した?」

「まぁ、平たく言うと異動よ。東京支店に来てしまったってわけ。自分から願い出てね」

そう言えば、前にリーフレットを取りに行ったついでに阿矢さんと話した時、広報の仕事がしたくて東京支店への異動の希望を出してたとか何とか言ってたことを思い出す。

「───そうよね?」

ほんの少し曽茅野氏の眉が上がった気がしたけど、それでもまだ口を開く気はないのか一言も発しない。

それでも瑠璃さんの話に興味津々なのはありありで、さっきよりも気持ち、身体が前屈みになっている。

コップに手を伸ばし、空だったことに気が付いた瑠璃さんは諦めたのか手を引っ込めた。

「それでね。ここが、まさしくあたしがあなたを大馬鹿者と思う所以なんだけど・・・」

瑠璃探偵の独り語りは続く。





…To be continued…


恋人編、大詰めです。楽しんでいただけましたら瑠璃探偵にクリックで応援をお願いいたします。
↓↓

にほんブログ村

(←お礼画像&SS付きです)

お知らせ

瑞月です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

更新が止まっていた「社会人編」ですが、そろそろ再開しようと思っています。

今、読み返したりしながら準備中です。

「社会人編なんて忘れちゃったわ」と言う方、以前にアップした記事ですが、大まかなあらすじがありますので、よろしかったらこちらをお読みになってみてください。

「社会人編あらすじ」

あと少しで最終回と言うところで止まってしまい、何だか間の抜けた再開になってしまいそうですが、またお付き合いいただければと思います。

私信ですが、鈴夏さん。

先週、シャンシャンに会いに行ってきたので、掲示板の方に写真を少しアップしました。

また大きくなっていました!可愛さは変わらずでしたよ。


シャンシャンの天然の可愛さは、ジャパネスクキャラで言ったらやっぱり融かな?
性別を超越した天然癒し系の融に、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓

にほんブログ村

(←お礼画像&SS付きです)

***短編*** 月下の恋人~<続々>One spring day【後編】 ***

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』




注)このお話は一話完結です。


※多少セクシャルな表現がありますので苦手な方は閲覧ご注意下さい※  
           




***短編*** 月下の恋人~<続々>One spring day【後編】 ***








「やっぱり高彬が言ってた通り、明るいわね」

すっかり寝静まっている山荘を抜け出し、二人して夜道を歩く。

ほぼ真円の月は山際すれすれの低い位置にあり、春霞のせいなのか、ぼんやりとした輪郭で驚くほどに大きい。

月明かりは夜の吉野の隅々まで届き、足元も十分に明るく、思い付きで言ったとは言え確かにそぞろ歩きにもってこいの宵である。

「瑠璃さん、足は大丈夫?」

「大丈夫よ、小萩に薬草すりこんでもらったら痛みがひいたわ」

「うん」

「あの子、調合が上手なのかも」

「そうか」

「女房辞めても大丈夫かも。案外、そっちの道で大成するかも知れないわ」

「でも辞められたら困るじゃないか」

「まぁね。でも小萩の幸せを思ったら・・」

「小萩の幸せを思うんなら、まずは瑠璃さんが我儘言わなくなるのが一番だと思うけど。小萩、いつも言ってるよ。姫さまの我儘にはいつも振り回されてばっかりって」

「・・やぁねぇ」

隣の瑠璃さんが頬を膨らませた気配があり、ぼくは笑いながら手を取った。

そのまま手をつないでゆっくりと歩きながら、とりとめのない会話をする。

行く当てなんかないから、花の香りに足を止めたり、聞き慣れない鳥の泣き声に耳を澄ませたり、のんびりとした時間が過ぎていく。

「あ、太刀・・」

ぼくが佩帯している太刀に気が付いた瑠璃さんが言い

「まぁ、一応ね。夜だし」

何となくぼくは瑠璃さんから見えないように太刀をずらした。

ある意味ロマンチィックとも言える春の宵のそぞろ歩きに、いかにも太刀は不似合だった。

だけど、夜ともなれば物騒だし、物取りはともかく、どんな獣が徘徊しているか分からない。

瑠璃さんのことはぼくが守らなくちゃいけないわけだし・・・

ちらりと瑠璃さんを見ながら、ふと、昔のことを思いだす。

そう言えば、元々ぼくが瑠璃さんに最初に抱いた感情は「この子のこと、守らなくちゃ」だったんだよなぁ。

それが恋心と気付くまでには少し時間が掛かったけど、だけど、今もその気持ちはずっと続いている。

どんなに撥ねっかえりで気が強くて、どれほど年上風を吹かせても、やっぱり瑠璃さんはぼくにとっては「守ってあげたい女の子」だ。

「守ってあげたい」と言う気持ちがやがて淡い恋心へとなり、それがどんどん強くなって、気が付いたら自分では手が負えないくらいに好きになっていて。

こんな風にただ歩いているだけで楽しくて、仕事の疲れなんか吹き飛んでしまうんだから、やっぱり瑠璃さんはすごい。

ぼくにとってはいつまでも特別な人で、だけど限りなく普通なんだ。

特別で普通。

この、ちょっと人には説明しづらい感覚は、ぼくの中では矛盾なく成立してる感情である。

「ねぇ、高彬」

ぼんやりと月を見ていた瑠璃さんが、視線をそのままに改まった声で言ってきた。

「仕事、無理しちゃだめよ。あんたって止める人がいないとどこまでも暴走しちゃうって言うか、そう言うとこあるから」

それは瑠璃さんだろ、と思ったけど、何となく口をつぐむ。

「いくら出世したって身体壊しちゃ意味ないんだし」

「・・・」

仕事、頑張ってるの別に出世のためってわけじゃないんだけどな・・

「あんたに病気になられたりしたら、あたしだって困るし」

「・・うん」

「・・・先に死なれたりしたら・・・」

一瞬、唇を引き結び

「淋しいし・・・」

少し声が震えてた気がして、気が付いたらぼくは瑠璃さんを抱き寄せていた。

「死なないよ、そう簡単には」

「でも、あんたって結構抜けてるとこあるし、気が付いたら死んでたってことありそうなんだもん」

「ないよ」

笑いながら、瑠璃さんの背中を更に強く抱きしめる。

抱きしめながら

(やっぱり瑠璃さんの中では、ぼくはどこまでも弟分で年下のガキなんだなぁ)

なんて考える。

その認識が覆ることはどうやらこの先もなさそうで、それは嬉しくもあり悔しくもあり、と言った感じだ。

背だってぼくの方が高いし、力だってぼくの方が当然強い。

さっきだって瑠璃さんはぼくの腕の中で息も絶え絶えになっていたと言うのに。

別にそれで男らしさを誇示したいってわけじゃないけど・・・

いや、それもあるかもな。

「瑠璃さん」

顔を上げさせて接吻をする。

両頬をはさみ少し強めに吸うと、瑠璃さんの喉の奥が「・・ん」と鳴った。

唇に舌を割り入れて行くと、少し戸惑いながらも瑠璃さんも応えてくる。

接吻をしながら

(接吻ひとつ取ったってぼくがリードしてるってことに瑠璃さん気付いてるのかな)

なんて思う。

更に激しく接吻をしながら胸の膨らみに手を伸ばすと

「あ・・」

驚いた様に瑠璃さんが身を固くして唇を離した。

気にせず、それどころか瑠璃さんを抱き上げ、近くの樹に背中を預けさせ接吻を再開する。

胸を揉みしだいていくと

「高彬、ちょっと・・」

戸惑う声で瑠璃さんが言い、上目づかいでぼくを見てきた。

ぼくの真意を計りかねているのかも知れない。

合わせに手を滑り込ませ、胸を手の平で直に覆うと、今度ははっきりと

「だめ・・」

瑠璃さんは身を捩り、小声で「こんなところで・・」と呟いた。

「誰も見てないから・・」

京だったらありえないことだけど、吉野と言う地、夜と言う時刻に、ぼくも常ならぬ気持ちになっていたようで、気が付いたらそんなことを言っていた。

さっき中途半端に遮られた欲望に火が付いてしまったようだった。

どこまで瑠璃さんが受け入れてくれるかを試したかった、と言う気持ちもあったかも知れない。

「でも」

「こんなこと言うの今日だけだから」

「・・・でも」

何かを言い掛けた唇を封じ、そのまま舌で口中を掻き混ぜる。

瑠璃さんの小さな舌は逃げるように動き、だけど瑠璃さんは舌どころか身動きすら出来ないほどぼくは束縛を強めた。

強烈な接吻を続けるうち、やがて瑠璃さんの身体から力が抜けて行き、それを合図にぼくは首筋へと唇を這わせる。

合わせを弛め肩を出すと

「・・高彬・・、や・・・」

弱々しい声で頭を振りながら言い、ぼくの肩に手を置いてきた。

だけど、その手はぼくを押し戻すことはなく、ただ置かれているだけだった。

瑠璃さんも流され掛けている───

そう思った瞬間、荒々しい気持ちが突き抜けた。

流されろ!

ぼくの欲望に、瑠璃さんも巻き込まれてしまえばいい。

絶対に普段の瑠璃さんならしないようなことをしてしまえばいい。

そして、それを見れるのはぼくだけだ───

「瑠璃さん、横になるのと、立ったまま、どっちがいい?」

ハッとしたように瑠璃さんがぼくを見て、その口が小さく動いた。

(そんな・・・)と動いたように見える。

「どっちか瑠璃さんの好きな方でいいから」

「・・・」

何も言わずに瑠璃さんはぼくを見つめ、その目は濡れたように光っている。

月明かりのせいなのか、瑠璃さんの中に灯った欲望のせいなのかは分からない。

「誰も見てない。2人だけの秘密だから」

「・・・」

「瑠璃さん」

瑠璃さんがふと目を逸らし、やがて聞こえないくらいの小さな声で

「横で・・」

と言い、月明かりでもわかるほど顔が赤くなっている。

瑠璃さんを抱き上げ、野草が茂る柔らかい場所にそっと横たえた。

瑠璃さんの回りにはたくさんのたんぽぽがあり、折りからの月光を受け銀色に光っている。

瑠璃さんの山吹色の袿も同じように銀色に発光しているように見え、ぼくはしばし見惚れてしまった。

守ってあげたいはずなのに、同じくらいに荒々しい気持ちになるのは何故だろう───

瑠璃さんの笑顔が好きなのに、困らせ泣かせてみたいとも思ってしまうのは何故だろうか・・・

少し考えて、すぐに考えることを放棄した。

月明かりと瑠璃さんの色香に酔っている今のぼくに、正確なジャッジなんか出来るわけないのだ。

今は何も考えずに、この常ならぬ状況に溺れたい・・・

瑠璃さんに覆いかぶさると、ぼくはゆっくりと肌けた華奢な肩に唇を寄せて行ったのだった。






<終>



吉野の夜、瑠璃に溺れた高彬にクリックで応援をお願いいたします。
↓↓

にほんブログ村


(←お礼画像&SS付きです)

***短編*** 月下の恋人~<続々>One spring day【前編】 ***

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』




注)このお話は一話完結です。


    
           




***短編*** 月下の恋人~<続々>One spring day【前編】 ***








ふと目が覚めたのは何かの物音でだった。

遠くの方でかすかな音が聞こえ、それが途絶えた途端、静寂が訪れる。

状況を把握するのに、たいした時間が掛からなかった。

瑠璃さんと早々に寝所に入り、久しぶりの濃密な時間を持った後、そのまま二人して眠りに落ち───

部屋の奥にまで月光が届いており、今が完全な夜であることが判る。

腕の中にいる瑠璃さんに、肩まで衾を掛けてやろうとして、ふと手が止まった。

さっきよりも一枚、衾が増えている。

もしかしたら物音は小萩の足音で、春の宵は寒いだろうからと、一枚、掛けて行ったのだろうか・・・

「・・・」

この寝姿を見たら、何をしていたかは一目瞭然。

恥ずかしくないと言えばウソになるけど、まぁ、仕方ないだろう。

夫婦なんだしな。

春とは言え夜は寒く、このまま朝を迎えていたら、ぼくも瑠璃さんも確実に風邪をひいていたに違いない。

瑠璃さんの肩にすっぽりと衾を掛け、さらに身体をくっつける。

瑠璃さんの身体が暖かいな・・・

背から腰へと、そっと手を滑らせる。

瑠璃さんの肌の滑らかさと温もりを楽しみながら、ふと考える。

夜の散歩に行こうなんて話したけど、瑠璃さん、どうするかな。

瑠璃さんの眠りは深そうだし、わざわざ起こしてまで散歩に行くこともないかな・・・

なんて思っていたら

「・・うぅ・・ん」

小さな声が聞こえ、むずがるように瑠璃さんがぼくの胸に顔をこすりつけてきた。

そうして

「クシュン」

とひとつくしゃみをして

「あ・・」

瑠璃さんが目を開けた。

「高彬・・」

「寒い?」

「・・ううん、大丈夫。高彬の身体、暖かいもの・・」

頬を胸に寄せながら言い、さらに身体を近づけてくる。

瑠璃さんの柔らかい胸の膨らみがはっきりと肌越しに伝わってきて、何となく息を整えてしまう。

瑠璃さんに限ってぼくを誘ってる、なんてことはないんだろうけど、でも、十分、誘われている気がするのは、オトコの勝手な言い分だろうか。

体勢を変え、瑠璃さんの胸を手で覆い、今まさに接吻をしようとした瞬間

「あ、高彬!」

至近距離で瑠璃さんが、ハッとしたように目を開いた。

「何、瑠璃さん」

「夜のお散歩」

・・・やっぱり覚えてたか。

「・・・瑠璃さん、行きたい?」

「もちろんよ」

「・・・ちょっと盛り上がりかけてたんだけど」

「さ、行きましょ」

ぼくの言葉なんかてんで取り合う気がないのか、瑠璃さんがきっぱりと言い、さっさと身支度を整え始めた。

そうなったらぼくも右に倣うしかなく、こうしてぼくたちは夜の散歩へと出発したのだった。






<後編へ続く>



さぞ刺激が強かった光景を見たであろう小萩。
微に入り細に入り、出来ればその状況を描写して欲しい小萩にクリックで応援をお願いいたします。
↓↓

にほんブログ村


(←お礼画像&SS付きです)

***短編*** あらたまの春 ***

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』




注)このお話は一話完結です。


    
           




***短編*** あらたまの春 ***








扇で顔を隠しながら、身体全体で大袈裟にタメ息を吐く内大臣さまを前に、ぼくもまた密かにタメ息を吐いた。

内大臣さまのタメ息の理由はともかく、ぼくのタメ息の理由は二つある。

一つ目は、早く解放してくれないかな、と言うもの。

早く瑠璃さんの部屋に行きたいのに、ぼくはもう一刻近くも、三条邸の母屋に足止めを喰っているのだ。

もう一つは、内大臣さまの話を聞いて

(瑠璃さん、大丈夫かな。何かあったのかな)

と言う心配からくるもの。

「・・今日になって、いきなり『新年の宴に出たくない』と言いだし、それっきり部屋に誰も近づかせないのじゃ。瑠璃の我儘は今に始まったことじゃないとはいえ、寄りによって新年早々から・・・」

はぁぁ・・

とまたしても大袈裟に息を吐く内大臣さまに向かい、思い切って膝を進める。

ここでこうしていても埒が明かない。

「内大臣さま」

「なんだね、高彬どの」

「ぼくが様子を見てきます。もうしかしたら、体調が悪いのかも・・・知れません・・し・・・」

最後、歯切れ悪くなってしまったのは、言いながら、ふと、ひとつの可能性が浮かんだからだった。

ぼくたちは晴れて夫婦なわけだし、夫婦仲だって悪くないし、そんな中で妻の様子がおかしいとくれば、懐妊の二文字が自ずと浮かんでくると言うものである。

だけど、それを義父の前であからさまに言うのはさすがに気が引け、何となく顔が赤らむ思いを味わっていると

「小萩に聞いたのだが、体調は悪くないそうじゃ。今朝も汁粥を牛のように食べておったそうじゃしな」

「・・・・」

牛のように、か。

そうか、となると懐妊と言うわけではないのかな。

いや、懐妊したとたん食欲が増すと言う人だっているかも知れないし・・・

どちらにしろ、瑠璃さんに会うことが先決だ。

丁寧に頭を下げると、ぼくは瑠璃さんの待つ東の対屋に向かった。



*******



先導もなしに訪ねた部屋の前に立つ。

妻戸が閉められてるのはもちろん、格子も下ろされている。

戸に手を掛けると、さすがに鍵はかかっておらず、簡単に開いた。

「瑠璃さん、入るよ」

言いながら入って行くと、格子の作る複雑な陰影模様の部屋の中、いつもの場所に瑠璃さんは座っていた。

脇息に腕を付き、あごを乗せている。

僅かに横顔が動いたような気がしたのは、目線だけをぼくに向けたからのようだ。

「どうしたのさ。宴に出たくないんだって?」

隣に腰を下ろし、軽い感じで聞いてみたけど、瑠璃さんの口から出てきたのは

「父さま、何て言ってた?」

質問返しの言葉だった。

「新年早々、我儘を言いおって、って言ってた」

ウソをついても仕方ないから本当のことを言うと、瑠璃さんは小さく肩をすくめ

「何よ、それで宴に出るよう説得する役を買って出たの?」

「いいや、そんなことはないよ。内大臣さまの話が、少しばかり長くて退屈したから逃げ出してきたんだ」

「・・・・」

「この間までは宴を楽しみにしてたじゃないか。新調した衣裳が着られるって」

改めて見てみると、瑠璃さんが羽織っているのは、新年だと言うのにいつもの袿だった。

しばらくの間、沈黙が流れ

「新しいってそんなに良いことなのかしら」

独り言みたいに瑠璃さんが言った。

「え」

「一昨日辺りから、皆『新年だ、新年だ』と騒ぎだして・・・」

「・・・・」

「新しいお衣裳、新しい几帳、新しい櫛。新年だからってみんな新調したのよ」

見回すと、瑠璃さんの言う通り、几帳から脇息から、ぼくが腰を下ろしてる円座まで、全てが新調されている。

だけど新年を迎えるに当たって家財道具を新調することは珍しいことではなく、いやむしろ、ある程度、財力のある貴族なら誰でもがやっていることではある。

瑠璃さんだって衣裳を誂えるのは好きなはずだし、それがどうして・・・・

と思っていると

「あたしね、新しいってあんまり好きじゃないの」

「だけど、瑠璃さん、衣裳を誂えるのは・・」

「そりゃあね、そう言うのは好きよ。だけど、何から何まで新しくなるっていうのはどうもね・・・」

「・・・」

「ほら、あたし、小さい時、吉野に行ったでしょ。小さかったし、そんなに深刻じゃなかったけど、でも子ども心に(何であたしだけ吉野なのかなぁ)とか思ってた」

「・・・」

「京にいる時とは全く違ってね。景色も住むところもよ。それこそ『新しい生活』ってやつよ」

相変わらず腕を付き、あごを乗せたまま、真っ直ぐに前を向いたまま話している。

「それで吉野に慣れて来た頃になって、また京に戻されて。ここでもまたしても『新しい生活』で。おまけに母上まで新しくなってて・・。まぁ、新しい母上は良い方だけど」

瑠璃さんの横顔にも格子が影を作っている。

「新しいってそんなに良いことかしらね・・」

どこか淋しそうな声で呟く瑠璃さんの横顔をぼくはじっと見つめた。

新しいこと───

確かに人とは少し違う経歴を持つ瑠璃さんは、幼いながらにたくさんの「新しい」を経験している。

新しい地、新しい人、新しい人間関係。

新しいことが良いか悪いかはともかく、新しいことに踏み出す時は誰しもが緊張するものだ。

新しいことへの期待と不安は表裏一体で、まして幼い時の環境の変化と言うのは、自分で好きで選んだものでもない分、不安の方が大きいのかも知れない。

どんなに元気で平気そうに見えたとしても、感受性の強い瑠璃さんは、やっぱり人には言えない不安を抱えていたはずで───

「あたしは古いものや変わらないものって言うのも好きよ」

「ぼくもだよ」

間髪入れず言うと、今日、この部屋に入って初めて瑠璃さんはぼくの顔を正面から見た。

「ぼくは古いものですごく大切にしてるものがあるんだ」

「・・・・」

「瑠璃さんも知ってると思うけど、ぼくは幼い時に好きになった姫がずっと好きでね。その時の古い気持ちを今も変わらずに持ってるんだ。どういうわけだか『新しい』ものには気持ちが動かなくてね」

「・・やぁねぇ、人を古い物みたいな言い方して・・」

薄っすらと頬を染めながらぶつぶつと瑠璃さんは言い

「瑠璃さんを古いと言ったわけじゃない。ぼくの気持ちが古いって言ったんだ。古いって言うか、長いって言うかさ」

「・・・」

「何回、新年を迎えようが、家具を新調しようが、変わらないものもあるさ」

「・・・・」

「新年なんて勝手に明けさせておけばいいさ」

そう言うと、瑠璃さんは小さく吹きだした。

「すごい言い様ね」

「瑠璃さんにだから言うけどね、宮中の新年の行事の多さには正直、辟易してるんだ。だから、新年がそんなにおめでたいことなのかって言う瑠璃さんの言葉には心から同意するよ」

今度は瑠璃さんは声を出して笑い、そうしていったん目を瞑ると

「ありがと、高彬」

目を逸らしたまま小さな声で言った。

「瑠璃さん、宴どうする?嫌ならぼくから内大臣さまに・・・」

瑠璃さんの言葉にはあえて何も触れずに言うと

「いいわ、出るわ」

「え、いや、そんな無理しなくても」

「ううん。無理なんかしてない。気が変わったわ」

「・・・」

「何て言うか・・・。新しい気分になったって感じ」

晴れ晴れとした顔で言い

「それに、やっぱり新しいお衣裳は着たいし・・」

照れくさそうに肩を揺らしている。

「うん」

「さて、と」

ぴょんと立ち上がり妻戸を開けると

「小萩ー」

およそ深窓の姫君とは思えないような大声で小萩を呼び付け、すぐにパタパタと言う足音が近づいてきた。

「小萩!あのお衣裳、着るわよ。準備して」

小萩が部屋に入ってくるのを待ちきれずにそう告げる瑠璃さんの頬は、あらたまの春の陽を受け輝いていたのだった。





<終>



サークルの冬のお題「新年」の時に書こうと思っていたお話です。
季節外れですみません。



ランキングに参加しています。楽しんでいただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓

にほんブログ村



(←お礼画像&SS付きです)

***短編*** <続>One spring day ***

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』




注)このお話は一話完結です。


    
           




***短編*** <続>One spring day ***








「小萩、早く早く」

高彬の風邪が心配なのと、持って生まれたせっかちな性質で、ついつい小萩を急かしてしまう。

「姫さま、少将さまのお身体が心配なのは分かりますけど、そう慌てては良いお薬湯が出来ませんわ」

京にいる時、小萩は薬湯を煎じたりはしないけど、ここ吉野にいる時は小萩の担当となる。

三条邸に比べ圧倒的に人手が少ない山荘では、女房や雑色の一人当たりの負担は増えてしまい、その分、と言うか、だからこそ選りすぐりの者たちを連れてきている。

まさしく<少数精鋭>と言う感じ。

しばらく待って出来上がった薬湯を盆に載せ、小萩と一緒に部屋へと向かう。

部屋に入り几帳を回り込むと、さっき急ごしらえで作らせた寝所で高彬が横になっている。

膝を付き、そっと顔を覗き込むと、目を瞑り眠っているように見える。

「高彬」

そっと声を掛ける。

「薬湯持ってきたわよ」

耳元に近づけて言うと、あたしの声に反応するように高彬の目が開けられた。

「寝てた?起きられる?」

「いや、目を瞑っていただけ」

高彬は言い、肘を付くと上体を起こした。

「さ、飲んで。これを飲んで寝れば、たちどころに良くなるはずよ」

病は気からって言葉があるくらいなんだから、その逆もまた然り、よね。

薬湯を疑心暗鬼で飲むのと

(絶対、効く!)

と思って飲むんじゃ雲泥の差があるはずよ。

鄙びた吉野では有能な医師なんかなかなか呼べないから、この際、思いこみだろうと暗示だろうと何でもいいから、この薬湯を飲んで高彬には回復してもらわなくっちゃ。

吉野に来て風邪で寝込まれたんじゃ、わざわざ吉野に来てもらった甲斐がないもの。

「・・ふぅ」

やがて飲み終えた高彬は小さく息を吐くと

「薬湯のせいかな。何だか眠くなってきたよ」

目をこすると、チラリとあたしの横に控える小萩に目線を送った。

その視線でピンときた。

「小萩、ここはいいから下がっていいわよ」

一礼し小萩が部屋を出て行くと、高彬はホッとしたような顔で身体を横たえた。

やっぱり思ってた通り、小萩がいると落ち着いて眠れないみたいね。

白梅院の女房ならともかく、婚家の女房の前だと、例えそれが小萩でもやっぱり完全には寛げないんだと思う。

女房に何を気を遣うんだって感じだけど、高彬ってそう言う人なのよ。

ほんと、お固いって言うか、根が真面目って言うか。

ま、そこが高彬の良いとことでもあるんだけどね。

横になり目を閉じた高彬から、ほどなくして寝息が聞こえて───

と思った次の瞬間、あたしは夜具に倒れ込んでいた。

正確に言うと、高彬の身体の上に。

一瞬、何が起きたのか分からずポカンとしてしまったんだけど、何てことはない、高彬に腕を掴まれ、グっと引き寄せられていたのだ。

慌てて顔だけ上に向けると、じっとあたしを見てる高彬と目が合い、状況だけ見たらさっきの野原と全く同じ構図なんだけど・・

「な、な、何よ、どうしたの、高彬。苦しいの?」

まさか風邪が急激に悪化でもして、助けを求めて腕を引かれたのかと思って聞いてみると

「いいや、治った」

「治った?」

ケロリとした口調に、思わず頓狂な声が出てしまう。

「な、治ったって、こんなに早く?!」

「うん」

「うんって・・・」

「何を驚いてるんだよ。この薬湯を飲んだら、たちどころに良くなるって言ったのは瑠璃さんじゃないか」

「そりゃ言ったけど・・」

「だから治った」

「・・・・」

いくらなんでも早く治り過ぎでしょ・・・

ポカンと見てると、にっこり笑いながら高彬は上体を起こした。

釣られてあたしも同時に置起き上がる。

小萩ったら───

案外、凄腕の薬湯師なのかしら?

あの子、女房勤めなんか辞めて、いっそ、薬湯師としてキャリアを積んで行った方が未来は明るいのかも・・・

何てことを考えていると、あれよあれよと言う間に接吻をされていた。

唇が触れあうだけの軽い接吻。

すぐに離れた高彬の顔を、瞬きもせずに見てしまう。

にっこりと笑う屈託のない顔。

「ねぇ、高彬。風邪は?大丈夫なの?」

「だからもう治った」

「ウソよ、だってこんなに早くに・・」

高彬はクスッと笑うと、あたしの頭に手を乗せた。

「治ったと言うのはウソ」

「はら、やっぱり。だったら横にならないと・・・」

「そもそも風邪なんてひいてないんだ」

「・・・へ?だってさっきあんなに顔が熱くて・・」

「確かにね。でも、風邪じゃないんだ」

「・・・・」

「瑠璃さんが勝手に風邪だって思いこんだだけ」

クスクスと笑い、あたしの頭をポンポンと軽く叩いたりしている。

なんだ・・、そうだったんだ・・・

あたしはまたてっきり、仕事の疲れやら道中の疲れやらがあって、あんなところでうたた寝しちゃったから、すっかり風邪だとばかり思っていたわ。

まぁ、風邪じゃないなら良かったけど。

でも、それなら。

「ねぇ、だったらまだ明るいし、またお散歩行きましょうよ」

せっかくの吉野だもの。

春の天気は変わりやすいし、ましてやここは山の麓。

今日、晴れていたって明日の天気はどうなるか分からない。

「うん、でも、まぁ・・」

ウキウキと提案したのに、高彬の返答が今一つなので

「ねぇ、だめ?」

もう一押しとばかりに言い募ってみる。

「うーん、そうだなぁ。・・・せっかくぼくがいるんだから夜の散歩って言うのはどうかな。今夜は月明かりだろうし」

「わ、素敵!」

手を打ち付けると

「だろ?」

高彬も嬉しそうに頷き

「その代わりと言っては何だけど・・・」

チラリ、と視線を夜具に落とした。

「・・・」

妻ですからね、高彬の言わんとしていることが判ってしまう。

「でも・・、まだ、明るいし・・」

「寝所を用意してくれたのは小萩だからね。有効に活用しないと」

「・・・」

うーん・・・

どうしよっかなぁ・・・

あたしは目を伏せた。

決してイヤなわけじゃないの。

ずっと仕事が忙しくて、その・・・、そういう事するの久しぶりだし・・・

でも、まだ明るいし、高彬はさっき到着したばかりだし、部屋に入るなりいきなりって言うのは・・・ハシタナイって言うか・・

「小萩だって、ぼくが寝てると思ってしばらくはこないだろうし、京と違って使用人も少ないから落ち着けるし」

「う、うん、まぁ、それはそうだけど・・」

「何よりもぼくが我慢出来なくなってるし」

「え」

普段、滅多には言わない、どストレートな発言に驚いて顔を上げると

「ずっと会えなかったから・・」

照れくさそうに言い、あたしの指先に指を絡めてきた。

指先からじんわりと高彬の熱が伝わってくる。

手の平を指先で撫でられ、まるで愛撫を受けているかのような感覚にドキリとする。

もう一度、今度は少し長めの接吻をされ、唇を離すと、高彬はすっかりオトコの顔になっていた。

「いい?」

確認するように聞かれ、コクンと頷きながら、心の中で小さく笑う。

何が(いい?)よ。もう始まっているじゃない。

ヤダって言ったって、後戻りなんかしてくれないくせに。

優しいけど、迷いのない力強い動作で、あたしは横たえられ───

その後、高彬とあたしは存分にお互いを堪能し合い、目が覚めたらお散歩に行こうと約束をかわし、スーッと二人揃って眠りに落ちたのだった。





<終>



珊瑚さん、コメントありがとうございました。
私の拙い作品が珊瑚さんの頑張りの素になっていただなんて、本当に嬉しいお言葉です。
こちらこそありがとうございます。
またよろしくお願いします。



お互いに満たされたであろう二人に、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓

にほんブログ村

(←お礼画像&SS付きです)

***短編*** One spring day ***

『なんて素敵にジャパネスク〜二次小説』




注)このお話は一話完結です。


『らぶらぶ万歳サークル』さまに出品した作品の再録です。
今回のお題は「たんぽぽ」でした。

<おまけの話>下にあります。
          
           





***短編*** One spring day ***








「若君、もうじき到着致します」

開けた物見窓から聞こえてきた従者の声に、ぼくは言葉もなく頷いた。

───少し眠るから近くに来たら声を掛けてくれ。

従者にそう告げ目を瞑ってみたものの、窓から見える景色の移り変わりに気を取られ、結局眠れず仕舞いだった。

吉野には何度も来ているけど、騎馬で来ることも多かったから、こうしてのんびりと景色を見ると言うのはなかなか新鮮でいい。

まして季節は春真っ盛り。

進む毎に大きくなっていく木々の葉のこすれ合う音や、揺らぐ木漏れ日に、日頃の仕事の疲れも吹き飛ぶ思いがする。

桜の花びらが数枚目の前を横切り、桜の木を探そうと窓の外に気持ち顔を出すと、瑠璃さんのいる吉野山荘が目に入ってきた。



**********



「あぁ、少将さま!良いところにおいで下さいましたわ!」

門をくぐり、車から降りるやいなや、山荘から小萩が飛び出してきた。

息を整えるように、ぼくの前で胸に手を当て、何度も深呼吸をしている。

尋常でない小萩の様子に、にわかにぼくの胸は騒ぎだし───

と言いたいところだけど、こう言う小萩の出迎え方は、ぼくの中では恒例行事となっているんだよなぁ・・・

これしきのことでいちいち胸を騒がせていたら瑠璃さんの夫が務まるか、と言うのだ。

これまで何度、瑠璃さんの突拍子もない予測不能な行動に、胸を騒がせてきたことか。

ま、自慢にも何もならないけど。

「どうしたんだい、小萩」

余裕のあるところを見せながら落ち着いた声で聞いてみると

「少将さま、怒らないで聞いてくださいましね」

上目づかいに小萩が言ってきた。

「うん」

「実は姫さまは・・・散歩に出掛けてしまわれたのです」

「まぁ、そうだろうね」

京にいたって放っておいたらフラフラと出掛けてしまう人なのだ。

ここ吉野で、大人しく山荘の中にいるとは思えない。

瑠璃さんが散歩に出ていることなど、ぼくの中では想定内である。

それにしても───

ぼくはチラッと小萩を見た。

長いこと瑠璃さんに仕え、散々瑠璃さんに振り回されてきた小萩が、どうして散歩ごときでここまで動揺しているのだろう・・

言うなれば、ぼくと小萩は「胸を騒がせてきた同士」である。

その小萩がここまで慌てふためているとなると───

「瑠璃さんの身に何かあったのかい?」

今度こそ本当に胸が騒ぎだし聞いてみると

「実は姫さまはお怪我を・・・」

「どうしてそれを先に・・・!いや、・・・いい。瑠璃さんはどこにいる。何があったんだ。順を追って話してくれないか」

思わず大声を上げかけ、小萩がビクリと身を震わせたことに気が付いて慌てて声のトーンを落とす。

小萩を叱りつけるよりも、まずは状況把握だ。

何度か唾を飲み込んだ小萩は

「姫さまは・・・半刻程前に、お付きの女房を一人付けて散歩に出掛けられたのです」

「うん」

「それが、少し前にお付きの女房だけが小走りに帰ってきて、姫さまが脚に怪我をされてしまったと・・・」

「どんな怪我なんだ」

「そんなにひどくはないと言うことでしたが、ただ、ご自身で歩かれるのはご無理なようで・・・」

「それで、女房だけ伝えに帰って来たということか・・・」

「はい」

ちらりと見ると、今まで気が付かなかったけれど、女房が一人簀子縁で平伏しているのが見え、どうやらあれが瑠璃さんと同行した女房らしい。

怪我をさせたのがあの女房ではないだろうに、責任を感じて縮こまっているのだろう。

「わかった。あの女房を呼んで、瑠璃さんがいる場所を聞かせてもらえないか。すぐにぼくが向かう」

「はい」

小萩に呼び付けられた女房は、転がるようにしてやってきた。



************




瑠璃さんのいる場所は、思っていた通り、ぼくも何度も行ったことのあるいつもの広い野原だった。

山荘からの一本道を足早に進む。

本来なら、道の両端に咲く花や、萌え出ずる緑を愛でながらのんびりと歩を進めたいところだけど、瑠璃さんが怪我をしてると思うと気が急いてしまい、むしろ生い茂る木々の葉に行く手を遮られている気がしてうっとおしく感じてしまう。

かなりのスピードで歩いたので、すぐに野原に出た。

立ち止まり、辺りを見回しても瑠璃さんの姿はなく───

忙しく視線を動かしていると、ふと、動くものを目が捉え、よく目を凝らしてみたら瑠璃さんだった。

野原の隅っこ、ぼくからは一番遠いところにいて、恐らくだけど座り込んでいるのだろう。

手だけを盛んに振り、ぼくに合図を送ってきている。

野原の中央を突っ切るように、瑠璃さんへの最短距離を歩き出す。

ぼくに向かい瑠璃さんが大きく手を振り、何かを言っているようなんだけど、折からの春風で良く聞こえない。

瑠璃さんが何を言っているかは気になる所だけど、とにもかくにもまずは瑠璃さんのところに行くことが先で、どんどん近づいて行くと

「・・・しちゃ、だめ!・・・気を付けて!」

途切れ途切れに瑠璃さんの言葉が聞こえてきた。

・・・ダメ?

・・・気を付けろ?

一体、何に───

そう思いながらも、歩くのを止めずに瑠璃さんの目の前に辿り着くと

「もうっ!」

ぼくの顔を見るやいなや、瑠璃さんはぷぅっと頬を膨らませてみせた。

何だ、何だ、と思っていると

「たんぽぽ踏まないでって言ってるでしょ!聞こえなかったの?」

「たん・・ぽぽ・・?」

「言ってるそばから、ほら、足元!」

狩衣の下の草履の辺りを指さされ、思わず下を向くと、瑠璃さんの指摘通り、ぼくの草履はしっかりとたんぽぽを踏みしめており、慌てて足を外す。

「もう、高彬ったら。ここに来るまでにたくさんたんぽぽを踏んできたでしょ」

今度はぼくの後方を指さされ、振り返ると、これまた瑠璃さんの指摘通り、ぼくが今歩いてきたところは一面のたんぽぽで埋め尽くされている。

道理で・・・

内心、納得する。

さっき、すぐに瑠璃さんを見つけられなかったのは、このたんぽぽのせいだったのか。

瑠璃さんの着てる衣裳は山吹色。

たんぽぽの色と同化してたからなのか。

瑠璃さんの身が心配で、正直、足元なんか見ていなかった。

「向こう側から回り込んでくれたら、たんぽぽ踏まずに済んだのに」

頬を膨らませたまま、瑠璃さんはぶつぶつ言っている。

「本当に高彬って風情がないって言うか、気が利かないって言うか・・」

「いや、しかしね、瑠璃さん。瑠璃さんが怪我したって言うから、ぼくは駆け付けてきたわけで・・・」

とにかく少しでも早く瑠璃さんの元に駆け付けることが最優先だったわけで、まぁ、ぼくなりには瑠璃さんの身を案じてのことだったんだけどなぁ・・

「怪我なんて大したことないもの。皆、大げさなのよ」

「そりゃあ仕えてる姫が怪我したとなったら大騒ぎするよ。いや、世間一般の姫は、そもそも散歩なんかしないから、その辺り、ぼくは女房たちに大いに同情するくらいだけどね」

「・・・」

ぴしゃりと言ってやると、瑠璃さんはマズイ話の流れになったと見て取ったのか

「あー、それにしても本当に綺麗な景色!」

わざとらしく伸びなんかしながら、両手を大きく広げ

「ほら、高彬も座って」

ぽんぽん、と地面を叩いて見せた。

数秒、瑠璃さんと目が合って、大人しく瑠璃さんの隣に腰を下ろす。

ま、ここで喧嘩したって始まらないしな。

「ね、ここからみると更に綺麗でしょ?」

「うん」

立ちながら見るのと、座って見るのだと、地面に近くなった分だけ景色が広がりを持ち、たんぽぽがぐっと迫ってくる感じがする。

「ほら、こうするともっとよ」

言いながら瑠璃さんは上体を大きく曲げ、顔を地面すれすれにまで下ろしている。

瑠璃さんに倣って同じポーズを取って見ると、迫るなんてもんじゃない、一気に視界がたんぽぽで埋め尽くされてしまった。

そのままどちらからともなくごろんと横になると、桜の花と春の青空が視界いっぱいに広がる。

「たんぽぽっていつもこんな景色を見てるのかしらね」

「多分ね」

「綺麗・・・」

「うん・・・」

鳥の囀りと、風に舞う花びら、うららかな陽射し───

瑠璃さんの怪我が大したことないと分かった安堵感やら仕事の疲れやらが一気に来て、急激な睡魔に襲われてしまった。

スーッと眠りに落ち、次にふと目が覚めたのは、瑠璃さんの声でだった。

「・・・たんぽぽ踏んじゃだめ!気を付けて!」

一旦は一緒に横になったのに、いつから身を起こしたのか、瑠璃さんは座り込んでいる。

薄目を開けて瑠璃さんを見ると、さっきと同じように手を大きく振って遠くに向かい声を張り上げている。

「もうっ!小萩ったら!」

焦れたように言い

「こらー、たんぽぽに気を付けてよー!」

一人で身体を揺らしている。

いつまでも帰ってこないぼくたちを心配して、小萩が探しに来たのだろうと合点がいく。

「あぁ、姫さま、ご無事でしたのね。あ、・・・少将さま!姫さま、少将さまは・・・」

やがて目の前にやってきた小萩は、横になっているぼくを見てぎょっとしたのか、動転したような声をあげ

「寝てるだけよ」

「あぁ、ようございました。わたくし、てっきり少将さまの身に何かあったのかと・・・」

「そう簡単に身に何かなんて起きないわよ。ねぇ、それよか小萩。たんぽぽ踏まないでって何度も言ったでしょ!聞こえなかったの?」

「たん・・ぽぽ・・でございますか?」

「言ってるそばから、ほら、足元!」

「え、え?・・・きゃっ」

「きゃっ、じゃないわよ。もう、小萩ったら。ここに来るまでにたくさんたんぽぽを踏んできたでしょ」

「はぁ、たんぽぽ・・」

まったく理解出来ていないようなあやふやな声で小萩が言い

「そうよ、ほら、こんなに咲いてるのよ」

得意気な瑠璃さんの声がする。

目を瞑ったままだから見えてないけど、恐らく、さっきと同じような仕草なんだろうな、と想像する。

「まぁ!綺麗でございますわねぇ」

「しーっ!小萩、高彬寝てるんだから」

つい今しがた、小萩に向かい大声を上げていたくせに、小声で瑠璃さんが言うのがおかしく、あやうく吹きだしそうになる。

「でも、こんなところで寝ていたらお風邪を召されてしまいますわ」

「大丈夫よ、疲れてるんだから少し寝かせてあげましょ」

「ずいぶんとお仕事もお忙しいようでございますしね」

「手を抜けない人なのよ。仕事熱心って言うか真面目って言うか。・・・身体、壊さなきゃいいんだけど・・・」

「・・ふふふ」

「何よ、小萩」

「いいえ。姫さまもしっかりと北の方になられたんだなぁ、と小萩は感服しているのですわ。少将さまのお身体を案じたりして」

「・・そりゃあね、心配するわよ。だからこうして吉野にも無理やり呼んだんだし」

「え。わたくしてっきり、また姫さまのわがままでお忙しい少将さまにご無理言って吉野に来させたのかと・・・」

「まぁ、それが全くないとは言えないけど、これくらい強硬手段に出ないと、長期休暇なんか取らない人だもの。少しのんびりしたらいいのよ」

───参ったな。

寝たふりをしていたぼくは、心の中でため息をついた。

目を開けるタイミングを完全に逸してしまったようだ。

「小萩、戻っていいわよ。高彬ももうじき目を覚ますでしょうから、そうしたら2人で帰るから」

小萩の立ち去る気配があり、また鳥の囀りだけが聞こえる。

目を開けるか少し悩んで、結局、そのまま寝たふりを続ける。

お言葉に甘えて、もう少しだけこのまま眠らせてもらおうか───

指先に何かが当たるのを感じ、それが瑠璃さんの指先だと気付き、ぼくはしっかりと指を絡め取った。

寝たふりしてたってバレたかな?

そんな思いが一瞬、頭を掠めたけど、そんなことはこの際、どうだっていい。

春の陽射しとたんぽぽと、瑠璃さんに見守られて寝るなんて、なかなか出来る経験じゃない。

仕事に追われる毎日なんだ。

ここ吉野でのんびりして、英気を養って、願わくば少しだけ瑠璃さんに甘えさせてもらって───

耳元に何かが触れ、それが風に揺れるたんぽぽだと気付いた頃、ぼくはまた眠りに落ちたのだった。





<終>






<おまけの話>






(───賊だ!政文!将人!)

大声で呼び付けてから賊に向き合おうと体勢を整えると、間髪入れずに飛び掛かられた。

ふいを喰らって後ろに身体が大きく傾き、賊諸共に倒れ込む。

賊は好機と見たのか、ぼくの胸にのしかかり、ぐいぐいと首を絞めつけてくる。

(くそっ・・)

何とか賊の手を弛めようと試みるも、いかんせん胸の苦しさがあって思うように身体が動かない。

胸さえ苦しくなければ・・・

胸さえ・・・

(───胸?)

ハッと我に返り、同時に目が覚めた。

「・・・」

夢、か────

目の前には、先ほどよりも幾分か色を薄くした春の空がある。

目だけ横に動かせばたんぽぽが咲いてるし、相変わらず鳥の囀りが聞こえてきて───

これ以上はないと言う牧歌的な状況で、どうしてこんな夢をみたんだろう。

解せない気持ちで起き上がろうとした途端、その理由が判った。

瑠璃さんがぼくの胸に身体を預けて眠っているのだ。

どれくらいい寝てたのかわからないけど、眠るぼくを見るうち、瑠璃さんも眠くなってしまったのだろう。

起こしかけた身体をまた元に戻し、ばくはため息を吐いた。

瑠璃さんの重みを、寄りによって賊と取り違えるなんて・・・

夢の中とは言え、こんなことが瑠璃さんに知られたら懲罰ものだな。

目だけ下に動かすと、気持ちよさそうに眠る瑠璃さんの顔が見えた。

春風が瑠璃さんの髪を軽く揺らしている。

起こしちゃ可哀想かな。

でも、少し日も翳ってきてるし、軽いとは言え怪我もしてるわけだし、そろそろ起こさないと───

そう思って手を瑠璃さんの肩に置こうとした瞬間、パチリ、と瑠璃さんの目が開いた。

少しの間、微動だにせず、やがて状況を思いだしたのか、顔だけ上に向けてきた。

下を向いていたぼくと、当然、目が合い

「あ」

瑠璃さんの口が開き

「おはよう」

律儀に挨拶をしてくる。

「おはよう」

肩に置こうと思っていた手を、頭に置き、ぼくも挨拶を返す。

「そろそろ戻ろうか」

「そうね。小萩も待ってるだろうし」

上体を起こし、2人で伸びをする。

瑠璃さんを抱き上げ歩き出すと

「こっちから回ってね」

たんぽぽの咲いてない迂回するルートを示され、素直に従う。

吉野に来るまでの道中の出来事や、昨日の夕餉のことなど、取りとめもなく続く瑠璃さんの話に相槌を打ちながら歩く。

どれも大した話じゃないと言えばそれまでだけど、でも、こんな風に話してくれる瑠璃さんをいいなと思う。

それに不思議と瑠璃さんが話すと、大した話じゃなくてもどこか面白味のある話になっていて、それは瑠璃さんの持つカラリと陽気な性質と、そして恐らくはサービス精神からなんだろうと思う。

ぼくは進んで面白い話が出来るようなクチじゃないし、その辺り、瑠璃さんがカバーしてくれてるって言うか。

山荘に戻ると、今か今かと待ち構える小萩に迎えられた。

「なかなかお戻りにならないから・・」

恨みがましい目を向けられ

「悪かったね」

軽くいなして部屋に入ろうとすると

「何をなさっているのかと思いましたわ」

後ろから言われ、カッと耳が熱くなった。

何をって・・・

いや、動揺するな。

小萩はそう言う意味で言ったわけじゃないはずだ。

額面通りの意味しか含まれていないに違いない。

帰りが遅いから、一体、何をしているんだ、と。

そう言う意味だけだ。

「高彬、どうしたの。顔が赤いけど」

抱きかかえたままの瑠璃さんに下から言われ、さらにかぁっと熱くなる。

「やだ、やっぱり風邪ひいたのかしら・・、あんなところで寝たから」

言いながら額に手を置かれ、次いで両手で頬を挟まれ、瑠璃さんは熱を計ってるだけなんだろうけど、ひやりとしてそれでいて柔らかい瑠璃さんの手の平の感触に、それこそ体温がグッと上がってしまう。

「いや、大丈夫だよ・・」

隣で様子を見てる小萩の目が気になって適当にかわしたのに、瑠璃さんはすっかりぼくが風邪をひいたと思い込んだようで、ぼくの腕から下りると

「小萩、早く寝床をこしらえて。高彬、横になるのよ」

「大丈夫だって、瑠璃さん」

「かしこまりましたわ、姫さま。すぐに寝所をご用意致しましわ」

「だめよ、高彬、あたしの言うことを聞きなさいよね」

三人の声が飛び交い、やけに「寝所」が強調されてるように聞こえたのは気のせいかな・・・

その後、あれよあれよと言う間に寝所が用意され、ぼくはあっと言う間に寝床に臥せられてしまっていた。

やれ薬湯だ、お医師だ、と瑠璃さんと小萩がバタバタと去って行き、一人になったところでぼくは

(あーあ)

と盛大にため息を吐きながら、両腕を頭に回した。

病気でもないのに寝かされるなんて、なんでこうなるかなぁ。

どうしてぼくはいつも瑠璃さんのペースに巻き込まれてしまうんだろう。

ふと外に目をやれば、まだ外は十分に明るい。

せっかくの吉野だし、久しぶりに瑠璃さんと遠乗りでもして、京では出来ないことを満喫しようと思ったのに。

まぁ、でも───。

少し空を見てるうちに気が変わってくる。

ずっと仕事が忙しくて瑠璃さんと会うのは久しぶりだし、「京でも出来ること」を吉野でしちゃいけないわけじゃないしな。

指図なく、こうして早い時分から寝所まで用意してもらえたわけだし。

願ったり叶ったりの状況───

と言えないこともない、かな。

もうじき瑠璃さんと小萩が、薬湯なんか持ってやってくるだろう。

そうして瑠璃さんはぼくに向かい年上風を吹かせて

「さ、飲むのよ」

とか何とか言うに違いない。

薬湯くらいいくらだって飲んでやるさ。

飲み干したら眠くなった振りをして小萩を追い払い、そうして大人しく横になったと見せかけて、安心してる瑠璃さんを寝所に引きずり込み───

そうなったらぼくのペースだ。

(オトコをなめるなよ、瑠璃さん)

やがて遠くからパタパタと言う二つの足音が聞こえ、思ってた通りの展開に、ぼくは少々の自惚れを感じながら静かに目を閉じたのだった。





<おしまい>

ありちゃんさん、みっちさん、コメントありがとうございました。
みっちさん、お久しぶりです!


今後の展開が高彬の読み通りであることを願っていただけましたら、クリックで応援をお願いいたします。
↓↓

にほんブログ村

「京でも出来ること」って、一体何でしょうね。


(←お礼画像&SS付きです)
プロフィール

瑞月

Author:瑞月
瑞月(みずき)です。

ランキングバナー

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
楽しんでいただけましたら
クリックで応援をお願い致します。
1日1クリック有効です。
初めにお読みください
**当ブログの簡単な説明です**
当ブログは「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説を掲載しております。 二次小説と言う言葉を知らない方や苦手な方は閲覧ご注意ください。 また読後のクレームはお受けできません。 「ごあいさつ<最初にお読みください>」も合わせてご一読下さい。
カテゴリ
別館
乳姉妹ブログ
日記ブログ
掲示板
なんて素敵にサイト様 
最新記事
ご訪問ありがとう(H23.11.28-)
**オンラインカウンター**
現在の閲覧者数:
コメントありがとうございます
お礼SSや「他己紹介」があります。
web拍手 by FC2
** あれこれ投票所 **
お好きなジャンルをお選びください。 投票は何度でも可能です。
*** あれこれ投票所2 ***
メールフォーム(ご用の方はこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ